• 締切済み
  • すぐに回答を!

逐次反応 各速度定数

ある化学系で,分子BはAについての1次反応A→Bで生成し,自身についての1次 反応B→Cで消滅する.各速度定数をkA,kBとし,いずれの逆反応も無視できるものとする。 この場合反応時間tによる[B]の変化ってどうやって求めるんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1833
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
  • org1
  • ベストアンサー率34% (60/173)

律速段階からアプローチするのも一つの考え方かと思います。 A→B 速度Va B→C 速度Vb とでもすると 場合分けとして 1) Va>Vb 2) Vb>Va が考えられ, 1のケースの場合はAがなくなるまで[B]が増大し 2のケースではほぼ[B]=Vb/Kbと言えると思います イメージがわくと解きやすいのではないでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学反応の速度定数

    A→Bという1次反応で、Aの減少速度をVa,Bの増加速度をVb,各々の速度定数をka、kbとすると、 Va=ka×[A]と表すことはわかるのですが、 Vb=kb×[A]と表すことができるのが何故なのか わかりません。Vb=kb×[B]では駄目なんでしょうか?この式でもOKなら当然kbの値は違ってきますが・・・。どなたか教えてください!緊急でお願いします!

  • 反応速度

    物理化学の化学反応速度の問題です。 A⇔2B(⇔;平衡状態) で正方向が1次、逆方向が2次の反応の場合の d[A]/dt(Aの単位時間当たりの濃度変化)を求める問題なんですが どうしても解答と一致しないのでどこが間違ってるのかわからず質問させていただきました。 ここからは僕のなりの回答です。 ^の後の()の中が乗数です。 速度定数をka,kbとおくと d[A]'/dt(Aの単位時間あたりの消失量)は 正方向が1次反応なので d[A]'/dt=-ka[A] d[B]'/dt(Bの単位時間あたりの消失量)は 逆方向が2次反応なので d[B]'/dt=-kb[B]^(2) d[A]''/dt(Aの単位時間あたりの生成量)は A⇔2Bより d[A]''/dt=-1/2×d[B]'/dt =1/2×kb[B]^(2) よって d[A]/dt=d[A]'/dt+d[A]''/dt =-ka[A]+1/2×kb[B]^(2) だと思うんですが d[A]/dt=-ka[A]+kb[B]^(2) になると授業で先生が書いていたんですがなぜ1/2がつかないかがわかりません。 よろしくおねがいします。

  • 逆反応の速度定数の問題

    298.15Kにおいて次の反応が平衡にあるとき温度ジャンプを加えたところBとC の濃度がわずかに増加し、緩和時間は3.0μsであった。 A平衡B+C この系の平衡定数は298.15Kで2.0×10∧ー16mol/Lで、BとCの平衡濃度はどちらも2.0×10∧ー4mol/Lであった。1次の正反応と2次の逆反応の速度定数を求めよ。 という問題で、「温度ジャンプ」や「緩和時間」なるものがよくわからず解くことができません。どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • tom11
  • ベストアンサー率53% (134/251)

こんにちは 反応速度定数、各初濃度を、変化させたときの ABCの濃度がどう変わるかのアプレットがあります。 http://www.geocities.jp/tomtomf/chemical/applet/reaction1/reaction1.htm javaを導入しないといけませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 A→B の頻度は、Aの濃度に比例します。 (夫婦の数が多いほど離婚の数が多いのと同じことです。) 頻度は、1秒当たりのAの減り方に等しいです。 これを式で表せば、 d(Aの濃度)/dt ∝ -(Aの濃度) しゃれた記号を使えば、 d[A]/dt = -kA[A] B→C の頻度は、Bの濃度に比例します。 頻度は、1秒当たりのCの増え方に等しいです。 しゃれた記号を使えば、 d[C]/dt = kB[B] Bの増減(d[B]/dt)は、Aの減り方からCの増え方を差し引いたものなので、 d[B]/dt = -d[A]/dt - d[C]/dt  = kA[A] - kB[B] 以上、ご参考になりましたら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

まあ、このへんから勉強してください。 http://www.chem.kindai.ac.jp/class/reaction/step.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。 ありがとうございます♪

関連するQ&A

  • 速度定数

    CH3COOC2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH この式の反応速度vは、速度定数をkとすると、 v=k{CH3COOC2H5}{H2O}で表される。 とあったのですが反応の次数が2であるというのは反応式から判断していいのでしょうか????

  • 平衡定数と速度定数で困っています

    ある平衡反応において、平衡定数をK、正反応(左辺から右辺)の速度定数をk1、逆反応(右辺から左辺)の速度定数をk2とおきます。 ここで、平衡状態の時K=k1/k2が成り立つそうなのですが、理由がイマイチわかりません。 どなたかこのバカに理由をご教授ください。お願いします。

  • 速度定数の計算

    次のデータは500Kでの気体状ブタジエンの濃度の時間変化を示しています これらのデータから反応の次数を決め、そのときの速度定数を計算して下さい t/s               195 604 1246 2180 4140 4655 6210 c×10**-2/mol*l**-1  1.62 1.47 1.29 1.10 0.89 0.80 0.68 よく分かりません、どなたかよかったら教えて下さい。

  • アセトアルデヒドの分解反応の速度定数

    試験の問題でアセトアルデヒドの分解反応の問題があるのですが解き方がわかりません。 解き方を教えてください。 問い アセトアルデヒドの分解反応はメチルラジカル(CH3・)によって進行する。 以下の素反応から定常状態近似を使って、メタン生成の速度式をアセトアルデヒドの濃度[CH3CHO]および各速度定数を用いて求めなさい。(ラジカルは ・ で表示しています。) 素反応 1 CH3CHO→CH3・+CHO・      速度定数k1  2 CH3・+CH3CHO→CH4+CH3CO・ 速度定数k2 3 CH3CO→CO+CH3・         速度定数k3 4 2CH3・→C2H6             速度定数k4 この問題に対して私は以下のように考えました。 定常状態近似を使うので中間体のCHO・、CH3・、CH3CO・の 濃度の時間変化がゼロであると考え、 d[CHO・]/dt=k1[CH3CHO]=0 d[CH3・]/dt=k1[CH3CHO]+k3[CH3CO・]     -k2[CH3・][CH3CO・]-k4[CH3・][CH3・]=0 d[CHCO・]/dt=k2][CH3・][CH3CHO]            -k3[CH3CO・]=0 になると考えました。 でも上記式から -d/[CH3CHO]dt=k1[CH3CHO]             +k2[CH3・][CH3CO・] を解こうとしたら解けませんでした。 この問いはどの様にしたらよいのでしょうか? 解き方、どこが間違っているかを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。                          

  • 速度定数について

    大学受験生です。よろしくお願いいたします。 ある反応A→B+Cでこの分解速度をvとすると、v=k[A]ですよね。(kは速度定数、[ ]はモル濃度です) この反応をもっと高い温度で行えば、kは大きくなるのですか?逆なら、kは小さくなるのですか?もしそうならば、このことはどんな反応(分解反応ではなくても、吸熱反応でも発熱反応でも、などなど)でも当てはまるのでしょうか?教えてください。 (言葉が勉強不足のため不適当かもしれません。すみません)

  • 反応速度について

    酢酸エチルの温度変化による反応速度の違いについて実験を行いました。そこで、摘定値と反応時間のグラフを作成したのですが、そこから速度定数を求めるにはどうしたらよいのでしょうか?傾斜を求めるとか・・・言っていたんですが求め方が解りません。教えて下さい。 もう一つ、反応温度の違いによってなぜグラフに違いが出るのかも教えていただければ良いのですが。

  • 化学反応速度定数の問題が解けません。誰か教えてください。

    問題.ある化学反応の速度定数kは、絶対温度Tの関数として、次の    Arrhenius形の式で与えられる。      logk=12.8-6300/T    この反応速度が300Kの値の10倍になる温度はいくらか。    (1)310K (2)315K (3)330K (4)390K (5)473    5択問題ですが、解き方がわかりません。    誰か、詳しく教えてもらえませんか?         

  • 反応速度定数

    s+q=x これからの反応速度は[s][q]について一次であり、速度定数をk1、k2とする。 s+q=y s+r=z のとき、x.yの生成速度は、それぞれ、k1[s][q],k2[s][q]であり、その比は常にk1:k2となる。 上記内容にてなぜ、[s]と[q]はかけるのか?モル濃度同士をかける意味がいまいち把握できません。kに関しては、速度定数なので温度、圧力に依存するためかけるのは理解できます。 かけるという概念をしっかり把握出来てないのかも知れません。上記の場合、%×%という意味あいになるのでしょうか?粒子が衝突することで速度があがるので[s][q]をかけると濃度が濃くなるような気はしますがしっくりきません。 わかりやすくご説明頂ける方、よろしくお願いします。

  • 反応次数について

    次のようなレポートが出されました。 考えれば考えるほどわらかなくなってしまったので、 どなたか教えてください! よろしくお願いします! ある化学反応において、反応物質Aの濃度[A]を測定したところ、次のようになった。この化学反応の次数を求め、さらに反応速度定数kを求めよ。 ただし反応は A→生成物 とする。 反応時間t〔s〕:0  150  400  800  1200 [A]〔mol/l〕  :0.2  0.184  0.161   0.129   0.103 1)0次、1次、2次の反応である可能性を考えて、表のデータを隠反応次数に対応するようにプロットしなさい。 2)グラフに直線性が得られたものがこの化学反応の反応次数です。 3)速度式とグラフを参照して、kを求めよ。 お願いします!!

  • 反応速度定数の温度以外の依存性について

    反応速度定数は、温度によって大きく変化すると 教科書に書いてあったのですが、 同じ反応・同じ温度で、例えば 減圧して液相反応を気相反応に変えたり、 あるいは 回分反応器から管型反応器に変えて反応させた場合 速度定数は大きく変わるのでしょうか?? 速度定数が温度以外のどのような要因によって変わるのか 知りたいです。是非、ご教授お願いします。