-PR-
解決済み

猪木の一連の異種格闘技戦は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.461053
  • 閲覧数391
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 75% (18/24)

猪木選手の一連の異種格闘技戦はガチだったのでしょうか?
どう思われますか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 38% (482/1255)

ミスター高橋の本によると、アリ戦とペールワン戦だけがガチだったとか。

本を読めばわかりますが、両者はプロレスの約束事というものを知らない、そんな約束事は受けないタイプの人間だったので、セメントのみで勝負をすると言ってきて、猪木さんもあせったとか。

アリ戦の対策として寝転がって蹴り、というスタイルをとったのも、まともに正面からいって殴られたらやばいという、猪木さんなりの苦肉の策だったのでしょうね。

ちなみに、ウィリーウィリアムスは腕を折られたとかいってましたが、帰りの飛行機にのるときに「折れたほうの腕」でごついボストンバッグを高々とかかげて笑顔で別れを告げて帰ったとか・・・(笑)
お礼コメント
yueee

お礼率 75% (18/24)

ウィリーの件は笑ってしまいますね。(笑)
タイガージェットシンの腕を折ったとかいうのと同じ次元だったんでしょうかね。

やはり猪木選手の異種格闘技戦(アリとペールワン戦は除いて)はPRIDEなど
とは全く異質のもので、プロレスの延長線上にあったものかも知れないですね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-02-01 14:55:20

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 29% (245/819)

 ルスカ戦も非ガチで有名です。
何でも、ルスカは、新日本側から「団体のエースを尊重して欲しい」と
言われたとか。ただ、これだけで試合を展開するのは困難ですので
細かいフィニッシュまで事前に打ち合わせていたのかもしれません。
当時、ルスカは恋人の手術代に窮しており、
今でもギャラを支払ってくれた新日本側に感謝しているようです。
因みに、ミスター高橋本ではルスカ最強伝説が多く語られています。
今見ると、どの試合も、技術うんぬんより猪木のプロレスラーとしての
才能(見せる才能)に目が行きますね。
お礼コメント
yueee

お礼率 75% (18/24)

確か最初の方のルスカ戦はバックドロップで勝ってますよね。
個人的にはガチの試合でバックドロップは見たくないです(笑)

確かに演出家としての猪木選手の才能は類い稀なるものがありますね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-02-04 16:32:28


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ