• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大分県の病院(C型肝炎)

何年も前から、母方の祖母がC型肝炎を患っています。 インターフェロン治療を町医者のようなところで受けているのですが、 副作用が酷いらしく、母と共に心配しています。 私と母は東京、祖父母は大分県ですので、なかなか会うこともできません。 先日、母が勤め先でC型肝炎の方と話す機会があり、その方も副作用に悩んでいたそうですが、 インターフェロンの種類?を変えたことで少し楽になったと仰っていたそうです。 そんなこともあり、祖母に別の病院でも一度診てもらうよう勧めているのですが、 近所に病院にしか行ったことがなく、しかもその医者に義理を感じているのか、 別の病院を紹介してもらうことができずにいるようです。 (どこの製薬会社のインターフェロンを使っているのかを聞くことすら躊躇っています) ネットで調べてみてはいるのですが、「大分でC型肝炎ならここ!」というような病院が あれば教えていただけませんか? 住まいは大分市内ですが、車で通える距離であれば多少遠くても構いません。 また、そういった情報が多く掲載されているサイトなどがありましたら教えてください。 (首都圏ではいろいろあるようですが、大分県の情報があまりないようで…) よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数265
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

大分市在住の治療経験者です。 私は大分日赤で4種類ぐらいの療法をやりました。(通算3年) 最後は意識不明で死ぬ寸前となり、治療打ち切りとなりました。 そんな例は報告されていないとのことですが、体質、体調などによるのでしょう。 それはさておき副作用は多岐に及びます。程度もピンきりです。 仕事をしながら打つ人もいますし、半ば寝たきり同然に成る人もいます。 でもウイルスとの我慢比べで耐えるしかありません。 最近の治療法では毎回打つ直前に血液検査をして(貧血や血小板)、 打ち続けるかどうかを決めているはずです。 従って迅速な検査体制の整った大病院が望ましいです。 大分では日赤、県立、アルメイダ、大分大学附属(由布市挾間町)等々。 薬を変えて楽になったのは恐らく打つ回数のことでしょう。 元は週3回で大変でしたが今ではペグインターフェロンというのが出来て週1回でよくなりました。 これは大きな福音です。 私は注意力散漫になり小さい事故が続いたのでバス通院に切り替えました。週3→週1はありがたかったですね。 ご全快を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます! 経験者、しかも大分での治療経験のある方のお話はとても参考になります。 最後は意識不明で死ぬ寸前となり…とのことですが、こちらに書き込みされているということは今はお元気なんですね! 治療はやはり大病院が望ましいのですね。 日赤、県立、アルメイダ、大分大学附属等、祖父母にとって通いやすい病院がどこなのか判らないのですが(私は大分に住んだことがないので土地感がなく…)大きな病院へ行ってみることを伝えたいと思います。 アドバイス本当にありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

大分の病院は、わかないのですが目に留まりましたので ご参考までに回答させて頂きます。 やはり、No.2さん同様、総合病院をおすすめします。 インターフェロンの投与には、様々な副作用が伴います。 私も現在、投与中ですが2ヶ月に1度くらいの頻度で眼科へ検査を受けています。 ひとつの病院へ出向き、その中で全て事足りる方が副作用が酷く高齢のお祖母様へは良いと思います。 そして、インターフェロンの種類ですが 現在は、ペグ インターフェロンという週1回投与の物が主流となっています。 ペグ インターフェロンの薬剤も、 ・ペグイントロン(シェリングプラウ社) ・ペガシス(中外製薬) 上記2社から出している薬剤のどちらかを選択できます。 ひとくちにインターフェロンと言っても、全員が同じ薬を投与しているわけではないので お祖母様の話した方は、ペグイントロン→ペガシス等 薬の種類を変えたのかもしれませんね。 インターフェロンによる治療は、身体的にも精神的にも負担が大きいです。 お祖母様を大事になさってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます! 単純に、大きな病院の方が設備が揃っているから、何かあったときや、検査の精度が上がるのではないかと思っていたのですが、手間などを考えてもやはり総合病院の方がいいですね。 母曰く、現在治療を受けている病院は「明らかに勉強不足」とのことで(母も祖母から話を聞いただけですが)、これまで一度も薬を変えてくれたことはないそうです。 母がお話をしたC型肝炎の方は、仰る通り、シェリングプラウ社から中外製薬へ変更したそうです。(私も母からの又聞きなので信憑性に掛けますが、中外製薬とロシュが一緒にとかなんとか言っていました…) 薬の種類は合う・合わないがあると思うので、その方と同じものに変えることが必ずしもメリットがあるとは限りませんが、選択肢はあるべきですよね。 labbitsさんもお大事にしてください。 アドバイスありがとうございました!

  • 回答No.2

No.1です。 一つ大事なことを思い出しました。 副作用のチェックのために定期的にあるいは症状に応じて色んな検査がなされます。 内科的なものはもちろん、胃カメラ、眼底検査(眼科)、皮膚科、精神科など。 そういう意味でも総合病院の方が手間も省けますし、連係プレーもスムーズです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりました。 昨夜母に日赤等大きな病院の方がやっぱりいいよ、ということを伝えました。諸々の理由も含めて。 手間などを考えても総合病院の方が良いですね。 本当にありがとうございます!

関連するQ&A

  • 大分県の者ですが。

    大分県の者ですが。 うつ病の診察を受けるとしたら、県内はどこの病院がいいのでしょうか。 病院によって患者の扱いが違うなどとお聞きしたので、情報があれば解答よろしくお願いします。

  • 【大分県にある稲積水中鍾乳洞近くの旅館を探しています】

    【大分県にある稲積水中鍾乳洞近くの旅館を探しています】 お盆休みに家族(祖母・母・5歳の息子)で九州の大分県にある稲積水中鍾乳洞に行きたいと思っています。 まだ泊まるところを決めておらず旅館が決まっていません。 近くにいい旅館を知っている方がおられましたら教えてください。 (条件は特にありません。) また、近くに他の観光スポットがあれば教えてください。(子供が楽しめるところ等) 宜しくお願いします。

  • 神戸市東部の近隣でC型肝炎の経過観察をしてもらえる病院

    いつも参考にさせていただいております。 今日は題名の通り兵庫県神戸市東部でC型肝炎の経過観察をしていただける病院をご存知の方がいらっしゃればと思い質問させていただきました。 母がここ3年ほどインターフェロン治療をしており現在神戸市長田区の朝日病院に通っておりますが 家から1時間弱かかり病院で注射をしてからまた家まで帰ってくるのが辛いということで経過観察はその朝日病院にインターフェロンの注射は近所の名前は聞いておりませんが別の病院に通っているそうです。 しかしその別の病院の医者との相性が悪いらしく他にそういう注射などを していただける病院が無いか探しているようで ただ投薬をしていただくだけならそれこそ自分で注射することもできるようですが本人はそのインターフェロンの副作用で胃が荒れるのと倦怠感、微熱があるので肝臓にある程度精通していて胃カメラ検査を受けれて腹部エコー検査をしてもらえる病院を探しているようです。 僕自身も色々検索をかけたりしておりますが探し方が悪いのか見つかりませんのでもし御存知でしたら教えていただきますようお願いします。 あとC型肝炎についてあまり知識が無いので補足が必要でしたら本人に確認をとりますので必要事項がありましたらよろしくお願いします。

  • C型肝炎の治験について

    現在私の母がC型肝炎で治験を受けることになりました。 母は1型bのタイプのウイルスです。 薬の名前がABT-450/r/ABT-267の三種類の薬が含まれているものです。このrはリトナビルというHIVに用いられる薬です。 現在インターフェロンを用いた治療が主流になっているC型肝炎治療ですが、この薬はインターフェロンを用いない治療法だそうです。 そこで、わからないことがあります。 私の調べた限りでは海外でこの新薬はリバビリンを含めた4つの薬による治験が行われていたようだったのですが、母の治験薬の中にはリバビリンが含まれていません。そこで、リバビリンを含まなかった場合の治癒率などが全く分かりません。 私の母は以前インターフェロン治療を行っていたのですが、効果はありませんでした。このインターフェロンの効果がみられなかった人に対するこの薬の治癒率など詳しい情報も知りたいのですが、なかなか分かりませんでした。 すみませんが、この辺の細かい情報を教えていただけないでしょうか。

  • C型肝炎の治療は何歳までできるのか。

     私は昭和36年出産の折、大出血して1800CC輸血しました。当時は労働条件が悪く、働いていた同室の多くが輸血し、その後、肝炎にかかっりました。あの輸血が私のC型肝炎の始まりだったのでしょう? 血清肝炎の多さを憂いた医師や製薬会社が作った薬剤が多くの肝炎患者を生み出したのです。 C型肝炎の私は大病院の肝臓外来にかかっています。今年、九月ウイルス数が急増し肝臓の数値が50を超え、インターフェロン治療を申し出ましたが、この薬は65歳までしか使用しないということでした。  今日、ベグインターフェロン+リバビリン併用治療と体験談のなどを知りましたが、使用出来る年齢は書いてなく、50歳代以下の方々の体験談ばかりでした。私は75歳。なす術はないのでしょうか。 薬害肝炎の方だけでなく、輸血による肝炎患者も国の救済をして欲しい。命の重みも肝炎の苦しみも同じです。baba

  • 薬害C型肝炎被害者の一律救済について

     薬害C型肝炎についていくつか質問があります。よろしくおねがいします。(1)薬害C型肝炎ということは、薬害と前についているので、フィブリノゲンを投与されたという人だけが(もっと詳しく言うと、投与されたという証明があるひとだけが)今回の救済対象となるのでしょうか。(2)予防接種など、注射針の使いまわしで感染したC型肝炎患者は薬害ではないかもしれませんが、行政の怠慢が原因だと思います。このケースは今回の救済対象にはならないのでしょうか? (3) (1)と重なりますが、フィブリノゲン投与を客観的に証明できない(病院がもうないとか、カルテがないとか)の場合は、やはり救済対象にはならないでしょうか? (4)今回の薬害ケースは、国が一時的に経済的負担をするにしても、その一部を、製薬会社、病院にも求償するようなことにはならにのでしょうか? 製薬会社も病院も責任の一端はあるので国民の税金だけで100%救済というのはどうかと思いますが(製薬会社や病院も応分の負担し、支払うべき)そのような考えはないのでしょうか?  

  • C型肝炎の伯母のことで・・・

    先日、C型肝炎と診断をされた伯母なのですが、大の病院嫌いで困っています。 私は、C型肝炎の知識に乏しく、伯母が診断をされてから色々、調べました。 病院からは、インターフェロンとリバビリンの治療を勧められたそうです。その治療を受けるにあたって、副作用の度合いを見るのに1週間から10日位の入院が必要だそうです。 今まで、大きな病気にかかったこともなく初めての経験で不安なのはわかりますが、入院したくない・・・病院に行きたくない・・・と、治療を拒否します。 私としては、インターフェロンとリバビリンの治療で、ウィルスを全滅させられる可能性があるのなら治療をしてほしいのです。 近くに住んでいるなら無理やりでも病院に連れて行きたいくらいですが遠くに住んでいるため電話での説得くらいしかできません。 そこで、お尋ねしたいのが、伯母は今年66歳です。 これから先、治療を受けなくても今の状態から悪化したりはしないのでしょうか? また、ご自身で・・・周りの方でインターフェロンとリバビリンの治療を受けた方、いらっしゃいましたら何でも結構です。 何かアドバイスを頂けたら幸いです。

  • 大分県の「天ヶ瀬ぶどう」

    母が、知人から「天ヶ瀬ぶどう」という商品をいただいたそうなのですが すごく気に入ったようで、近所で買えるものなのかどうか調べて欲しいと頼まれました。 大分県にある天ヶ瀬温泉付近で摂れたブドウだと思うのですが 見た目はちょっと巨峰っぽい感じだけど、粒は硬めで大きいのに種が無く 味はリンゴのように甘かったと話していました。 しかしインターネットで調べてみても「天ヶ瀬ぶどう」という商品は見つかりません。 検索すると瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)という品種が出てきましたが 母が食べたのはマスカットではなく巨峰のような感じだというのです。 白い袋に包まれていて、紫色の文字で「あまがせぶどう」とだけ書かれていたとか。 ブドウ狩りの行われている今の時期しか購入できないと思うのですが 私も大分県民になって日が浅く、地元の名産品の情報などサッパリわかりません。 できれば買って母に送ってあげたいと思うので どこで購入できるものなのか、詳しい品種など、些細な情報でも構いません ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい(*- -)(*_ _) よろしくお願いします!

  • C型肝炎キャリアでインターフェロン

    C型肝炎のキャリアです。先日病院で血液検査しました。GOT、GPT共に正常値でした。医師の説明によると放って置く訳にもいかないので入院しインターフェロン治療した方がよいとのことです。まだ慢性肝炎でも発症したわけでもないし、治療したとしても30%の確率と聞きます。キャリアの段階でインターフェロンすべきでしょうか?副作用も強いらしく不安です。アドバイスよろしくお願いします。

  • C型肝炎について教えてください。

    45歳既婚女性です。昨年、献血をしました所、日赤からC型肝炎の抗体が陽性だったと通知がきました。GOT28 GPT36です。 私立病院に通知を持って再度検査をしてもらった所、ウイルスは、しっかりいるそうです。量も多いそうです、超音波の結果は脂肪肝が見られて他に異常はなかった見たいですが慢性肝炎と診断されました。 でもタイプが2型だそうでインターフェロンが効き易いし年齢的にも受けた方がいいと勧められましたが私立病院ではインターフェロンは行ってないので他の病院に紹介状を書いてもらい今日行ってきました。 また、血液検査、超音波はするのですが(今日は血液だけ採ってきました)結果は3月初旬に出るそうです。 先生が2型なので通常48週(1年)の投与だが貴方の場合は24週(半年)で大丈夫、インターフェロンをするなら肝生検もしないでいいと言ってましたがどうなんでしょうか? それと血小板数が20万なので貴方の場合はF1(軽度の肝炎)とF2 (中度の肝炎)の間くらいだと言われました。 インターフェロン投与の前に副作用を調べる為に10日~2週間の入院は必要と言う事と慢性肝炎は胃と食道静脈瘤にも病気が隠れてる場合があるので、その検査もすると言ってました。 インターフェロンは副作用も強いし治療費も高いし主婦としては2週間の入院も考えてしまいます。 でも命には変えられないので治療を受けるつもりではいますが・・・。ウィルスは本当に消えてくれるのだろうか? 費用はどの位掛かるか?副作用はどうなのか?経験者、または詳しい方ご教授下さい。