浮気相手に慰謝料請求

30代男性です。子供はいません。妻とは同じ職場で共働きです。 結婚して1年がたとうとするころ、単身赴任を命じられ2ヶ月...

Ramzey さんからの 回答

  • 2009-01-09 12:00:35
  • 回答No.4
Ramzey

ベストアンサー率 40% (9/22)

◎浮気相手のした行為 
○自己の配偶者との不貞行為
浮気や不倫などの不貞行為を行った第三者に対して、慰謝料の請求を行うことが可能です。 婚姻関係のある妻と不貞の関係になることは、その配偶者(あなた)の権利を侵害しており、その行為は違法行為となります。
不貞に対する慰謝料は、夫婦が離婚に至る至らないに関係なく請求することができます。
慰謝料の金額には、一般的な基準額というものはありません。 不貞に関する個々の事情や損害の具体的程度などが考慮されて決められます。 一般的に話し合いで和解した場合、慰謝料の金額は100万円から200万円になることが多いです。 特に裁判を行うのに十分な証拠が揃っている場合には、裁判にかかる時間と全てを露にされる精神的苦痛を考え和解に応じる傾向があります。 しかし、話し合いでは金額に折り合いがつかず裁判で訴えたとしても、慰謝料が数10万円となる判例もあります。

○怒鳴りながらの電話。そしてその後、妻が性行為におよぶ写真が送りつけられた
脅迫罪に該当します。
他人を畏怖させる意思で、畏怖させるおそれのある、害悪を通知(ここでいう脅迫行動)すれば、たとえ、害悪の発生を望まず、また、その他人に、畏怖心を生じさせなかったとしても、脅迫罪が成立します。刑事事件です。

◎奥様のされた行為
○配偶者の遺棄
民法の定めている5つの法定離婚原因
1.相手に不貞行為があった場合
2.相手から悪意で遺棄された場合
3.相手の生死が3年以上不明である場合
4.相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
5.婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合

1に該当します。2にはこれから発展する可能性があります。外泊・妻は「こうなった以上別れるしかない」等々。

◎あなたのされた行為
○破った場合高額な慰謝料(1000万円)を請求する内容の誓約書を書かせました。
これは公序良俗に反する契約となり、無効となる可能性が高いです。判例でも100~200万円、内容によっては10万円の慰謝料が相場の中で、あまりにも根拠無く高すぎると思われます。

◎個人的な提案
参考にされるされないは別として、あなたにアドバイスするとすれば…。
○奥様にたいして…。
1 (しぶしぶ先方の言い分を受け入れ、嫌々ながら)離婚する。
2 妻の不貞行為・また悪意の遺棄により慰謝料を請求する。
3 当然、子供の養育費を請求する。
養育費とは、子供の権利として子供が受けるべきものであり、また、親の扶養義務から子供に支払う義務(子供を扶養する義務)のあるものです。
子供を引き取っていない親が、扶養義務として負担するものです。離婚したからといって、子供の扶養義務はなくなりません。

○浮気相手にたいして
1 夫婦の貞操保護権を侵害した慰謝料として100万円もらう。
2 その後、新たに妻の蹂躙された姿を送りつけてきた慰謝料として100万円請求する(裁判)。
3 その男の職場と親に監督不行きの責任を問い、慰謝料100円の裁判を起こす。
慰謝料を取ることが目的ではなく、意識せずとも会社にいられなくさせることになりかねない。

余談…共同不法行為として妻にも半分請求する?

どうぞどうぞ(笑)!




あなたが書かれた件について
相手の代理人は「一般的な金額ではない」と書いてましたが、浮気をやめさせたく一般的ではない金額にしたのです。相手も了承して、印を押してます。

何度読んでも公序良俗に反し無効になる可能性が高い(「絶対」くらい無理)です。
お礼コメント
afqe

お礼率 98% (199/203)

ご回答ありがとうございます。
最後の文章に書いてある通りだとすると、1000万円というのは現実的には難しいのですね。

>◎個人的な提案 ○浮気相手にたいして 
については、すべてやってみようと思います。
特に3.は会社員の相手にはきついと思いますし、社会的信用も落ちると思います。
(ちなみに相手は会社から貸与されている電話でメールや電話をしていました)

こんなことを言うと人間性を疑われてしまいそうですが、私にとってお金ではなく、自分が苦しんだ分、相手にもそれ以上の苦しみをあたえたいというのが本音です。(何も生まれないことは承知ですが・・・)
投稿日時 - 2009-01-09 15:11:34
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ