解決済み

分詞構文を接続詞の文に戻す

  • 困ってます
  • 質問No.4466770
  • 閲覧数43
  • ありがとう数0
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 60% (39/65)

英語がとんちんかんなので教えてください。


Einstein did not invent nuclear weapons,but he may well be remembered for it,the state of education () in this country.


(A)being what it is
(B)is what it is
(C)is being what it is
(D)will be what it is


()の中にふさわしいA~Dを入れたのち、この分を接続詞の文に直してほしいのです…

ほんっとに英語ができなくて困ってます。
よろしくお願いします…

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (94/193)

問題文
Einstein did not invent nuclear weapons,but he may well be remembered for it,the state of education () in this country.
(A)being what it is
(B)is what it is
(C)is being what it is
(D)will be what it is

()の中にふさわしいA~Dを入れたのち、この分を接続詞の文に直す。

解答 分詞構文で文を作成する。 分詞構文の主格が主文の主語とこたなるため
独立分詞構文となっている。 独立分詞構文は 主格+分詞、の構成したがって
答えは (A)

この文を文構文を使わない文章にすると、接続詞 forをつかって
Einstein did not invent nuclear weapons,but he may well be remembered for it, for the state of education is waht it is in this country.
となります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ