-PR-
解決済み

仕事を紹介する場に 立ち会うべきかどうか

  • すぐに回答を!
  • 質問No.4547096
  • 閲覧数19
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 82% (19/23)

私はフリーランスで働いている者です。
この度 いつも仕事をいただいている企業(A社)が WEB制作関係の人材を探していて、私の学生時代の同級生を紹介することになりました。
仕事を紹介する場に 私が立ち会うべきかどうかで悩んでいるので 相談させてください。

その同級生とは、在学中は話したことがなく、卒業してからたまたま何度か会ったことがある程度の仲です。

A社と同級生は 面識がありません。

今まで私はA社との間に入っていた企業(B社)と仕事の連絡を取り合っていたため、実は私もA社の人に会ったことはありません(A社と私の間に入っていたB社が 先日 契約切れとなったらしく、A社と私が 直接仕事のやり取りをすることになったのです)。
今はA社の方とメールでの連絡をしているだけです

●今まで A社 ⇔ B社 ⇔ 私
●現在  A社 ⇔ 私

紹介すると言っても、同級生が仕事を引き受けるか(A社が同級生に仕事を依頼するか)を決めるのは、A社と 私の同級生が とりあえず話をしてみてから・・・ という段階なのですが。

上記のような状況の場合、同級生とA社が話をする場に、私も立ち会うべきかどうかで悩んでいます。
常識的に考えたら、同級生を紹介する身である私も立ち会うべきなのでしょうか?
それともA社に「私も立ち会ったほうがよろしいでしょうか?」と聞き、A社に判断をゆだねて 良いものなのでしょうか?

私はA社から 片道3時間くらいかかる場所に住んでいるし 旦那の家族と同居していることもあり 今の時点では遠出をするのがちょっと大変な状況なので、正直に言ってしまうと できれば立ち会わずに済んでほしいという気持ちがあります(同級生とかA社には申し訳ないですが)。
ただA社の方には1度は お会いするべきなのかもしれない とも思っています。

「できれば立ち会わずに済ませたいけれど、立ち会わないわけにはいかないかもしれない」
と思って、私はこれからどう動けば良いかわからずにいます。
アドバイスをお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 22% (34/150)

知り合いを知り合いに紹介するのは、意外にたいへんです。立ち会えば両方に対して責任が発生します。
A社がとんでもない会社だったり、同級生が全然使えない人だったりしたら、下手すると双方から恨まれます。
自分は立ち会いはしません。最初の連絡だけ付けて、後は双方で勝手に話してもらいます。
お礼コメント
237175r

お礼率 82% (19/23)

お礼がかなり遅くなり申し訳ございません。
会社と同級生の間で話をしてもらいました。

無事に済みました。
アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2009-06-09 15:09:18
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (2846/6910)

貴方が今後もA社から仕事を受注するのなら
その友人を紹介する以前に担当者に会うべきではないのですか。
人を紹介する事は結構重い話で
その人の評価を貴方に転嫁される場合もあるので
その人の実力を知らないのなら安易に紹介はできないと思います。
A社の担当者と事前に会ってその辺の事情を説明して
直接面接なり採用なりしてもらった方がいいかと思います。
お礼コメント
237175r

お礼率 82% (19/23)

だいぶお礼が遅くなりごめんなさい。
解決しました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-06-09 15:07:53


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ