• 締切済み
  • すぐに回答を!

正直者と嘘つき

前提として、、、「正直者のいうことは全て真」「嘘つきのいうことは全て偽」である。ジョージ J 「サダムは嘘つきだ」と言い、サダム s は「ジョージは正直者ではない」といっている。このとき、ジョージとサダムは何ものか。過程も書いて示せ。 この問題を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数325
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#164184

>このとき、ジョージとサダムは何ものか。 課程はわかりません、直感的に、シンプルに。 ブッシュさん と、フセインさん 元大統領の会話?と思われました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 正直村と嘘つき村

    ある島は『正直村』と『嘘つき村』にわかれている。正直村出身者の言うことは常に真であり、嘘つき村の言うことは常に偽である。この島にやってきたある人が、3組の夫婦にどちらの村出身か尋ねたところ、それぞれ夫が次のように答えたという。 それぞれの夫婦の出身を特定できるか理由をつけて答えよ。 ただし、異なる出身者同士が夫婦になることもありうるとし、また夫は妻の出身地を知っているものとする。 (1)『二人とも嘘つき村出身である』 (2)『二人とも同じ村出身である』 (3)『少なくともどちらかは嘘つき村出身である』

  • 正直者と嘘つき

    正直者と嘘つき この問題がわかりません>< 問題をとく過程も教えて下さい! ある刑務所に必ず正直に答えるものと 必ず嘘をつくものがいた。 看守は囚人たちに「誰が嘘つきで誰が正直者か名乗り出ろ」と言った。 A:「Bは嘘つきです。私は正直者ですから真実のみ伝えます」 B:「Cは嘘つきです。私こそ正直者です」 C:「AとBこそ嘘つきです。私が正直者です。」 A、B、Cそれぞれ誰が正直者でだれが嘘つきか?

  • 論理数学

    論理記号「ならば、→」は、前提が偽であるとき、結論が真あるいは偽にかかわらず含意命題が真と定義される。 の理由がわかりません。わかりやすく教えていただけないでしょうか。

  • 回答No.3

ある人Pが正直ものである命題をKとする。 すると 正直者Pが命題Xを述べたとすると K≡Xが成立する。 ジョージ J が正直者である命題を Kjとする。 サダムが正直者である命題を Ksとする。 ジョージ 「サダムは嘘つきだ」ということは、 Kj≡¬Ks ( 1)Kj⇒¬Ks、 2) ¬Ks⇒Kj) サダムは「ジョージは正直者ではない」といっている。は Ks≡¬Kj ( 3) Ks⇒¬Kj、 4) ¬Kj⇒Ks) ここで 1),3), 2).4)はそれぞれ同じ命題である。 従って残る命題は1)Kj⇒¬Ks、 2) ¬Ks⇒Kjである。 この二つからは,Kj, Ksの真偽は決定できないが, KsとKjの真偽が 反転することが分かる。 つまり Kjが真なら Ksは偽、 Ksが真がら、Kjは偽となる、 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Kooltan
  • ベストアンサー率35% (71/198)

色々考えたが 正直者と嘘つきしか居ないって縛りがないので Jは嘘も真実も言う人だから、サダムが言う、正直者ではない、が正しく、サダムが正直者 Jは今回はウソを言っているが、たまに真実も言う普通の人、だから、正直者サダムが言う通り「正直者では無い人」 って、これが答えじゃないとは思うが これ以外に特定の答えが導き出せない^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • LN-TF
  • ベストアンサー率53% (319/595)

追加前提として、「正直者」と「嘘吐き」しか居ないと云う条件を追加します。 もしジョージが正直者とすると、ジョージの言よりサダムは嘘吐きとなる。すると、サダムの言は嘘だから妥当。 ジョージ:正直者。サダム:嘘吐き。 もしジョージが嘘吐きとすると、ジョージの言の逆からサダムは正直者。するとサダムの言は真で妥当。 ジョージ:嘘吐き。サダム:正直者。 ??? これは可也高名な論理(矛盾)の問題ぢゃあなかったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 論理学の問題がわからなくて困っています。

    大学で論理学の授業をとっているのですが、恥ずかしながら自分では理解できません。 そこで今回この場をもって質問させていただきます。 ○×でできれば答えていただきたいです。 1前提がすべて真の推論がみな妥当であるとは限らない。 2偽の前提を含む推論はすべて非妥当である 3結論が真の推論はすべて妥当である 4結論が偽の推論はすべて非妥当である 5前提にトートロジーが含まれる推論はすべて妥当である 6結論がトートロジーの推論はすべて妥当である 7前提に真理関数的矛盾を含む推論はすべて非妥当である 8結論が真理関数的矛盾の推論はすべて非妥当である 9S1が真でS2が真なら<¬s1∧¬S2 >∨(S1∧¬S2)は偽である 長文失礼しました。 お時間があるときによかったら答えてください。

  • 命題の真偽

    命題P⇒Qが真となるのは (1) Pが真でQも真 (2) Pが偽であって、Qは真か偽かはどちらでもよい の2パターンがありますよね? 命題P⇒Qが真であることを示せ。といった問題は、 上の(1)・(2)の2つとも成り立つことを示さなくてはならないのですよね? 例えば、高校の数学の教科書にあるような a>b,c>d ⇒ a+c>b+d を証明せよ という問題は、「a>b,c>d ⇒ a+c>b+d」が真であることを証明せよと言っていると思うのですが, 解答では,a>b,c>dが真であることを仮定してa+c>b+dを導いています。 a>b,c>dが偽である場合は考えていませんが、 これは、a>b,c>dが偽の場合、a+c>b+dが真であろうが偽であろうが、いずれにせよ「a>b,c>d ⇒ a+c>b+d」は真となるので、 解答に書く必要がなく、a>b,c>dが真の場合だけを解答に書けばよいからということなのでしょうか? 例えば、 -k<x<k ⇒ x≧-1 が真となるようなkの値の範囲を求めよ。 といった問題があった場合、 (i) k≦0のとき    -k<x<kを満たすxは存在せず(つまり偽であり)、    -k<x<k ⇒ x≧-1 は真 (ii)k>0のとき    -k<x<kを満たすすべてのxが、x≧-1を満たせばよく、    -k≧-1  ∴0<k≦1 以上より、  k≦1  といった具合になると思います。 こういった場合は、Pの部分が偽であることも考慮しますから、 やはり先の証明問題ではPの部分(a>b,c>dが偽の場合)が偽であるときは省略されていると考えるのが妥当なのですかね?

  • 部分集合について

    (a) 1⊆{1,2}  これは真か偽か? (b) {1}⊆{1,2}  これは真か偽か? (a)と(b)の違いを教えてください。 (a)はわかるのですが、(b)がわかりません。 1と {1}の違いはなんなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 今更聞けない「PならばQ」の考え方

    甥っ子に質問され明確に答えられません、 P→Qの真偽について、P,Qに変数が入った場合、どうなるのか? 例1 P:x=3 Q:x^2=9 でP→Q の真偽を考えるとき  これは任意のxについて考えるものなのでしょうか? この場合x=3が真の時x^2=9も真なのでP→Qは真。x=3が偽の時はQの真偽に関係なくP→Qは真なので、全てのxについて P→Q は真といえますが、 例2 P:x=3 Q:x^2=10 でP→Q の真偽を考えるとき x=3が真なら x^2=10は偽で P→Qは偽になりますが、x=3が偽なら Qに関係なくP→Qは真。 これは真偽が不明ととらえるのでしょうか? それとも任意のxで真とならないので偽ととらえるのでしょうか? 私自身はこれまであまり深く考えなく、P→Qを if P then Q ととらえてましたので、「Pは真と仮定して」が暗黙のうちに隠されていると思ってました。すなわち P→Q は (Pが真)で P→Q を考えていましたが、皆さんはどうなんでしょうか?

  • 「PならばQ」の真理関数表は言語とは無関係ですか?

    P→Qの真偽について下のように定義すると言われます。   P  Q  P→Q 【1】真 真  真 【2】真 偽  偽 【3】偽 真  真 【4】偽 偽  真 これは日常の言語(命題)の真偽とは無関係に定義した、形式的なパズルのようなもの、と理解してよいのでしょうか? 日常言語に対応させると、おかしなことが生じるようです。 たとえば、Pを4の倍数として、Qを2の倍数とすると、 ------------------ 【1】4の倍数ならば、2の倍数である。 ・・・これは全面的に真 【2】4の倍数ならば、2の倍数でない。 ・・・これは全面的に偽 【3】4の倍数でないならば、2の倍数である。 ・・・これは部分的に真かつ部分的に偽。2、3、5、6、7、9、10などは2の倍数の時もあるし、2の倍数でない時もある。 【4】4の倍数でないならば、2の倍数でない。 ・・・これも部分的に真かつ部分的に偽。2、3、5、6、7、9、10などは2の倍数の時もあるし、2の倍数でない時もある。 ---------------------- 【1】が真で、【2】が偽であることは分かります。分からないのは【3】と【4】です。 もし【3】が真な命題なのであるとしたら、【3の対偶】も真であるはずです。 ------------------- 【3の対偶】2の倍数でないならば、4の倍数である。 ・・・これは明らかに間違っていて、偽です。 ------------------- 日常言語と関係させるのがそもそもの間違いなのでしょうか? 真理関数表は日常の言語(命題)の真偽とは無関係に定義した、形式的なパズルのようなもの、と理解してよいのでしょうか?

  • 「判定条件網羅(分岐網羅)」について

    プログラム中に次の複合判定がある。 条件1 OR (条件2 AND 条件3) 判定条件網羅(分岐網羅)に基づいてテストする場合、 追加するテスト項目として適切なものは、どれか。 [終了したテスト項目] (1)条件1が真、条件2が偽、条件3が偽 (2)条件1が偽、条件2が真、条件3が真 正解:ア 解説には下記の内容が記載されています。 (1)条件1が真、条件2が偽、条件3が偽を条件式に当て嵌めます。 真OR(偽AND偽)=真OR(偽)=真 (2)条件1が偽、条件2が真、条件3が真を条件式に当て嵌めます。 偽OR(真AND真)=偽OR(真)=真 しかしその条件式が読めません。 何故、真OR(偽AND偽)=真OR(偽)=真に、 偽OR(真AND真)=偽OR(真)=真になるのですか。 真OR(偽)=真OR偽で、偽OR(真)=真OR偽ではないのですか。 お手数お掛けしますが、ご存知の方おられましたら、ご教授お願いします。 以上、よろしくお願い致します。

  • 「正しい」の意味はなんですか?

    「正しい」の意味はなんですか? 正しい、間違い、これは、真、偽、でしょうか? パソコンのプログラミング言語にも「真、偽」が出て来るよね。

  • 真理表っておかしくないですか?

    pが偽、qが真か偽のとき、p→qは真となる話です。 ある本に「給料をもらったら、プレゼントを渡す。」とすると、 給料をもらっていない時、プレゼントを渡そうが渡さなかろうが、約束を破っていないので真だ。と書いてあります。 なぜでしょう?給料をもらった時の話はしてませんよね?なのに真?命題というものが真偽の判定が出来るものであり、偽ではない、だから真?命題として不完全なだけでは? いくら考えても答えが出ません... 上の話を真にさせる決定的ものはなんなのでしょうか?

  • "1+1=2"→"13は素数である" は真か偽か

    "1+1=2"→"13は素数である" は真ですか?偽ですか? 偽であるのなら,反例は何でしょうか? 真であるのなら,新たな疑問がわきます. その新たな疑問というのは, A→Bが真 であるのなら,ヴェン図で言うとAはBにスッポリ包まれているはずですが, "1+1=2"は"13は素数である"に包まれていない気がするのです.(言い換えますと,13が素数である理由は1+1=2であるからではない気がする) 包まれていなくても真と言えるのでしょうか? そもそも "1+1=2"→"13は素数である" は命題ではないのでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • ことの真偽について

    「真か偽か」という判断をしますか?   する場合、何を根拠として「真」/「偽」としますか?   また、「私」が実在することの真理性の論証は果たして本当に可能なのでしょうか?   私には、どうしてもできないのです。