• 締切済み
  • 困ってます

皆さんの敵対的買収の意見を聞かせてください

素人なんですが、皆さんの敵対的買収について意見を聞かせてもらいたいです。 敵対的買収について調べたところあまり成功例があまりありません。 それでも敵対的買収をやるメリットってあるんですか? あと、なぜ平和的に友好的買収をやらず敵対的買収をやるのか? など上記以外でもいいので皆さんのご意見を詳しく聞きたいです><

noname#77459

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数676
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2
  • mat983
  • ベストアンサー率39% (10265/25670)

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/business/business_4.html フジテレビにしても、ブルドックにしても 敵対的でも成功すれば、メリットが余りにも大きいからです。 また、可能性が十分あるので買収工作に動きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • M&Aの敵対的・友好的買収

    企業買収において、敵対的買収と友好的買収といった分けられ方がしますよね。友好的買収で相手方の同意を得られなかった場合に、敵対的買収として強引に乗っ取ろうと転化する。はじめから敵対的なスタンスで買収しようとする企業もありますよね。 個人的には友好的買収のほうが、両者の利益を追求した形で締められる点で良い気がするのですが、敵対的買収ならではのメリットはないのでしょうか?敵対的買収には莫大なお金がかかり、手間がかかりと大変ですが、相手を無条件で傘下に置くこともできます。しかし、それだけではなくて、もっと大きなメリットがあるのだとと思えてならないのですが・・わかる方よろしくお願いします。

  • 敵対的買収

    敵対的買収と平和的な買収交渉とで、どういう違いが出てきますか? 攻撃する側、受ける方の経営者、一般株主でそれぞれ利害が異なるでしょうが、一般株主には一つの儲けのチャンスになる(敵対的買収の方が)のではないですか? 攻撃する方にしてみれば、敵対的買収の方が投資額が大きくなり、場合によっては重大な損害を発生することになる場合もあるのではないですか? 受ける方の経営者にしてみても、(もし適当な時期に手放したいと考えていたなら)、敵対的買収行為は願ってもないチャンスになるのではないですか? まったくのどシロウトです。 よろしくお願いいたします。

  • 敵対的買収に積極的で有名な会社

    今、上記の内容でレポートを書こうと思っています。 しかし、村上ファンドやスティールパートナーズ以外で、敵対的買収に積極的な企業が思いつきません。 村上ファンドとスティールパートナーズ以外で、有名な敵対的買収に積極的な企業があったら教えてください。

  • 回答No.1
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4352)

>あと、なぜ平和的に友好的買収をやらず敵対的買収をやるのか? 友好的な買収ができないからです。 友好的に買収できるに越したことはありません。 >敵対的買収について調べたところあまり成功例があまりありません。 買収されようとしている会社の友好的な会社が阻止をするからですね。 防衛策が失敗すると敵対的買収は成立します。 >それでも敵対的買収をやるメリットってあるんですか? そうまでしてメリットがなければしませんよね。 例えば将来100億円の価値があるなら、最悪の場合で敵対的買収で10億で買えるのなら、買おうとしますよね? こんな言い方はどうかと思いますが、買収されるほうもスキがあると思います。 (家の鍵をかけ忘れて空き巣に入られるようなものですから)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 敵対的買収がダメなら友好的な業務提携ってできるんですか?

    おはようございまーす^^ ライブドアとフジテレビ?ニッポン放送でしたっけ? その時に敵対的買収はダメだっていう話がありましたよね じゃあ友好的な業務提携って本当にできるんですか? 話を持ち込んでダメだと言われれば、残るのは敵対的買収だけじゃないんですか? それとも第三の方法があると思いますか? 1)あのときのライブドアの買収劇は問題だったと思いますか? 2)もし1)でYESなのであれば、友好的な業務提携ができたと思いますか? 3)マスコミと提携しようとして、敵対的買収以外でできると思いますか? 4)業務提携をする上で第3の方法って存在しますか?

  • 敵対的買収の件数

    日本のM&A的における、敵対的買収の件数のデータを探しているのですが、見つかりません・・。年ごとの推移や、失敗と成功のうちわけなどもわかると嬉しいです。知っている方がおられたら、ご教示お願いします。

  • 敵対的買収成功

    敵対的買収に成功した事案ってありますでしょうか? 検索してもなかなか引っかからないものでして・・・。 すごく古い事案でもいいので御存知の方いらっしゃったら教えて下さい。 よろしく御願いします。

  • 敵対的買収の防衛 弁護士ランキングリスト

    よろしくお願いします。 敵対的買収が仕掛けられた時に、防衛を依頼する弁護士を探しております。 何ヶ月か前に日経新聞に、敵対的買収防衛の弁護士ランキングみたいなのが載ってたと思うのですが、いつの記事であったかご存知の方いたら教えてください。ライブドアの代理人になった弁護士や、北越製紙の代理人弁護士など、いろいろな有名な弁護士が一覧になってたような気がします。 また、この記事以外にも、敵対買収防衛が得意な弁護士のランキングが載ったサイト等をご存知の方がいたら教えてください。

  • 敵対的買収に対する防衛策

    昨日、某社が敵対的買収時に発動できるよう、株主に対して、「ポイズンピル」を模した『新株予約権』の発行を決めたようです。 国内初の「毒薬」を導入 敵対的買収への対抗策で http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050314-00000212-kyodo-bus_all 予防として防衛策をめぐらせることは違法には当たらないかも知れませんが、実際、発動するとなると、『支配権の維持目的』として、「差止め・無効」の事態が発生するのではないかと思います。 現在の商法における「新株予約権」の発行は、『予防』のための発行を認めているのでしょうか? それとも、既成事実化しようという動きなのでしょうか? (商法解釈というより、『経営権』の範囲が問われているという気がするのですが...)

  • 非上場会社を(敵対的な)買収をすることはできるのでしょうか?

    よろしくお願いします。 上場会社は市場で株を取引しているため、 金額を出せば買収できます。(敵対的にも可能) 一方、非上場会社は、事業承継など、株主を 説得しないと買収できないのでしょうか? 上場会社がMBOで非上場化するのも買収防衛策と聞きますし・・・。 非上場会社の買収方法にはいくつ種類があるのでしょか (現金による買収、株式交換など) また、友好的、敵対的買収という区別はあるのですか? M&Aの基本的なところがわかっていません。 基本的なことが詳しく書かれているページなど ありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • M&A 時における子会社設立

    友好的・敵対的買収において、買収時、 買収を仕掛けた企業は、子会社を設立 して、その買収を履行しますが、 なぜ子会社を設立するのでしょうか。 その理由を教えて下さい。

  • 敵対的買収・TOBの可否に付いて。

    初めまして。よろしくお願いします。 先頃製紙業界の王子製紙が北越製紙に敵対的買収(TOB)を仕掛けたが失敗に終わった事はご存知と思います。 事の起こりは王子…が→北越…に合併だか提携だかを持ちかけたが、北越はこれを拒否した様です。→王子それでは株を買増して持ち株を過半数以上にして、子会社化?(又は思う様に)しようと云う行動に出たと認識しています。 此れに付いては賛否両論があるかと思いますが、私としては意に沿わないからTOBでと云う行動には、否定的な思いがあります。皆さんは如何思われますか? 以下のどちらかと、其れは何故かの簡単なご意見が有ればお願いします。 一、 可とする   例(法に反しないから)とか。 二、 不可と思う   相手の意向を無視は良くない など。 多くの方の回答をお願いします。(尚他の方のご意見に反応されますと、削除の可能性が有りますので、ご自身のみのご意見でお願いします)

  • 敵対的買収防衛策導入におけるデメリットについて

    はじめまして、maro77と申します。 2007年5月から三角合併が解禁され、外資系企業がこれまでよりも容易に日本企業を買収することが可能となりました。また、最近では、日本国内においても敵対的買収の事例が発生し、各企業の経営者は自社の敵対的な買収攻勢に備えて、防衛策を導入するかどうかで悩んでいると考えております。 このような状況下、経営者の立場にたって考えてみた場合、買収防衛策を導入することのメリットはわかるのですが、デメリットがいまいちはっきりとわかりません。 素人としては、買収される可能性があるならば、いろんな防衛策をどんどん防衛策を導入しちゃえばいいのに・・・と単純に考えてしまうのですが、各企業の経営者がそんなに簡単に導入に踏み切れない理由はあるのでしょうか。 もちろん、以下に示すようにいろんな防衛策は存じております。この防衛策、ひとつひとつにメリットデメリットがあるのでしょうか。メリットばかり思いついてしまい、デメリットがわかりません。 お教えいただければ幸いです。よろしくお願いします。 ・取締役の期差選任 ・セーフ・ハーバー ・黄金株 ・ホワイトナイト ・チェンジ・オブ・コントロール、資本拘束条項 ・焦土作戦 ・自殺薬条項 ・マカロニ・ディフェンス ・ピープル・ピル ・安定株主対策 ・ポイズンピル(毒薬条項) ・パックスマンデフェンス ・自己株式取得枠 ・新株発行枠(授権株式)の拡大 ・高株価政策 ・持ち株会社(ホールディング) ・株式の非公開化 ・超過半数条項(Supermajority provision) ・割増退職金

  • 買収対抗策の方法

    買収対抗策について、ご教授お願いします。 A社がB社に敵対的買収をされようとしている。 そこでA社と友好関係にあるC社が、B社を買収する。 ということは可能なんでしょうか? 普通ホワイトナイトはA社の株を買って、B社の買収を阻止すると思うのですが、C社がB社を買収することで、買収を阻止するということは、問題なく可能なのでしょうか? ご存知の方教えてください、よろしくお願いします。