• ベストアンサー
  • 困ってます

CB50エンジンの焼きつき オイルが......

CB50エンジンの焼きつきに付いて。 以前、35キロで走行中、白煙&大きい異音とともにとまりました。 最近腰上をあけたところ、ピストン、シリンダー、バルブはとても綺麗。 カムシャフトだけが、オイルっけがまったく無く、焼きついた後がありました。 バイク屋に聞いたところ、オイルラインが鉄粉等で、つまって流れなくなるということは ほぼないと言われました。オイルポンプも、シンプルなもので壊れにくいものだといわれました。 このエンジンはヤフオクで購入したもので、出品者様に、別途3000円で、クラッチ張り付きはがし をしてもらいました。そのときにオイルポンプ装着ミス?? もし、オイルポンプの故障だとすると、オイルに浸かっているところ意外は、焼き付きますよね?焼きついたのは、カムだけです。 あと、腰上組み付け後、ヘッドカバーをはずした状態でアイドリングしてみると、カムホルダーからオイルが出るところからは、まったく 出てきませんでした。アイドリングするときはそのつど、ヘッドにオイルを足して、エンジンかけてます。 エンジンは、まったく問題なく回ります。 このことから、オイルがなぜまわらないか、考えれれること、いろいろ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • posh156
  • ベストアンサー率37% (231/620)

オイルポンプとオイルフィルター辺りが疑わしいかな? 排気量が異なりますが同系列エンジン(?)のXL125Sに乗っていました。 オイルポンプが弱くアイドリングではヘッドまでオイルがあがらないので、暖機をアイドリングで長くすると「焼き付く」 と聞いていました。 幸い、暖機での焼き付きは有りませんでしたが、オイルポンプはクランク軸と同軸のトロコイド型で、ちょっとした傷やギャップ(磨耗)ですぐに性能低下しそうな・・・オイル交換や走行距離によっては「アイドリングで焼きつく」にも納得でした。 オイルフィルターは、オイルポンプ同軸のすぐの所に、遠心分離機とでも言うか、2枚の皿を合わせた様なモノで、結構ゴミが溜まっていて、 コレもマメに清掃しないとオイルラインが詰まるかなぁ と言った感じで。 CB50も同様と思ってですが、フィルターの清掃とライン詰まりの確認、それとオイルポンプの確認を勧めます。 オイルポンプは アウターローター(○に☆溝)の外周のギャップ<0.2mm、☆とインナーローター(+)のギャップ<0.25mm、ケースとアウターローター(○の側面)のギャップ<0.1mm 程度でしょうか。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

XLも同じ縦型エンジンですね! 非常に参考になります!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • id357
  • ベストアンサー率29% (39/133)

バイク青年 元気でしょうか? ほんとに紹介してあげようか? ただ、広島マツダなので遠いよ。 でも、なんか似ているので気になって。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • id357
  • ベストアンサー率29% (39/133)

やっちまったなー 茶化す気はありませんが、正直な感想です。 そのように無茶をする人は大好きです。 自分もエンジン分解した状態で、どう動くんだろうと思って オイルまみれにした、とか ポンコツの車(SUNNY)に乗っててクラッチか切れなくなって クラッチオイルが漏れたかどうか、無くなってたので、 とりあえず川の水を補給してかろうじて、帰社して、修理に出しました。 水などいれたから、全部清掃、入れ換えしておいた。と、多少 叱られた記憶があります。(ちなみに自分の車でした) で、ここまで書くと判ると思いますが、エンジンのヘッドを外した状態で エンジンかけると、普通なら、動脈が切れたような勢いでオイルが 放出されます。上記のようにそこらじゅうオイルだらけ。 最近のものは技術が違うのかもしれませんが、多分その状態で乗るのは 危険かと。 もし、それなりのプロからの返答がない場合、整備士のプロに相談してみます。 車両整備不良で事故など論外ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はい、タンクの裏側はオイルがベッチャリです笑い シリンダーからカムにかけてのオイルラインつまりか? ポンプの故障か? ポンプの故障の場合、ほかの箇所(クラッチやミッション)の不具合の心配は? 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • エンジン始動時の白煙

    96年式 XJR1200(走行距離10,000キロ)なのですが、走行中、白煙が出るようになったので、シリンダーヘッドのOHをし、バルブシート、ガスケット類を交換し、バルブのすりあわせ、タペット調整をしました。カムシャフトやシリンダー、ピストンリングは問題なさそうとのことで、そのままです。OH後、エンジンを始動すると、3~5分、白煙が出て、暖まると消えます。600キロ走行しましたが、相変わらず白煙が結構出ます。オイルの消費は今のところ、ほぼなさそうなのですが、もう少し走ってみなければはっきりわかりません。走りだせばすごく調子はよいのです。修理屋さんにクレームをだしたらよいのでしょうか? すこく気になります。ご意見よろしくお願い致します。

  • エンジンオイルを入れ忘れてアイドリングを・・・

    エンジンオイル交換の際に、何をトチ狂ったのか 古いオイルを排出後、新しいオイルを入れずにアイドリングを30秒~1分ほどしてしまいました。 知り合いの整備工場に尋ねたところ 「30秒くらいのアイドリングならばピストンに傷はつかない。 ピストンが熱くなっているのにオイルが無いと、潤滑できなくなり、その後シリンダー?が欠けて、エンジンから「カラカラ」音がする、カラカラ音が出れば問題だが、 30秒くらいでエンジンを停止すれば、まず問題はない。  念のため、オイルをもう一度入れ替えて、シリンダーのかけらなどが無いか確認してみると良い。 しかし、 30秒~1分くらいならば、まず シリンダーは傷んでない」 との返答でした。 その後のテスト走行でも問題が無かったですが、念のため質問させてください。 上記の工場の整備士の方の見解でよろいしでしょうか? ○アイドリングをしてしまった時間は、30秒ほどでした、長くても1分以内です ○エンジンオイルを入れるキャップを開けたところ 湯気や、焦げたにおいなどはありませんでした ○その後、オイルを補充し、時速30キロで少し走ってみましたが、異常は感じられませんでした ○エンジンから異音などはしません ○エンジンオイルをその後さらにもう一度交換しましたが、シリンダーのかけらなどは出ませんでした また もし 上記のような失敗をしたときに  アイドリングを何分くらいしたらエンジンが焼付くものでしょうか? また、エンジンが焼けつくと どのような症状がでるのでしょうか? お教えください

  • CB750(RC42)のオイル下がり修理

    (症状) 3番シリンダーからの白煙 ・前回乗車から数時間から1日経過してからエンジンをかけると、エンジン始動後猛烈な白煙(オイル)が出る(又はオイルでプラグがかぶり、3気筒状態で始動する) ・その後、徐々に白煙は収まって、暖機終了後はかなり改善される そこで、ヘッドを外してバルブステムシールを交換しました (その際の状態) ・INバルブはオイリーである ・EXバルブはオイリーで、カーボンの付着が多い ・INポート内はオイリーである ・EXポート内はオイリーでカーボンが厚く付着 ・ピストンヘッドがオイリーで、カーボンが厚く付着、カーボンが剥離してアルミ地が出ている部分も多い ・ヘッドに亀裂は無い ・バルブステムに亀裂は無い ・バルブステムの緩みは無い ・バルブステムとバルブの躍動にガタは無い ・バルブステムシールは硬化していたが傷やめくれは無い シール交換で白煙は無くなると思ったんですが、全く改善されません。 停止時にオイルが下がって燃焼室(又はINポート)に溜まる現象の原因がわかりません。 ヘッドのオイル溜まりよりもバルブステムシールの方が高いところにあるので、ここからポート内に落ちていくとは思えないんです。 ヘッドのどこかに亀裂があってINポートに繋がっているのなら納得できるんですが、亀裂は見つかりませんでした。 バルブステムとヘッドの隙間も無いですから、なんだかキツネにつままれたような、理解不能な状態です。 経験豊かなメカニックの方、ご指導いただけないでしょうか。 (特記) ・シールはIN・EXそれぞれ部品番号が違いますが、組み違えてはいません ・シールはオイルをたっぷりつけて、指で真っ直ぐに押し込んで「パチッ」と音がする事で「入った」と判断しています ・バルブスプリングの圧縮しすぎによるシールの押し潰しはありません ・暖機終了後は高回転まで回しても白煙は激しくないので、オイル上がりとは考えていません

  • 2ストのエンジンオイル

    質問(1) ガンマ1型に乗ってるんですが、スズキの純正エンジンオイルを注入してから、アイドリング時のマフラーからの白煙が気になっています。(走行後は気にならない程度です) 当サイトで調べると、オイル次第で白煙が減るらしいとの情報は得ているんですが、今入っているオイルが減るまで、違う種類(本田?の)白煙の少ないオイルに入れ替えられないのでしょうか? 4ストみたいにドレンボルトを緩めて、現在のオイルを抜くことが出来るんでしょうか? パーツリスト入手したんですが、その辺が分からなくて… 質問(2) クラッチの張り付きかも知れないのですが、週一回の走行時にアイドリング後に1速に入れると「ガツン」という感じでエンストします。(クラッチ切れて無いって言うんですかね?) 本日クラッチワイヤーの調節で何とか始動できたのですが、今後不安です。(クラッチがメチャ重くなりましたが…) クラッチワイアヤー交換するつもりですが、それでもだめなら、オーバーホールになるんでしょうか? その場合、2万円くらいは覚悟しておかないといけないんでしょうか? 出来るだけ自分の手で元気にしてやりたいという気は有りますが、なにぶんメンテの方面には素人で、メンテ本やパーツリストを購入し始めている状況です。 (旧いガンマですが、愛着があり、自分の手で何とかしたいと思っているメンテ素人からの質問ですが、良きアドバイスをお願いします)

  • なぜエンジンにはオイルが必要なんでしょうか?

    なぜエンジンにはオイルが必要なんでしょうか? 最近原付を買おうとしておりその関係でエンジン等のことを勉強し始めたのですが、 その時ふと思ったのが「なぜオイルがいるか」です。 オイルが無いとエンジンの抱きつき・焼きつきにつながると知ったのですが、 wikiによるとエンジンの“焼きつき”とはシリンダー内の油膜が一瞬でも切れることによって、シリンダー内を動いているピストン等が摩擦で傷つき起きると書かれています。 ガソリンでは油膜(シリンダーとピストンの壁?)はできないのでしょうか? もしそうで、ガソリンで油膜ができないのであれば、4stのエンジンは理解できるのですが、 2stのエンジンの場合オイルはエンジンと混合され、同時に消費されますよね? であれば同時に爆発するのにオイルが必要って・・・おかしくないですか??(私がおかしいですよね。。。) いまいち良く理解できません。 勉強するほどよく人間ってすごいもの開発したなとは思います。 できるだけやさしく教えてくださると助かります。

  • エンジンから異音!驚いてすぐエンジン切りました

    本日スズキ レッツ CA1KAに乗っていたところ、30分ほど走行したら突然エンジンからかなり大きい音で「キュキュキュキュ!」また高い何かを擦る音「シャー」と「キー」が混ざったような音がして、驚いてエンジんをすぐ切りました。ピストンが焼きついたのではと思い、すぐセルで1秒だけ回したらエンジンかかりました。すぐまた切って放置  急いでいたのでそのまま止めて出かけたのですが、数時間後戻って、エンジンかけたら無事かかりました。それからは20キロ以上出さずに帰ってきました。ただキックが若干重かった気がします。 というのも前からオイルがエンジンに回っていないのではという疑念があり、高速で30分以上走行するとエンジンが熱くなり、少ないオイルでは足らず焼きつく寸前だったのではという自己判断をしたからです。オイルが回っていないというのはかなり走行しているにも関わらずオイルの量がほとんど減らないからです。 気温も低かったのもあり20キロ以上は絶対出さずに帰ってきたのですが異音や異常は見られませんでした。 他にも原因があるかもしれないのですが、消去法でまずやっていきたいです。今一番疑っているのはオイルポンプかオイルフィルターなどの目詰まりです。オイルキャップの空気穴というのは詰まるとも聞いた事があるのですがキャップを見てもそれは見当たりませんでした。どこにあるのでしょうか? あとマフラーから白煙を正直面白いほど噴くようになりました。まるで飛行機雲ぽいです。 このことからオイル過多という見方もできますが、オイルポンプ関係になにかあると感じています。 キャブのセッティングは異常なく白煙も噴かず走行できていた時から一切変えていません。 ただマフラーを取り外す時に車体を長時間横に寝かせていたことはあります。 その後から白煙を噴くようになりました。 まずオイルポンプ、オイルフィルターがどこにあるのか知りたいのですが、どこにあるのでしょうか? メットインBOXは取り外せます。素人の質問でいささか恐縮なのですがご知恵を拝借したいです。宜しくお願いします。

  • スクーターのオイルが回ってないような感じがする

    スズキの50cc原付のスクーターですが2ストオイルを満タンに入れているのにオイルがエンジンに回ってないような感じがします。エンジンを止めた後焦げ臭い匂いがします。あと時速40キロを超えるとエンジンが停止したり、極端に遅くなったりします。ネットで調べてみたところ燃料ポンプとオイルポンプなるものがあってオイルポンプが故障すると焼きつきを起こすそうです。 2ストエンジンの構造がよくわからないのですが、オイルはキャブレターを通して燃料と一緒にシリンダー内に噴射されそれがシリンダーとピストンの間に付着し潤滑油となるのでしょうか? するとキャブの詰まり=オイルポンプの故障ということになるのでしょうか? それともオイルポンプなる機関が別にあるのでしょうか?

  • TX650 エンジントラブル

    TX650初心者です。 お知恵を拝借させて下さい。 購入したばかりのTX650の447エンジンについて、始動性は良好ですが、音が頼りなく、よく見てみると左側のエキマニがあまり熱くなく、排気温もぬるい。 そこで、片側のプラグをそれぞれ外してキックしてみると、左シリンダーが明らかに圧縮不良で、キックが軽い。 また、アイドリング時に異音があります。 「カランカラン?チャリンチャリン?」 ナットが緩んでワッシャが遊んでいるような音です。 ピストン?バルブ? バルブ系に異常が無ければピストンだと思うんですが、効率よく点検修理する良い方法があればご指導をお願いします。 エンジンの部品はどこで手に入れるのが良いでしょうか? 私の技術レベルは、4スト単気筒のピストン交換をやったことがある程度です。 ヨロシクお願い致します。  

  • エンジンの仕組みのバルブシステムOHV、SOHC、

    エンジンの仕組みのバルブシステムOHV、SOHC、DOHCを勉強してます。 ふと疑問に思いました。図を見てるとクランクシャフトの回転をカムシャフトに伝えているようにみえます。そしてカムシャフトにぶら下がるバルブでバルブの開け閉めしているようにみえます。 こんなんで大丈夫なんですか? 伝えた力の一部を前の工程に戻してるようにみえますが、シリンダーの中のピストン往復運動というのは爆発工程があるため、十分に空気を貯めてからでないと爆発しないのでは?そんな急いでバルブの開け閉めして爆発するとは思えません。 どういうことなんですか?

  • カブのクランクケース内からガラガラ音がする。

     スーパーカブC70のマフラーから青煙がますます酷くなったので、腰上をあけたらピストンヘッドが真っ黒だったため、エンジンをばらしてピストン・ピストンリング・ついでにピストンピンを新品と交換、シリンダヘッドの吸気バルブ及び排気バルブのバルブステムオイルシールを交換した上でエンジンを組み付けました。  組み付ける際、カムチェーンの取り付けはフライホイールのTマークとクランクケースの切り欠き及びスプロケットの○印とシリンダヘッドの切り欠きを合わせてカムにセッティングしたのですが、その際チェーンテンショナーを緩めることなく、やや強引にセッティングを完了させました。その後試運転したのですが、クランクケース内からガラガラ音が発生するようになり、1~2度バックファイヤーも発生しました。ガラガラ音の原因はカムチェーンのゆるみによるものでしょうか?ゆるみであればチェーンテンショナーでの張り調整が必要と思われますが、具体的にどうすればいいのでしょうか? ちなみに製造が1987~の古い車体です。  どなたかご教示いただければありがたいです。