• 締切済み
  • すぐに回答を!

溶液中のアンモニアの定量法

現在、酵素の活性測定にアンモニアの定量を用いること検討しています。 色々調べてみた結果、インドフェノール法がもっとも適しているのではないかと思い、予備実験を行いました。 しかしながら、反応をJISに従って反応を行っても、上手く呈色してくれません。(緑色になってしまいます…。) 色々調べたところ、主生成物のアミノ酸が呈食を阻害しているのではないかと言う結論になりました。 反応はロイシンアミドを加水分解し、ロイシンとアンモニアを生成するものです。所属している研究室にLCやGCはありません。 他の方法で、酵素反応生成物中のアンモニアを定量する方法はありますか? よろしくお願いしますm(__)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1689
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • 1Q68
  • ベストアンサー率0% (0/0)

インドフェノール法には色々な方法があります。 また、共存するアミノ酸の影響について検討した論文があります。 例えば、Kanda, J (1995)Wat. Res 29 2746-2750 Ammonium determination with OPP では、22種類のアミノ酸の共存の影響について調べています。 抜粋すると L-Leucine 1mM存在下での0μMアンモニア、10μMアンモニア溶液の 吸光度は各々0.014, 0.227となっており回収率は102% となっております。 このやり方ならばロイシン共存下でアンモニアの定量が可能では 無いでしょうか。 また、それでも×な場合、酵素反応バッファー中の薬剤が発色を 妨害している可能性も考えられますので検討の程を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 臨床化学検査について

    こんにちは。 酵素活性測定についてお聞きします。 分光光度法を使った酵素量の定量って酵素そのものの量を測定するよりも、酵素反応によって減少した基質量や増加した生成物量を測定するほうが簡単だから活性として測定するんですよね?? それは分かるんですが、なぜ酵素反応によって減少した基質量や増加した生成物量を測定するほうが「簡単」なんですか??どうしても分かりません。 分かる方回答のほうお願いします。

  • 土壌中の窒素の定量

    土壌中の窒素の定量の仕方にはどのような物があるのでしょうか? アンモニアをClO-とフェノールで定量するような反応は見つけたのですが、うまく反応式が書けません。これ以外のものでも反応式がはっきりしている定量法ってありますか?

  • 逆滴定でアンモニアを正確に定量することができるでしょうか

    逆滴定でアンモニアを正確に定量することができるでしょうか アンモニアの物質量は、しばしば、中和滴定によって、計測されます。典型的には、アンモニアを過剰の硫酸水溶液に完全に吸収させ、未反応の硫酸を水酸化ナトリウム水溶液で逆滴定することで、計算するという方法です。 しかし、硫酸水溶液に吸収させたときに生じる硫酸アンモニウムは、加水分解され、一部が硫酸に逆戻りします。この硫酸は、未反応の硫酸と区別がつかないので、水酸化ナトリウム水溶液は、未反応硫酸以上の硫酸を中和してしまい、その結果、アンモニアの物質量が過小に評価される可能性があります。 中和の指示薬として、酸性側に変域色を持つメチルオレンジやメチルレッドを使ったとしても、変域色の偏りが加水分解の結果起きる酸性の度合いにちょうど対応しているという保証はないので、この逆滴定による方法は、精度が低いと思うのですが、いかがでしょうか。

  • 回答No.2

私はよくエッペン分液します。そうすれば数はなんとかなるかも ただ、私は定量に使ったことはないし、あんまり良くない気もします…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

分液ですかね… もっといい方法がある気がしますけど

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

解答ありがとうございます! 分液ですか。。。サンプル数を考えると少し厳しいかな、、、とも思います。 数出来ますかね??

関連するQ&A

  • ホルマリン定量法

    水中のホルマリン定量法であるアセチルアセトン法について質問します。 アセチルアセトン法:ホルムアルデヒドがアセチルアセトン及びアンモニアと反応し、3,5-ジアセチル-1,4-ジヒドロルチジンを生成して黄色に呈色することを利用し、波長410nmにおける吸光度からホルマリン含有量を定量する方法 ですが、アセチルアセトンがホルマリン以外の物質(ホルムアルデヒドと似た構造?)と反応して、黄色物質(波長410nm付近)を生成することはあるのでしょうか?

  • 吸光度について

    β-D-ガラクトシダーゼがo-ニトロフェニルβ-D-ガラクトピラノシドを加水分解し、ガラクトースとo-ニトロフェノールを遊離させ、o-ニトロフェノールを定量することにより酵素活性を求める実験をやるのですが、調べてみると、吸光度をはかるときに280nmでやるときと420nmでやる2通りがあったのですが、どう違うのかが分かりません。 280nmはタンパク質に使われるのは知っているのですが、この実験で使うのか?と疑問です。

  • 酵素反応の進み方(S型リンゴ酸)

    フマル酸ヒトラーゼにより生成するリンゴ酸はすべてS型である。このことは酵素反応がどのように進んでいることを示しているのか説明しないさい。 という問題なのですがこれはS型リンゴ酸が生成するような分極した反応中間体とのみこの酵素が結合し酵素反応が進んでいるという具合でよろしいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • マルターゼ、トリプシンについて(大学受験

    化学の問題集にどうしてもわからない問題があったので質問します。 「ニンヒドリン反応で呈色する物質、加水分解でグルコースをを生じる物質を、それぞれ一覧からえらびなさい」という問題で、 回答には「ニンヒドリン反応で呈色する物質」はリシン、トリプシン、「加水分解でグルコースを生じる物質」は、スクロース、マルータゼと書いてありました。 リシンはアミノ酸だし、スクロースはグルコースからできているから納得できたのですが、トリプシンとマルターゼがどうしてこうなるのかがわかりません。 酵素にはたんぱく質が含まれると聞きましたが、そしたらマルターゼもニンヒドリン反応で呈色するのではないのでしょうか?

  • TCAの除去

    以前にも同様の質問をさせて頂きましたが、その時はジエチルエーテルの除去について伺いました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2299349.html これについては解決しましたが、現在は抽出液中に残留したトリクロロ酢酸(TCA)が酵素反応を阻害している可能性を疑っています。 上記質問内容のコピペですが、以下に実験操作を説明します。 植物組織から解糖系の中間代謝物である糖リン酸を抽出して酵素法で定量 組織を磨砕し、16% (w/v)トリクロロ酢酸(TCA)を含むジエチルエーテルで抽出します。その抽出液に16% (w/v)TCA水溶液を加え、遠心機にかけてからジエチルエーテル相を取り除きます。水相に残留しているTCAを除去するために再びジエチルエーテルを加えて二相に分離させてから取り除くという操作を数回繰り返します。こうして得られた水相を糖リン酸の試料液として酵素法による定量に用います。 抽出液に既知量の標準物質を加えても酵素反応が正常に進行しません。標準物質のみの場合は正常に進行するので、酵素を含めた試薬には問題がないことは確認されています。 -気になる点- 水酸化カリウムまたはトリエタノールアミンを添加して抽出液の中和を行っていますが、その際、もやもやした赤色の物質が生成してしまします(遠心すると沈殿します)。この赤色の物質はスルホサリチル酸水溶液で抽出する別の分析でも観察されますが、いったい何でしょうか? 質問はタイトルどおりですが、抽出液からTCAを取り除くためにはどうしたらよいでしょうか?また、酵素反応を阻害しないようにする方法が別にあれば、教えてください。論文をみるかぎりでは、ジエチルエーテルを使う以外の方法はみつけられませんでした。 よろしくお願いします。

  • 酵素反応における基質阻害について

    ある薬物代謝酵素の酵素活性を測定しています。 いろいろと論文を調べて反応系を組み立てましたが、 基質濃度が50μM以上になると基質阻害が起きてしまいました。 論文のデータによると少なくとも基質が200μMまでは普通にミカエリス・メンテンに従うのですが・・。 基質はDMSOに溶かしており(論文でもDMSO使用とのこと)、酵素反応に用いた基質濃度はそれぞれDMSOで希釈しました。 DMSOの最終濃度は1%に抑えています。 研究が進まなく困っています。 どなたか回答をお願いします。

  • 酵素全活性の表し方

    20mLの培地で培養した菌が 糖質分解酵素を出しています。 上清1mLと基質1mLを混ぜ、 反応体積2mLとして加水分解させました。 1分間に1μmolの還元糖を生成する酵素活性を 1Uとして定義すると、 1U=(還元糖増加量g/L÷単糖分子量mol×反応体積L)    ÷(反応時間min)×10^9 ということになると思うのですが、 『全活性』というものを考えた場合 この酵素活性に培地量の20mLを掛けねばならない と言われました。 培養した全体量としての酵素量を 定義するものだと思うのですが、 これだと量を増やせば良いだけ ということになってしまいますが、 一般的にやられている算出方法なのでしょうか?

  • 呼吸に関わる酵素について

    こんにちは。 酵素に関わる酵素について質問があります。 グルコースからピルビン酸を生成する『解糖系』では、水素が奪われる脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)が作用しています。 また、ピルビン酸から乳酸を生成する『乳酸発酵』では、逆に先の解糖系で奪われた水素が享受されて乳酸になります。 ここで疑問なのですが、 (1)解糖系で水素を奪った脱水素酵素がそのまま作用して乳酸発酵に与かっているのでしょうか? (2)そうであればこの際の水素を渡すという反応は酵素反応なのでしょうか? (3)さらに、その場合の酵素は何と呼んでいるのでしょうか?(具体的な酵素名でなく、「加水分解酵素」のような一般名でもかまいません。) 前文に間違いがあればその部分の指摘を含め、補酵素との関連など解決につながる回答をいただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

  • ニンヒドリン反応について

    ニンヒドリン反応はアミノ酸の呈色反応ですが、タンパク質にニンヒドリンを加えても反応するのはなぜですか? 名前はわかりませんがRuhemann's purpleの色素が生成するため、アミノ酸が呈色するのはわかるのですが、タンパク質はアミド結合のため、アミノが存在せず反応できない気がするのです。 どうしてか教えてください。

  • 酵素について教えてください。

    酵素反応の阻害実験を行い、リン酸緩衝液3ml、NADH2(3.5もl/l)「1.0ml、ウシ心臓由来LDH  以上の混合液にピルビン酸とシュウ酸を加えた時の阻害反応も観察しました。ここでわからないことがあるのですが、ピルビン酸とシュウ酸の阻害反応は、競争阻害でしょうか?非競争阻害でしょうか?おしえてください。おねがいします。