• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

No matter however~の使い方。

No matter ~は「たとえ~でも」のようなニュアンスらしいのですが、 例えば:No matter whatever he says,I dont care.「たとえ彼が何を言ってきても、気にしない」 このように、 No matter whatever+主語+動詞なら問題ないのでしょうか? 一方、 No matter however far apart we are ,I dont care. 「どんなに私たちが遠く離れても、気にしない」 ように、No matter whatever+副詞+主語+be動詞という使い方もありなのでしょうか? 辞書で「apart」を検索すると「動詞の後に」と書いてあるので、もしくは「No matter however we are far apart」が適切なのでしょうか・・・?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数750
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#77550
noname#77550

no matter で「たとえ~でも」という意味です。 however は「いかに~であろうとも」という意味です。 ですから、 no matter を使う時は、 no matter +(疑問詞のwhat, how, who, which, )などを使います。 ご質問にある例文をとりますと、 No matter what he says, I don't care.  No matter how far apart we are, I don't care. となります。 もし、however を使うのでしたら、 However far we apart,...... のように however +(形容詞か副詞) +S+V の形です。 whatever については Whatever he says, I don't care. Whatever he says won't worry me. whatever の場合は、少し複雑なので完全に理解するためには参考書が必要と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明有難うございました。

関連するQ&A

  • Howeverやthereforeの位置について

     こんばんは。今日もまた質問させてください。  いわゆる論理接続の副詞と呼ばれる(って習いました)howeverとかthereforeは文頭に来る時もあれば、主語と動詞の間に挟まれたりすることもあるし、またそれ以外の場所に来るときもあります。つまり位置がまちまちなわけです。僕が知りたいのは、この位置がどういう基準で決まるのかということです。  ライティングの本や文法書など読んでみたのですが、意味や用法の説明だけで、位置までについては説明されていません。すごく気になります。よろしくお願いします。

  • 英語構文

    こんにちは。英文で質問があります (1)They both fear and hate whatever is unfamiliar. whateverが主語で「よくわからないこと全て」で目的節を作って、 「よくわからないことすべてを嫌う、恐れる」で意味はこんなもんだと思いますが、whateverだけで主語ってありますか? (2)~ however the herd may have been generated. howevr はhowever much や however beautifulのように、副詞・形容詞がつくはずですが、however the herd~ってありえますか? 回答お願いいたします。

  • We are all tired.のall

    all には、「ひどく」という副詞用法があって We are all tired. は「私たちはひどく疲れている(くたくただ)」 のような意味になると思うのですが、 総合英語「Forest」には、『allは主語に対して「<主語>はすべて・・・」という意味で用いることができる。この場合、all の位置は一般動詞の前、be動詞や助動詞の後ろになる』とあるので、 「私たちはみんな、疲れている」と言うときも We are all tired. とも言えると思うのです。 英文を読んでいて We are all tired. が出てきた場合 all が「ひどく」なのか「みんな」なのかは、どうやって判断したらいいのでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

これは文法的には間違いです。 No matter what he may(might) says, I dont care. が正しい言い方です。ネイティブがそう言ったとしても、日本人だってよくやるように、文法的に間違った表現を相手の人がしたまでです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「beyond」を「解からない」というニュアンスで用いてもいいですか?

    例えば:「たとえどんなに世界中の誰もが解からなくなったとしても(私の手に負えなくなっても)、気にしない」 ・「No matter however anyone of all the world were beyond me, I dont care.」 「~を超える、過ぎる」と言う意味でbeyondを使い、このように「解からない、手に負えない」という意味合いもあると辞書に記載されていたのでbeyondを用いてみました。 そもそも日本語が変かもしれませんが、修正箇所ありましたらお願いします。

  • 英語の質問です。

    1.( ) wishes to join the tennis club must gather in front of the school at 8:00 a.m. (1)Anybody (2)Everyone (3)Those who (4)Whoever 2.You should ignore ( ) Tom says about this matter. (1)whatever (2)which (3)however (4)that 3.He's determined to finish the job ( ) happens. (1)whatever (2)however (3)whenever (4)no matter 4.( ), he will never succeed. (1)How he tries (2)However hard he tries (3)However he tries hard (4)What he tries 答え 1.(4) 2.(1) 3.(1) 4.(2) 解答してみましたが、訳がよくわかりません。訳を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 英文に動詞なくてもいいの?

    aii tea, no matter what its color or taste, comes from the same plant その色あるいはその味は問題でなく、すべてのお茶は、同じ植物で作られている。 no matter what its color or taste すべての英文は、できていると思いますが  主語+動詞、動詞になくてはならない言葉  名詞を詳しく説明する飾り(形容詞)  動詞を詳しく説明する飾り(副詞) この文には、動詞がありません。 この文は、誤記でしょうか。  [速読英単語(必修編)P24]

  • 複合関係詞について質問です

    whoever call me, I dont want to answer the phone. を 関係代名詞whoで書き換えると No matter who call me, I dont want to answer the phone. となるようなのですが このNo matter who call meは先行詞は「matter」で関係詞節内では主語の働きをしているのでしょうか? 辞書で調べたところ「matter」には人を表す意味は無いようなのですが、このmatterは何を表しているのでしょうか?

  • 品詞分解について

    いろいろ調べてみましたが、どんどん混乱して 深みにはまってきましたので投稿させていただきました。 「We are near the station」 「We are close to the station」 どちらも正解ですが「We are close the station」は正しくないと知りました。 ではこの「We are close to the station」を品詞分解は 「We = 名詞」「are = be動詞」「close to=副詞」「the station = 名詞」でいいのでしょうか。 そうであればこの副詞はbe動詞にかかる副詞ということですか。 be動詞の後に副詞がつくのは普通なのでしょうか。 とても基礎的なことなのだろうとは思うので恐縮ですが ご教示ください。 宜しくお願いします。

  • 同格のall の使い方

    よく質問にあがっていますし、沢山の回答も見てきました。その上でよけいにこんがらかって、すっかりわからなくなりました。教えてください。 **「[主語]は皆~」のように「主語と同格でallを置く」場合、all には決まった置き場があります。それは  ・S all 一般動詞 ~. We all enjoyed the game.(私たちは皆その試合を楽しんだ)  ・S be動詞 all ~. We are all very well.(私たちは皆とても元気です)  ・S 助動詞 all 動詞 ~. We can all support you.(私たちは皆あなたを助けることができます)という位置です。be動詞、助動詞がkeyです。 ***** のような解説があったり、 *** you all are helping my country. について 参考書では,このような同格のallの位置は,be動詞がある文では,be動詞のうしろのはずなのですが,be 動詞は比較的弱く発音されるからです。 You're all helping のように短縮形になるのも、弱いからです。 それが are に強調がおかれると、短縮形にもできず、you all are helping となります。 *** *** all が代名詞の同格を表すときには代名詞の直後に置くので、They all are very kind to me.「かれらはみんな私にとても親切です。」のようになる。 *** とあったり **** You've all been working closely with me for years now,皆さんは私と蜜に連絡を取って仕事をしてきました。 ⇒このような all, each はともに主語 you と同格になっている不定代名詞です。 この場合(主語と同格)の位置は一般動詞の前,be 動詞,助動詞の後と決まっています。 助動詞の場合,助動詞+ all/each +原形となります。 **** あったり、と we, you もtheyも代名詞ですよね、allが代名詞の直後にきたり、be動詞や助動詞によって離されたり・・・・何が何だかわからなくなりました。教えてください。

  • どちらでもいいとか、関係ないどという表現

    こちらでも見たのですが、いまいちわかりません。ネイティブの方と話していてもあまり聞いた記憶がないのでおしえてください こだわってないよという言葉と、どちらでもいいという言葉と、 関係ないね!という言葉を英語にしたときの使い分けがわかりません たとえば (1)「結婚したら日本とアメリカどちらにすみたい?」という質問で、 どちらでもいいとこたえるとき (2)「アジア人が好きなの?」ときかれ、 好きだけど、人種にはこだわってないよ と答えるとき (3)あんな人、もう関係ないね! というとき 自分なりに考えると、 does not matter, i dont care, whatever.....などなど丁寧に言いたいときでもなげやりにきこえたりしてしまう気がしていまいちこの表現を英語でできません それぞれどういう場面で使うのに適しているのか教えてください

  • R&B男性シンガー

    歌のサビにi dont need you any moreが入ってる曲いりませんか??あとはwe are apartなど。。 好きだけど離れるなど切ない感じのでおすすめがあったら教えてください。 あと女性シンガーのでいつまでも忘れない、などの意味を持つ歌を誰か知ってたら教えてください。

  • このthatは何

    SymPyという数式処理システムの説明から、抜粋です。 The SymPy developers are confident in their abilities in writing mathematical software, but programming language design is a completely different thing. By reusing an existing language, we are able to focus on those things that matter: the mathematics. 日本語訳はありませんが、私が意訳すると SymPy開発者は数学関連ソフトを書くのに長けているが、プログラミング言語自体の設計に精通している訳ではない。 よって、既存の言語を使うことによって、数学のことだけに集中できる。 質問は二つです。 (1/2)主語がが二つあります。 developers we これらは同一だと思います。そうであるなら、weではなくtheyが自然だと感じます。 (2/2)第二文中の those things that matter: the mathematics この句は名詞句だと思います。matterは動詞でしょうか。すると 面倒(matter)なそれら、つまり数学 となりそうです。しかし主語にとって面倒なのは数学では無く、プログラミング言語自体(の設計)です。 matterが面倒を意味する動詞ではなく、事柄を意味する名詞なら良さそうですが、それだとthatの役割がわかりません。またmattersになりそうです。

  • この文の副詞節のSとVはどれですか

    Whatever biological basis there once was for gender role differences has largely disappeared. の文なのですが この文のWhateverは副詞節を導いているから節よりS(主語)とV(動詞)があると思うのですが いったいどれが(Whatever biological basis there once was for gender role differences)の中で SとVなのでしょうか

専門家に質問してみよう