締切済み

冷間圧延鋼板を熱処理することによって・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.460326
  • 閲覧数597
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

冷間圧延鋼板を熱処理(応力除去焼きなまし)することによって、どのような変化が見られるのでしょうか。張出し性やランクフォード値に変化はでてくるのでしょうか?宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 38% (16/42)

冷間圧延後γ域から徐冷すること(応力除去焼きなまし)によって再結晶集合組織を形成します。この割合は冷間圧延率によって異なり80%の冷間加工率のとき集合組織を形成しやすくr値が大きくなり、張り出し性もよくなると思います。
お礼コメント
danmori

お礼率 75% (3/4)

ありがとうございました。まだまだわからないことが多くて困ってます。
投稿日時 - 2003-02-03 17:26:05
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ