• 締切済み
  • すぐに回答を!

感染列島に似た、マンガ

2~3年前に ヤング系のマガジンで、今話題の感染列島的なマンガがしばらく連載されていたと記憶しています。 感染者がパンパンに腫れて、皮膚から出血したり、眼球から血の涙が出たり。 途中読み遅れていたら、いつの間にか連載がされなくなっていた様な気がします。つい、最近まで感染列島だと思っていたら(絵も似ているし)単行本を購入したら、違っていました。 分かる方、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数282
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

外薗昌也さんの「エマージング」全2巻だと思います。 講談社BOOK倶楽部 - モーニングKC - エマージング(1) http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3289818

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • このマンガって??

    友達におもしろいって進められたんですけど 「サムライ刑事」ってマンガ、単行本になってますか? それっていくらくらいでしょうか? それと、このマンガが連載されている雑誌をおしえてください。 ちなみに・・どんな物語ですか?

  • 雲の向こう、約束の場所のマンガ

    アフタヌーンで、「雲の向こう、約束の場所」のマンガが連載されていましたよね? 現在は連載休止になっているのですか? 佐原ミズさんが大好きなので、単行本を買いたいなぁと思ったのですが見つからず、調べても連載されているかどうかすら分かりません。 打ち切りになっているのでしょうか? お返事お願いします。

  • ジャンプとかマガジン

    ジャンプとかマガジンを買ってる人に質問です。週刊誌を買ってる人は連載されている単行本も買ってますか?もちろん人それぞれだと思うんですが、最近、私もマガジンの連載がとても楽しくて買っていこうか迷ってます。でも、今までマガジンで連載されてるコミックを買っていたため、マガジンを買ってから単行本を読んでも楽しめるのかなぁ~と思い質問しました。

  • SDガンダムのマンガ。

     15年くらい前でしょうか、SDガンダムで、円卓の騎士、みたいな話のマンガがあったように記憶しているのですが…。連載はコロコロだったと思います。単行本があれば読みたいと思っているのですが、誰かご存知ありませんか?

  • 昔のマンガが欲しい!

    成年コミックで、改多丸という作者の確か「悪戯ヘブン」という題名のマンガが欲しいのですが、検索しても全く出てきません!1999年あたりのM'sアクションという雑誌に連載されていたと思います。雑誌に載っているもので単行本化しないものもあるのでしょうか?どなたか、このマンガの単行本の存在、購入可能な方法など知っている方がいたら教えてください!

  • 「E'S」というマンガについて

    Gファンタジーという雑誌に連載されている(もう終了しているのかもしれませんが・・)「E'S」というマンガの単行本が何冊出ていて、いくらで売られているのか、また、DVD・ビデオ化されているのかなどを詳しく知りたいです。ご存知の方教えてください!

  • 中島史雄のマンガを探してます

    中島史雄のマンガで以下のようなものが 「単行本として発売されているかどうか」を知りたいと思っています。 ・10年程前の集英社ベアーズクラブに連載。 ・連載は4回か5回ぐらい。 ・主人公は「志緒野」という高校生で、競泳の選手。やたら速い。 ・何回目か(もしかしたらすべての)タイトルが「a kiss」となっていた。 単行本になっているかどうかどうか、知っている方がいましたら 情報をお願いします。 「単行本にはなってないはず」という情報でもかまいません。 どうかお願いします。

  • 忠臣蔵はマンガになってないのですか?

     先日亡くなられた横山光輝氏の「三国志」「項羽と劉邦」や、井上雄彦氏の「バガボンド」など、日本人が好きな歴史物語はたいていマンガになっていると思うのですが、「忠臣蔵」だけはマンガになってないような気がします。  もちろん学習マンガは出版されていますが、何かに連載されていたり、単行本になったりしたことはあるのでしょうか?  よろしくお願い致します。

  • 92年ごろのモーニングのマンガで

    92年ごろにコミック・モーニングで連載されていた「山チー」というサラリーマンが主人公の、いわく言いがたい奇妙なマンガがありました。 この作品の正式なタイトルと作者名、単行本の有無を教えてください。 できれば、現在もマンガを書いているかどうかも教えていただければ幸いです。 どうかよろしくお願いします。

  • 麻雀マンガ「哭きの竜」で・・・

    ずいぶん昔に近代麻雀で連載されていた、単行本にもなっている能條純一さんのマンガ「哭きの竜」のなかで出てくるイカサマについて教えてください。 単行本第1巻で、竜が桜田会長と甲斐親分に牌のすり替え(ツモ牌横流し)のイカサマをされるのですが、このとき甲斐親分がサングラスの下で自分の目をテープでふさいで隠していた理由がわかりません。 マンガを読んだことのある方にしか、なかなか状況が想像できないでしょうし、自分もうまく説明できないのですが、雑誌連載当初疑問に思っていたのを、つい最近単行本で読み返してから思い出し、もう気になってしょうがありません。 どなたかご存知でしたら、よろしくおねがいします。