• ベストアンサー
  • 困ってます

文系大学院進学と就職状況の関係についての質問

  • 質問No.4458203
  • 閲覧数257
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 100% (1/1)

 只今某大学三年の文学部に所属しております。
 今後の進路について、大学に入ってから古代中国の思想に深い関心・興味を抱き、その分野のよい先生にも巡り合い、入学当初は大学院進学など頭にありませんでしたが、修士の2年間は院生としてそれらの研究を深めたいと願うようになりました。
 両親共に大学院に進んでおり、教諭になりました。環境的には院に進むのは私の意志次第です。
 私はと言うと、修士課程2年の後は企業に向けて就職活動をしようと思っております。いづれは就職活動をするのだから院生活を意義あるものにするためにも大学で行われている様々な説明会、大学内でのOB訪問、企業研究セミナーなどにも出席しております。
 そういった中、「企業に就職する場合、文学などを院に進んで勉強するのはかえって就職活動において不利になるだけ(出版系は別です)、企業はなかなかそういった学生を採りたがらない」「研究職になるつもりもなく院に進むのはどうか」といったことが耳に入りました。
 当然事実としてそのような状況はあるでしょう。だからといって二度繰り返すことのできない人生の過程において、就職の門戸が狭くなるとしても学部学生から引き続き院に進んでから社会に出ていきたいと思う気持は変わりません。
 しかしいったいどれほど、具体的に、私のようなシチュエーションの学生が企業にとって受け入れにくいのかがわからず宙に浮いているようで今後のことが気にかかることが率直な気持ちです。 私のような一人暮らしの女子学生の多くは総合職・男女同待遇で就職しており、私が院生として就職活動する場合、企業からもそれに相応しい人物を期待されることも知っています。しかしそれを踏まえた上で、あえて先輩方の皆様に以上長々と書き連ねてしまった旨に対し何らかのご意見・アドバイス頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (21/52)

この春、金融系で就職活動をしていました。理学部の大学院生(マスター)の私も、文系ひしめく中で、ちゃんと結果がでました。

活動中、文系の院生が不利になっていた、という印象はありませんでした。
活動中、「こいつすごいな」と思える人は、自分のことを夢をもって語っていました。院生とか学部生とか、関係ありません。
なぜ大学院に進んだのか、大学院に進んでやっていた事と自分の将来はどう結びついているのか、それを具体的に人に伝えられるようになれればいいんです。
また、人が「へえ」と思うように伝えられるようになれば、かなり内定率が上がると思います。重要なのは経歴自体ではなく、それをどう今後に活かそうと考えているかです。
たぶん、文系院生の場合、研究と将来をうまく結び付けられないために、内定率が下がる傾向にあるんでしょう。minbiさんはしっかりした意志をもってらっしゃるようですから、その点は容易にクリアできそうな気がしますよ。

3年生のうちに就職活動を体験しておくのはgoodです。履歴書や自己アピール文書いたり、面接受けてみたりってとこまで、やってみてください。必ず今後に生きてきます。

活動中知り合った文系(心理学)の院生はすごいやつでした。結果は聞いてませんが私より先に選考に進みました。

がんばってください。
お礼コメント
minbi

お礼率 100% (1/1)

初めてご回答頂き嬉しかったです。ありがとうございました。
たしかになぜ院に進んだのかしっかり答えられない学生が多いと企業の方が話されていたと聞いたことがあります。
貴重な先輩のご意見改めて感謝致します。 
投稿日時:2008/11/08 22:07
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ