• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ネタバレしないと面白さがわならない映画をネタバレ抜きで教えて

痩せた男が眠れないだけの地味な映画と思いきや、の『マシニスト』。 ただのハーレクイン・ロマンと思いきや、の『きみに読む物語』。 ネタバレして初めて面白さがわかる映画、つまり、予告編だけでは到底、本当の魅力が想像つかない、もうひとつのテーマが隠れている映画って、ときどきありますよね。ほかに、そういうのでお薦めはありますか? おそれいりますが、ネタバレ無しで教えてください。年末年始の休み、騙されたと思って(笑)、観ますから。 なお、アレハンドロ・アメナバール監督やM・ナイト・シャマラン監督の作品は、だいたい観ました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1275
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

では、あと邦画をひとつ追加しておきますね。 「アヒルと鴨のコインロッカー」 中村義洋監督。濱田岳主演。’08年製作。 田舎から仙台に出てきた大学生が、変な隣人から”書店を襲撃して広辞苑を奪う”という、妙な計画を持ちかけられる。失恋して落ち込んでいるブータン人留学生を励ますため、贈り物にすると言うのだが。 この映画は前半と後半で同じ話が違う視点から語られます。はじめは”なんじゃこりゃ??”な展開なんですが、後半を見ると”そういうことだったの!?”という驚きがあります。じつを言うととっても切ない話でもあるんですよね。売れっ子作家、伊坂幸太郎さんの原作もいいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびありがとうございます。「ブータン人留学生のための盗難」という発想に惹かれて、思わず予告編まで検索して観てみました。おお、これは配役といい主題歌といい、私が好きそうな映画。展開抜きにしても、観てみようと思います。

質問者からの補足

ちなみに、主人公は東京から仙台に出てきたんですよね。そこもミソだと思いました。英語など細部にまでこだわった、手の込んだ作品ですよね。原作も読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • 【ネタバレあり】映画「やさしい嘘と贈り物」について

    先日、「やさしい嘘と贈り物」という映画を観ました(DVDでレンタル)。 感動しましたし、基本的に好きな作品だったのですが、3点ほど不満に思う点、疑問に思う点があったので、同作品をご覧になった皆さんに、それらの点についてどんな感想を持たれるかお聞きしたいです。 【1点目】 作品本編とは関係ないのですが、予告編やパッケージの解説等でロバートとメアリーが夫婦であること等をネタバレしてしまっている点です。私は別作品の本編前の予告編でこの作品を知ったので、上記の設定を知っている状態でこの作品を観ました。この設定は知らずに観た方が楽しめたのでは?隠しておくべきでは?と思ったのですが皆さんはどうでしょうか? 【2点目】 何回かあるロバートの夢のシーンです。赤と青のもやもや(脳の神経細胞のイメージ?)や記憶の断片映像などに合わせ、深刻な感じの音楽で、記憶が失われていく感じを表現しているのかなと個人的には思ったのですが、このシーンだけ作品全体を通した空気感とずいぶん印象が違うように感じました。大げさに言うとこのシーンだけ別の映画のような違和感を感じました。もう少し別の表現はなかったのかなと思ったのですが、皆さんはどう感じましたか?そもそも何を表現したシーンだと思いましたか? 【3点目】 ラストシーンなのですが、なんか物足りなくなかったですか? 病室に2人きりのシーンの後の2人で窓から雪を眺めるシーンは、過去の(ロバートが記憶を失っていく前の)様子ですよね?現在のロバートは、メアリーは、家族はどうなったんだろう?となんか物足りなく感じてしまいました。皆さんはラストシーンについてどう思いましたか? 長文読んでいただきありがとうございました。 同作品をご覧になった方々の感想を是非お聞きしたいです。 よろしくお願いします。

  • 黒人奴隷船が舞台だったような・・ 題名教えて下さい

    予告編をチラッと見ただけなんですが奴隷船を舞台にした映画の題名を教えていただけないでしょうか。船に押し込まれる黒人たち。虐待。そして反乱。こんなかんじのストーリーだと思います。年末年始にテレビでその予告編を見ました。予告編を見た場所は日本か香港かタイです。どなたかご存知でしょうか?

  • 映画サイト-動画のリンクがはってあるサイト-

    見たい映画の予告編を一発で探し当ててくれるサイトはありませんか? 検索名検索などがあり、○○と作品名を入れると、動画の予告編にすぐ飛んでくれるような・・・。 最新の映画ならあるのですが、ちょっと過去の作品だとリンクが切れていたり、見れなかったりすることが多く、不便で困っています。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
noname#128261

「ニューオーリンズトライアル」がおすすめです。 銃の乱射事件で夫を亡くした未亡人が銃の大手会社を相手に訴訟を起こし、その陪審員候補者が裁判所にあつまります。 陪審員を嫌がり、帰りたがった一人の青年が、判事に目をつけられて陪審員に選ばれます。 他にもいろいろな人物が選ばれていきます。 裁判がはじまり、被告側、原告側に「陪審員を売ります」のカードが配られます。 日本でも近いうちに始まる陪審員制度。 この映画を見ていると、本当の正義とは・・と考えてしまいます。 そして、最後のほうで判明する事実。 (ここがネタばれの部分) 爽快感のあるラストで、とてもおすすめです。 年末年始のお休みももうすぐ終わりますが、もし良かったら見てみてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございました。まだまだ受け付けてますよ! 力強い配役ですね。今日は第一弾(?)を返却がてらレンタル屋さんに行くので、これも借りたいと思います。 このスレッドでご紹介いただいた中では今のところ、「薦められていなかったら絶対にこの面白さに気づかなかっただろうな」という点で、『アヒルと鴨のコインロッカー』と『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が特に気に入りました。

質問者からの補足

長らくお待たせしましたが、大賞の発表です…、じゃなくて、皆さまおすすめの作品をようやく、回答者さんお1人につき1作品以上を観たので、ここで締め切りとさせていただき、それに際して、一番上の補足欄を使わせていただきます。ポイント付与の基準については、#7のお礼欄もご参照ください。 映画として一番見ごたえがあったのは、もともと観たいと思っていた『つぐない』でした。メジャー作品にありがちな、字幕の決定的な誤訳が目立つのはさておき、ネタバレを小出しにしながらも、ネタバレの都度にあぶりだされる言外のネタが奥深く、いろいろな解釈ができる作品だと思いました。いつかぜひ、劇場で観直したいと思います。 ただし、今回の質問の趣旨から言って、やはり『アヒルと鴨のコインロッカー』と『ゴーン・ベイビー・ゴーン』を薦めてくださった回答者さんたちにポイントを付与することにしました。理由は前半がつまらない作品だから!(笑) いやあ、こんなの、薦められなければ絶対に挫折しますよ。けれども、ネタが出てくると、つまらなかった前半が、まあ、面白く感じることといったら! そして、大切なメッセージをわかりやすく伝え、考えさせてくれているという点で、より多くの人に観ていただきたいと感じたからです。 ほかにも見ごたえのある作品、これでもかというほどネタで遊んでいる作品などなどがあり、ここで皆さんと思いきり語り合いたいところですが、何せ、ネタバレ無しと約束してしまったもので(笑)。詳しい感想は、別の映画データベースにでも書きたいと思います。それにしても、ネタを知ったあとで改めてそれぞれのご回答を観ると「ああ、なるほど!」と思える記述がたくさんあって、二度三度と楽しませていただいています。 ポイントを差し上げられなかった方々も含め、皆さま、こんな偏屈な質問に長々とお付き合いただき、本当にありがとうございました! これからも、地味な秀作をどんどんあぶりだしましょうね!

  • 回答No.8

「ことの終わり」を推薦したかたがおられましたが、その路線でOKなら「つぐない」なんかはどうでしょうか? ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演の’07年作品です。原作はイアン・マキューアンの「贖罪」。 貴族の娘と中産階級の青年との恋が、彼女の妹のある証言によって引き裂かれ、第一次世界大戦にも運命を嘲弄される、というもう真っ向メロドラマなんですが、最後にある真実が明らかになります。 どんでん返しというものではありませんが、ちょっとした驚きとともに考えさせられるラストになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。もともと私は、次に借りるDVDは『つぐない』にしようと思っていました。でも、休みを利用して、普段、借りようとは思わない作品を借りてみようと考えて、この質問を立ち上げた次第です。『つぐない』、期待して観ることにします。なお、#7のお礼欄もご参照ください。

  • 回答No.7
  • jakyy
  • ベストアンサー率50% (1998/3967)

下記の映画などどうでしょうか。 ドンデン返しの映画ではありません。 見終わった後「ほかの映画」とは違うなと感じます。 【スナッチ】 ロンドンの暗黒街を舞台にした映画です。 大変凝った映画です。予測されない予測の事態の映画です。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32459/ 【ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ】 スナッチと同じ監督、ガイ・リッチーの映画です。 長い題名ですが、全員外れる宝くじという内容の映画です。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31499/index.html 【虚栄のかがり火】 出る杭は打たれる。腐った杭でも役立つことがあるという映画です。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD2266/ 【ファーゴ】 完全犯罪が不完全になると結末はどうなるかという見本の映画です。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10537/ 【ラストショット】 「この映画は観客に見せるために作られる映画ではない」という映画です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id322512/ 【ことの終わり】 愛人は誰に恋をして私から遠ざかっていくのか。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31968/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あけましておめでとうございます。そして、ご回答をありがとうございました。 『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』と『ファーゴ』は見たのですが、予想通り(笑))タイプじゃなかったんですよね。 逆に、『マシにスト』は、上記2作のようなタイプの映画だと思って観たら、全然違っていて、しかも、その違っていさ加減をネタバレなしで語ってもらうわけにはいかない作品なので、思いきって観てよかったなと思った次第なのです。でも、特に『ラストショット』や『ことの終わり』は配役ゆえに、もともと観たいと思っていたので挑戦してみます。 ちなみに、今回の質問、「ポイントが付けにくい」と自ら書いてしまいましたが、ポイントを付けないのは、やはりポリシーに反するので、作品を鑑賞したうえで、独断と偏見のアカデミー賞、みたいな感じで(笑)ポイントを付けることにしました。 とはいえ、全部を見るのは大変なうえに、将来の楽しみが半減するので、近所のレンタル屋さんに在庫があるもののうち、回答者さんお1人につき1作を借りてあります。それを正月休みのあいだに観たうえで、ポイントを付けて締め切ることにします。既に、予想したのと全然違うジャンルの棚にレンタルDVDがあったりして、楽しんでいますよ。

  • 回答No.5
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

#4です。 『イナフ』は、あんまり期待しないで気軽に見てくださいね。 『フロム・ダスク・ティル・ドーン』が好きなら、見ているかもしれませんが、 『プロフェシー』『ドリームキャッチャー』 もお勧めです。 あと、『バンディッツ』(ブルース・ウィリス主演)や『運命の女』(リチャード・ギア主演)もイケるかもしれません。 特に『運命の~』のラストシーンは、どういう意味か?という映画クイズとしても使えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびありがとうございます。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』は好きってほど好きじゃないんですが、あの展開は想像付きませんよね、ふつー。『プロフェシー』『ドリームキャッチャー』も機会があれば観てみます。『バンディッツ』と『運命の女』は観ましたが、意外性、ありましたっけ。んん、ラスト、クイズでしたか?? ま、いいや、面白かったから。

  • 回答No.4
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

いわゆるどんでん返しではない、ということで、複数のテーマが一本の映画の中に絶妙なバランスで混在しているなぁ、と感心した作品を。 お勧めキーワードは独断と偏見によります。 『砂と霧の家』 低所得者、父と息子、移民、サブプライムローン。 『スウィート・ヒアアフター』 子どもの神隠し、親の嘘。 『白いカラス』 年の差カップル、人種問題、出生の秘密。 『チョコレート』 死刑執行、父と息子、シングルマザー。 『イン・ザ・ベッドルーム』 熟年夫婦、嫁と舅、ドメスティックバイオレンス、嫉妬。 どれもずっしり重い映画ですので、ちょっと軽いものも一本。 『イナフ』 じわじわとサスペンスを盛り立てておいて、終盤、あれっというくらい映画のトーンが変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。『チョコレート』と『イン・ザ・ベッドルーム』は観て、共にとても良い映画だと思いました。確かに意外性はさほどありませんが、複雑なテーマが絡み合っていて、映像的にも楽しめますよね。『イナフ』は「軽いけどトーンが変わる」のですね。一生観ない映画だと思っていましたが(笑)、試してみようと思います。どちらかというと好きなのは人間ドラマですが、『ダスク・ティル・ドーン』の破天荒な急展開には度肝を抜かれましたので。

  • 回答No.3

いくつかの作品を簡単に紹介します。 「探偵スルース」 J・P・マンキウィッツ監督。ローレンス・オリヴィエ主演。’73年製作。 同名の舞台劇が下敷きで、老作家と彼の屋敷に招かれた青年。ほぼ二人だけの登場人物のみで進行します。 「交渉人」 F・G・グレイ監督。サミュエル・L・ジャクソン主演。’98年製作。 誘拐犯や立てこもり犯と交渉する専門の刑事が、なんと立てこもり事件を起こす。その裏にある目的とは? 「スティング」 ジョージ・ロイ・ヒル監督。ポール・ニューマン主演。’73年製作。 先頃亡くなったポール・ニューマンの代表作。彼とロバート・レッドフォードが演じる詐欺師二人組が、ギャングの大物相手にしかける一世一代のゲームとは。 「ショーシャンクの空に」 フランク・ダラボン監督。ティム・ロビンス主演。’94年製作。 妻殺しのぬれぎぬで、投獄されたしがない会計士の男が企む脱走劇。しみじみした話でもあるので、サスペンスを期待するとはぐらかされるかも。 邦画から二、三。 「キサラギ」 佐藤佑市監督。小栗旬主演。’07年製作。 伝説のアイドル、如月ミキ。彼女の命日に集まった5人のファン。彼らは憧れのミキちゃんの死の真相を探ろうと、それぞれの推理をぶつけ合う。 「アフタースクール」 内田けんじ監督。大泉洋主演。’08年製作。 あるサラリーマンが失踪。彼の隣人でもある同級生の中学教師のもとに、やはり同級生だったと名乗る男が近づいてくるが…。冒頭からなんか変だぞ、と思いながら見ていると、終盤、とんでもない展開になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。「ショーシャンクの空に」は観ました。確かに、「そういうジャンルだったの??」という展開ですよね(笑)。「交渉人」と「スティング」も観ているはずなのですが、内容をまったく思いだせません! バカにして、まともに観ていなかったのかもしれません。もう一度、まじめに観てみたいと思います。ここでお薦めいただいているということは、それなりに新しい発見がありそうだ、ということでしょう。それから、見るからに地味な「探偵スルース」、思わぬ展開があるのなら、一見の価値ありかもしれませんね。邦画も引き続きじゃんじゃん紹介してください。

  • 回答No.2

なかなか面白いテーマですね。自分もそういう映画が好きです。 No.1さんがおっしゃるように、いざ探してみるとucokさんが求めているテーマに合うかどうか難しいところがありますがご参考程度に。。。 ・「ミスト」/監督:フランク・ダラボン、原作:スティーヴン・キング 田舎町で正体不明の霧に襲われ、スーパーマーケットに取り残された人々。主人公の親子の脱出劇かとおもいきや・・・。 ※ところどころグロい映像があります。ですが、ラストの15分でこの物語りの主旨たる部分が詰め込まれています。でも、後味悪いですよ(笑) ・「ゴーン・ベイビー・ゴーン」/監督:ベン・アフレック 小さな街で幼女誘拐事件が発生し、捜査を依頼された若い私立探偵が犯人を追うドラマかとおもいきや・・・。 ※個人的に全体的にまったりしている印象がありました。ですが、意外な犯人や犯行動機も興味深いですし、それよりも主たるテーマが全部を見終わったあとにずっしりと圧し掛かってきます。 ・「サンシャイン2057」/監督:ダニーボイル、出演:真田広之 ハリウッド映画お得意の地球滅亡もので、託された宇宙船の乗務員たちの生命をかけたミッションの話しかとおもいきや、途中から・・・。 ※終始ミッションの話しではあります。なので、ucokさんの求めるテーマとはちょっと違うかもしれませんが、途中からガラッと雰囲気が変わります。雰囲気を変えたあるモノが放つ言葉にこの映画のテーマが潜んでいると思いました(個人的解釈ですが)。 名前があがったお2人の作品は殆どご覧になったということは、「アザーズ」や「ヴィレッジ」もご覧になっていますよね。 長文失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。3作品とも観ていないので挑戦します! はい、「アザーズ」も「ヴィレッジ」も観ました。後者の評判は今ひとつのようですが、私は好きでしたね。そこで終わる!?!って感じが(笑)。 ただ、ちなみに申しますと、今回の質問は必ずしも「どんでん返しを」という意味ではなく、「え? こんな、全然違うテーマを、見せかけのテーマを通じて、延々と2時間も掛けて語ってたの?」みたいなことが、あとになってわかって、しかも、そこで初めて作品の奥深さがわかる、というそういうのを探しているんですよね。また、後半のネタバレ・シーンになって初めて、役者の演技力を見せつけられる、なんてのでもいいです。こういうのばかりは口コミがないと調べようがないんで。 そういう意味では「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の「それよりも主たるテーマが全部を見終わったあとにずっしりと圧し掛かってきます」というご説明に惹かれました。

質問者からの補足

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のDVDに付いている付録映像を見ると、アフレックは自分なりの解釈を持っていたようですが、自由に解釈できるラストにしたのは正解だと思います。子育て経験のある者としては、実に考えさせられる作品ですが、社会全体にかかわる、ボストンっこが作ったリアルなボストンの映画なんですね。

  • 回答No.1
  • Trick_Q
  • ベストアンサー率45% (34/75)

面白いテーマですが、探してみると難しいですね。 やっと、幾つか見つけたのですが、こんな感じでしょうか? ・マインドハンター  FBIの心理分析官を目指す訓練生の話、、、と思いきや!? ・リクルート  CIAの新人採用の話、、、と思いきやその通りだった。しかし!? ・ブラッド・ダイヤモンド  ダイヤモンドの奪い合い、と思いきや!? ブラッド・ダイヤモンドが一番お勧めですね。あまり説明が出来ないのがなんですが、あらすじだけ見ても、伝わってこないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答をありがとうございます。考えてみたら、ポイントを付けにくい質問をしてしまいました。でも、どれも観ていない作品なので、とても嬉しいです! へえ、ブラッド・ダイヤモンドって予告編が大仰ですが「思いきや」だったんですか。信じて観てみます! たくさんのご回答をお待ちしています。

関連するQ&A

  • 映画イントゥ・ザ・ウッズを観るために

    遅ればせながら、今度、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を観ようと思っています。予告編を少し観たのですが、おとぎ話の主人公のその後を描いているようなのですが、この映画を見る前に、ディズニー映画で観ておいたらよい作品はありますか?

  • 映画『2012』について

    洋画の最新情報に詳しい方、教えて下さい。 W・ストリーバーの“2012 ウォーフォーザソウルズ”の映画化を楽しみにしていたのですが、最初は監督がマイケル・ベイと言われてましたが、今は検索するとソニーピクチャーズのローランド・エメリッヒ監督作品となっています。動画サイトで予告編を見ると、サブタイトルに“DOOMS DAY”とあるものと“WAR FOR THE SOULS”とあるものと2種類あります。 内容もどことなく違うような気がするのですが、これは同名の別な作品なのでしょうか?もし公式サイトなど分かればあわせて教えて頂ければ幸いです。

  • 映画「スチームボーイ」はどうですか?

    映画「スチームボーイ」をすでに見られた方、感想はどうですか?(私はまだみていません) 予告を見た感じでは「アキラ」と「天空の城ラピュタ」を彷彿させるのですが・・・ 大友克弘作品は昔から追いかけていましたが、近年の作品(監督ではありませんが)は少し物足りない感じがしていましたので、「スチームボーイ」には期待をかけています。 あまり期待しすぎてコけた場合が怖いので、前評判を聞かせていただきたいです。(ネタバレしない程度に)

  • 映画のタイトルがわからなくて困ってます!

    2004年の12月ごろから2005年のたぶん1月から3月ごろまでに公開された作品だと思うのですが、タイトルが分からなくて見たいのですが見れません!よかったら教えてください。 内容ですが、芸術家同士が結ばれて夫婦になったものの、芸術的な感性のすれ違いから別れてしまうという話です。 この映画は予告編でしか見たことがないので内容もアイマイですいません。その予告編はミニシアターで見ました。そのときの予告編で、『ネバーランド』とか『パッチギ』なんかも宣伝してたと思います。 よろしくお願いします。

  • スチームボーイを見ようと思うのですが・・

    今、映画館でやっているスチームボーイを見ようと思ったんですが、ネット上での評価はどうやらかなり厳しいようで・・。 「脚本に魅力がない」と書かれ、「絵のみだ」と言われていますが、本当にそこまで面白くない作品なんでしょうか? 予告編を見る限り、とても面白そうなんですが・・。

  • 「サイン」について

     TV予告編とHPの宣伝に載せられて、先行ロードショーを見ました。渡された「解析マニュアル」を読んで、表現したいことは解りますが、映画をみただけで、それをすべて理解できるとは、私は思えませんでした。  サインのHPのBBSに書かれてるように、この監督の作品らしく、”テーマがいたる所に盛り込まれていて素晴らしい”といえばそうですが、逆に、”言いたいことを無理やり解り難く表現しといて、解るまで繰り返しみてね”としてるみたいに感じます。通にとっては当たり前ですか?  アメリカでヒットしたようですが、”ほんとに”と思ってしまいます。文化の違い???  この映画をどう理解しますか?

  • 映画の作品名を教えてください

    以前にも同じような質問をさせて頂いたのですが回答が得られず諦めようかとも考えたのですが、どうしても心が晴れないままなので再質問させてもらいます。映画名を教えて頂きたいのですが、朧気に覚えているのは作品ではなく予告編なのです。それは、1971年に映画館で見たものなのですが、カラーの時代劇作品で、人を斬って斬って斬りまくるシーンと予告編の最後に主人公と思われる武士が切腹をするシーンと、その後に画面いっぱいに血しぶきがほとばしるという内容の作品名を御存じの方がいらっしゃいましたならば、是非ともその作品名を教えてくださいませ。 気になって仕方がないので、どうか気持ちを晴らしてくださいませ。 宜しくお願いいたします。

  • 何故か見逃している映画

    いつもお世話になっています。 お気に入りの監督や役者の作品であれば見てるはずなのに見逃してる映画ってありますよね。あるいは、海外で公開時には気にしてたのにあまりにもの邦題で気づかなかったりとか。そんな映画のタイトルと見逃した理由やどうして気づいたかを教えてください。 私の場合はずっとノーチェックだったので、 1.「デュエット」Duets 青山南の本より情報取得。(ヒューイ・ルイスのカリオケを聴いてみたい。) 2.「彼女を見ればわかること」Things You Can Tell Just by Looking at Her ガルシア・マルケスを検索中に監督がジュニアであることを発見。(「フォー・ルームス」は見てたけど。) 3.「メメント」Memento ここのQ&Aで皆さんがお薦めなのですがいまだに未見。「XXが○○される」ことはどうやって認識してるんだろう。メモ、刺青?(「インソムニア」は見たのだが、アル・パチーノ以上に睡眠不足で臨んだためほとんど覚えていない。)   年末年始に楽しむためのリストに載せたいと思いますので「あなたの見逃している映画」(多分私も見ていない映画)の回答をよろしくお願いします。

  • 映画のタイトル

    映画の予告か何かで見たのですが、ある見知らぬ男性と女性が 自分の家のポストに手紙を入れて文通?をするという話で 実は時を越えて同じ家に住むもの同士だったみたいな話なんですが 分かりにくくてすいません(>_<) あともう一つあるんですが 2~3年前の映画だと思うんですがある小説家が 自分の書いた作品の通りに物事が起こっていくというものでした。 これも予告編で見たので詳しく分かりません。 ビデオ屋さんで探すんですが見つかりません(>_<) どなたかご存知ありませんか?

  • 映画と小説の差異

    小説と映画が両方ある作品はたくさんありますが、 小説が原作でなく、あくまでもノベライズとして書かれた 映画と同じ作品の小説は、映画に忠実に書かれているものなのでしょうか? 実は、「ターミネーター3」の英語版を買いたいな、 (それ以前に小説が存在するのかわかりませんが) と思っているのですが、予告編などで公開されている 一文一文について、英語を知りたいのです。 私の乏しい英語力じゃディクテイションも出来ないし。 というわけで、この質問をしてみた次第です。