• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

音速以上の風の中で音は聞こえるの?

海王星では約400m/秒の風が吹いていると聞きました。 これは音速以上ですが、この風の中で風下の音を、風上の人が聞くことは可能でしょうか? また、風上からの音は風下の人に、どのように聞こえるのでしょうか? 高校物理レベルで理解できるご回答をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2519
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • hiross
  • ベストアンサー率100% (1/1)

風が止んだというのは系の変換で次のように置き換えられます。(ガリレイ変換といいます。) 超音速の風が突然止んだ場合: 無風の状態で、静止している人に向かって超音速で向かってくる人が「あいうえお」と言った。 (観測者は風が止んでから聞くことになるのでずっと静止していたことにしています。) そこで、音波の性質について考えてみます。 音波は発信された地点を中心として同心円(球)状に広がります。そして発信されたときから約340m/s(常温下)の速度で広がります。この速度というのは空気に対して広がるという意味なので、静止している人が発信しても、動いている人が発信しても、伝わる速度は変わりません。 以上をふまえると、発信者が音速以上で観測者に向かっている場合には「あ」という音波よりも早く発信者が観測者に近づいてしまいます。だから「い」という音波が発信されたときには「あ」よりも「い」の方が観測者に近づいています。このために「あいうえお」というと「おえういあ」と逆になってしまいます。 (これをドップラー効果の公式に当てはめてみると観測者の音の周波数がマイナスになりますが、マイナスの周波数なんてないので、位相が逆になると考えられます。これは波動方程式の時間の符号を変えた場合と同じになるので時間の位相が逆になると考えられ、音が逆に聞こえると言うことが式の上からも読みとれます。)<=少し無理矢理 音速と同じ風が吹いていたが、その風がやんだ場合: 無風の状態で、静止している人に向かって音速で向かってくる人が「あいうえお」と言った。 この場合音速と同じ速度で向かってきているので「あいうえお」は全て一緒になり、合成されます。これはものすごい密度になるので衝撃波と呼ばれています。ドップラー効果の超強力というのは観測者の聞く周波数が無限大に発散するためです。 以上全て高校2年程度です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすいご回答ありがとうございました。 理解が遅いため、お手数をおかけしました。 この回答で、とてもよくわかりました。 お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

関連するQ&A

  • 音の伝播

    2つ質問があるのですが、まず音速が媒質の運動に依存するということは、強風の日に風上から風下に声を発すると実際に早く届くのでしょうか?あまりそういう話を聞いたことがなくて。(音速が十分速いので違いが知覚できないだけかもしれませんが。。) もう1つは、音源と観測者の間で媒質が真横に流れていた場合、音の伝播はどのような具合になるのでしょうか。風上側は高周波数、風下側は低周波数になって、観測者の位置ではその中間?になるのでしょうか?

  • 「音速」はベクトル量で、「音の速さ」はスカラー量?

    高校物理ですが、「音速」はベクトル量で、「音の速さ」はスカラー量ですか? また、ベクトル量とスカラー量混が合した式の四則計算はできますか?

  • 水蒸気と音速について

    水蒸気中の音速について 物理の気柱の共鳴の実験の考察課題で 「水蒸気圧が大きくなると音速が大きくなるから気温から単純にV=331.5+0.6tで音速を求めても正確でないから実験値を補正しろ」 といわれその横に温度と飽和水蒸気圧の関係が0℃~100℃まで表で載っていてそれを参考にしろと 指示されました。 自分なりに調べてみたのですが 「比熱比」「気体弾性率」....と自分(←高2)の知らないことがズラリ..... それで思ったのが 「温度と飽和水蒸気圧の関係の表一つで補正できるのかな」と思いました 理由は3行前にしめしたような難しいコトに何一つ触れられていなかったからです もしも2行前のことが正しければ 補正する式を教えて下さい。 逆に正しくなくても(高2レベルでわかるような)何かご回答をお願いします。 文が長くなり失礼しました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • hiross
  • ベストアンサー率100% (1/1)

風上にいる人をA、風下にいる人をBとすると 音速以上の風が吹いている場合、AはBからはなにも聞こえません。これは音の媒体が空気であるためです。 音速以上の風が吹いている地点から充分離れた地点(風上:無風)でいる人:このような場合でも、同じ理由で聞こえません。 またAから音を発した場合では聞こえます。その場合、音速+風の速さで伝わりますが、音の高さは変わりません。 F=(V-u)/(V-u)f=f (F:Bの周波数 f:Aの周波数 V:音速 u:風の速さ)となるためです。)(uの符号は取り方による) また音速以上の風が吹いていたが、その風がやんだ場合、このときはBがはじめに聞き、その後Aが聞くことになります。風が吹いていたときにBが「あいうえお」と言っていたのであれば、「おえういあ」と聞こえてきます。 また音速と同じ風が吹いていたが、その風がやんだ場合、このときは衝撃波となってAをおそいます。Bは被害なし。衝撃波とは音速と同じ速度で起こる現象で、ドップラー効果の超強力なやつです。超高音なので耳には聞こえてきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 下記2点について、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか。 とても興味がありますので、よろしくお願いします。 >また音速以上の風が吹いていたが、その風がやんだ場合、このときはBがはじめに聞き、その後Aが聞くことになります。風が吹いていたときにBが「あいうえお」と言っていたのであれば、「おえういあ」と聞こえてきます。 >また音速と同じ風が吹いていたが、その風がやんだ場合、このときは衝撃波となってAをおそいます。Bは被害なし。衝撃波とは音速と同じ速度で起こる現象で、ドップラー効果の超強力なやつです。超高音なので耳には聞こえてきません。

  • 回答No.4
noname#30
noname#30

 地球上で音速以上の風が吹いていたと仮定します。  この状況の中で「空気を媒体とする音という波」を発生させる装置やそれを聞く機械を私は知りませんが、仮に可能であったとします。  まず、風上側ですが、音波は一切伝わりませんので、何も聞くことはできません。  風下側には、音は音速+風速の速度で伝わります。相対的な周波数も高められるために思ったよりも高音となっているはずです。次ぎに、風上側へ伝わろうとして、結局風下側へ流されてしまった音を聞くことができます。この音は観測者に対して風速-音速の速度で近づきます。音の周波数は低くなっているはずです。  さて、音源の真横に観測者がいたとしたらどうでしょうか。正解は、例え1m横にいたとしても観測者のもとへ音が伝わることはありません。音が伝わる以上の速度で音源と観測者の間に新しい空気が流れ込んでしまうためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • basil
  • ベストアンサー率35% (148/420)

結論から言うと、条件不足のため結論が出ません。 質問内の条件を整理します。  1)観測地は海王星である。  2)風速 約400m/秒の風が吹く  3)音の発信源は観測者より風下方向にある。 この条件を言い換えると...  A)音を伝達する媒体は海王星上の気体である。  B)音を伝達する媒体と観測者との相対速度は    約400m/秒である。 となります。 しかし、これだけでは結論を導くのに条件不足です。 他に、媒体が音を伝達する速度が必要です。 yuji69さんは音速を地球上の気体成分&温度&気圧等で 考えられているようですね。 わたしは海王星の大気を媒体として音を伝達した場合、 どの程度の速度で伝わるかの案がありません。 仮に地球上と同じと考えた場合、 音速は通常400m/秒よりも遅いので 発生した音は媒体上を伝わる際に 媒体の進む速度を越えられず、 観測者までは届きません。 つまり、音は聞こえません。 たとえば、流れの速い川の流れに 石を投げ込んだとします。 石によって起こった波紋は速い流れに流されて 上流方向に伝わることはありません。 また、風上方向で発生した音波は 媒体の速度の分、速く伝わります。 音源と観測者との距離は一定ですので ドップラー効果などは起こりません。 音の発生から観測までの時間が早くなるだけです。 上と同様に川で例えると、 上流で発生した波は下流の観測者まで届くでしょう。 しかも、流れの速さの分 届くまでの時間が短くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 補足です。  正解は聞こえます。  ただし条件が付きます。その音速を超えた速度で飛ぶ物体(この場合は風そのもの)から充分に離れていた場合に限ります。  なぜなら、音速を超えた物体は衝撃波を放ちますから、冥王星は(理論上)降り立った瞬間に衝撃波で衣服なんかがボロボロになってしまうことになります。当然、鼓膜なんかひとたまりもありません。  ただし、これは飽くまでも大気が地球と同じだった場合です。冥王星の大気は一般にメタン、窒素、二酸化炭素であると言われていますが、たしかなことは分かっていません。  よって、「秒速400m」という速度が本当に(冥王星の大気に対して)音速を超えているのかどうかは分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

皆さん、早々のご回答ありがとうございます。 海王星の話を最初に書いてしまったので、話をややこしくしてしまいました。申し訳ありません。 「この風がもし地球上で吹いている、と仮定した場合」と書くべきでしたね。 海王星には、大暗斑(木星の大赤斑と同じメカニズム)の周囲で時速2000Kmの風が吹いているようです。地上ではないでしょうが・・・。 また、大気の組成は、水素(80%)、ヘリウム(15%)、メタン(5%)のようです。 (詳しくはhttp://www.planetary.or.jp/group_nepture.html) basilさんのご回答が私にはしっくりくるのですが、 deagleさんのご回答の「正解は聞こえます。」というのが気になります。 音速以上の風が吹いている地点から充分離れた地点(風上:無風)でいる人に、上記の風の中で発せられた音が聞こえるということでしょうか。 basilさんのご回答と矛盾するように思うのですが、もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • otsuge
  • ベストアンサー率15% (43/278)

確信はないのですが、ごいっしょに考えてみましょう。その風速は惑星の自転速度から推定したものではないでしょうか。地球も自転によって発生する気流がありますが、対流圏と呼ばれる輻射熱や地形など、地表面の影響を受ける低高度では、摩擦によって風速はずっと小さくなります。だから海王星も生き物が立っていられるような場所はずっと風速が小さいのではないかと。 で、風上には音は伝わらないと思います。秒速400mの飛翔体が発する音と考えれば、受け側は圧力変化が伝わるより速く遠ざかっていることになるんじゃないかと。 それと、海王星の大気組成や圧力によって音速は少し変わってきますが、一桁上にまではならないと思います。水中の音速でさえ、2000mの下くらいですから。 旅客機に乗ると、エンジンより前の席は驚くほど静かなのに対し、後部席は結構排気音が伝わりますね。旅客機の巡航速度は、音速の0.92倍くらいです。 解剖学的には、音速付近でかすかな振動を知覚できる聴覚器官というのは考えにくいですね。 こんなところで失礼します。

参考URL:
全然自信なし

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 音速と気体粒子の速度について

    音速と気体粒子の速度について質問します。 音は空気の振動が伝わることだと習いました。 そして空気の振動を伝えるものは気体粒子ということも習いました。 高校の教科書にはバネと質点が連なっている絵があり、質点の振動がバネを介して隣の質点に伝わっていく様子が描かれています。 これはこれで理解できたのですが、実際の気体分子は無音の状態でも四方八方に飛び回っていますよね。先のバネと質点の例で言うと、質点がランダムに飛び回っていることになります。僕にはこのような状況で振動が隣の粒子に伝わる様子が想像できません。さらに疑問が増すのは、気体粒子の平均スピードが音速よりも速いということです。(調べたら0℃1気圧で窒素分子は約490m/s,酸素分子は約460m/s,音速は約330m/sでした。) 長々としましたが疑問は要するに、 「音速を超える速さで飛び回る気体粒子が、音速で音(振動)を伝える様子がわからない」 ということです。 説明しにくい内容だと思いますが、どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 超音波 全反射法による音速の測定について

    送波子からアクリル板に超音波を当て、透過波を受波子で受け取ることで時間差と音圧を測定し、またアクリル板の角度を変えていくことで臨界角を測定し、固体中での超音波の音速を求める実験をやっています。 固体中では横波も発生し、横波は縦波よりも速度が遅いので、縦波の音速でみた全反射角を超えても、横波の透過波が現れるのは分かります。 ですが、さらに横波の全反射角を超えてもまた透過波が現れる理由が分かりません。全反射法と矛盾してるように思えるのですが。。。 実はとても簡単に理解できる事なのかもしれませんが、しばらく考えても答えが出なかったので質問します。 大学生レベルで理解できる回答、お待ちしています。

  • 音速を超えた物体が放す騒音(ソニックブーム)

    音速を超えた物体が放す騒音(ソニックブーム) 戦闘機など音速を超えることができる物があるようです。しかしながら旅客機に導入するにはソニックブームを抑えないと騒音が激しく、実用に耐えないというはなしをききました。実際ソニックブームがでない、あるいは出にくい機体の形などいろいろと工夫が重ねられているところらしいです。 単なる好機心ですがソニックブームってどんな音かに興味があります、騒音ほどうるさくない状態で録音されたものはWEB上で出回ってますでしょうか?あるいは聞いたことがある人はどんな音かできる範囲で教えてください。飛行体の形、速さや気候条件などで大きく音が変わりますか? あとコックピットは音が追いつかないので静からしいんですけど本当ですか? 本フォーム(質問本文)に記載する1行目(最初から35文字まで)は、自動的に質問のタイトルとして掲載されます。質問の要点を冒頭部に書くことによって、回答が得やすくなります。

  • [ ドップラー効果 ]

    [ ドップラー効果 ] 左から音源、観測者、壁の順に並び,音源と観測者が壁から速さ v[m/s] とu[m/s](v > u)で一直線上を遠ざかり,同じ方向に風速 w[m/s] の一様な風が吹いている。壁からの距離が、音源,観測者の順に、S1、S2になった時、音源は振動数 f[Hz] の音の発生を開始し,t0[s] 後に音の発生を終了した。無風時の音速を c[m/s] とする。 (1) 音源が音の発生を開始してから観測者がはじめて音を聞くまでの時間を求めよ。  答え  音は風上に伝わるから,音速をc-wとする。さらに,観測者が音源に速さuで近づくから,観測者に対する見かけの音速 c' は c’=c-w+u となる。観測者に対する音波の相対的な運動を考えると,音波は距離S1-S2を速さ c' で近づいてくるから,音波が音源から観測者に伝わるまでの時間は S1-S2/c' [s]    という答えなんですが、‘音波は距離S1-S2を速さ c' で近づいてくるから’が納得いきません。観測者と音源は動いているのだから、距離S1-S2ではない気がします。どういうことですか?

  • 受験向けのビデオ教材を探しています

    現在,仕事の事情により高校の物理を勉強すべき状況にあります。 レベル的に高いものでなく,センター試験レベルの高校物理の問題をきちっと理解して解けるようになりたいと思っています。 勉強はしているのですが参考書など本だけでは今ひとつで,かといって仕事で忙しい30過ぎの男が予備校に通うにはいささか辛い。 NHKの高校講座?などでは数学はそれなりに使えるのですが物理となると実験メインで自分のやりたい勉強とはかなりずれています。 いわゆる受験勉強に適したビデオ教材はないものでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 音のうなりの回数、振動数について

    物理の問題を解いていてまったく理解できないところがあったので質問させていただきます。 振動数fo[Hz]のブザーを鳴らしながらv m/s の速さで十分に広い壁に近づいたところ、ブザーからの直接音と壁からの反射音によるうなりが聞こえた、音速はV m/sとする。 この問題で、 ブザーを持った人が聞く直接音の振動数、反射音の振動数、うなりの回数を求める問題なのですが、振動数とはつまり周波数と取っていいのでしょうか? 自分の認識では反射しても周波数の変化は無いという考えだったのですが、どうもこの問題からしてそれでは間違っているように感じてなりません。 良ければ教えていただきたいです。

  • 大学の物理

    はなぜ難しいのでしょうか?高校時代と比べると微積がふんだんに使われてますし、僕は建築学科なんで力学をメインでやってますが数学の知識がないとついていけません。量子力学は結局理解できませんでした。まわりも高校時代は好きだったけど大学に入ってから嫌いになった人も多いです。物理を専攻にしている方は尊敬します。皆さんは高校の物理と大学の物理のレベル差に驚きませんでしたか?

  • 大学生の物理を1から習得したい

    現在地球科学を勉強している大学1年です。もともと古生物に興味があって生物ばかり勉強して物理はまったくやっていませんでした。 ただ、だんだん地球科学の中の古生物以外の分野にも興味を持ち始めて(漠然としていますが、地震学、気象、海洋などです)調べてみると物理学は必須らしいです。まだ専門的な授業が始まっていないので、勉強するなら今しかないと思い、1から物理を勉強する決断しました。 質問なのですが、どこから始めればよいのでしょうか。1からということなのでまずは高校レベルからやろうと思ったのですが、大学の物理では高校時代に使わない微積を使うということなので、いきなり大学レベルからはじめられるかもしれないと思ったので。 ちょっとややこしいですが、 A.高校レベルからはじめるべき(この場合具体的にどのレベルまで習得したら大学レベルに移行すればいいのか教えてください) B.大学レベルからでよい(この場合、情報が少ないので1からでも理解できる参考書を教えてください) 専門の勉強をする上でどれくらいのレベルの物理を使うのかまだちょっとわかりませんが、経験者の方はその辺りを考慮してご回答いただけるとありがたいです。できるだけ具体的に書いたつもりですが、足りない部分があるかもしれないのでその時は補足要求をお願いします。

  • ヨットはなぜ風上に上れるのか?(再)

     ヨットはなぜ風上に移動できるのか、という質問の回答に関して少しだけ疑問が残ります。もちろん以前の質問の回答に対して他意はありません。純粋な好奇心のみによる疑問とご理解下さい。自信なしで回答しようとしたら締め切られていたこともありまして。(^^;)また、管理者にお願いして回答を割り込ませるだけの自信もありませんので、新たに質問を起こすことにしました。  まず、飛行機ならともかくあのスピードでセールの表裏にかかる風圧の差によって発生する揚力だけで大きなヨットが風上にのぼるだけの力を得られるでしょうか。  ディンギー以下の船しか操船したことがありませんので自信なしですが、ヨットには水中でセンターボードなどが受ける抵抗の中心と水上でセールが風から受ける力の中心が存在しますよね。その原理をテコに例えて水中の抵抗の中心点を支点、風から受ける力の中心点を力点とします。  以下、風に対して90度の角度で帆走していることを想定します。風軸に対して力点が後方にあるとき後ろを押される形で船は風上を向き、逆なら風下をむきます。当然そのままだと回転しっぱなしですので、目的の向きになった時点で、支点と力点の関係を平衡状態に戻さなければいけません。舵のない帆船、例えばウィンドサーフィンが風上にのぼる原理として昔、これにまつわるウェザーヘルムとかリーヘルムとかの言葉を聞いたことがあるのですが、ヨットではどうなんでしょうか。  歴史的に伝統的な日本の帆船は風上に上れず、ヨーロッパの大航海時代を支えた航海術と大きな差を生じてしまったのは、このあたりの技術の差だったはずです。詳しい方の説明をいただければ幸いです。  

  • センター物理I・A 2003年本 フルートの問

    「真冬に、室内や屋外でフルートを演奏する場合について考えてみよう。ただし、気温は、室内が25℃、屋外が0℃であるとする。」 問2 「室内と屋外でフルートを吹く。指の位置と息の強さが同じであるとすると、屋外で吹く場合は、室内で吹く場合に比べ、どのように聞こえるか。ただし、フルートの管の内側と外側で空気の温度は変わらないとする。」 答え 「屋外の方が音速が小さいので、音が低く聞こえる。」 問3 「室内で演奏したフルートの音を、屋外にいる人が聞いた場合、室内にいる人に比べてどのように聞こえるか。」 答え 「音の高さは変わらない。」 この問2と3の問題ですが、問うていることが全く同じに感じられ、それ故に、どうしてそれぞれの答えが同じものにならないのか理解ができません。 私が考えたのは、 V=fλ と、 (室内の音速)>(屋外の音速) より、 屋外の方が音速が小さいことでf(振動数)も小さくなり、 問2、3どちらも「低く聞こえる」と思ったのですが、違いました。 教えて下さい。