• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

謎のオーブン

  • 質問No.46984
  • 閲覧数80
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 73% (56/76)

たいへん馬鹿馬鹿しい疑問かもしれないのですが,
UNIXに関して以前より気になっていることがあります.
UNIXの文化を扱った書籍を見ると,
やたらと「UNIX搭載オーブン」というものが登場するのですが,
これはなぜなのでしょうか?
もちろん,家電製品がコンピュータを内蔵するのが
当たり前の時代になって久しいのでしょうけれども,
なぜ「オーブン」なのでしょう?
実際にUNIXが搭載されているオーブンがあるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (9/18)

なぜオーブンなのかというよりも、日本人のオーブンの感覚と欧米人のオーブンの感覚の違いがまずあります。普通日本で見かけるオーブンは電子レンジとの複合機や、トースター程度にしかならないものを想像しますが、欧米でオーブンといえば、ローストビーフ、七面鳥料理などをする為に欠かせない調理器具の一つになっています。またそれは、母の味には欠かせないものになっています。
これからのコンピュータは日常生活の中に取り込まれてゆきます。コンピュータ其の物は主張しません。

そして、家庭の味の代名詞ともいえるオーブンに、
コンピュータを内臓することによって、
次の時代のコンピュータのあり方を探しているのでは
ないでしょうか。

ちなみに、UNIX搭載オーブンがあるかどうかはしりません。
お礼コメント
zabuzaburo

お礼率 73% (56/76)

なるほど、欧米では台所の機械といえばオーブンなのですね。コンピュータの疑問から欧米文化の一端に触れることになるとは予想もしていませんでした。ありがとうございました!
投稿日時:2001/03/03 18:24
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ