• ベストアンサー
  • 困ってます

布基礎の、築23年住宅。リフォームでどこまで断熱できるのでしょうか?

当方東京で、築23年の布基礎の段差だらけで暑さ寒さが厳しく、年寄り子供の到底住めない家を、リフォームか新築かで迷っています。 色々と考えて外断熱を希望しており、新築すると費用が高くつきそうなので、リフォームの安さには心動かされてしまうのですが、一番不安なのが、布基礎である事、そもそも現在の耐震基準を満たしていないという事で増築も許されなかった事です。 昔、親があまりよく調べず適当に知り合いにお願いして適当につくった家らしく、住んでいる者自身があちこち不満だらけ、毎日の光熱費も、外壁塗りかえなどのコストも大変なものです。 正直、こんな家を半端に手直しして維持して行ったら、また法律が厳しくなったりして制約を受けたり、ランニングコストがかかって行って、受け継いだ孫子の代にまで迷惑をかけるのではないかと気がかりで、リフォームに踏み切れません。 新築とリフォームはどの程度違うものなのでしょうか? リフォームは新築の半分くらいの費用で済むと言いますが、そこまでコストをかけて新築した方が良いのでしょうか?

noname#101292

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1461
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

当方、東京都で築30年の布基礎住宅に住んでおります。4年前に購入いたしました。同じく、死ぬほど寒いです(笑)家のどこにも断熱材は入っておりません! 明日は雪とのことで気が重いです・・・  さて、私も新築に1票。私も今の家の断熱&耐震化をしようと、かなり勉強致しました。結果、満足した性能を発揮するには、一度、骨組み状態にする必要があり、もし、骨組みが傷んでいたら、そこも交換、補修が必要です。そこまですると新築と殆ど変わらない金額になるので私は建て替え目標に目下貯金中です(笑) 我が家の前オーナー(老夫婦)が結構な金額かけて断熱サイディングを張ったようですが寒いです・・・ 廊下なんか息白いです(爆) 断熱ってすごく奥が深いです。勉強すればするほどリフォームで対応できるの?って感じです。 よっぽど断熱に精通した工務店を見つけない限り、貴方を満足させられるリフォームは出来ないでしょう。 (というか、東京のような寒冷地でもない所で、きちんとした断熱工事の出来る工務店を探すのは至難の業のようですが)  躯体がしっかりしてる、又は今の家に思い入れがある、といったことでもない限り新築の方がよいと思います。 お互い、寒い冬を乗り切りましょう!(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうですか・・・やっぱり新築くらい費用がかかりかねないんですね。 断熱サイディングを張っても床下がどうにもなっていなければおそらく寒いですよね・・・。 現在その問題の住宅にいるのは主に年寄りの母なんですが、窓に梱包剤を貼ってみたりがんばってます(笑) やっぱりいくらか違いますが、断熱ガラスの方が絶対いい・・・。 それでも団地暮らしの私が時々行くと驚くほど寒いですが・・・。 費用の事は頭痛いんですが、一生に一度の事だし、生活の基盤。 何としても良いものをつくりたいです。 お互い新築目指してがんばりましょう。

関連するQ&A

  • 布基礎とべた基礎

    どういう時に布基礎という区分けなどはあるのでしょうか?どちらが地震に強いのでしょうか?コストはどちらが高いですか?

  • 玉石(ピンコロ)基礎の布基礎入れ換え工事

    住宅の設計をやっております。 内装リフォームした家の本体の2階建ての母屋は布基礎ですが、増築部分(下屋)が 玉石(ピンコロ)基礎でピンコロの上に束立てしているだけの手抜き構造でした。 このままでは大きな地震が来ると増築部分が崩壊するので、玉石(ピンコロ)基礎 を撤去してジャッキアップで布基礎に入れ換えたいと思います。 その場合は、土台のアンカーボルト設置や基礎の型枠施工で内部の床を剥がさなけ れば基礎の工事が出来ないかと思います。 しかし、内部の撤去工事を行なうと工事費がかさんで来て予算をかなりオーバー する可能性があります。 内部の床を撤去しないで基礎の入れ換え工事を行なえたらと思っています。そのよ うな方法で行なう良い工事のやり方がありましたら、よろしくお願いいたします。 そして、その他玉石(ピンコロ)基礎での良い方法での基礎の入れ換え(補強)工事 がありましたら、よろしくお願いいたします。

  • ミサワの布基礎だと湿気は?

    安いということで、ミサワと契約しましたが、布基礎だとやはり湿気があがってくるのでしょうか?一応防湿シートがあるから大丈夫と言われましたが、不安です。積雪地帯でミサワで新築された方、教えてください。 また、住み心地(寒さ等)も教えてください。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • jg0nww
  • ベストアンサー率24% (67/269)

新築もリフォームも一緒です。-_-

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 お書きになっている論旨がよくわかりませんでしたが、もし費用も効果も同じだったら新築にします。 費用が同じくらいかかっても性能が劣る可能性と、中古品と新築では実質の性能はどうあれ資産価値が下がって損だと思いますから。 補助金などはもったいない気もしますが今回はすっぱりと新築で考えます。

  • 回答No.6
  • jg0nww
  • ベストアンサー率24% (67/269)

予算が、あれ何でも出来ます・・・・ 大概、予算も無いのにあれもやれ!!これもやれ!!という施主さんが多いです。 高額な金額になりますから、施主さんも勉強する事をお勧めします。 ネットや書店で、素人にも参考になる物が沢山あります。 ↑を見て、これと同じにしろ!!と言われても施工者も困りますが・・・・ 勉強して、リフォームして良かった!!という物をお作り下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「予算があれば何でもできる」とお書きになったのでしょうか? 今回は新築の線で考えています。

  • 回答No.5

こんにちわ。 一度ご家族皆さんで話し合って、最初に家のどこを直すか、直さないで使い続ける場所はどこかを決める事からはじめましょう。 その上でどなたかのご不満があるようでしたら、新築を考えても良いのではないかと思います。 以下の例のように、直す場所の優先度と場所ごとの予算(心積もり)を考えられてはいかがでしょうか。  例 優先度 直す場所               予算    1.外断熱の壁にして、寒くない家にする。   省略    2.廊下と、トイレ部分に手すりをつける。    3.お風呂をユニットバスに変更し、バリアフリー工事、      シロアリ対策工事(必要ならば)を同時に行う。    4.子供の成長に合わせて、あらかじめ移動できる間仕切りを      作っておく。(増築できないのなら)      :      : このような感じで、ご家族皆さんの考えが一致してから、複数の リフォーム業者に見積もりを取ってもいいかなと思います。 業者によっては、工事ごとに得手、不得手な部分があるので、同じ条件で見積もりをもらい、納得するまで説明してもらうことが大切です。 参考URLに現在の壁を生かしたままで外断熱のリフォームができる ハレル家(はれるや)という商品を扱っているところを紹介します。

参考URL:
http://www.nkym.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ハレル家は存じていました。 おっしゃるように色々な事を考えると今のところやっぱり新築がよさそうです。そこまで直すともうリフォームではもったいない金額になると思われます。 廊下はホール状になっていて広すぎて手すりが無意味なところと、狭すぎて手すりもつけられないところしかありません。バリアフリーも、段差がひどすぎて難しいかと思います。子供の事を考えたら二階部分がぜんぜん足りませんし、古い家屋に新しく二階をつくって載せるのはできたら耐震性能上は避けた方が良いそうです。 考えるほどに、つくづく何も考えずつくった家なんだなあと思います・・・。 今度こそ基礎などをしっかりつくり、後にどうにでも直せる家をのこしてやらないと、同じ思いをさせる事になり、あとの者がかわいそうに思います。

  • 回答No.4
noname#78261

新築とリフォームでは耐震リフォームをしないのならば性能は一部しか上がらないということです。現状の、狭い、耐震性が低い、断熱性が低い、段差がある、間取りが悪いということが全部直るのが新築でしょう。リフォームなら断熱と段差しかやらないのなら段差は直っても、住宅の断熱全体のの25%ほど分しか改善はされないでしょう。もちろん、天井も外壁も床も断熱をやり直せばいいのでしょうが、必ずといっていいほどそこまでお金をかけないと思います。外壁の断熱も入れるくらいなら耐震リフォームまでやるべきですしね。リフォームの割りに価格が非常に高いです。でも、間取りが使いにくいなら新築のほうが良いでしょうね。 最低限のリフォームなら、1階床を全部はがして床断熱を高性能にして段差をなくし、水周り浴室周りなどすべて点検して老朽化部分を改修します。サッシは掃きだし窓だけインナーサッシをつけるのが無難なラインでしょう。出来れば1階だけでも耐震改修できるといいですね。そうすればまだ安心して住めます。 塗装仕上げの家なら、塗装のリフォームは当たり前です。不満に思うことはないと思うのですが・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 リフォームであればかなり徹底的にやる事になると思います。 耐震も含めてになります。 耐震性能が低いために増築が許されなかったという経緯もありますので、増築部分も考えると耐震工事はしなければならないかと思います。 とすると新築ほどかかる、と・・・。 意味があるほど費用をケチるなら性能もそれなりなんですね。 現存住宅は掃き出し窓がまったく無意味に多く、インナーサッシをつけても高くつきますね・・・。 またルーバー窓などもついていますし、断熱上は色々と無理のある家です。直すところはたくさんあります・・・。 家の塗り替えは10年に一度100万とかいう単位でかかりますので、痛いです。最初にちょっと高くついても、外壁はメンテの軽いものにしておいた方が良いと考えています。その方が安心してあとの者にも残せます。 とにかく何もかもが昔の物で、こんな家にかかり続けるぼう大なランニングコストに嫌気がさしています。

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

今の基準で耐震性を高めて、ほとんどの部分をリフォームするなら、新築とほとんど変わらない位の工事費がかかります。 よほど今の家に愛着があるなら別ですが。(そういう方もたまにおられます) 基礎から構造体まですべて手をかける必要が出てきますので。 結論は新築でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 全部壊すよりも一部を残して壊す方が大変なのでそれはそれでコストがかかり、結局ほとんど全新築と変わらないくらいかかりますよと言った工務店さんもいました。 なので、こんな家を直して多額の費用をかけ、そこまでしても不安が残るのだったら、新築した方が・・・という風に私たちも考えていましたが、やっぱりそうなんでしょうか。 でも新築にしなければもったいないという結論になり、費用が用意できなかったら話そのものが流れてしまいます・・・。 家って高いですね。辛いです。

  • 回答No.1
  • stoats
  • ベストアンサー率29% (8/27)

リフォームといってもピンキリですが、ueno88さんの場合、断熱とバリアフリーが希望でしょうか。だとすると基礎と骨組みだけ残してあとは 壊してのリフォーム(ビフォーアフターみたいな)になるのではないでしょうか? この場合、布基礎の問題や断熱の問題は解決できますが、バリアフリーの問題はなかなか解決出来ないですよ。よほど家の構造に恵まれているかもの凄い建築士にでもめぐり合わないと。 また、築23年ともなるとお風呂とかはタイルではないですか? それでしたら、白蟻にある程度はやられている可能性は高いので、柱の一部は交換てこともありますし。 リフォームの五割増しくらいで立派に新築は立てられるのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そう、倍出せばまっさらな新築になるのです。 ここが悩みどころです・・・。 風呂はばっちりタイル張りで冷蔵庫のようです。冬、洗い場では小さな子供ががたがた震えます。 風呂だけではありませんが、暖房の届かないところは息も白くなる寒さですし、持ち主はシロアリ対策なんかするような人ではないのでやられている可能性大です。 玄関などは大人のひざより高く、落ちて骨折した人がいます。 さらに調べてみればどんな不具合が出てくるかわからない、無知で無神経なつくりの古い住宅。私は全部壊して新築してしまいたい気持ちでいっぱいなのですが・・・。 エコリフォームは国の補助が手厚いため、費用が半額程度の負担で済んだりとぐっと安くなります。ここで迷っています。 エコな住宅の新築も補助してもらえるなら迷わず新築なのですが・・・。 バリアフリー問題はかなり重要なので、よく調べてみます。

関連するQ&A

  • 布基礎のクラックについて

    新築一戸建てに住んで約一ヶ月経ちます。 たまたま外回りを見ていたら、一箇所に布基礎の立ち上がりの天端付近から下側にクラックが発生しているのを発見しました(画像参照)。 このクラックはヘアクラック範囲内で構造体には影響ないのでしょうか? ご教示の程、よろしくお願いします。 以上、よろしくお願いします。

  • 布基礎の養生期間後の継ぎ足し、大丈夫でしょうか?

    新築住宅を建設中ですが、お盆休み前に基礎を打ち終わり、養生期間をとるとの事でしたが実際には、布基礎の一部が入っていない状態で休みに入ってしまいました。コンクリートが乾いた後に継ぎ足して問題ないものでしょうか?

  • 布基礎の下部にフーチング部がない+水たまり問題

    自分で自宅リフォーム中です。  床下を点検したところ、 なんと、布基礎にフーチング部がありません。  そこで、自分で補強することにしました。 幸い、車庫をつくるために、床下が1500mm程度あり、作業は半素人でも できそうです。 自分で考えた手順 1)布基礎のしたを掘る 2)掘った部分をつき固める 3)型枠をつくる 4)ビニールシートを敷く(防水のため) 5)グリ石を入れる 6)鉄筋、ワイヤーメッシュを入れる 7)コンクリートを流し込む 8)養生をする 問題は、布基礎の下を掘ったところ、 水が、出てきて、基礎の下端から20cmのところあたりが、 水面になってしまいます。 くみ出しても、10分もするとたまります。  つき固める作業は、水をくみ出しながらの 困難なものになりそうです。 セメントには、防水剤(マノール)を入れようと思います。  河川敷を固めるコンクリートのようなものが いいように思うのですが、、、  アドバイスよろしくお願いします。

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが

    何時もお世話になります 補強コンクリートブロック造2F建物のリフォームで 既存の布基礎にベタ基礎を補強追加するときに、地業はどうなるでしょうか? ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが、 基礎立ち上がり際-フーチング上部など問題無いですか? 転圧方法どうしてるのでしょうか? 6畳位です (ハツリ機のランマーは持っているのですが、たこでは) よろしくお願いします

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • 和室から洋室にしたいだけなのに基礎もリフォーム必要?

    築40年の家で1階和室(8畳)と廊下の一部をつなげて洋室へリフォーム しようと見積りをとったところ、160万円程でした。大体この位掛かる ものなのでしょうか? 見積の内訳の中に布基礎からベタ基礎への工事も含まれていたのですが、 何の為にするのかいまいちわかりません。 耐震の為だとしたら家全体は布基礎なのにここだけベタ基礎にして意味 があるのでしょうか? 教えてください。宜しくお願い致します。

  • 布基礎のようなのをベタ基礎にする工法

    近所に新築の家が建っているのですが、 やっぱり新しい家が建つとなると他人の家ですがどういった家になるのか気になりますよね。 さて、その近所のお宅なのですが、 この周辺は地盤が弱いので、杭を打っていました。 そして数日後、最近は殆どのお宅がベタ基礎になっていると思うので鉄筋を組んでセメントを流し込むのかと思っていたら、布基礎のような底の無い基礎部分をコンクリートで形成し、 さらに数日後、まだ土である部分(それぞれの部屋になる部分)を掘り返して厚い発泡スチロールの板を埋めていました。 不思議な工法だなぁ、と思っていたら更に数日後、土だった部分にセメントが入りベタ基礎になっていました。 結果的にベタ基礎になった訳ですが、素人が考えるのに・・・ 底は立ち上がっている部分とおそらくですが鉄筋で一体型になっておりません。こういう工法は上に家が乗っかった場合、十分に力を分散するのでしょうか? 何となくベタ基礎で鉄筋を組んだよりも弱い気がしてしまって・・・ こういった工法は、今の標準なのでしょうか、初めて見たもので気になってしまって。

  • 雨天時の布基礎の施工について

    戸建住宅の布基礎の施工につきまして、雨天時に施工しても問題ないでしょうか? 先週末に丁張り、根切りを終え、今日から施工が始まりました。 明日から雨の予報で、配筋、型枠設置等、肝心な施工が雨天施工になりそうです。 雨天時に施工しても施工精度等、大丈夫なのでしょうか? 気分的に家を支える基礎工事だけにとても気になります。 以上、よろしくお願いします。

  • 住宅の基礎にかかる費用について

    住宅の基礎にかかる費用について質問です。布基礎とベタ基礎、同じ規模の住宅ではどちらが費用的にかかるのでしょうか?。