• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

BTTF3

テレビ見てて思いました。 ドクが廃坑に埋めたデロリアンが未来に帰ってしまったら 廃坑に埋めたデロリアンは存在しない。 従ってマーティーは1955年に取り残され、1855年のドクも救出されない。 よくできたストーリーだと思ったのですが、このタイムパラドックス だけは見過ごせないと思います。 まぁ映画だからってとこでしょうかね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数146
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • epson01
  • ベストアンサー率12% (120/933)

別に不思議には思いませんが・・・。 ドクが埋めたデロリアンは1855年の過去に行った。 そのデロリアンを100年後にマーティは掘り起こし1855年のドクを救いに行った。 パラドックスという意味が解りませんが??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あっそうか! 1855年にデロリアンは2台あるわけですね。 勘違いしてました。

関連するQ&A

  • バックトゥザフューチャー1の謎

    ついこの間、久しぶりにこの映画をみました。 多分この映画の謎を言い出したら止まらないような気がしますが、どうしてもみなさんに聞きたいと思ったのだけ、質問いたします。 1 あのデロリアンはプルトニウムが燃料ですよね? それが切れたからマーティーは歩いてヒルバレーまで行ったんですよね?でも帰りの時計台までのものすごいスピードで走っていったのは何を燃料にして走っていたのでしょうか・・。 2 マーティーが1984年(85年だっけ?)に戻るときにドクを助けようと、10分ほどはやく帰りましたよね。それによって、自分が1955年に行くところを目撃しているわけですが・・・、ということはもう一人のマーティーはまた1955年に行ってしまったので、あの時間というのは永遠に続くということになるのでしょうか?次に行ったマーティーも同じように帰ってくると、またもう一人のマーティーが1955年に行ってしまうということになるんじゃないかな、っと思うんです。 言い出したらキリがないのですが、みなさんの見解を聞いてみたいと思いました。また他に、これだけは変だっていうのがありましたら教えてください!

  • バックトゥザフューチャーパート2のドクの台詞

    BACK TO THE FUTURE PART 2を最近やっていたテレビで英語音声で見たのですが、ドクの最後のセリフが聞き取れません。 物語のクライマックス、1955年のドクが1985年にマーティを送り出したあと、またマーティーがやってきて、マーティが"But I'm back. I'm back from the future."と言った後のドクのセリフです。 日本語吹き替えでは「どうしてこんなことに」と言っているところなのですが、私が不勉強なせいでどうも聞き取れません。 何となく、ラテン語か何かか、戯曲などからの引用だと思うのですが、ご存じの方教えてください。

  • バックトゥザフューチャーの矛盾

    映画を見たときから、矛盾として気づいていたことがあります。 パート2でドクとマーティ(彼女も犬もいたけどはぶきます)が未来へ行った際に、未来のビフがマーティの捨てたスポーツ年鑑を過去の自分(ビフ)へ渡しますよね。それを知らないドクとマーティが現代にもどるとビフの天下の世界だった。 「なんでこうなるの?」と理解できないマーティにドクが説明する所で気づいたのですが、「じゃぁ未来のビフが若い頃の自分(ビフ)にスポーツ年鑑を渡したのに、どうしてドクとマーティのいる未来に戻って来れたのだろうか?」と思ったというか気づいたのです。未来のじいさんビフが過去の青年ビフにスポーツ年鑑を渡したのだから、じいさんビフが元の時代(未来)に戻った世界はビフの天下の世界である可能性のほうが非常に高いわけですよね。 未来から現代に戻ろうとしたマーティ達の前にデロリアンが帰ってくることは天文学的数字分の1だと思うのですが、これって間違ってますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • epson01
  • ベストアンサー率12% (120/933)

1955年に雷に打たれたデロリアンは1855年に行きました。 1855年に行ったドクは1955年のマーティが1985年に帰れるように「廃坑」にデロリアンを埋めました。1855年から1955年の100年間、廃坑に在ったデロリアンは1955年のマーティに掘り起こされ、1855年のドクを助けに行く。 どこがタイムパラドックスなのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バック・トゥ・ザ・フューチャーについて、7つの質問

    (1)エメット・ブラウン博士(ドク)は、なぜ、主人公マーティに、『ドク』というあだ名で呼ばれているの でしょうか? (2)シリーズ1で、マーティが初めて、1955年のヒル・バレーの街並みを散策しているときに、街で流れている歌の歌手名は何というのでしょうか?また、そのCDの入手方法を教えてください。 (3)ドクは、昔、マンハッタン計画に携わっていて、核開発の科学者メンバーの一員だったと、耳にしたことがありますが、本当なのでしょうか?家に閉じこもって研究生活を始める以前は、一体何をしていた人なのでしょうか? (4)マイケル・J・フォックスと、クリストファー・ロイドは、シリーズ1撮影当時、何歳だったのでしょうか? (5)マイケル・J・フォックスは、現在、闘病生活を送っていると聞いたことがありますが、本当なのでしょうか?また病名を教えてください。 (6)クリストファー・ロイドは、現在、ご健在なのでしょうか? (7)デロリアンは、昔、実在していた車と聞いたことがありますが、当時のデロリアンについて、詳しく教えてください。 質問多数で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

  • ちょっと前なんですが、バック・トゥ・ザ・フューチャー2で……

    2で未来のビフが1955年の自分に、マーティが買ったスポーツ年鑑雑誌(?)を渡しますよね。 その後、ビフはまた同じ未来に戻ってきてますけど、ビフ中心の世界になった1985年で、ドクが言ってた理論と矛盾してませんか? (まぁ、矛盾点を挙げてたらキリがないんですが)

  • バックトゥザフューチャーでこんなシーンあります?

    いつもお世話になっています。 また質問したいことがありますのでご協力願えればと思います。 映画「バックトゥザフューチャー」の1作目で、 主人公マーティーが1955年で自分の母親(ロレイン)の実家に行きますよね?そこでロレインの父親がその日来たばかりのテレビのセッティングをしているシーンがあると思います。 このシーンについて質問です。 映画だとこの後、ロレインの父親がセッティングに成功し家族でコメディ番組を見ます。 ですが私の記憶の中には、ロレインの父親がセッティングが上手くいかずに、マーティーが代わりにやってあげるというシーンを見た記憶があります。 私だけこのように思っていたのなら、ただの思い違いだと思ったのでしょうが、私の兄にも同じ記憶があるそうです。 このようなシーンは、未公開シーンやカットになったシーンとして実際に存在するのでしょうか? お解かりの方、お教えいただけたら幸いです。 最後になりましたが、このような解かり辛い文章に最後まで付き合ってくださって、ありがとうございました。 それではよろしくお願いいたします。

  • バック・トゥ・ザ・フューチャーでこんなセリフありませんでしたか?

    アメリカ映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(第1作)で、 主人公のマーティが1955年の過去に行き、 ドクの家(研究室?)での場面です。 マーティが1985年から持ってきた JVC(日本ビクター)のホームビデオカメラが 出てくるシーンがあります。 その際、記憶では、だいたい以下のようなセリフがあったと思いますが、私の記憶違いでしょうか。 ドク「すごいな、1985年にはこんなものがあるのか」 マーティ「ああ、日本製だよ」 ドク「日本製? そんなバカな」 マーティ「いや、日本製は最高さ」 このセリフは1955年当時は日本の工業製品なんてアメリカにはほとんど存在しなかったか、あったとしてもお粗末だったことと、マーティのいる1985年は日本製品がアメリカを席捲しているということをネタにしたものです。 この映画のこの場面で、たしかにこんなやりとりのセリフがあったように思います。 しかし、つい先日、5月26日にNHKのBS2で放映した同作品の該当箇所で、このセリフのやりとりがありませんでした。 NHKだからその部分をカットしたのでしょうか。それとも、編集違いのバージョンがこの映画にはあるのでしょうか。 また、このNHKで先日やった同作品は、エンディングで 「TO BE CONTINUED」という文字が バック・トゥ・ザ・フューチャーのロゴデザインで大きく 画面に現れた記憶がありますが、 私の記憶違いでしょうか?

  • タイムパラドックスについて

    未来に行った時にタイムパラドックスがおこるのはわかるんですけど、過去に行った時におこるのは間違ってません?現在の自分Aが過去に行って自分Bを殺したとしてもその世界の自分Bが死んだだけで自分Aが存在しなくなるという考え方って間違ってません?

  • 映画バック・トゥ・ザ・フーチャー1の挿入曲?

    古い映画ですがバック・トゥ・ザ・フーチャー1に使われていた音楽を教えていただきたいのですが、主人公マーティーが1955年にタイムスリップした直後、車を隠して時計台のある街に出てきたシーンで流れていた音楽とそのジャンルを教えてください。レトロな曲ですが、テンポのよい楽しい感じの音楽でした。ご存知のかたよろしくおねがいします。

  • もう一人のマーティ

     バックトゥザフューチャー1で質問です。 過去から、主人公両親がくっついたのを確認してから、 デロリアンで、元の現代から改変された現代に着いた主人公。  普通?に、親兄弟恋人と話をしていますが、 改変された現代世界の、小説家の父、健康的な母の間に 生まれたマーティ・マクフライはどこにいったのでしょうか?  視聴者からみた最初からの主人公が改変現代に来るまでの マーティ・マクフライは、最初のマーティが改変現代に着いた瞬間、 消滅してしまったのでしょうか?映画バタフライエフェクトの場合は その間の記憶が流れ込んできたようですが、BTTFでは違うようですし。  改変現代でもドクがデロリアンを作っていて、元の世界と同じ日付で 改変マーティを過去にでも送って、元マーティが着いた時には 改変マーティは改変現代に戻っていないとか。でも、それだと、 落雷の日に未来から来ているマーティがさらに一人増えることになりますが、 (続編で来るマーティとは別)、話に絡んできませんし。ドクが パラドックスにならないように他のマーティと絡まないよう指示していたら、 改変マーティはその後どうなったのでしょうか?    娯楽作品に野暮な疑問ですが、気になったので。

  • タイムマシンの到着時刻

    ただいま米カリフォルニア時刻(夏時間)は、 2015年10月21日の午後4:29です。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』で。 1985年からデロリアンが到着した30年後の【未来の日】です。 感想・感慨などがありましたらどうぞ!

  • タイトルが知りたいです

    20年近く前にテレビで見た映画のタイトルが知りたいです。 ストーリーとしては異星人と戦争をするのですが地球人、異星人がお互い撃墜されどこかの星に墜落します。 その星でお互いが心を通わしながら救出を待つ・・・そしてその異星人は両性具有で子どもを生む。 そこまでは覚えているのですが結末は全く忘れてしまいました。 ふと思い出し探したのですがどうも見つかりません。 もしこんな映画を覚えてる方おりましたら力を貸してください。

  • 古い洋画の詳細を知りたい(こればっか)

    1970年ごろTVで観たSF映画の詳細を知りたいです。 ストーリーはタイムパラドックスものです。 科学者集団が未来を画像で見ることができる装置を発明しますが、それは画像ではなく本物の別世界に通じるタイムトンネルでした。 未来の世界へ踏み込んだ科学者たちは、装置の故障により帰れなくなり、未来人と接触します。 しかしその未来での人類は、間もなく滅んでしまう地球から脱出する準備をほぼ終えている状態でした。 科学者たちは宇宙船への乗船を拒否され、ここで再びタイムマシンを作って元の世界へ帰ろうとします。 しかし時間軸のずれにより、帰り着いた元の世界では時間の流れが非常に遅く、実験装置に向かっている過去の自分たちはマネキンのように静止しています。 この世界で生きていけないことを悟った科学者たちは、誤操作によってはるか未来に通じていることを計器が示す真っ暗のタイムトンネルへ入ってゆきます。 一瞬、明るく豊かな自然の中へ踏み込んでいく科学者たちの後姿が見えたあと、場面は科学者たちが出発する前の状態に戻ります。 科学者たちは未来へ行き、滅亡する人類に会い、タイムマシンを作り戻ってくる。 その繰り返しが猛スピードで現れて、最後は砂嵐の画面になってジ・エンド。 最初の旅立ちの寸前、研究室内を黒い影がサーッと横切り、後でそれが、未来から戻ってきた本人たちだとわかります。 また未来の世界で、地球脱出の準備を進める様子を覚えています。 何かの機械部品を製造しているつもりなのでしょうが、四角い枠をささっと振って丸くするという子供向けマジックを、未来の技術者がまじめな顔でやっていました。 タイムパラドックスの輪廻を実感した最初の映画だったので、とても印象的でした。 どなたか情報をお願いします。