• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コロイド溶液

学校で水酸化鉄(3)のコロイド溶液をつくり、その性質を調べる実験で、 水酸化鉄(3)のコロイド溶液をセロハン袋に入れ、 50℃の純水中につるして、しばらく放置しました。 セロハン袋中の液を試験管3本に5mlずつとって、 各試験管に、それぞれ塩化ナトリウム、塩化カルシウム、硫酸ナトリウムの各水溶液を2mlずつ加えて放置し、その変化を見ました。 結果は、塩化ナトリウムと塩化カルシウムを加えたときは変化なしで、硫酸ナトリウムを加えたときは白く濁りました。 この結果から、水酸化鉄(3)のコロイド粒子が帯びている電荷の種類と、その理由を考えなければならないのですがわかりません。 教えてください。おねがいします。

noname#2980

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3914
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • unyo12
  • ベストアンサー率58% (47/81)

高校の化学(1)Bの実験だという前提で話を進めさせていただきます。  ※この回答では価数を、かっこでくくって表します。  この課題は、試薬(電解質)の価数がキーポイントです。 <実験結果> 塩化ナトリウム:NaCl   1価の酸Na(+)と1価の塩基Cl(-)  →変化なし 塩化カルシウム:CaCl2   2価の酸Ca(2+)と1価の塩基Cl(-) →変化なし 硫酸ナトリウム:Na2SO4   1価の酸Na(+)と2価の塩基SO4(2-)  →白濁 ここで、 「コロイド粒子はその表面電荷で互いに反発し合っているから沈殿しない」 っていうのはなんとなくわかりまよね? ここに電解質を加えてコロイド粒子と反対符号の電荷のイオンを増やすと、 その表面電荷を打ち消してしまうため、コロイドは沈殿します (凝析とか塩析として紹介されていると思います)。 その打ち消す力は、反対符号の、電荷の価数が大きいイオンほど強いです。  「コロイド粒子と反対符号の電荷の価数の大きいイオンほど、   コロイド粒子を粒子を凝析させる力が強い」 という感じのことが教科書に書いてあると思いますので見てみて下さい。  このことが分かれば、今回の実験結果でコロイド粒子が凝析された(白濁した)電解質の種類が理由となり、水酸化鉄(3)のコロイド粒子が帯びている電荷の種類が分かると思います!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 分かりやすくて、大変助かりました。

関連するQ&A

  • コロイドについて

    二本の試験管に水酸化鉄((3))コロイド溶液を3mlずつとり、一方にはゼラチン溶液2ml、他方には純水2mlを加えて振り混ぜる。さらに両方に硫化ナトリウム水溶液を5滴ずつ加える。 という実験で『ゼラチンはどういう作用をしているか?』という問いなのですが、実験結果ではゼラチン溶液の方は変化せず、純水の方は濁りました。よく分かりません。おしえてください。

  • コロイドの性質

    コロイド溶液の性質を調べる実験で 透析チューブに水酸化鉄((3))のコロイド溶液を入れ、 それを純粋の入ったビーカーに入れる。(透析) 次にそのビーカーの水を試験管にとってヘキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液を 2~3滴加え、その結果試験管内の水溶液はどうなるか? というものだったのですが結果は緑色に変色しました。 これは一体なんでなんでしょうか? あとへキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液とは 一体どのようのものなのでしょうか? 教えてください

  • 水酸化鉄(III)のコロイド溶液の作り方についての質問です。

    水酸化鉄(III)のコロイド溶液の作り方についての質問です。 先日、学校の化学の実験で水酸化鉄(III)のコロイド溶液の実験をしました。 参考書や資料集などに沸騰させた純水に塩化鉄(III)水溶液を少しずつ加えると記されていますが、なぜ少しずつ加えなければならないのですか? (ちなみに私は全部で合計3ml加えるのに一度で1mlずつぐらい加えてしまい、コロイド溶液ができず、ただ塩化鉄(III)水溶液が薄まっただけのものが出来てしまいました。そのあとで実験をやり直して一滴ずつ加えたら成功しました。) あと、なぜ純水を沸騰させなければならないのですか?? 誰か分かる方教えて下さい。お願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

 #1 さんの回答が正しいと思いますが,下記のページは参考になりませんか。   ◎ 高等学校_化学_テキスト  「化学 Ib」の「第3章混合物の性質」の「3.5 コロイド」を御覧下さい。

参考URL:
http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 とても参考になりました。

  • 回答No.2
noname#21649

学年が分からないので.私の趣味で。 すいさん化鉄の界面状態がFe(OH)nですから.OHリッチとなり.電化はマイナス。 ぜーたー電位の関係で Na-<<Ca2+ Cl-<<SO42- これで.答えがかけるでしょう。界面科学はコロイド化学の最初の50ページも読めばわかるでしょう。 セーター電位関係は.化学便覧の界面どうでん現象あたりに書いてあるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 もう一回教科書ちゃんと読んでみます。

関連するQ&A

  • コロイドと浸透圧の分野の矛盾・・・?!

    浸透圧を学校でならったとき U字官に 半透膜で 片方に純溶媒 もう片方に溶液を入れて 放置すると、 純溶媒側の 分子が 溶液側に浸透して 液面の高さが高くなるやらなんやらってのを 学びました。 で次の時間には コロイドをやりました。 透析を学んだんですけど、「セロハン袋にコロイド溶液を入れて 水中に浸しておくと 小さな分子や イオンは袋の外の水中に出て行き コロイド粒子は袋の溶液中に残る。」(啓林館化学II) ってありました。 んでここで質問です。 浸透圧のときには 純溶媒側の分子が 溶液のほうに 入っていったんですよね? なのにどうして コロイドのときには 外側の溶媒分子は 半透膜の中に入っていかずに 溶液側の 分子が外に出てくるんですか? そこが矛盾している気がしてすっきりしません どなたかお願いします

  • 電解質の水溶液 凝析について

    次の(1)~(5)の水溶液(電解質)のうち (1)塩化ナトリウム (2)塩化マグネシウム (3)硝酸アルミニウム (4)硫酸ナトリウム (5)硝酸カリウム 硫化ヒ素のコロイド溶液を最も薄いモル濃度で凝析の現象が見られるのはどれでしょうか? 答えには(3)とあるのですが、どうやって考えればいいのでしょうか?

  • 塩化鉄の透析でのPH低下

    高校化学の範囲での質問です。 よろしければ、塩化鉄のコロイド溶液を透析した際、外液のPHが低下する理由を教えてください。 (1)塩化鉄から水酸化鉄を生じ、水のイオン積を一定に保つため、水素イオン濃度が増す (2)塩化物イオンから、塩酸を生じる など。 分かりやすい理由として、どのような事が起こっているのでしょうか? また、水酸化鉄コロイドの透析外液の場合には、単純に水酸化物イオン濃度が増すためPHは上昇すると考えてよいのでしょうか?

  • 教えてください

    こんばんは。実験結果についてのプリントなのですが、説明になんと書けばよいのかわかりません^-^;。教えていただきたいです まず実験は <題:色の変化でわかる化学平衡の移動> 実験操作 A温度による平衡移動を調べる 試験管に演歌コバルトIICoCl2約0,10gをとり、水を2ml加えると桃色の水溶液になる。これに濃塩酸5mlを加えると溶液の色は青色に変わり、さらに水5mlを追加すればまた桃色に戻る。その色の変化を観察、記録する。 <課題>桃色に戻った水溶液に塩化カルシウムCaCl2約1gを加え、ゴム栓をしてよく振り、色がどうなるか、観察、記録しその結果を説明しなさい。 色:青  説明:? B温度による平行移動を調べる 試験管に約1gの塩化コバルトIICoCl2を約20mlのエタノールに溶かしてから、水を2ml加え、混ぜて均一ににすると、赤紫色の溶液になる。 これを2本の試験管に分け、1本は冷水で冷やし、もう1本は熱湯に浸す。その色の変化を観察、記録する。 <課題>実験結果より、この反応の反応熱Qkjは正または負のどちらか。又その理由を述べよ。 [CoCl2 (H2O)2] + 4H2O →      [Co(H2O)6]^2+ + 2Cl^- + Qkj  反応熱:?  理由:?

  • ジアゾ化の実験にて

    この前、実習でジアゾカップリングの反応を下記のような手順で行いました。 (1)アニリンを試験管aにとり10%の塩酸に溶解し、氷冷下に5%の硫酸ナトリウムを数滴加える。 (2)一方で試験管bに10%の水酸化ナトリウムにフェノールを一滴加え、氷冷する。 (3)試験管bに試験管aの溶液を加える。 ここで(3)の作業の時に入れる方向を間違えない(試験管aに試験管bの溶液を加えない)ようにと、言われました。 なぜ、試験管aに試験管bの溶液を加えたらダメなんでしょうか?どうせ、混ざるのだからどっちからいれても同じなのではないのですか??教えてください。 ちなみに大学1年です。

  • 凝析に関する質問

    「水酸化鉄(III)のコロイド溶液を凝析させるために 同じモル濃度の水溶液で最も少量ですむのは、以下のうちどれか KCl MgSO4 AlCl3 NaPO4」 水酸化鉄(III)のコロイドは正に帯電しているので、陰イオンを供給すればいいことはわかります それぞれ Cl-、SO4 2-、Cl-、PO4 3-が供給できるであろうと予想したのですが ここからどう判断していいのか分からなくなってしまいました 電荷数としてはPO4 3-が一番大きいのでNaPO4かなとも思いましたが AlCl3からは多量(AlCl3 1molあたり3mol)のCl-を供給することができます どう考えたらよいのでしょうか?

  • アセトアルデヒド生成に失敗しました。

    試験管にエタノール5ml+二クロム酸カリウム水溶液2ml+沸騰石1つを熱して 下方置換法でアセトアルデヒドを作るという実験に失敗しました。 本によると、熱すると溶液が緑になるらしいのですが 緑にはならず、濁った茶色になりました。 先生によると、うまく溶液が混ざっていなくて、エタノールが酸化されなかったのではないか…とのことなんですが いまいち説明が足りないような気がします。 この詳細が解る方、説明をお願いします。

  • 塩基性色素の抽出について。

    よろしくお願いします。塩基性色素の抽出で、ある黄色の実験溶液に10%NaOH溶液2mlを加えアルカリ性となった溶液に、エチルエーテル5mlを加え、激しく2~3分間振って放置した所、2層に分かれたのですが、上層・下層が何で出来ているの分かりません。どなたか原理が分かる方、回答をお願いします!

  • 過酸化水素、酸化マンガン、塩酸

    高校の生物の教師です。 酵素と無機触媒の違いとして、過酸化水素に肝臓片や酸化マンガンを加え比較する実験はほとんどの生物の教科書に出ています。さらに溶液を酸性や塩基性にしてから同様の実験をします。さて、ここからが質問です。 溶液を酸性にするため3%過酸化水素(2ml)と10%塩酸(2ml)を試験管に入れ、そこに肝臓片や酸化マンガンを入れます。結果は生物の教科書通りなのですが、酸化マンガンを入れたほうの溶液が黄色っぽくなります。以前から気になっていたのですが、これは、どのような理由からなのでしょうか。塩酸のかわりに蒸留水を用いたときには色の変化はありません。 よろしくお願い致します。

  • アルケンの検出(不飽和炭化水素と臭素の反応)

    (1)4本の試験管にそれぞれ0.2gの1-オクテン・スチレン・桂皮酸・テトラクロロエチレンをとり、それぞれ5mlの酢酸を加えて溶かす。別の一本の試験管に5mlの酢酸を入れ、これをブランクとする。 (2)これら5本の試験管に駒込ピペットを用いて臭素の酢酸溶液を10滴ずつ滴下し、色調の変化、経時変化を観察する。 以上の実験手順で実験した場合の反応生成物や、反応機構、中間体、4つの化合物の反応性の違いについて教えてください。