• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

物理ですが、 力学

質量0.01kgの球が、5m/sの速度で壁に垂直に当たり、5m/sの速度で垂直に跳ね返っていく 衝突による運動量の変化はいくつか 球が1分で600個の割合で壁に衝突するとすると、壁の受ける平均の力はいくらか 最初の問題って0.01(5-5)で0じゃないんですか? 質量2kgの木片が吊るされており、この木片の中止めがけて300m/sの速度で飛んでいる10gの弾丸が打ち込まれて木片の中でとまった。 木片の動き出す速さはいくらになるか 質量0.20kgの物体について、以下の場合の仕事をJで答えろ この物体を水平方向に1.2m動かしたとき、水平方向に加えた19.6Nの力がした仕事と重力がした仕事を求めよ この物体が1.2m自由落下したときの重力がした仕事 この物体をゆっくり真上に1.2m引き上げる時、重力がした仕事 ちなみに答えは 0.01kgm/s 1N 1.49m/s 23.5J 重力がした仕事0 2.35J -2.35J って書いてあるんですが‥ 解説がほしいです

noname#127615

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数380
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#7です。 補足に >これってmv´-mv=FΔtですか? と書かれています。 #3の補足には >時間×力でも力積出ますよね mv´-mv(運動量変化)でも力積出ますよね 力積って一体どれだけ公式あるんですか? という文章があります。 #7で説明したと思うのですが理解していただいていないようですね。 もう一度繰り返します。 運動量の変化=力積 力が働くと速度が変わります。衝突が起こると速度が変わりますから力が働いています。接触の最初から接触がなくなるまでずっとです。その力は一定ではありません。衝突の途中で変わります。その力の積み重ねで速度変化が起こるので「力積」と書いています。「積」は積み重ねの意味です。積分と考えてもらっても同じです。(積分の記号を使って表すと∫Fdtです。) 力積の大きさは速度変化から分かります。 力Fは一定でないのですから分かりません。 ただ衝突時間(接触時間)が分かっていると平均の力を出すことは出来ます。それが#7に書いた 力積=平均の力×衝突時間 です。 公式がいくつもあるのではありません。 あなたの書いた式の中のFは平均の力です。衝突の途中ではこのFよりももっと大きな力が働いているはずです。 この問題では一回の衝突の衝突時間は与えられていません。だから一回の衝突の平均の力も分かりません。(mv´-mv=FΔt の式のFもΔtも分からないのです。分かっているのはFΔtの全体なのです。それが左辺です。) 1分間に600回の衝突が起こったということが分かっています。1回当たり0.1秒です。でも一回の衝突に必要な時間はこれよりもずっと短いでしょう。衝突の起こっているときは力が働きますが衝突と衝突の間では力は働きません。 したがって600回分の力積を60秒で割って得られた平均は力の働いているときも働いていないときも合わせた平均です。#7で自動車の平均速度(信号で止まっている時も含めた平均)と同じだと書いたものです。 気体の圧力を考える時は分子の衝突が短い時間間隔で次々と起こります。観測される圧力は分子が壁に当たっている時、当たっていない時を含めた平均になっているだろうというのは気体分子運動論での考え方です。2体の衝突を習っただけでは分からないことです。その考え方を踏まえていますのでいきなり問うのは無理な問題ではないだろうかと書いたのです。どういう意味での平均かが分かるようなヒントになる言葉が必要だと思います。 あなたはFもΔtも分からないということで行き詰ったのではないですか。もしこのFが分かるのであれば1回でも600回での平均でも同じだということになります。だから分けが分からなくなったのではないですか。 回答にある1.0Nという力の大きさは一回の衝突での平均の力よりもかなり小さいはずですね。 部屋の中の空気の分子が1cm^2の断面にぶつかる回数が1秒間でどれくらいになるかを見積もってみるといいかもしれません。分子の速さは空気中を伝わる音速よりも少し速い値で考えるといいでしょう。秒速400mとしましょう。1モルでほぼ22.4Lですから密度は分かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 物理の力積とか

    速さ15m/sでx軸の負の向きに水平に(x軸に平行に)飛ぶ質量100gのボールをバットで水平に打ったところ、30m/sの速さで水平に、x軸の正の向きに飛び去った 1 このときのバットがボールに与えた力積を求めよ 0.1(30-(-15))=4.5らしいですが、なぜこの式がバットがボールに与えた力積となるんですか。もしかしたらボールがバットに与えた力積かもしれないですし 静止している質量0.10kgのボールに5Nsの力積を与えると、ボールはどれだけの速度で進んでいくか 0.10(x-0)=5 これはこれでいいんですか? それで50m/sっていう答えで答えは一致します 一直線上を運動している質量5kgの物体を速度を10m/sから-4m/sにするためには、どれだけの力積を加えるとよいか 5(-4-10)=-70で-70Nsになるはずなのに 答え見るとなぜか-消えて普通に70Nsなんですよね 質量0.01kgの球が、5m/sの速度で壁に垂直に当たり、5m/sの速度で垂直に跳ね返っていく 衝突による運動量の変化はいくつか これって0.01(-5-5)だから-1kgm/sじゃないんですか? なぜか1kgm/sになってますが 質量2kgの木片が吊るされており、この木片の中止めがけて300m/sの速度で飛んでいる10gの弾丸が打ち込まれて木片の中でとまった。 木片の動き出す速さはいくらになるか 2×0+0.01×300=2×x+0.01×0 でx=1.5なはずがなぜか1.49になってるんですよね 何でこうなるかわかりません

  • 物理問題解説

    物理をとらなければならなくなって奮闘している文系です。 次の問題の解説を、出来る限り詳しくお願いします。 この問題全部では六問あって、質問させて頂いてるのは最後の2問です。 最初の4問は加えた力がした仕事、重力がした仕事、垂直抗力がした仕事、動摩擦力がした仕事で、そちらはなんとか解けそうです。 粗い面上で質量4[kg]物体に、水平と30°の方向に60[N]の力を与えて一定の速度で3[m]移動させた。 5)物体に働く力の合力がした仕事はいくらか。 6)物体が0.60[m/s]で移動したとすると、加えた力の仕事率はいくらか。 よろしくお願いします。

  • 高校物理、保存則の応用

    (問題) 滑らかな水平面と曲面をもつ質量Mの台が静止している。質量mの球Pが速さv0で台に飛び乗ってきた。Pが最も高い位置に来た時の台の速さVを求めよ。また、Pが上がった高さhを求めよ。 (疑問) 台、球には図のように、赤:球への重力、緑:台の球に対する垂直抗力、青:球が台を押す力、台への重力がかかっています。 鉛直方向には外力である、重力が掛かっているから、運動量保存則は使えない、水平面しか使えないことはわかるのですが、問題集の解答で、「最高点に来た時、速度は水平方向になる(分解して考える必要はない)」とあるのですが、なぜ、水平方向に速度が発生するとわかるのでしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

>時間×力でも力積出ますよね 2つの物体の衝突では 運動量の変化=力積 という関係を考えます。この力積は衝突開始から衝突の終わりまでの力の積み重ねです。力の大きさは衝突の途中で変わります。0から始まって最大値をとりまた0になるはずです。この力がいくらであるかは分かりません。ただ衝突の時間が分かっていると平均の力が分かります。運動量の変化から分かるのは力積だけです。 力積=平均の力×衝突の持続時間 になります。 今の場合はいくつかの球が壁に当たる場合です。 球1つが壁に当たった時に壁の受ける力はいくらかという問には答えることが出来ません。衝突時間が与えられていないので求めることが出来ないのです。 問題は「1分間に600個当たった時の平均の力を求めよ」となっています。 この平均の意味は2つ考えられます。 (1)一回の衝突での平均の力の600回分の平均(回数による平均) (2)球が衝突している時と衝突していない時を1分間均して考えた時の平均の力(断続的な衝突での平均の力・・・時間平均) 多分、質問者様は(1)、(2)でこんがらがっていると思います。 力積を習っただけであれば(1)だと思う可能性が大きいです。 でも(1)は求めることが出来ません。 (2)であるというのが分かるのは気体分子運動論のモデルを踏まえているという場合です。壁にかかる力を圧力であると考えると小球の断続的な衝突を時間で平均するというのが出てきます。(気体の圧力の場合は衝突の位置の違いによる平均も入っています。時間で考えても不連続ですが場所で考えても不連続なんです。) 問題文も今までの回答者様も気体分子運動論で考えている圧力につながる平均の力を考えているというのを前提にしています。でも衝突の所の問題でそれを前提として説明なしというのはよくないです。おまけに小球の質量が10gです。ビー球、パチンコ玉をたくさん当てるというイメージです。 平均の速さの問題にも似たような場面が出てきます。 何回かに分けて走ったり止まったりしている場合です。 (1)走っている時だけの平均    陸上の練習などでトラックを走るのを繰り返している場合です。    この平均は1回目、2回目、・・・と回数で平均しています。 (2)止まっている時も含めた平均    自動車でどこかに旅行する時の平均の速さ。    走っている時の速さが速くても信号で止まったり、渋滞にひっかかったりすると平均の速さは小さくなります。これは全区間の距離を時間で割った平均です。 御質問の文章では衝突回数が600回ということで(1)の試行回数と同じ量が与えられているとも思えるし、1分間ということで(2)と同じ量が与えられているとも思えるのです。 ちょっと高校生には不親切な問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

多分、質問者様は(1)、(2)でこんがらがっていると思います。 力積を習っただけであれば(1)だと思う可能性が大きいです。 でも(1)は求めることが出来ません。 >運動量の変化とかもやりました。仕事とかも 2つの物体の衝突では 運動量の変化=力積 という関係を考えます。 >これってmv´-mv=FΔtですか?

  • 回答No.6
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

>>>これは物が2つあるから運動量保存が使えるんですね >>>木片と弾丸っていう2つがあります ん? どういう意味なのでしょうか? 「これは物が2つあるから運動量保存が使えるんですね」に対して、YesかNoで答えよ、ということであれば、 1つでも2つでも3つでも・・・1万個・・・でも使えますから、まーYesといえばYesだし、NoといえばNoです。 衝突後は木片と弾丸が合体していますから、 衝突前の弾丸の運動量 + 衝突前の木片の運動量 = 合体したものの運動量 つまり、 2個の運動量の合計 = 1個の運動量 という考え方もできます。 合体したものの質量は、m+M なので、 mv0 + 0 = (m+M)V となりますが、 結局さっきと同じ式になります。 考え方を変えても全く同じ答えが出るところは、物理と数学の共通点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

>>> v0: 衝突前の弾丸の速度(=300m/s) って書いてましたが、v0が 衝突前の木片ってやってはダメなんですか? それでもいいんですけど、 私が木片の速度をV0、V にしたのには理由があります。 まず、 2つの物体の質量を文字で表すとき、 重いほうをM、軽いほうをmと書く習慣があります。 私だけがそうしているのではなく、たくさんの人がそうしています。 たとえば、下記の例では、地球の質量をM、リンゴの質量をmと表しています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E6%9C%89%E5%BC%95%E5%8A%9B そして、 Mの速度を v0、v mの速度を V0、V と表すのでは、大文字・小文字の関係がちぐはぐで、わかりにくいです。 ですから、 Mの速度を V0、V mの速度を v0、v としたのです。 m1、m2 と書くよりも、M、m と書くほうが、式の意味がわかりやすいですから、私は好んで、そう書いています。 ついでに一言。 添え字としてゼロをつけた場合には、初期の値を表していることにする、 という習慣があります。 ですから、衝突前の速度を v0、V0 と表しました。 これも、式をわかりやすくする、ちょっとした工夫です。 以上のことは、覚えておいて、常にそう書く習慣にしておくといいですよ。 間違いの防止にもなるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

これは物が2つあるから運動量保存が使えるんですね 木片と弾丸っていう2つがあります

  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

へいっ まいどっ  ^^ >>> >質量2kgの木片が吊るされており、この木片の中止めがけて300m/sの速度で飛んでいる10gの弾丸が打ち込まれて木片の中でとまった。 >木片の動き出す速さはいくらになるか 運動量保存の法則ですが、 いまいちわかりません m1v1´+m2v2´=m1v1+m2v2 mとかvとか´とかがわかりません mは質量、vは速度、 そして、質量がm、速度がvであるときの運動量が mv です。 ・・・教科書どおりですね。 ダッシュ記号(’)は、趣味の世界なので、お好きなように。 私だったら、こういう記号が好みです。 m: 弾丸の質量(=0.01kg) M: 木片の質量(=2kg) v0: 衝突前の弾丸の速度(=300m/s) V0: 衝突前の木片の速度(=0m/s) v: 衝突後の弾丸の速度 V: 衝突後の木片の速度(=v) 衝突前の運動量の合計 = mv0 + MV0 衝突後の運動量の合計 = mv + MV 運動量保存の法則より、衝突前後の運動量の合計は等しいので、 mv0 + MV0 = mv + MV 何のことないっしょ? V0=0 であり、 また、 衝突後は弾丸と木片は一体なので、v=V よって、 mv0 + 0 = mV + MV  ↓ mv0 = (m+M)V よって、 V = mv0/(m+M)  = 0.01×300/(0.01+2)  = 1.49 というわけで、まとめますと、 ビフォー mv0 + MV0 アフター mv + MV 運動量保存  mv0 + MV0 = mv + MV です。 衝突前の進行方向と衝突後の進行方向が直線上にある場合は、 このように、超簡単です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

v0: 衝突前の弾丸の速度(=300m/s) って書いてましたが、v0が 衝突前の木片ってやってはダメなんですか?

  • 回答No.3

>壁の受ける平均の力 = 全力積/時間 = 全運動量変化/時間 = 600*0.1/60 = 1[N] >なんで分母って60にするんですか? 問題文が「球が1分で600個の割合で壁に衝突するとすると、壁の受ける平均の力はいくらか」となっていますね。この「1分で」の意味は「1分間で平均する」という意味ですが、1分=60秒なのでそれを分母にする必要があります。力積は力x持続時間なので、力積の合計を与えられた時間範囲で割れば、その時間範囲での平均の力になります。これは[N・s]÷[s] = [N] という単位の関係を見てもわかりますね。 一般に単位の関係式を眺めれば物理法則が理解しやすくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

わかりました そういうことでしたか 一つ前のことの疑問なんですが 時間×力でも力積出ますよね mv´-mv(運動量変化)でも力積出ますよね 力積って一体どれだけ公式あるんですか?

  • 回答No.2

>質量0.01kgの球が、5m/sの速度で壁に垂直に当たり、5m/sの速度で垂直に跳ね返っていく >衝突による運動量の変化はいくつか 運動量の変化 = 0.01*5 - 0.01*(-5) = 0.01*5 + 0.01*5 = 0.01*10 = 0.1 >球が1分で600個の割合で壁に衝突するとすると、壁の受ける平均の力はいくらか 壁の受ける平均の力 = 全力積/時間 = 全運動量変化/時間 = 600*0.1/60 = 1[N] >質量2kgの木片が吊るされており、この木片の中止めがけて300m/sの速度で飛んでいる10gの弾丸が打ち込まれて木片の中でとまった。 >木片の動き出す速さはいくらになるか 木片の動き出す速さを v' とするとき、運動量の保存則より (2+0.01)*v' = 2*0 + 300*0.01 が成り立つ。これより v' = 3/2.01 ≒ 1.49[m/s] >質量0.20kgの物体について、以下の場合の仕事をJで答えろ >この物体を水平方向に1.2m動かしたとき、水平方向に加えた19.6Nの力がした仕事と重力がした仕事を求めよ 水平方向に加えた19.6Nの力がした仕事 = 力x移動距離 = 19.6*1.2 = 23.52[J] 重力方向の移動距離はゼロなので重力がした仕事 = 0[J]  >この物体が1.2m自由落下したときの重力がした仕事 重力 = m・g = 0.2*9.8 なので重力がした仕事 = 0.2*9.8*1.2 = 2.352[J] >この物体をゆっくり真上に1.2m引き上げる時、重力がした仕事 重力 = m・g = 0.2*9.8 移動方向が重力の方向と逆なので重力がした仕事 = -0.2*9.8*1.2 = -2.352[J]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

壁の受ける平均の力 = 全力積/時間 = 全運動量変化/時間 = 600*0.1/60 = 1[N] なんで分母って60にするんですか?

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

お こんばんは。今度は物理ですか。 >>> 質量0.01kgの球が、5m/sの速度で壁に垂直に当たり、5m/sの速度で垂直に跳ね返っていく 衝突による運動量の変化はいくつか 最初の問題って0.01(5-5)で0じゃないんですか? 運動量は、大きさだけではなく、大きさと方向で一組になっているものです。(つまり、ベクトルです。) 壁に垂直に向かう方向を正とすれば、 当初の運動量は、0.01×5 跳ね返った後は、-0.01×5 運動量の変化は、 -0.01×5 - 0.01×5 = -0.1 跳ね返る方向を正とすれば、 当初の運動量は、-0.01×5 跳ね返った後は、0.01×5 運動量の変化は、 0.01×5 - (-0.01×5) = 0.1 そのほかの問題については丸投げになっちゃっているので、お答えできません。 途中まででも頑張ってみて、どこでつまづいたかを補足してみては。 以上、ご参考になりましたら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>質量2kgの木片が吊るされており、この木片の中止めがけて300m/sの速度で飛んでいる10gの弾丸が打ち込まれて木片の中でとまった。 >木片の動き出す速さはいくらになるか 運動量保存の法則ですが、 いまいちわかりません m1v1´+m2v2´=m1v1+m2v2 mとかvとか´とかがわかりません

関連するQ&A

  • 物理の問題

    物理の問題なのですが、答えがなく勉強にならないので分かる方、答えを教えて下さい。 傾きの角が30°の滑らかな斜面に沿って、質量50kgの物体を2.0m引き上げるとき、 (1) 引き上げる人が物体にした仕事はいくらか (2) 垂直抗力が物体にした仕事はいくらか (3) 重力が物体にした仕事はいくらか 回答よろしくお願いします

  • センター物理の力学の問題

    駿台のセンター模試で こんな問題がありました。 図のように水平な床の上に質量Mの台を置き、 台の上端から質量mの小球を静かに離したところ 小球は斜面を滑り降り、台の下端に達した。 下端から測った上端の高さはh 重力加速度はg 小球が上端から下端に達するまでの間に 大から小球にはたらく垂直抗力がした仕事Wを表す式として正しいものを選べ。 という問題があり 答えは W = 1/2mv^2 - mgh でした。 でももともと位置エネルギーmghを持っていて それが最終的に運動エネルギーと垂直抗力の仕事になって mgh = W + 1/2mv^2 と思ったのですが どこが違うのでしょうか だいぶ致命的なミスだということはわかってて悩んでます よろしくおねがいします。

  • 高校物理(力学)の問題です。

    以下の問題です。解答がなく、困っています。 「高さ0.9mの机の端の点Sから質量1.0kgの小球Aを水平方向に投げ出したら、Sの真下の床の点Oから1.5mの点Pに落ちた。次にSに質量0.20kgの小球Bをおき、Aを、OPを含む鉛直面内の机の上の1点TからBに向けてはじめと同じ速度で滑らせたら、AはBをはねとばし、AとBは同時に床に落ちた。OPをx軸とし、これに垂直で水平面内に並行なy軸を取った時、Bの落下点Qの座標はx=0.48m、y=0.36mであった。Aの落下点Rのx,y座標を求めよ。」 0.9m=h、1.5m=lとおきました。 Aの初速度V0=l√(g/2h)まではOKと思いますが、 後半ABを衝突させてからの状況がそもそもよくわかりません。 Sから少し横にずれたところにAをおいて、Bをはじくんですよね。 でも「OPを含む鉛直面内の机の上の1点Tから」という表現がよくわからないし、 「OPに垂直で,水平面内に並行なy軸・・」? 水平面内に並行というのは、図の中の床面に並行な、ということですよね? OPを含み紙面と直行する面がxy座標ということですよね・・? SOをz軸として、xyz軸で考えるということでしょうか? 運動量保存則を使うと思うのですが... AをTS方向からBにぶつけてなぜBが横に反れた軌道を描くのか...?? 混乱してしまいました。 根本的な勘違いなどしているかもしれないのですが、 どなたかご教授いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。

  • 物理 力学的エネルギーの問題

    問16、ばねに0.20kgの物体をつり下げて静止させたところ、自然長からの伸びは5.0cmであった。次の問いに答えよ。ただし重力加速度を9.8m/s^2とする。                      (1)、静止した位置で物体がもつ弾性力による位置エネルギーを求めよ。                (2)、このばねから物体を外し、ばねをなめらかで水平な床の上においた。質量0.20kgの物体が    速さ2.0m/sでばねに衝突すると、ばねは最大何cm縮むか。                      この問題の解説を途中式を含め丁寧に教えてもらえるとありがたいです。

  • 物理 重力 問題

    床の上に置いてある質量5(kg)の物体を水平方向で大きさ4(N)の力で物体を引っ張って物体を動かす。物体と床の間には摩擦はない。重力による加速度の大きさを9.8(m/s^2)として、以下の問に答えなさい。 (1)重力の大きさを答えなさい。 w=mgより w=5(kg)×9.8(m/s^2) w=49N (2)垂直抗力の大きさを答えなさい。 N=mg N=5(kg)×9.8(N) N=49N (3)物体は地面に平行にしか動かないので、この後はX軸方向の運動だけを考える。 物体の運動方程式から、X軸方向の加速度の求めなさい。 (4)時刻t=0(s)のとき、物体がx=0(s)のとき、物体がX=0(m)の位置で静止していたとして、時刻tのときのX軸方向の速度v(t)と位置x(t)を表す式を求めなさい。 (3)と(4)の解き方がよく分からないので教えてください。

  • 物理の問題について

    質量mの物体が摩擦のない床の上を一定速度v0で剛体壁に向かって水平に運動し、 剛体壁に衝突する際に以下の緩衝を行う場合を考える。 物体は剛体、緩衝は質量が無視できる剛体板を介して行い、衝突後の剛体板は 水平方向のみ移動するものとする。 剛体壁と剛体板の間がばね定数kのばねと減衰力がcx’のダンパーが並列に 取り付けられています。またxは物体の移動距離。 運動する物体に作用する力が常に一定値W0となるとき、剛体板に衝突した瞬間から 時間tを計測し、その時点からの物体の移動距離をxとする。 そのとき、xは x=v0t-(W0/2m)t^2 と表せられます。 次に物体が受ける力が一定となるには次式を満たす必要があることを示せ。 というのが問題です。 k-2cW0/m=0 どうしても上のような答えにはなりません。 どうしたら導けるのでしょうか。教えてください。

  • 高校物理にて、まとめなんですが、2物体の衝突です。

    以下のような問題にて、「2物体が衝突する」という事は常に「2物体のy軸方向の初速度と"質量"が同じ。」でないといけないという事でいいですか? 画像の図のように水平面上に、ある距離だけはなれて二点P、Qがある。 今、Pから仰角60°の方向に初速度v0で小物体Aを投げると同時に、Qからある初速度で仰角30°の方向に小物体Bを投げたところ、AとBはそれぞれの最高点Rで衝突した。 重力加速度の大きさをgとし、以上の運動は同一鉛直面内で行われているものとする。 空気の抵抗は無視できるものとして、次の問を答えよ。 (2)Bの初速度の大きさはAの何倍か求めよ。

  • 物理の問題です

    閲覧ありがとうございます。 いくら考えてもどうしても分からない問題です。なので解説と答えをお願いします。 (1)1.4m/sで右向きに運動していた質量2.6Kgの物体が一様に減速し始め、2.8m移動したところで止まった。物体が受けていた力の大きさFと向きを求めよ。 (2)36km/hの速さで走っていたトラックが急ブレーキをかけて一定の割合で減速し、10mすべって止まった。車輪と地面との間の動摩擦係数μを求めよ。重力加速度の大きさは9.8m/sとする。 (3)水平で滑らかな床に、小球が床面と60°の角をなす方向から衝突し、45°の角をなる方向にはねかえった。小球と床の間の反発係数を求めよ。 (4)一直線上を反対の向きに進む小球A(質量0.050kg 速さ3.0m/s)と小球B(質量0.10kg 速さ2.0m/s)が衝突した後の速さV1、V2(m/s)をそれぞれ求めよ。2球の間の反発係数は0.80とする。 (5)振幅0.50m 周期2.0秒で単振動している物体がある  (ア)物体の速度の大きさVmaxは何m/sか  (イ)物体の加速度の大きさamaxは何m/s^2か 大変だと思いますが、宜しくお願いします。 

  • 高校物理の問題です

    こんにちは。 あさってテストで勉強しているのですが、分からない問題があるので教えていただきたいです。 【問題】 図のように、傾きの角θのなめらかな斜面上に質量mの物体を置き、物体に水平方向の力Fを加えて静止させた。重力加速度はgであるとする。 (1) Fの大きさを求めよ。 (2) 物体が斜面から受ける垂直抗力の大きさを求めよ。 という問題なのですが、どうやってとけばいいのか答えを見てもさっぱりわかりません。 なので、できるだけわかりやすく教えていただけたら幸いです。 ご回答よろしくお願いします。

  • 回答がわかりません。物理の問題なのですが・・・。

    問題集の問題なのですが、解答をなくしてしまい、答え・解説がわかりません。。。 解説・回答をお願いしたいのです。 1. 質量m1とm2の物体が、衝突の直前にv1、v2の速度を持ち、衝突により合体した。衝突後の速度はいくらか求めよ。また、衝突により失われたエネルギーを求めよ。 2. 質量m1、m2、m3の3つの滑らかな球A、B、Cが一直線上にある。球Aにvの速度を与えて球Bに衝突させ、更に球Bが球Cに衝突した。全てが衝突したあとの、それぞれの球の速度を求めよ。但し、AB間、BC間のはねかえり係数をe1、e2とする。 よろしくおねがいします。