-PR-
解決
済み

3次元形状測定

  • 困ってます
  • 質問No.45131
  • 閲覧数670
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

モアレ縞による3次元形状測定の方法、原理について教えてください。
また、縞の重ね合わせの話で、コヒーレントの場合とインコヒーレントの
場合があると聞いたのですが、どういった意味でしょうか?。
良い本とかはないでしょうか。?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

原理は極めてシンプル。

等間隔の平行な縞があり透明な部分と黒い部分からなっています。点光源と視点がこの「板」に対して等距離で対称の位置に置かれます。相撲の土俵に対する東方力士と西方力士の位置関係です。

土俵の「下」に3次元物体例えば、石膏像を置きます。点光源から、縞の影が出来ます。この時、もし視点側から素通しで観測すると、平行な縞模様ではなく、「パース」の効いた変形した縞模様が見えるはずです。今度は「板」越しにこの縞模様を視点から覗くと、視点側の縞(=平行な縞模様のマスク)と、3D像に映し出された変形した縞模様が干渉してモアレを生じます。

モアレ縞が込み入っているところは、元の3D物体の「傾斜」がきついところに対応します。「板」に平行ならモアレは生じません。つまりモアレ縞がまばらなところは「板」に対する傾斜が緩いところです。

ここでの「コヒーレント、インコヒーレント」の違いはよく分かりません。多分常識に従えば、
■コヒーレント:レーザ光
■インコヒーレント:通常の白色光線
だと思います。違っていたらごめんなさい。

参考書:
1)光三次元計測 吉澤徹編 新技術コミュニケーションズ刊
2)三次元画像計測 井口征士等著 昭晃堂刊
お礼コメント
nyamamo

お礼率 100% (1/1)

わかりやすい説明で助かりました。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-07 09:39:46
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ