-PR-
解決済み

「ライフルと愛馬」

  • 困ってます
  • 質問No.44682
  • 閲覧数670
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (61/66)

「リオ・ブラボー」という映画が大好きで、この中で歌われるディーン・マーチンとリッキー・ネルソンの「ライフルと愛馬」のレコードを以前探しました。けれどディーン・マーチンが歌うシングル盤はありましたが、このサントラ盤というのは見つかりませんでした。このレコードというのは出ているんでしょうか?それとも日本盤が出ていなかったのでしょうか?ご存知のかた教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

確かに映画後半の保安官事務所で歌われる「ライフルと愛馬」、ディーン・マーチンとギターをつま弾くリッキー・ネルソンがデュエットし、それにウォルター・ブレナンがハーモニカを吹くという、あのヴァージョンはレコード発売されておりません。サウンドトラックとは別にしても、ディーン・マーチンとリッキー・ネルソンのデュエット録音盤も作られておりません。まずこの映画自体のサウンドトラックLPが作られなかった(単に曲数が少なかったという噂)ということもありますし、最大の理由は、ディーン・マーチンはキャピトル、リッキー・ネルソンはインペリアルとレコード会社が異なることでした。日本では'59年、ディーン・マーチンがソロで歌う「ライフルと愛馬」、ネルソン・リドル楽団の「皆殺しの歌」のシングルがともに人気を集めました。

1954年のパラマウント映画『ホワイト・クリスマス』の主演はビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニーらでしたが、デッカ・レコードから出たサントラ(?)LPでは、ローズマリー・クルーニーのパートが全て、当時デッカの人気歌手だったペギー・リーに差し替えられました。ローズマリー・クルーニーはコロンビア・レコードの人気歌手だったからです。昨今のように、レーベルを越えての人気歌手のデュエットとかレコード発売というのは、当時はまだ夢物語だったのです。
お礼コメント
redhouse

お礼率 92% (61/66)

ありがとうございます。レコード会社の問題だったんですか。
そういえば確かに「ホワイト・クリスマス」のサントラ(じゃないのかな、正確には)はペギー・リーが入ってますよね。
参考URLを見ても「リオ・ブラボー」のサントラCDはないようですね。
残念です。
投稿日時 - 2001-02-25 20:23:45
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ