• 締切済み
  • 暇なときにでも

DNA

核の中のDNAがmRNAに転写されて tRNAにアミノ酸のコドンをもってきてもらい、リボソームの中でアンチコドンを写し取る。 それらアミノ酸がペプチド結合でつながり、幾つも連なってタンパク質を形成。これらは細胞質の中の話。 そして細胞膜から出て肝臓から動脈血管を通って全身へ、毛細血管へ。 核の中の話。 DNAがぐるぐる巻きになってヒストンを形成。 それが折り畳まって染色体を形成。 染色体は細胞分裂をして一本の核の中のDNAが相補性のDNAを作り、2本線となる。 これらは核の中の出来事。 以上なのですが、どこかおかしなところありますか。 言葉が足りないところに付け加える言葉は何でしょうか。 分かったようで、まだまだうっすらとしか理解できていないような気がして、わかる範囲で書いてみました。 間違っているところは、詳しくお教えいただければと思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数346
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

>染色体が細胞分裂した時は、DNAは最初は一本線ではないのですか。 どこの時点が一本鎖かというのにもよりますが(複製のためにほどけた瞬間は確かに一本鎖になっていますが)、普通は一本鎖にはなりません http://ja.wikipedia.org/wiki/DNA%E8%A4%87%E8%A3%BD あと、一本線ではなくて一本“鎖”です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • DNAと染色体について確認です。

    ・DNAは、目に見えて在るものじゃなくて、定義上のもの。 ・DNAは、染色体より小さい。 ・DNAは、細胞の核の中で、ヒストンというタンパク質に巻きついている。 ・染色体は、DNAが変形したもの。 ・染色体も、ヒストンに巻きついている。 ◯か、×、または△で答えてください。 また、それぞれについて、付け加える文や、解説もお願いします。

  • DNAのコードについて教えてください

    たんぱく質のアミノ酸残基TyrはmRNAの塩基配列の5’UAC3’でコードされている。 (1)このコドンの鋳型となるDNAの塩基配列 (2)このコドンに結合するtRNA(Tyr)のアンチコドンの塩基配列 たんぱく質のアミノ酸残基HisはmRNAの塩基配列5’CAU3’でコードされている。 (1)このコドンの鋳型となるDNAの塩基配列 (2)このコドンに結合するtRNA(His)のアンチコドンの塩基配列

  • ヒトのDNAは46本ですか?

    誰でも知っている染色体という言葉ですが、分裂期でない時の染色糸も染色体であり、「ヒトの染色体はどんな時も細胞内に存在する」という事で宜しいでしょうか。 染色体は、DNAとヒストンの複合体という解釈で宜しいでしょうか。DNAが46本という表現の方は滅多に聞かれませんよね。なぜでしょう。生物学教師の怠慢でしょうか。 染色体ではなく染色体分体が46本というべきではないのでしょうか。それよりDNAが46本の方が簡単じゃありませんかね。 RNAを転写する際、DNAとヒストンの関係はどうなるのでしょうか。完全に離れてしまうのでしょうか。アンチセンス鎖(?)の方がくっついたままという感じでしょうか。DNAとヒストンが離れ離れになるのは困るような気もしますので。 生物用語をすっきりさせたいので、ご指導のほど宜しくお願いします。

  • 回答No.4

大学生向けの生化学の教科書には大抵そのあたりのことが丁寧に書かれています。いまどきの本ならイラストや写真をふんだんに盛り込んであって、わかりやすいです。質問者さんは概略をうすうすわかってらっしゃるようなので、ぱらぱらとめくりながら図だを眺める程度でも大まかなことが確認できるのではないでしょうか。 2004年のノーベル化学賞「ユビキチン」がらみで、タンパク質ができてからなくなるまでの一連の流れをまとめて説明する人たちは多いです。もし「実はこの一連の経緯の特定のところを掘り下げたい」と思っているなら「タンパク質の一生」という3種類ある本のどれか理解できそうなやつを表紙の雰囲気で選んで読んでみてください。 ただ、質問者さんが看護系の学生さんか、あるいは一般の方で、血液検査について詳しく知りたくてこの質問になっているなら、それに応じた答えがありそうですし、別目的ならその目的に応じて説明もあるんじゃないかと。 できあがったタンパク質は細胞内に残るものも細胞外に出るものもありますし、細胞外といっても血流にのるかどうかも分かれます。全身いたるところの生きてる細胞でそれぞれ何種類ものタンパク質を作っていますが、作っているものの種類は場所によってまちまちです。どんなときにどこで何を作っているのかということを世界中の研究者が日夜ちょっとずつ調べていますが、わかっていることはその一部です。一部といってもその一部も膨大な話になる。 というような多様な話なので、ここでその全部を誰かが語ってくれることはないでしょう。 で、何を知りたいですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

細胞の外に出ていく蛋白質のことだったら, 粗面小胞体が (ゴルジ装置も?) 出てこないとまずいんじゃないだろうか. 「細胞質からなんとなく外に出ていく」わけじゃないんだけどな.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございました。 まだまだ知識が不足していますが、このコーナーだと質問内容が恥ずかしくても受け付けてもらえるのではと質問してみました。 ゴルジ装置のこと、よく分かっていません。 調べてみます。

  • 回答No.2

「DNA」この話でなぜタイトルをそうまとめるのか? 「tRNAにアミノ酸の...」tRNAの構成要素を誤解しているおそれ 「アミノ酸のコドン」コドンを誤解しているおそれ 「もってきて」輸送の主体性に誤解があるかも 「リボソームの中」そこは中か? 「アンチコドンを」アンチコドンを誤解しているおそれ 「写し取る」漢字の問題 「そして細胞膜から」すべてのタンパク質が細胞外タンパク質だと誤解しているおそれ 「肝臓から」肝臓由来の一部のタンパク質の話だけにとらわれているおそれ 「ぐるぐるまきになってヒストン」構成要素を見落としているおそれ 「染色体は...相補性の」誤解を与えない科学的表現という意味で言葉の修飾関係がどのようにもとれるので不適切 「2本線」タイプミスか聞き間違いじゃないかと どれも絶対違うというわけじゃないけど、わかってたらそうは言わなさそうな表現が続いています。わかっててたまたま平易な言葉で言っているのなら見事なきわどい表現かも。中学生ならお利口さん。高校生ならふーーん。大学生なら注意が必要。大学院生ならやばい、って感じ。そう思いながら教科書読み直してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アミノ酸からタンパク質、それが血液の中への流れがよく分かっていないので、質問をしてみました。 もっと全体の流れが分かる為にはどうしたら良いのでしょうか。 本や参考書はありますが、これらの全体の流れを書いているのは今のところ手元にはありません。 回答者様がよくおわかりなら、よろしかったら教えていただければ有難いです。

  • 回答No.1

>tRNAにアミノ酸のコドンをもってきてもらい、リボソームの中でアンチコドンを写し取る。 tRNAがアミノ酸をもってきて、リボソームでmRNAのコドンを読み取って、相当するアンチコドンを持つtRNAのアミノ酸をつける >これらは細胞質の中の話。 核やその他の器官内にもいきます。 >細胞膜から出て肝臓から動脈血管を通って全身へ、毛細血管へ。 よくわからないので、カットしてください >DNAがぐるぐる巻きになってヒストンを形成。 ヒストンというタンパク質の周りにDNAがぐるぐる巻きになります。 >染色体は細胞分裂をして一本の核の中のDNAが相補性のDNAを作り、2本線となる。 よくわかりませんが、もともと染色体のDNAは2本鎖です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を下さり、ありがとうございます。 まだまだこれらの内容をよくわかっていないので、恥ずかしいけれど ここだと聞けるかなと質問をしています。 染色体が細胞分裂した時は、DNAは最初は一本線ではないのですか。

関連するQ&A

  • 染色体とDNAについて

    ヒトの細胞の核には23本の染色体が2組ずつあり、23本のそれぞれで長さが異なりますが、核の中には46個のDNAがあってそれぞれの染色体を構成しているのですか? それとも一つのDNAが46個の染色体を作っているのですか? (染色体)ー(染色体)ー(染色体) というように(ーはDNA)。

  • 染色体のDNAについて

     染色体はヒストンに巻かれたDNAがさらに折りたたまれて出来ていると自分なりに解釈をしているのですが、このひとつの染色体は一本のDNA(分裂中期は染色体のDNA量が2倍になるので2本)でできているのですか?    一本のDNAだとするとDNAは結構長くなってしまうと思うので、この考えは間違えかなと不安です。  また染色体は分裂前期で凝縮し、それ以前の間期では核内に分散していて観察できないと教科書には書いてあったのですが、間期の染色体はどのような状態でなぜ観察できなのですか?  

  • 原核細胞

    原核細胞は核を持たないが、DNAが凝縮した「核様体」なるものを持つ…ということですが、これに関していくつか質問があります。 (1)原核生物は全て、もしくはその多くが核様体を持つという認識で合っているのでしょうか?ミトコンドリアや葉緑体も核様体を持つようですが、大腸菌なども核様体を持つのでしょうか? (2)真核細胞では分裂前期に染色質の凝縮が起こりますね?この核様体が存在する時期というのは、やはり原核細胞の分裂期になるのでしょうか? 原核細胞のDNAからタンパク質が生合成される仕組みについてはおおよそのことは知っています。RNAポリメラーゼによって転写合成されたmRNAを伝って、いくつものリボソーム(ポリソーム)が順次コドンをタンパク質へ翻訳しますね。この様の図解や、その手の電子顕微鏡写真も見たことがあります。 (3)この原核細胞内でのタンパク質の生合成は、核様体という凝縮した状態でも行われているものでしょうか?真核細胞ではDNAが凝縮した状態というのは、基本的に転写が不活性化している状態だったはずですが。 (4)大腸菌などは、本来のDNA以外にもプラスミドと呼ばれる環状DNAも持っています。核様体はプラスミドもその中に含むものなのでしょうか? (5)核様体はDNAが凝縮したものであるとはいうものの、ヒストンは含まないようです。真核細胞の染色体はヒストン以外にも、非ヒストンタンパクと呼ばれる、転写調節タンパクやDNA修復酵素などを含むようです。核様体はタンパク質など、DNA以外のものを含むのでしょうか? 以上5点、すこし長くなってしまいましたが、いずれも ●核様体は原核生物に共通する構造なのか? ●核様体を持つ原核細胞のDNAが常に核様体という姿でいるのかどうか? という疑問がそもそもの発端です。 よろしくお願いします。

  • 染色体がわかりません。

    (↓教科書の文です) 真核細胞では、DNAはヒストンとよばれるタンパク質に巻きついてヌクレオソームを形成している。通常ヌクレオソームは規則的に積み重なったクロマチン繊維とよばれる構造をつくっている。細胞分裂の際には、DNAの半保存的複製の後、複製されたDNA分子どうしは隣接したまま、それぞれがクロマチン繊維をつくり、さらに何重にも折りたたまれて、太く短いひも状の染色体が2本並んだ状態になる。これらの染色体は、複製されたDNA分子が隣接したままできたものなので、2本の染色体に含まれるDNAは同じである。 この文章から ・染色体は普段、クロマチン繊維の形で存在している ・分裂中期の(半保存的複製を終えた)染色体はDNA鎖2本分である ・2本のDNA鎖は複製されたものだから、全く同じものである(塩基配列もおなじである) …ということが読み取れたのですが、 分裂するとき以外は染色体は核内に散在しているのですよね? それと分裂中期の染色体にある”くびれ”の部分はくっついているのですか?資料集の図をみたところくっついてはいるようには見えませんでした… そうならばどのようにしてくっついているのでしょうか? なんかもう調べてもよくわからないことだらけです…。

  • ポリペプチドはどの様にして機能を持つ様になりますか

    先日、大学の授業でDNAの翻訳の分野を学びました。 そこで聞いた事を自分なりにまとめます。 DNAの遺伝情報はRNAに転写され、これからアミノ酸配列が決定される。また、DNA上で、アミノ酸に対応する三つ組の塩基をコドンという。 翻訳の際、二本鎖のDNAは、一本鎖に分かれる。そして、3´→5´の向きをしている鎖にRNAポリメラーゼが取りつき、5´→3´の向きにRNAが転写される。このRNAは核膜でスプライシングされて、イントロンが取り除かれエクソンが繋ぎ合わされる。このRNAは細胞質内に出ると、mRNA,tRNA,rRNAになる。rRNAはタンパク質と結合してリボソームとなり、mRNAに取りついて、5´→3´の方向に移動する。この際、mRNA上のコドンに対応するアミノ酸を、tRNAがリボソーム内に運んでくる。こうして運ばれたアミノ酸は次々に結合して、ポリペプチドになる。 ここまではまとめる事が出来ました。ですが、こうしてできたポリペプチドが、どの様にして機能を持つタンパク質になるかがよく分かりません。どなたかお分かりの方は、詳しく教えて頂けないでしょうか? また、上の僕の記述に間違えがありましたら、それも合わせて教えてください。お願いします。

  • DNAとRNAの違い(TがUになってる事ではない)

    RNAにはメッセンジャーRNA(mRNA)と転移RNA(tRNA)、そしてリボソームRNA(rRNA)があるそうですね。mRNAはDNAの情報を鋳方として核内で合成され、その遺伝情報を受け取って細胞質に移動し、リボソームと結合する(マイペディアより)……とありますが、要はRNAは全体としてDNAの情報を受け取ってそこからさまざまなタンパク質合成をしてるんですよね。 しかし、RNAは「リボ核酸」と和訳されるようにDNAと同じような核酸の塊ですよね。でも上記の話を考慮すると、DNAは設計図、RNAはつくる側、という気がします。この見解はあっていますか?あと、mRNAが持ってる遺伝情報をtRNAがリボソームへ持っていくときのその「遺伝情報」とはあくまでDNAの情報のことですよね? 紛らわしくていつもこんがらがります

  • 染色体の中のDNA

    DNAが、二十らせん構造をしているのは分かります。それがタンパク質のヒストンと一緒に存在しているのもわかります。そのDNAの二十らせんは、染色体の中で、どのように存在しているのでしょうか。たとえば、教科書でよく見かける染色体の中の、細長い方向に、二十らせんがまっすぐに行ったり来たりしているとか。 もう一つの質問は、染色体はどうしてあのような独特な形をしているのでしょうか。DNAの二十らせんに関係しているのでしょうか。 最後に関連のある、三番目の質問は、教科書に載っているような染色体の見えている部分は全てDNAなのでしょうか。

  • 生物のDNA量について疑問

    精原細胞の分裂中期のDNA量を2として答えよ。 1二次生母細胞のDNA量はいくつか?? という問題が出ました。 まず、僕の解き方は、精原細胞が成長して、染色体が太くなる現象が起きてDNA量が2倍になります。 そして2個の娘細胞に分裂し、DNA量が半減して、2となりました。 しかし答えは1でした。 成長したときに染色体が太くなっても染色体数は増えてないのでDNA量には関係ないということですか???

  • 高校 大学 の遺伝について

    高校では物理選択で、生物は大学で習い始めました。 ので、基本的なことから質問です。既出してはいないと思います。 人間は常染色体を22対と性染色体を1対 持っている。ですよね? 染色体は2重螺旋DNAがヒストンタンパクに巻き付いて集まって…したものですよね? で、核に入ってる…と思っています それで核は細胞の中に在って、細胞は全身に何億かある。と思います。 てことは、全身の細胞の1つ1つには2n=46の染色体全てが入っているのですか? それだと全身に♂ならXY♀ならXXの染色体があることになりますよね? それとも、2n=46が入っているのは受精卵と始原生殖細胞だけなんですか? なら子供のときは2n=46はどこにあるんでしょう?始原生殖細胞になる予定の細胞が有るんでしょうか?

  • 遺伝子の正誤問題 part3

    すみません、添削お願いします 【翻訳に関して】 1.原核生物のmRNAの3’末端付近に存在するシャインダルガーノ配列は16SrRNAの一部と塩基対を作る 2.リボソーム派ペプチド結合の形成が終了すると、新たなA部位が生じるためにmRNA上を3’末端方向に1コドン分移動する 3.EF-Tu・GTPはfMet-tRNAf^Metと結合しない 4.開始tRNAはリボソームのP部位に結合する 5.翻訳開始のAUGコドンとそのほかのAUGコドンは別々のtRNAによって認識される 自己回答 1.X:5’ 2.○ 3.○?(Tuは開始tRNAとは結合しない?) 4.X:A部位 5.○ 【分泌タンパク質に関して】 1.真核細胞の分泌タンパク質の合成は小胞体膜上で進む 2.分泌タンパク質のシグナルペプチド領域はタンパク質のC末端領域に存在する 3.アミノアシルtRNAが1分子生じるたびに2分子のGTPが消費される 4.原核細胞ののリボソームの大粒子には16SrRNAが含まれる 自己回答 1.? 2.X:N末 3.○(ATPも2分子消費される?) 4.○? よろしくお願いします