• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

契約期間内の貸主からの解約・借地借家27条

私が借主となっている借家の契約(普通建物賃貸借契約)は契約期間が2年です。 契約期間というものの性質からすれば,本来は,この契約期間内は,借主からも貸主からも契約の解約ができないはずですよね。 しかし,契約書には, 「契約期間内でもやむを得ない理由があるときは,乙は1箇月以上前に,甲は6箇月以上前に解約の申入れを行うことにより,契約を解約できる。」 と書いてあります。 (借主からの解約が1箇月前の申入れで認められるのはいいとして) 甲(貸主)からの解約は正当事由が必要で,その正当事由が認められるのはさほど多くはないとは思います。 しかし,その正当事由さえ認められれば,甲は6箇月以上前に申入れをして,契約期間内であっても解約できるのでしょうか。 ちなみに,借地借家法27条には期間の定めがある場合とかない場合とか書いてないですが, 27条は期間の定めがない場合の規定と考えていいですか。 言い換えると, 「もし,契約書に甲からの解約が書いてないとしても,契約期間内に借地借家法27条を使って甲からの解約ができる」とはならないですよね?

noname#74133
noname#74133

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>しかし,その正当事由さえ認められれば,甲は6箇月以上前に申入れをして,契約期間内であっても解約できるのでしょうか。 契約期間内であっても正当事由があれば解約できる場合もあります。 ただし、ここでいう正当事由は賃料不払等の債務不履行は広く考えればはいりますが、たいていの賃貸借契約の場合、債務不履行の場合の解約は別の独立した条項で、しかも6ヶ月以上前に申し入れを必要とせず、催告してその期間内に支払わないか、特約で3ヶ月以上滞納したら即時解約されても異議を申立てることはできないというように、同意して定められた条件を履行しなかったとき即時に解約できるという文言となっていることがほとんどです。故に、27条の正当事由は賃貸人が自己使用するというような具体的、合理的な理由を疏明できる場合に限って契約期間途中でも解約できると考えた方が適切だとおもいます。ただし、その場合、賃借人の借家を利用するという利益を落ち度もないのに一方的に奪うことは社会通念上、許されるべきではないとおもわれるので、賃借人に時間の猶予を与えるという意味で6ヶ月前の予告という規定があるのではないか、また、、27条に期間のさだめの有無の別がかかれていないのは、30条で27条に反して賃借人に不利な解釈や特約は無効であるとしているところから、期間のあるなしはあまり関係がない、と言うことではないのでしょうか? 一応私見なので、考え方がまちがっているかもしれませんが---。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

平成20年1月30日京都地裁(更新料返還等請求事件)では, 「借地借家法は,建物の賃貸借について期間の定めがある場合においては,賃貸人が期間内に解約する権利を民法618条に基づいて留保することを予定していないものと解するのが相当であり(借地借家法27条は,建物の賃貸借について期間の定めがない場合において,賃貸人が解約の申入れをしたときには,解約申入れの日から6か月を経過することによって終了する旨を規定している。),本件約款第15条(3)は,借地借家法30条により無効であるから,同条項が有効であることを前提とする原告の主張を採用することはできない。」

質問者からの補足

契約期間内であっても貸主から解約できるという解約権留保特約自体は,有効のようです。民法の賃貸借の中では,618条(期間の定めのある賃貸借での解約権留保の規定)です。 借地借家法27条は,民法617条(期間の定めのない賃貸借の解約申入れ)・618条の特則だということになります。民法618条が期間の定めが「ある」場合であり,借地借家法27条はその特則になるので「期間の定めがない場合」とは書けないということになりそうです。 (期間の定めがないとき 借主から解約する場合申入れから3箇月だと言われていますが,この場合借地借家法で民法617条に対する特則がないので,民法617条に従って3箇月になるのは当然だということになります。)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#71976
noname#71976

>その正当事由さえ認められれば,甲は6箇月以上前に申入れをして,契約期間内であっても解約できるのでしょうか。 借地借家法においてはそのような規定はありません。つまり出来ません。 賃料滞納のような契約違反のケースはここでは少し別の話です。 >27条は期間の定めがない場合の規定と考えていいですか >「もし,契約書に甲からの解約が書いてないとしても,契約期間内に借地借家法27条を使って甲からの解約ができる」とはならないですよね? そうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 私も調べてみました。 この質問で書いた私の契約では,「契約期間内でもやむを得ない理由があるとき」は貸主から解約することができます(解約権留保)。これは正当事由があれば,契約期間内でも貸主から解約できることを意味しています。 『コンメンタール借地借家法』(日本評論社)という本によりますと,このような貸主からの解約権の留保特約は有効だそうです(通説・地裁レベルの判例)。 このような特約を無効とする判決もかつてはあったそうです。

  • 回答No.1

>その正当事由さえ認められれば,甲は6箇月以上前に申入れをして,契約期間内であっても解約できるのでしょうか。 出来ますよ。 貸主から解約する場合に、一番認められやすい正当理由は借主の滞納です。 だいたい六ヶ月の滞納があれば、裁判すれば貸主よりの契約解除が認められます。 なので、その後も滞納者に契約期間中ずっと貸し続けるような義務はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 借家権の解約について

    借地借家法では借主に不利な特約は無効だと思うのですが、期間の定めがある借家契約について。 一つ目は貸主からの更新拒絶は6月から1年以内の前にその旨通知するとのことですが、実際、事務所なら3ヶ月前とか契約書にうたってあるのが一般的なのですが、これは無効なのでしょうか。 二つ目は期間内に借主から解約する場合、効力は通知の何ヶ月後から生ずるのでしょうか。

  • 借地借家法第8条他「更新後の建物滅失」について

    借地借家法第8条では、「更新後に建物が滅失したら、借地権者は借地権の消滅を一方的に申し出ることができ、申入れ後3ヶ月経過すると借地権は消滅する。」となっています。参考書によると「最初の存続期間中に建物が滅失しても、この申入れができないことになっている。最初の30年分の地代は、借地権設定者としても当てにしているから。」と書かれています。これは借地契約が解約できずに、残存期間の地代を払わなければならないということでしょうか?また特約で借地権者に有利な様に解約を認める定めは有効でしょうか?

  • 店舗付住宅は借地借家法の適用はあるのか?

    不動産会社勤務のものです。 お恥ずかしい話ですが質問させていただきます。 店舗付住宅を賃貸で紹介するのですが、この場合借地借家法の適用は あるのでしょうか? テナント単体なら借地借家法の適用はないと思うのですがこの場合はどうなのでしょう? 特に、契約書に貸主からの解約部分を6ヶ月前で書いてるのですが正当事由の適用がなければ貸主の意向次第で、借主は出て行かなければならないのでしょうか? 店舗?住居?どちらが優先ですか? よろしくお願いします。

  • 大家との契約書と借地借家法

    普賃貸契約をしています。契約期間は1年です。 2014年5月から契約していますが、 大家の息子が結婚し私が賃貸契約している家に住みたいとの事で 2015年1月22日にメールで退去のお願いをされました。 大家との契約書の中に、契約の解除・終了の項目があり 「大家にやむを得ない事由があるときは、大家は契約期間中又は 契約満了時に本契約を解約・終了することが出来る。 この場合大家は貸借者に対し2カ月前から書面を持って 解約の申し入れをしなければならない」 とありますが、借地借家法での解約申し入れは 6カ月前を下回る事が出来ないとなっています。 大家との契約だと2カ月前では、2015年3月。 借地借家法だと6カ月前は、2014年11月。 この場合、大家と契約と借地借家法どちらが有効なのでしょうか?

  • 借地借家法と賃貸契約書の優先順位について

    はじめまして。賃貸物件の更新についての質問です。 もうすぐ更新を控えているのですが、少し難しい状況に 巻き込まれています。 借地借家法の第1条の2で、正当事由がなければ貸主が更新拒否が できないこと、 第26条の2で、貸主が更新拒否をする際には、更新日の 1年前から半年前の間に通知をしなければならないと 定められていますが、賃貸契約書にはあまり具体的な明記がなく、 「更新に関しては、お互い(家主と借主)の協議の上契約する」 という旨が明記されています。 この場合、もし貸主が直前になって更新拒否をしてきた場合、 借地借家法の定義で更新できるのでしょうか。それとも、契約書に 「協議の上で」と書いてあるので、貸主が口頭で更新拒否したら、 協議せざるをえないのでしょうか。 ご返信いただけると幸いです。 :補足 現借家は正当事由に当てはまる要素は調べたかぎり無い。 更新半年前を切った時点で、貸主から更新拒否の通知は無い。 築35年の木造一軒家。

  • 借地借家法

    手元に「事業用借地権設定契約のための覚書」があります。ここには、 借地借家法24条に定める事業用借地権を設定する。とあります。定期借地権という言葉はありません。契約条項第4条では、借地期間;20年と記載され、建物は全額借主負担で建てます。 10条では、借地期間満了前の解約について、「本件建物が滅失・借主による本件建物の取り壊しの予定の時も解約を申し入れることができる」となっています。これらは、公正証書作成の日に発効する。ことになります。 質問です。 定期借地権の場合、20年間借りてもらえるわけですが、この場合は、契約期間20年の前に途中退去可能な単なる普通賃貸借になるのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いいたします

  • 契約期間満了前の中途解約はできますか

    契約書に中途解約時の取り扱いがなかった場合、契約期間(2年間)満了前の契約解除はできますか? できるとすれば、何ヶ月前に解約の申し入れをする必要がありますか? 民法617・618条・借地借家法27条を見ても、期間の定めがあるが中途解約権が留保されていない賃貸借の場合に、賃借人から契約解約ができる根拠が見つかりません。 詳しい方、お教えください。 (期間の定めのない賃貸借の解約の申入れ) 民法第六百十七条  当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合においては、次の各号に掲げる賃貸借は、解約の申入れの日からそれぞれ当該各号に定める期間を経過することによって終了する。 一  土地の賃貸借 一年 二  建物の賃貸借 三箇月 三  動産及び貸席の賃貸借 一日 (期間の定めのある賃貸借の解約をする権利の留保) 民法第六百十八条  当事者が賃貸借の期間を定めた場合であっても、その一方又は双方がその期間内に解約をする権利を留保したときは、前条の規定を準用する。 (解約による建物賃貸借の終了) 借地借家法第二十七条  建物の賃貸人が賃貸借の解約の申入れをした場合においては、建物の賃貸借は、解約の申入れの日から六月を経過することによって終了する。

  • 事務所でも借地借家法は適用になるんですか?

    事務所を貸している貸主ですが、契約書では「更新は合意があればできる」としてましたが、借地借家法では「正当な事由がなければ更新の拒絶はできない」となっています。相手は更新を望んでいるのですが契約期間満了で更新はしたくありません。

  • 借家 法定更新後の解約申入れ

    貸主Aと借主Bは、2年の期間を定めて居住用建物の賃貸借契約(普通建物賃貸借契約。定期借家でないもの)を結んでいました。(原賃貸借契約) この2年の期間満了の際に、新賃料の額をめぐり合意に至らず、法定更新されました。 原賃貸借契約で、借主側からの解約申入れについては次のように定められています。 「本契約期間内であっても、Bは1箇月以上前に、Aに文書で解約の申入れを行うことにより、本契約を解約することができる。」 この場合、上記の法定更新後は、この契約条文は意味をなさなくなるのでしょうか。つまり、借主から解約を申し入れる場合は3箇月前に申し入れを行わなくてはならなくなるのでしょうか。 それとも、法定更新後でも上記の条文は生きていて、1箇月前に申し入れを行えばよいのでしょうか。

  • 借地借家について強い弁護士の探し方。

    よろしくお願いします。 店舗の貸主です。 住居1階部分をあるお店に貸しているのですが、迷惑行為が度々あり、信頼関係が完全に崩れている状態です。 正当事由を述べて、解約をしたいのですが、やはり、素人では難しいので、弁護士さんに頼みたいと考えています。 ですが、借地借家について強い弁護士さんを探す方法が解りません。 弁護士さんによっても結果が違うと思いますし…。 借地借家法に強い弁護士さんを探す方法などあるのでしょうか? アドバイスお願い致します!