• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特許権の用尽説(消尽説)について

化学特許で「Aを含有するB」という権利があった場合、 その権利者XからAを購入してBを製造販売する行為は、 権利者Xの特許権侵害となるのでしょうか? 教えて下さい。 納得できる根拠、また判例などがあれば嬉しいのですが・・・。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数625
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3456/9590)

権利者Xがもっている権利はBという物についてです。 ですから、物Bを生産・販売などする行為は侵害にあたります。 あくまでも、特許権者が物Bを生産・販売していれば、それを買うときに特許のぶんだけの対価は支払った(権利者Xは権利を行使して対価を受け取る機会があった)ので、その後での転売には対価を求められない、とみなすのが、用尽・消尽の考え方です。 原材料であるAを権利者から買おうが、権利は含有させたあとの物Bについてのものですから、まったく関係がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 特許権の消尽について

    A社とB社の共同出願特許権Xがある場合に、 A社がC社にOEM品として特許権Xを使用している製品Yを供給、 それをC社がC社ブランドで販売した場合、 C社はB社の特許権Xを侵害していることになるのでしょうか? それとも、共同権利者のA社から購入しているのでその時点で特許権が消尽しているため、非侵害であると考えられるのでしょうか? もちろんA社とB社の間には特別な契約は存在しない場合です。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授お願い致します。

  • 特許権について

    ケース:甲は構成要件A+B+Cからなる特許権を有しているところ、乙は構成A+Bからなる製品を販売した。 乙の行為は甲の特許権の侵害になりますか? お願いします!

  • 特許権侵害についての質問です。(当方素人です。)

    特許権侵害についての質問です。(当方素人です。) 特許権者(甲)が化合物Aについての物質特許を有することを前提とした話です。 乙が化合物Aについての特許実施権を得ずに化合物Aを製造・販売した場合には特許権侵害によって訴えられるのは明確だと思いますが、丙が乙から化合物Aを購入して適宜加工を施してこれを販売した場合、丙は特許権者(甲)から特許権侵害によって訴えられる可能性はあるのでしょうか。 何卒ご教授の程、宜しくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#88110

原則としてNo.1さんのおっしゃるとおりだと思います。 ただ、ifの話ですが、「Aが専らBにのみ用いるもの」の場合、「AがBの課題解決に不可能なものであり、Xは譲受人がBに用いることを知っていた」場合、には消尽論を類推適用する余地はあると思います。 取引の安全、Xに二重利得を認める必要がない、という2点がともに成立するからです。間接侵害(101条)を侵害とするなら消尽も認めないと整合性がとれません。あとは初歩的ですが、信義則からも認めたほうがいいでしょうし。 判例は思い当たりませんでした。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 特許権の侵害について

    特許発明「材料分析装置」に係わる特許権がある場合材料メーカー甲が新素材の研究のために当該特許に係わる材料分析装置を製造し、使用する行為はその特許権の侵害となるのか教えて下さい。

  • 特許権

    知的財産を勉強しています。 次の問題がさっぱりわかりません。 A国人Wは本国であるA国のほか、B国及び日本において、合成皮革素材wについて特許権を有し、 自らが営む服飾ブランド「W」からこのw素材を用いたバッグや靴を販売しています。 Wは「W」ブランドを日本で展開するにあたり、自らw素材について日本での特許権を取得し、 X1を代理人としてバッグの輸入販売を開始しました。 X1は、今後輸入販売する商品の種類が増えると予想して、指定商品を「第18類かばん類」 「第24類タオル・ハンカチ」、「第25類 一 被服、三 履物」として、「W」商標を登録しました。 その後、Wはw素材の日本国特許権につき、X2との間に独占的通常実施権の許諾契約を締結しました。 X2は「W」ブランドを付したw素材を用いて、日本人の足型に合わせた靴の製造・販売を開始しました。 このような場合、まず始めに、Yが「W」ブランドのバッグ及び靴の模造品を製造・販売したら、X1及びX2はそれぞれYの行為を差し止めることはできるのですか?(私はできると思うのですが、根拠がわかりません・・・) そして、並行輸入業者Zが、A国内において正規に販売された「W」ブランドのバッグ、靴及びTシャツを、 日本に輸入・販売していたとしたら、X1及びX2はそれぞれZに対し輸入・販売行為の差し止め請求はできるのですか? 最後に、バッグの売れ行きが好調なため、X1は「W」ブランドを付したTシャツを製造・販売し、 さらに靴について「W」ブランドを使用しているX2に対し、使用の差し止めを求めるとしたら、 X1の行為に対し、Wはどのような対抗手段をとればよいのですか?? お願いします!

  • 特許存続中の市販品を使用できる根拠について

    非常に基礎的な質問で恐縮です。 特許法第2条第3項には,「発明の実施」として,「物を使用する行為」が掲げられており,また,同法68条には,「特許権の効力」として,「特許権者は,業として特許発明の実施をする権利を専有する。」とあります。 そこで,例えば,「あるメーカーが,他社から購入した市売品(部品に係る特許権が存続中)を用い製作した商品を販売する行為」を実施した場合,同行為が特許権の侵害にあたらない根拠について,どう考えればいいのでしょうか? すぐに思いつきのは「消尽」ですが,なぜか「消尽」は特許法の条文には規定されておらず,最近になってようやく最高裁に認められたえいか,いまひとつスッキリしません。 「消尽」以外にも上記メーカーによる販売行為を正当化する根拠があればお教えいただれば幸いです。

  • インターネット上の特許権侵害品

    当社はアパレルの製造方法に関す特許権を日本他20カ国以上で所有しております。 Alibaba.com 他のB2B サイト又、eBay 他のオークションサイトで特許権侵害品を多数発見しています。サイト運営者には特許権侵害に対する責任は無いのでしょうか? 上記に対しご教授頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 特許権

    問題集にこのような問題が出ていたのですが、別冊の答えをなくしてしまい困っています。一応自分なりの回答はしているんですけど、参考にしたいのでみなさんのご意見をお聞かせ願えませんでしょうか? A社は注射液の調整方法についての特許権(「本件特許権」といい、その発明を「本件特許発明」という)を有しているが、その特許権請求の範囲には、「注射液を調整する際に注射装置をほぼ垂直に保持された状態とする」ことが記載されている。 これに対しB社はA社の承諾を得ずに、注射液を調整する際に、水平に近い斜め状態に保持して注射液を調整する注射装置(B装置)を製造販売しており、Bを買った個人が、注射直前に、調整した注射液を自己に注射するためBを水平に近い斜めに保持して液を調整している。 なおBを使用した注射液調整方法は、注射装置を水平に近い斜めに保持して液を調整するという点だけが、本件特許権の特許請求の範囲に記載された構成と異なるが、他は本件特許権の特許請求の範囲に記載された構成と同一。 A社はB社に対して、本件特許権の侵害を理由にしてBの販売差止めを請求する訴えを提起しようと考えているが、A社の請求が認められるための用件について論ぜよ。

  • 特許権を侵害する行為を簡単な事例で教えていただけますでしょうか。宜しく

    特許権を侵害する行為を簡単な事例で教えていただけますでしょうか。宜しくお願いします。

  • 特許権の「抵触」と「侵害」について

    特許権の「抵触」と「侵害」の違いに関してです。 自社製品が他社の特許権に「抵触」しているという言い方をよくしますが、この場合の「抵触」という用語の意味は、「侵害」しているという意味で使われているということでいいのでしょうか? 法律用語で「抵触」は、「矛盾する、違反している」とか、「特許権と意匠権とが抵触している」のように権利同士が重なっている場合をいうと思うのですが、上記のような場合には、日常用語の「抵触」の意味(「ふれている」という意味)で使用されているのでしょうか?

  • 特許権の侵害になりますか

    A社は中国の企業です。Aの製品を日本で販売したいと考えてます。A社の日本代理店に販売契約できず、中国の問屋を経由して、日本にA社の商品を輸入して販売することは特許権・商標権侵害になりますでしょうか。 回答お願いいたします。

  • 特許権侵害訴訟

    特許権者が特許権を侵害している相手である製造業者と販売店に対して差止、損害賠償請求をしたとします。判決は別々に行なわれるのでしょうか? また、違った判決(侵害、非侵害)が出ることもあるのでしょうか?

  • 特許権侵害で「一太郎」「花子」の製造販売中止命じる・・・何が特許侵害になるの?

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050201-00000111-yom-soci 記事によると、東京地裁が特許権侵害を認め「一太郎」「花子」の製造販売中止命じたとの事ですが、どの部分が特許侵害に当たったのでしょうか? 鈍感なので誰か教えて下さい。