• 締切済み
  • 困ってます

住民税について

住民税について教えてください。 現在会社員で、給与から天引きで住民税を支払っています。 給与所得以外に配当所得があります。 配当所得を受け取った際、3%の住民税をすでに引かれた形で 受け取っていますが、この場合は配当所得分に対する住民税の 支払請求が来ることはないでしょうか? 仮に配当所得を確定申告し、所得税の還付を受けた場合は いかがでしょうか? 確定申告をすると住民税の支払いの必要が出てくることは ありますか? 確定申告と住民税のつながりが良くわかっていなくて、初歩的な質問で 申し訳ないのですがご教示ください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数26
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>この場合は配当所得分に対する住民税の支払請求が来ることはないでしょうか? ありません。 源泉徴収で納税が完了しています。 >確定申告をすると住民税の支払いの必要が出てくることはありますか? 上場株式の配当所得は申告不要ですが、所得が一定額以下だと確定申告して「配当控除」を受けたほうが得な場合があります。 確定申告すると所得税も住民税も給与所得に合算され、税金が計算されます。 ただ、所得税は配当控除が大きいのと源泉徴収された所得税も大きいので結果的に還付されます。 住民税は配当控除も源泉徴収された金額も所得税より少ないので、申告する前より住民税の額は多くなってしまいます。 しかし、所得税の減る分のほうが住民税の増える分より大きいので差し引きすると得になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定申告書の撤回は可能?

    今年2月に平成22年分の「確定申告を要しない給与所得」と「確定申告を要しない配当所得」の2つを合わせて申告してしまいましたが、5月のこの時期に確定申告書の撤回は可能でしょうか? 税務署はダメだというのですが、本当のところはどうなんでしょうか? (所得税還付金よりも、住民税+国保税が多くなってしまいます。 そもそも、”金融機関から役所に支払いの通知が行っているものだ”と思ってたのが間違いの元で、税務署に確定申告をしなくても、区役所側は住民税や国保税の算出に配当所得を合算して通知書を送ってくるものだと思い込んでいました。)

  • 株式配当の源泉徴収税額のうち住民税分の還付は可能でしょうか

    妻が上場株式を少し持っております。昨年の配当からは10%が源泉徴収税額で差し引かれております。内訳は7%が所得税、3%が住民税となっています。 確定申告で配当所得を申告すれば、所得税分7%の還付が受けられるのはわかりました。手持ちの市販の確定申告の解説書にも書き方例の記載があります。 3%の住民税分は還付が受けられるのか、申告書にはどう書くのかとか調べても判りません。 妻の収入は年金が少しで、年金分の所得は0ですので申告所得は配当所得のみになります。

  • 配当控除と住民税の住宅ローン控除について

    現在、給与所得のみですが、配当所得を入れて確定申告しようと思っています(源泉徴収された所得税7%を還付してもい住民税の追徴を支払ってもプラスになるので)。 しかし配当所得を入れると課税所得が195万未満から330万未満のところに一段上がってしまい税率が変わり所得税額が増えてしまいます。 住宅ローン控除と配当控除で所得税は0となります。 ただ所得税から控除できなかった額を住民税から控除できる額が減ってしまいます(住民税の住宅借入金等特別税額控除申告は税額控除前の所得税額なので)。 この場合は申告したほうが有利なんでしょうか? 教えていただけたらありがたいです。

  • 回答No.1

>この場合は配当所得分に対する住民税の 支払請求が来ることはないでしょうか? 配当から源泉徴収されてますので、それ以上の請求はないです。配当が多額の場合は別ですが。 >仮に配当所得を確定申告し、所得税の還付を受けた場合は いかがでしょうか? 払いすぎた税金を返してもらうのが還付です。ならば、連動して次の年の住民税も安くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 >>払いすぎた税金を返してもらうのが還付です。 >>ならば、連動して次の年の住民税も安くなります。 そのように認識していて、昨年確定申告をしたら、配当所得分として 市から市民税の納付書が届いてしまいました。 確定申告で所得税は戻ってはきたのですが・・・。 何か申告書の記入をまちがえてしまったからでしょうか。。。

関連するQ&A

  • 配当所得の住民税に関して

    配当所得にかかる住民税に関してお聞きします。 平成16年度から所得税7%と住民税3%の計10%が源泉徴収されていますが、 以下の場合は確定申告しないほうが良いのでしょうか? 私の課税所得から税率は市民税8%、県民税2%です。 平成16年度の配当所得は27,755円、所得税1,942円、住民税832円です。 ということは、配当控除が2.8%あり、実質税率が7.2%(10%‐2.8%)であり、源泉済の3%との差4.2%増えるということでしょうか?(27,755円×4.2%=1,165円) 今まで、所得税が還付されるので確定申告をしていましたが、住民税の税額が増えていたのでしょうか?

  • 住民税の申告について

    配当所得があります。今まで確定申告で所得税・住民税ともに還付を受けていましたが、国民健康保険料に影響するのでどちらが節約になるか考えて確定申告するか確定申告不要制度でほっておくか決めていました。 最近、所得税は総合課税で、住民税は確定申告不要と分けれると言う話を聞きました。 下記の考えであっているでしょうか? 所得税 配当所得300万円(それ以外の収入はありません) 源泉所得税45万円源泉住民税15万円(ややこしいので復興特別税は無視します)円) 控除計180万円 課税所得120万円 所得税6万円 配当控除30万円 還付45万円 住民税 源泉のまま 15万円 還付0 国民健康保険 基準総所得0 所得割0 均等割額平等割額のみ ポイントは所得税と住民税を申告の仕方を変えた場合、国保の基準総所得や住民税の総所得への参入があるかどうかです。 自治体としては税務署から個人の収入がみえるわけなのに所得に加えないと損になるのでは?

  • 確定申告で小額配当の申告をする場合、住民税は増えますか?

    小額配当の確定申告について教えてください。 上場株式の小額配当を受け取っています。 課税所得が、330万円以下の場合には、確定申告をすると税金(所得税)が戻ってくると聞きました。 所得税の還付については自分で調べてなんとなく分かりました。 (実際は、仕組みがよく分からなかったので、e-Taxで試算してみました) が、住民税との絡みがよく分かりません。 (試算できるような具体例がのっているホームページを探してみたのですが・・・見つけられませんでした) 配当所得の源泉徴収の税率が10%(所得税7%・住民税3%)差し引かれているわけですが、住民税は今年の申告から10%ですよね。 確定申告によって課税所得が増える⇒結果住民税が増える、ということになるのでしょうか? 住民税が非課税というわけではないので、申告した方がお得なのか、それとも損なのかが良くわかりません。 詳しい方、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • トヨタAA型(非上場株式)の配当金の確定申告

    H27年に表記株式の配当金7800円から所得税1592円を差し引かれた配当を受け取りました。 わたくしの給与所得(課税対象)は約500万円です。 所得税の確定申告はしたほうが還付があるのでしょうか。 また住民税の確定申告は必要だとききました。 住民税については、税務署で所得税の申告をすれば同時にできるものでしょうか。 それとも住民税の申告は別途市役所にいってしなくてはいけないのでしょうか。 (会社から源泉徴収は1枚しかもらっていないので、税務署+役所の2枚必要なのでしょうか)

  • 住民税における住宅借入金控除について

    質問させて頂きます。 私は22年12月24日に住宅ローンを借り入れて、住宅を購入しました。 この場合、23年の2月から3月の確定申告時期に確定申告をし(私は給与所得者です)、22年度の所得税で住宅借入金控除を受け、また控除しきれない場合は23年度の住民税から控除してもらえるのだと思うのですが。 多忙のため23年の確定申告が出来ず、結局24年の2月に確定申告をしました。 所得税に関しては22年度と23年度の分を還付してもらえるようです。 それでも引ききれていないので、24年度に関しては住民税からも控除してもらえると思います。 そこで質問したいのは、23年度の納付済みの住民税に関してなのですが、還付してもらえるものなのでしょうか? それとも、もう戻ってこないものなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 今年住民税ゼロだと得なのでしょうか?

    素朴な疑問です。 給与所得者ですが、 昨年度の確定申告で譲渡損失を申告したため、 税務上、私の昨年度の通算所得はゼロとなりました。 したがって、昨年度納めた所得税は既に4月に還付されています。 住民税は昨年度の所得にかかるので、この6月からゼロです。 さて、みなさんご存知の通り、今年から所得税と住民税の 比率が変わっています。私の場合、所得税は昨年度の分 (=比率変更前)が還付され、増えるはずの住民税が今年は ゼロだということになります。つまり、比率変更がなかった 場合と比べれば、今年はたまたま所得税が下がった分だけ 得をしているといえるのでしょうか…?

  • 株式譲渡益に対する住民税について

    24年分の確定申告で株の譲渡損失を10万円繰り越しました。25年は株の利益が15万円出ましたので確定申告をして特定口座内で徴収された税金を取り戻そうと思っております。なお、私はサラリーマンで給与所得が500万円ほどあります。今回確定申告した場合、住民税はどうなりますか?具体的には給与所得の500万円に対してのみ住民税がかかるのか、あるいは500万円+(15万ー10万)に住民税がかかるのかどちらになるのかを教えていただきたいと思っております。(ここでいう住民税は給料から天引きされる本年6月から来年5月までに特別徴収される住民税のことです。) 以上、よろしくお願いいたします。

  • 副業の住民税を別にするにはどうすればよいのでしょうか?

    副業を本業にばれないようにするためには、確定申告で住民税を普通徴収にすることまでは分かったのですが、実際確定申告を行おうとしたところ、副業分も給与所得になっていることに気づきました。 確定申告の際に最後に選ぶ住民税の納付方法は、給与所得以外ですよね? 税務署の方に聞いたら、給与所得で住民税を分けて納付はできないのではないかといわれました。 前年確定申告をしていませんでしたが、住民税の通知書の給与以外の支払い項目にチェックがなkったのはそのせいでしょうか? 皆さんの副業の所得はどんな区分になっているのでしょうか。今のままだと本業の給与と合算して特別徴収するしかないのでしょうか。

  • 給与所得と事業所得に対する住民税と所得税

    今年中の給与所得が100万円以下で非課税、事業所得が課税対象額になる場合についての住民税について教えてください。 例えば給与所得が100万円、事業所得が200万円として、 かかる税金は (1)給与所得分は還付、事業所得分は200万円に対して となるのか、 (2)給与所得+事業所得の分=300万円分に対して となるのかどっちかわかりません・・。 住民税と所得税で(1)か(2)異なりますか? 年末調整は会社でしてもらい所得税は還付、 事業所得分については別途確定申告で調整でいいのかと思っていますがどうなんでしょうか? それぞれわけて考えるのか、 最後に一緒にしてしまうのか、わかりません・・・。 どなたか教えてください!!

  • 株式の譲渡損失の確定申告について

    株式の譲渡損失の確定申告について  今回、生まれて初めて確定申告を行う会社員です。  1.特定口座 源泉徴収あり  2.源泉徴収での会社員の給与所得の税率は20%(「課税される所得金額」は約680万円)  3.平成19年と20年の損失の繰り越しも今回初めて確定申告(H19年 -700,000万円 H20年 -1,000,000万円 H21年 +100,000万円)  4.平成21年の配当所得を申告分離課税で申告(30,000円)  以上の条件で確定申告を行うと、わずかですが所得税と住民税が還付されると思います。質問ですが、  A.今回確定申告を行う事によって、住民税・健康保険料などで不利になることはあるでしょうか?妻は専業主婦で配偶者控除を受けております。健康保険は、会社の健康保険組合です。配当所得がなんとなく不安です。  B.今回、住民税が還付されると思うのですが、どのように還付されるのでしょうか?確定申告書の住民税に関する事項は「自分で納付(普通徴収)」とする予定です。6月以降の会社からの天引きに反映されるのでしょうか?それとも、還付口座の確認が改めて市役所等からあり、そちらに還付されるのでしょうか?  C.Bとも関係するのですが、今回確定申告を行ったことは、会社に分かってしまうのでしょうか?  できれば、専門家の方の御返答をお待ちしております。よろしくお願い致します。