• 締切
  • 暇なときにでも

禁酒は成功したのに

  • 質問No.4629634
  • 閲覧数248
  • ありがとう数6
  • 回答数1

お礼率 11% (46/394)

禁酒、減酒には簡単に成功したのですが禁煙だけはどうも成功がしません。
禁煙ガム、パッチなどもイマイチ効果がなく本格的に医者に
相談して辞めようかと思います。

1日でタバコは1箱半消費
お酒も飲まない日がないくらいでした。
毎晩ビールは2缶、日本酒も飲んでいました。
飲みに行けば吐くまで飲む事もあったりで
今年の健康診断ではメタボ予備軍!肝臓の数値が悪い!
飲みすぎですと言われました。

禁酒についてはもう土日にビール2缶まで、飲みに言ってもジョッキ2杯など減酒は成功しました。
簡単ではないですが当然、飲みたいと言う欲求、イライラはありました。
でもこの欲求は抑えられました。

所が禁煙はどうもうまく行きません・・
禁煙パッチも利いている感じはあるのですがそれを上回り、吸いたいと
言う欲求が勝ってしまいます。
一番は仕事でのイライラしたり体が貧乏ゆすりをしたり禁断症状もでます。

逆を言えば吸わなくて仕事をすると休憩でも吸えなくて仕事に
行き詰る事も多くなりました。

禁酒はできても禁煙はできない人って多いのでしょうか?
禁酒の方が辞めやすいとかあるんでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (1930/4007)

> 禁酒についてはもう土日にビール2缶まで、飲みに言ってもジョッキ2杯など

こういうのは普通、禁酒とは言いませんね。節酒ですね。
それはさておき、酒なんてだれでも簡単にやめられます。
禁断症状もありません。だから酒を飲む人は特別な人以外はアルコール中毒ではありません。
「アル中」は病気ですが、わたしを含め大多数の酒好きは病気ではありません。

ところがタバコを習慣的に吸う人はみなニコチン中毒です。
やめようと思っても、意思に反してついつい手がでてしまうタバコ。
自分の意思に反した行動を自分が自分に言い訳しながらやってしまう!
これって恐ろしいことだと思いませんか?
わたしは自分で喫煙を「病気」と認識しました。
だから治療しました。
病気を治療しようと思えば禁煙もそんなに難しいものではありません。
もう完治して3年になります。

わたしだけではありません。
今では喫煙習慣は「病気」と認識されています。最近、禁煙治療に健康保険が使えるようになったのはご存知ですね?
「吸いたいと言う欲求が勝ってしまいます。」なんて甘ったれたことは言わず、ご自分の健康を害するだけでなく周囲に悪臭と毒ガスを撒き散らすタバコは重大な感染症と自覚してください。
はやく完治することがあなたの使命です。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ