• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

残高試算表の勘定科目

「未決算」や「仮払法人税等」は資産の勘定科目ですか? どちらも費用だと思っていたのですが残高試算表の資産の項目に混ざっています。 また「貸倒引当金」「減価償却累計額」は資産のマイナスの勘定科目ではないのでしょうか? 負債の欄に記載されています。 上から資産、負債、資本、収益、費用の順でなければいけない訳ではなく、 どこに記載してもかまわないのでしょうか? 大体どこのグループに記載されているかで貸借対照表に転記するか損益計算書に転記するか判断していたのですが この方法は辞めたほうがいいですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1333
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#116820

第119回検定に合格したものです。回答させていただきます。 >「未決算」や「仮払法人税等」は資産の勘定科目ですか? はい。資産の勘定です。 >また「貸倒引当金」「減価償却累計額」は資産のマイナスの勘定科目ではないのでしょうか? 負債の欄に記載されています。 貸倒引当金は、「評価性引当金(ひょうかせいひきあてきん)」という名前です。引当金にも大きくわけて二つあり一つがこの評価性引当金。もう一つは、負債性引当金です。例としては、修繕引当金、製品保証引当金、賞与引当金、退職給付引当金などです。考えかたとしては、評価性引当金は、資産というイメージをもってもよいでしょう。負債性引当金は、負債というイメージをもってください。 >上から資産、負債、資本、収益、費用の順でなければいけない訳ではなく、 どこに記載してもかまわないのでしょうか だめです。貸借対照表は、「流動性配列法」と「固定性配列法」があります。企業会計原則(会計のルール)では、流動性配列法を基本としていますから、流動資産、固定資産、投資その他の資産、繰延資産/流動負債、固定負債、株主資本(資本金、資本剰余金、利益剰余金)と表示していきます。 損益計算書は、売上高、売上原価、販売費および一般管理費、英業界収益、営業外費用、特別利益、特別損失、税引前当期純利益、法人税および住民税・事業税、当期純利益の順番に掲載します。基本的には、貸借対照表と損益計算書に配列方法に関しては、これが一般的でないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 簿記3級試験第5問、精算表作成に当たっての勘定科目の覚え方

    こんにちは。 来週3級の試験を受けます。 第5問精算表作成についてです。 仕訳をして修正(整理)記入まではできるのですが、 損益計算書、貸借対照表に金額を運んでいく際に、 どれが損益計算書へ、どれが貸借対照表へ運ぶのか迷ってしまいます。 もちろん、現金⇒貸借対照表へ、売上や仕入れ⇒損益計算書へなどはわかるのですが、 減価償却費や累計額、貸倒引当金や繰入等どっちがどっちだったかわからなくなってしまいます。 これは「減価償却費だったら費用」、「貸倒引当金は資産」と それぞれの勘定科目名を丸暗記するより他ないのでしょうか。 もし、そうならわかりやすい覚え方はないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 簿記2級での勘定科目について質問です

    10年ほど前に簿記2級の資格は取ったのですが、転職に向けてまた受験しなおそうと勉強しています。 勘定科目についての質問なのですが、まず貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?(10年前は貸倒償却/貸倒引当金というように仕分けしたのですが、問題集には貸倒償却という勘定科目が出てきません。精算表などの場合は勘定科目のヒントがあったりして修正できるのですが、普通の仕訳の問題だと勘定科目リストがない場合、浮かんできにくいのです。)

  • 勘定科目の覚え方について

    簿記を学んでいるのですが勘定科目で営業外費用や営業外収益、流動負債と流動資産、、それが分けられなくて損益計算書と貸借対照表が作る事ができません。なにか効率のよい覚え方はないんでしょうか?支払利息は営業外費用なのに支払地代は営業費用とか区別の仕方がわからないので誰か教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 残高試算表で解らない問題があるので教えて下さいm(__)m

    簿記を最近勉強し始めました。 超初心者です。。。 残高試算表について解らない問題があるので、どなたか教えて下さい。   参考資料によって、12月31日の整理後残高試算表の?マークを埋める問題なのですが。。。 借方残高    勘定科目   貸方残高 273,000    受取手形 177,000    売掛金         貸倒引当金   ?             ↓           ↓   ?    貸倒引当金繰入 参考資料:貸倒引当金は差額補充法によって受取手手形及び売掛金の期末残高の2%を計上している。ただし決算整理記入前の貸倒引当金勘定の残高は4500円であった。 答えは貸倒引当金9000 貸倒引当金繰入4500 になっていましたが なぜ貸倒引当金は見積もり額を記載し、貸倒引当金繰入には、差額分だけを記載するのかが、わかりません。この問題を初めて解いたとき、両方4500円と記入をしてしまいました。 (273,000+177,000)×2%=9,000 9,000-4,500=4,500 (貸倒引当金繰入)4,500 (貸倒引当金)4,500 の決算整理仕訳はわかるのですが・・・ 頭がごちゃごちゃしてしまって。。 困っています。 アドバイスいただければ幸いです。。。

  • マイナスの資産勘定とは?

    貸倒引当金や減価償却累計額を、「マイナスの資産勘定」と参考書に記載があったのですが、意味が理解できませんでした。 資産のマイナスなら、貸方で負債かと思うのですが、貸借対照表でも資産の部に表記されているので、上述の「マイナスの資産勘定」というものが謎な存在です。 有識者の方、ご教示いただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 日商簿記・全経簿記の勘定科目について

    全経簿記2級のテキストには貸倒引当金戻入という勘定科目がありますが、 日商簿記3級・2級のテキストにはないようです。 これはどういうことなのでしょうか?

  • 勘定科目について

    質問です。 次の勘定科目は貸借対照表もしくは損益計算書の どの勘定科目に位置するのですか? 教えてください。 1.利益準備金 2.任意積立金 3.未処分利益 よろしくお願いします。

  • 簿記・資産のマイナス勘定の精算表における処理について。貸倒引当金や減価

    簿記・資産のマイナス勘定の精算表における処理について。貸倒引当金や減価償却累計額はなぜ精算表において、貸借対照表の貸方にくるのですか?資産のマイナス勘定だからと言われてもよくわかりません。貸借対照表は資産・負債・純資産が載るものだというので・・・。

  • 貸倒引当金の勘定科目は何のためにある?

    独学で簿記試験の勉強してる者です。 貸倒引当金のような「実際は損してないのに帳簿上は利益としない勘定科目」は何のためにあるのでしょうか? 利益を今年を計上するのか、未来に計上するかが違うだけで金額は変わらないのに、と思ってしまいます。

  • 「貸倒引当金」勘定科目について・・・。

    D学校で財務諸表論では「貸倒引当金」は、「貸倒引当金額」と記載する様にと習い、それと平行して簿記論においても「貸倒引当金額」の記載が許されていました。 今現在O学校に通っています。 いつもの癖で「貸倒引当金」を、「貸倒引当金額」と書いて「×」されました。2~3人くらいの学者さんの本にも「貸倒引当金」は出てきても「貸倒引当金額」出てこないのです。 「貸倒引当金額」は間違いなのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 勘定科目について教えてください。

    流動資産の未収還付法人税等というのはどの勘定科目に当てはまりますか? ぜひ教えて下さい。

  • 資産のマイナス勘定と負債勘定は別物?

    現在計算の苦手克服も兼ねて簿記3級の勉強をしております。 いま貸倒引当金の項目を勉強してまして、使用しているテキストを見てみると 貸倒引当金の勘定が負債ではなく資産のマイナス勘定と表記されています。 「資産のマイナス勘定」と「負債勘定」って別物なんですか? 何となく「資産のマイナスを補う科目だから負債には該当しないのかな?」とは思ってるんですが どうもその考えに自信が持てなくて^^; 試験前までにスッキリしたいんで(ぇ よろしくお願いします。

  • 勘定科目内訳明細書の書き方について教えてください。

    お世話になっております。 なんとかかんとか損益計算書、貸借対照表、事業概要説明所まで作成できたのですが、勘定科目内訳明細書の書き方がわからず困っております。 といいますか、特に資産や負債が無い場合、さらには給料や報酬もない場合などは家賃と売上だけ記入すればいいのでしょうか? それとも損益計算書にある販売費などの内訳なども記載しなければいけないのでしょうか? どうかよろしくお願いいたします。