• 締切済み
  • すぐに回答を!

交通事故 健康保険

交通事故で示談をしましたが、症状固定後は健康保険組合に切り替えて診療を受けていましたところ、症状固定後の治療は対症療法であるとして保険組合から請求書が届きました。 示談の時には、保険を使えば3割の負担で済むということを前提に示談をしたため、保険組合の7割分については賠償金や慰謝料に含めていませんでした(過失は相手が10で、こちらは0です)。 この場合、加害者の保険組合に請求すれば良いと聞いたのですが、具体的にはどのような文面と手段で請求すれば良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数68
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • ADATARA
  • ベストアンサー率43% (583/1345)

かつて自動車保険の仕事をしていた者です。 のような場合は,「第三者行為による傷病届」をご自分の健保組合に出して許可されれば,スムーズに健康保険で3割負担で使えます。その自己負担の3割は加害者側(実際には自賠責保険会社)に請求することになります。残りの7割も加害者側に請求されます。つまり,単価が自由診療料金ではなく,健保単価になるということなんです。示談したそうですが,その治療費負担に関する記載はどうなっていますか?普通は治療が終了してから示談するので,本件のような問題は発生いたしません。少なくとも,加害者側の健保組合は本件に関係ないので支払い義務はありません。それに「第三者行為による傷病届」を出したら,健保組合の了解なしに示談できないことになっていますよ。 加害者側の健保組合は全く関係ありません。示談書をするときは,そういうことを考えてからしないといけないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

保険組合からの返事をそのまま伝えて 相手に請求すれば宜しいかと。 それと示談書の訂正も必要ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 交通事故の自賠責保険から健康保険

    交通事故の自賠責保険から健康保険への切り替えについて教えてください。 1月に車同士の事故にあい、被害者側になり現在通院中です。 健康保険へ切替の書類が送られてきました (1)健康保険組合損害賠償届出書 (2)同意書 (3)念書 (4)事故発生状況報告書 (1)書類の同意書と念書の内容が下記になりますが、サインしていいでしょうか (2)またサインによって何に同意したことになりますか 同意書には 1.負傷治療を行なった医療機関に対し、診療内容を問合せること 2.保険会社に対し、診断書、示談書を請求し、受領すること 3.保険会社が私に対して支払った賠償金の金額を間合せること 4.組合負担分治療費を保険会社に請求する際、該当する診療内容および治療費の明細の情報を保険会社に提供すること 5.組合負担分治療費を加害者に請求する際、私が受診した医療機関名、受診日数、および治療費の明細の情報を加害者に提供すること 6.上記項目以外、組合が賠償金を請求するうえで保険会社より要求される、私の連絡先、住所等の情報を提供すること 念書 1.加害者側と示談を行おうとする場合は必ず前もって貴健康保険組合にその内容を申し出ること 2.加害者側に白紙委任状を渡さないこと 3.加害者側から損害賠償として金品を受けたときは受領の年月日、内容、金額(評価額)を貴健康保険組合に届け出ること。 4,自賠責保険に被害者請求する場合には前もって貴健康保険組合に申し出ること。 5.白賠貴保険の保険金は、貴健康保険組合との損害額の比率により按分することとし、仮に超過して受領した場合は、貴健康保険組合の請求に基づき返還すること。 6.医療費の払い戻しを受けた場合は、貴健康保険組合の請求に基づき返還すること.

  • 交通事故における、健康保険の使用について

    今年、交通事故にあいました。当方の過失はゼロです。 事故の治療は当初、自賠責の金額で自分が払っておりましたが、限度額を超えそうになったため、健康保険適応に切り替えの手続きをしました。 病院から、健康保険組合に連絡をしておいてくださいと言われたので、電話をし、事情を話しました。 健康保険を使う事には問題ないので、郵送する書類に記入して提出してくださいとの事でした。 自賠責保険限度額の120万円を超えた分の治療費は、健康保険組合が当然加害者に請求する事になります。 ただ、加害者はチンピラなので、健康保険組合から請求がいけば逆恨みされるのではないかと心配しています。 当然こちらの住所も知っているので、夜に車のガラスを割られでもしたら、それこそたまったものではありません。 当然、犯人も捕まらない事でしょう。 ここで質問なのですが、書類を提出しなければ健康保険組合から加害者に請求が行く事もないと思いますが、このまま出さなくても済むものでしょうか? もちろん、常識的にはだめでしょうが、毎月高い保険料を支払っているので、通常の病気や怪我のように保険組合が負担してくれるなら、それが一番だと思っています。 どうか、詳しい方のご回答をお待ちしています。

  • 交通事故で怪我。傷病固定後は?

    交通事故で私の人身傷害保険から治療費が支払われています。 3割は損害保険、7割は健保。 損害保険も健保も加害者に治療費請求するかたちです。 先日手術しました。 その後、損害保険会社からTELありました。 「いずれは傷病固定として保険の打ち切りの話をさせていただくことになります」 治療終了(完治)なら問題ないでしょうが、慢性化の場合は痛みが再度出てきた時はどのようにすればよいのでしょうか? 気になっている点は… 今現在は(3割=損害保険、7割=健保)=加害者へ請求ですが、傷病固定後に3割=私、7割=健保となるのでしょうか? (7割健保支払い分は傷病固定後も加害者請求?それとも加害者請求もなくなる?それとも私の実費?) 傷病固定後の私の負担分はどれくらいになるのか知っておきたいのです。 手術をして1つの痛み(症状)は収まったのですが、まだ痛み(症状)が取れていないものもあります。 今すぐの傷病固定にはならないとは言われていますが、いずれはそうなるでしょうから先に知っておきたくて質問させていただきました。

  • 交通事故で健康保険証を使った後…

    交通事故で相手は逃げた、自賠責切れだった。後日、相手は捕まった。 私は事故で怪我をした。病院に今でも通っています。 私の怪我の治療は私が加入していた損害保険の人身障害から補っています。 この保険は、治療費の3割は損害保険会社、7割は私の加入する健保で治療費を賄います。 損害保険会社は治療費の3割と私への保険金(賠償部分)を加害者に請求。 健保は治療費の7割を加害者に請求。 なのですが… 損害保険会社曰く 「加害者は資力なし」との事。 私の治療費3割分と保険金分の請求は通常通りにはならないでしょう。と。訴訟となるかと。と。 私の加入する健保側曰く 「『(加害者が健保負担分)7割を健保に支払います』という誓約書を損害保険会社経由もしくは私が加害者からもらわないと困る。誓約書がないと最悪あなた(私)に7割請求をさせてもらうことになる」と。 もし私に治療費の7割が請求されたら本当に困ります。 こういった場合、私はどうすればよいでしょうか??

  • 交通事故、保険支払いの内訳?

    交通事故で例えば治療費100万だったとします。 被害者は窓口ではらった額は高額療養費限度の8.5万だったとします。 (1)この場合、健康保険組合が加害者(加害者側自動車保険)へ請求するのは 下記のうちA+Bであり加害者(加害者側自動車保険)側の支払いはA+B+Cとなるのでしょうか。 (2)過失割合が効いてくるのは治療総額が120万超えた場合(自賠責範囲を超えた場合)でしょうか? その場合120超の部分のみ聴いてきますか、それとも根っこから過失割合での計算になってきますか? A:健保組合で建て替えた7割負担分の70万 B:被害者の高額療養費超過分21.5万(=3割負担30万ー高額療養費限度8.5万) C:被害者の窓口支払い額8.5万

  • 交通事故による医療費について

     1年前、母が交通事故に遭いました。植物状態で今も入院中です(転院して3つ目の病院)。治療費は入院後早い段階で健康保険に切り替えて、病院からの請求は全て相手方の保険会社に行ってます。そこで質問ですが、(1)損害賠償請求もしくは示談する場合、治療費をどこまで請求するのでしょうか?3割自己負担分でしょうか、それとも健康保険組合負担の7割分も含めてでしょうか。健保はあとから7割分を請求すると思うので、被害者としては3割分請求して支払い済みという扱いでよいのでしょうか。(2)また、症状固定後も自宅では看れないので入院を続けると思いますが、将来の入院費用としても3割部分を請求すればよいのでしょうか。(3)今までの質問は一般の人の場合ですが、私の母の場合もともと障害者で3割負担分も市の障害者医療から支払われていました。その場合の入院費用はどうなるのでしょう。ちなみに3割部分は月平均15万円ぐらいです。高額医療費の絡みもあると思いますが分かる範囲で結構ですのでご回答ください。

  • 共済組合が交通事故の治療費を負担しません

    甥が自動車にひかれて重傷を負い、加害者は逮捕されました。治療費等は、加害者が加入する自動車保険から支払われると考えていましたが、加害者は、任意保険だけでなく、自賠責保険にも加入していないことが分かりました。そのうえ、職に就いておらず、貯金もないので、加害者から治療費等を全額回収することも難しいと分かりました。 仕方がないので、甥が加入する役所の共済組合に治療費の7割を負担してもらい、残りの3割を国の補償事業で補てんしてもらおうと考えました。しかし、役所の共済組合から、加害者が署名押印した「共済組合が負担した治療費について、共済組合からの請求に基づき支払うことを誓約します」と書かれた誓約書の提出がないと、治療費の7割の負担には応じられないと言われました。また、法令などに基づいて、誓約書の提出を求めているのではなく、本来、加害者が支払う治療費を組合が立て替えるだけなので、組合の判断で誓約書の提出を求めていると言われました。 そこで、加害者に、誓約書への署名押印を求めましたが、治療費等がいくらになるか分からないので、誓約書に署名押印ができないと言われました。このため、甥は、多額の治療費を自己負担しています。 ちなみに、役所の共済組合の対応に納得がいかなかったので、私が加入する会社の健康保険組合に聞いたところ、甥と同様のケースの場合、誓約書の提出がなくても、治療費の7割を負担するとのことでした。 法令などに基づかずに、共済組合の判断で誓約書の提出を甥に求めることは、許されることなのでしょうか。

  • 相手が無保険の交通事故で健康保険は使えますか?

    何度も交通事故の件で質問させていただいております。 昨日健康保険組合から健康保険で事故後の治療費を立て替えているので、 いくつもの書類を記入・もらってきて今月中に提出するように書いてありました。 でもよく読んでみると「相手にこちら(組合)から請求する」という旨が書かれてました。 相手の自賠責や保険会社の記入欄もありました。 8月にあった交通事故で過失割合は10:0(当方)なのですが打ち身が寒さと共にひどくなり、 まだ通院しております。 相手が義理の息子さんの車を運転していて任意保険未加入でした。 このように加害者が無保険の場合は健康保険での請求はできるのでしょうか? 私は自分の自賠責と任意保険で治療代を支払うものだと思っていましたが、 その場合は病院に自費でと言って保険会社に請求してもらうものなのでしょうか? 本来保険会社の担当に聞けばよいのですが、 今回の交通事故で脅しにちかいことをされ全く信頼できない人なので こちらが少しでも知識を持ってないとまた騙されそうです。 (どうも加害者の肩を持ち、人身事故にしたかったのに「相手には物損ですますと約束した」 「嫌がらせを受ける場合がある」など脅され物損で示談にしてしまいました) どうか加害者が無保険だった場合の治療費の請求について教えて下さい。 ネットで調べても相手が無保険という例がないので・・・ よろしくお願いします。

  • 交通事故などで健康保険証を使えるのでしょうか?

    交通事故などで他人からけがをさせられた場合、ある企業の健康保険組合のホームページを見ると、「第三者行為による傷病届出」を提出すれば、健康保険証を治療に使えると記載されていますが、別の企業の健康保険組合のホームページを見ると、「第三者行為による傷病届出」と加害者から徴した「誓約書」を提出すれば、健康保険証を治療に使えると記載されています。 「損害賠償申告書」は、加害者の住所と氏名、被害の状況を自分で記載すればよいので、提出できますが、「誓約書」は、健康保険組合が立て替える治療費を弁済することを加害者に誓約させなければならないため、加害者が自動車保険に加入しておらず、資力もなければ、加害者から徴するのは難しいと思います。 交通事故などで他人からけがをさせられた場合、加害者から徴した「承諾書」を提出しなくても、健康保険証を治療に使えるのでしょうか? それとも、加害者から徴した「承諾書」を提出しなければ、健康保険証を治療に使えないのでしょうか?

  • 交通事故の自賠責保険への請求について

    横断歩道を歩行中に、車に接触される人身事故に遭いました。 相手方は任意保険に加入しておらず、自賠責保険への賠償金の申請が必要になる模様です。 過失については相手10対0当方となっております。 医療機関への通院についてですが、幸い大きなケガはありませんでしたが、当初は接触部の右足と、転倒時にひねった腰に違和感がありましたが、足のみの受信としました。 幸い足の痛みは消えてきましたが、腰の方は痛みが消えず、初めて受信した4日後に再度整形外科を受診しています。 また、別のケガで整骨院に通っており、事故後に受診した際に親身に話を聞いてくれ、事故の治療も整骨院でしてくれるとの事なので、整形外科には行かず、整骨院に通院しようかと検討中です。 そこで質問ですが、 自賠責保険への請求で、加害者請求をする場合、ケガが完治し示談が成立した時点で加害者が自賠責保険へ請求を行うだけで良いのでしょうか。  被害者請求などの場合、面倒な事が多いため、通院費用(整形外科は第三者行為請求の為、健康保険を利用しています。整骨院は交通事故で自由診療になるかと思いますので、窓口での当方への費用請求はありません)や慰謝料等は直接示談書に記載の上、当方から加害者へ請求し、その金額の了解を取った上で、加害者が当方へ慰謝料を含めた賠償金の支払い。  当方で賠償金の領収書を発行し、それを元に加害者が自賠責保険へ保険金の請求をする。 (その際に100%自賠責保険の適用で支払われるかは不明。) といった解釈で宜しいのでしょうか。 当初、被害者請求をするつもりでしたが、整形外科と整骨院の両方を受診しており、必要書類や手続きの煩雑さが面倒になってきた事、また治療に必要な回数通院をした所で、その100%が自賠責保険から支払われるとは言い切れない。との説明を聞き、不安になっています。 加害者が治療費を含めた全ての賠償金を支払ってくれるとの事なので、それに甘えて賠償金を支払って頂き、加害者から自賠責保険への請求をしてもらう方法が一番良い方法になるのでしょうか。 相手の自賠責保険の担当者からは慰謝料の請求は加害者からはできないと言われましたが、それは本当でしょうか。