• 締切済み
  • すぐに回答を!

西洋史の卒業論文について。

自分は西洋史の学生です。 卒業論文を書くわけですが、2点気になることがあるので教えてください。 (1)ひとつめは「現代」という時代区分の範囲です。  時代区分と言うのはは明確に決まっているものはではありませんが、ある程度決まった解釈があると思うんですが(「古代」ならゲルマン大移動まで等)。  現代史の始まりは第二次世界大戦後だというのは分かるのですが、終わりはいつまでなんでしょうか。  例えば、1970年代のヴェトナム戦争などは現代史と呼べると思うのですが、イラク戦争のような数年前の最近の出来事も現代史という枠組みに捉えていいのでしょうか。  またEUの成立と拡大などのように現在も続いてる事を「現代史」としていいのでしょうか。   (2)自分は西洋史専攻なんですが最近法律(日本)に興味を持ち始めて学校外で法律の本を読むようになりました。  そして、日本の法律がヨーロッパの影響を受けているということで、フランスやドイツの法律も勉強してみたいと思いました。  それで卒業論文のテーマとして勉強しようとも思ったのです。  ただ法律そのものを勉強するのは歴史を離れて法学の方になってしうので、法史(こういう言い方があるのかわかりませんが・・・)と言う形でならいいのではないかと思いました。  フランスやドイツの法の歴史を研究すると言うのは「法学」でしょうか?「歴史学」でしょうか。  「法学」だとしたら、史学部がヨーロッパの法の歴史を卒論のテーマにするのはおかしいでしょうか。   読みにくい文章になっていたら申し訳ございません。 よろしくお願いします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数927
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
  • tyr134
  • ベストアンサー率51% (849/1654)

1) 知っておられるかと思いますが、そもそも、「古代・中世・近代」という時代区分法はラテン・ヨーロッパで生まれた概念です。 ルネサンス期に、古代ギリシア・ローマ時代を意識し、その文化が失われた時代を中世と位置づけました。 そして、中世の盲目時代からの幕開けとして「近代」が位置づけられ、20世紀初頭頃から、「近代」よりももっと近々の歴史を「現代」と呼ぶようになったわけです。(「近代」の前に「近世」を入れる四区分法が取られることもある) ただ、時間の流れとは一直線でとぎれがないので研究者の主観によって区切り方が変わってきます。 現代の始まりも、第一次世界大戦を基準とする人、第二次世界大戦後を基準にする人様々です。 前者は欧米の歴史家に人気があり、後者は日本の歴史家に人気のある分け方ですね。 んで、「現代史」というのは、今現在に密接な関わりがあり、歴史的評価もまだまだ定まっていないので、「歴史学」というよりは「社会学・国際関係学」など「歴史学」以外の名前で研究されることが多いですね。 また、参考となる一次史料もまだまだ「機密扱い」で手に入れることが難しい場合も多いので、「歴史学」と呼ぶにはまだまだ時間が掛かりそうな分野でもあります。 とはいえ、「歴史」であることに変わりはないのですが。 2) 「法制史」・「思想史」にあたるかとおもいます。 立派な「歴史学」の分野ではありますね。 卒論のテーマとしてもやっていけると思いますが、この辺りは教授の好みがあるので、「法制史や思想史は歴史学科じゃダメ!」なんていう頭の固い人もいるかもしれません(笑) 因みに、ウチの大学の先輩は「歴史教育について」というテーマで卒論を書いてましたね。 「歴史」が絡んでいれば、なんでもOKなゼミでしたので。 一応、西洋史学専攻なんですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>歴史的評価もまだまだ定まっていない そうですね。 将来の歴史家が今の時代の出来事にどのような歴史的評価をするのか気になるところです。 今日先輩方の卒論のテーマを見ていたら、本当に多様なテーマがあったので、テーマを見るだけでもおもしろかったです。 先生にも相談してみます。 回答ありがとうございました!

  • 回答No.3
noname#86349
noname#86349

No.1の方に重複しますが・・・・・。 (1)時代区分の始期、終期は各国それぞれ異なっています。ある出来事を境に世界中同じ時代区分に移行しているわけではないですもんね。 >イラク戦争のような数年前の最近の出来事も現代史という枠組みに捉えていいのでしょうか。 あくまで私見ですがまだ時期尚早のように思います。 なんというか歴史的評価をくだすには早いかと。 (2)No.1の方が書かれたように「法制史」でしょう。一般的には史学の分野でも扱われています。 いずれにせよ何を書くかはゼミなどの担当教授に相談されるのが一番です。史学である以上史料を取り扱うわけですが、それを史学的に批判できるのか?判断が難しいところです。是非先生に相談を。 法制史、経済史は取り扱いによって史学から逸脱してしまうこともあります。この境界線は国によって違ったりするので注意が必要です。また先生によっても解釈が違ったりします。どの範囲まで許されるのか実際に先生に聞いた方がよいと思います。 現代史も同様です。アプローチによっては国際関係論の論文と評価される可能性があります。 また法制の比較史となると少なくとも2カ国の史料や論文を読まなければなりません。史料集めから史料批判までかなりの負担になると思います。(少なくともどちらかの国は原文史料を求められるでしょう。) この辺もある程度テーマを決め、史料を提示した上で、自分に可能か、ご指導いただけるのか、先生に相談した方がよいでしょう。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

<歴史的評価をくだすには早い そうですね。 これから新しい事実等が発見されるかもしれませんからね。 論文については歴史的な視点を忘れないように書く予定です。 先生にも相談したいと思います。 回答ありがとうございました!

  • 回答No.2
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

1648年から現代じゃないの? 政治史的に見れば、ウェストファリア条約で決められた国家間の枠組みが基本的に今の今まで続いていますので。 http://en.wikipedia.org/wiki/Modern_era ここだと15世紀からだとしている。 西洋史だと古代 中世 近代 このみっつしかなくて、日本で明治時代にこの歴史区分を導入するために中世のような近代のような近世というのをこしらえて、戦後になって近代を近代と現代に分けたというような特殊なことをしていると、読んだ覚えがある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

近代、現代というのは日本独特なものなんですね。 ウエストファリア条約は国家間で主権を認めた歴史上重要な位置づけができますからね。 日本で時代区分論が熱く議論されたことを思い出しました。 ご回答ありがとうございました!

  • 回答No.1
  • anighto
  • ベストアンサー率48% (61/127)

地域は違いますが、大学で史学を専攻しているものです。 まず、(1)について。 私が大学入学直後に教授から窺った話では、現在まで続いていることは「歴史」ではないため、史学科では扱えないとの事でした。 また、イラク戦争などの現在まで影響を及ぼし、未だ決着のつかない事項は法学または経済学などの国際関係に当たるため、史学科のテーマとしては認められないそうです。 次に(2)です。 法律の歴史は法制史と呼ばれ、歴史学に含まれます。 史学系の雑誌でも法制史に関しての論文がいくつも発表されています。 私自身も中世の司法機関等の研究をしておりますし、問題ないかと。 それでは、卒論頑張ってください^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに「歴史」より「国際関係」と言う方がふさわしいですね。 <法律の歴史は法制史と呼ばれ、歴史学に含まれます。 政治史、経済史、社会史なども歴史学ですもんね。 そうえいば、2年のときに「経済」史を受講したのを思い出しました。 回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 西洋史の時代区分

    西洋史の時代区分 西洋史を古代、中世、近代、現代という時代区分で分け さらに細かく古代初期、古代中期、古代末期などと分けた場合、 それぞれの区切りとなる事件(とその理由)を 簡便に書いた一覧表があったら教えてください。

  • 西洋占星術での卒業論文

    僕は高校の卒業論文で、西洋占星術についてやりたいと考えているのですが、例をあげるとしたらどのようなテーマがいいでしょうか? 是非参考にしたいので、お返事待っています。

  • 西洋史(特にドイツ史)が学べる大学

    大学で西洋史を学びたいと考えている高校生です。 西洋史、特にドイツ史(18世紀~現代のあたり)を学びたいと思っているので、その分野の研究をされている教授がいらっしゃる大学があったら(なるべく国公立の大学を)教えていただきたいです。 お願いいたします。

  • 卒業論文の具体的なテーマが決まりません

    卒業論文で「月」をテーマにしたいと考えています。 理由は子供の頃から月が好きだったから、という単純なものです。 ただ、漠然と月について書きたいと考えているだけで、具体的にどんなことを書こうかが決められずに困っています。 卒業論文は、自分で考えた問題を追及する形で書き進めていきますよね? 『日本とヨーロッパで月に対するイメージが若干異なるのは何故か』 『月読命は何故神話にほとんど登場しないのか』 ・・・など考えてみたのですが、今ひとつ「これだ!」というものが思いつきません。 何かいいテーマはありませんでしょうか? ちなみに、私は比較文化学部という学部にいます。なので、何か比較ができるといいのですが・・・。

  • 卒業論文について質問です

    経営学部に所属しています。 卒業論文のテーマについて悩んでいます。 (1)マネジメントやリーダーシップについて (2)アパレル産業について 上記二つを合わせたようなテーマにしたいのですが、どのように考えたらよいでしょうか? (1)については、団体を立ち上げ活動するなかで、集団をまとめるにはどうした良いか考えた時に、ドラッカーの書籍などを読み、自分で自主的に勉強したことによって興味を持ちました。 (2)については、単純に興味があり就職もアパレル業界を志望しており、また洋服が好きだからという理由です。 卒業論文のテーマは何でもよく、テーマに経営学的要素(経営戦略など)が入っていれば良いとのことです。

  • 卒業論文のテーマについてなのですが。。。

    卒業論文のテーマを何にしようか迷っています。 私は大学2年生なのですが,今年からゼミが始まり レポートを前期,後期とこれから4枚づつ4年生まで 書いていかなければなりません。 私の専攻は応用言語でテーマは自由なのです。 (コミュニケーションを勉強しています) その4枚づつ書いていくレポートをまとめて卒業論文に するので先生は全部ばらばらのトピック でもなんでもいいとおっしゃったのですが あとあとまとめるのが大変だと思うのである程度 関連性のあるものにしていきたいと思っています。 ですが,いざ考えるとなるとどうしていいかわからなくて 特にしたいものというのがなく, ゼミも自分の好きなことをしたらいいということで 普段することがばらばらです。 文化についてしていこうとは思っているのですが テーマが大きすぎだと言われました。 例えばアメリカと日本を比較し,教育や宗教,食生活など 書いていく方がいいのか,教育について世界各国の 教育なら教育で調べたほうがいいのか,と いろいろ考えてはいるのですがこれから3年間していく ことなのでなかなかテーマが決まりません。 どのようにしていけばいいのでしょうか? また何か良いテーマってありますか? 長くなってすみません。お願いします

  • 卒業論文の進め方について

    現在大学4年生で、中国の歴史を勉強する学部に在籍し、卒業論文に取り組んでいます。この時期になるとテーマも決まり、順調に進んでいる人が多い中、私は、なかなか進まなくて困っています。 テーマは、中国が隋の時代に北方に位置する異民族「突厥(とっけつ)」に関係することで、突厥という国が内部紛争と中国側の離間政策によって東西に分裂した年を自分なりに特定をしようと考えています。突厥が分裂した年の通説は、既に決まっているのですが、研究者によって諸説有るので、それも併せて書こうと思っています。 テーマは朧気ながら見えてきているのですが、今更ながら卒業論文をどのように進めていったらいいのが分かりません。下書きの提出期限や授業の発表時に発表の原稿ができていないという状態が続いてゼミの先生から、匙を投げられています。今の状態では、先人の論文や本を引用したような論文ができあがってしまうのではないかと危惧されており、自分の力でこの状態から脱却しなさいとゼミの先生からは言われています。 また、テーマに関係する論文を読んでも、ただ単に読んでいるだけになってしまい、自分なりの意見を持つことができていません。論文を読む時、自分なりの意見を持つためにはどの様な所に注意して論文や本などを読めば良いのでしょうか。 この時期になって卒業論文の見通しが立っていないことは、遅い事は分かっています。叱責、アドバイス等、どんな事でも良いので宜しくお願いします。

  • 中学の卒業論文について

    こんにちは。 私の中学校では、高校に進学するために卒業論文が課されています。 私は、医療問題か、勉強の効率について論じたい(脳関連)と思っています。 医療問題だったら、兄の国公立医学部の地域枠受験を動機にしたいし、 勉強の効率などだったら(例えば「徹夜に意味はあるのか」など)兄の受験勉強を動機にしようと思っています。 どちらがいいでしょうか。 また、他に良いテーマがあったら教えてください。

  • ゼミでの西洋史の発表のテーマ

    文芸学部の世界歴史・文化コースの1回生です。 西洋史のゼミを選択しました。 今回初の3人20分ずつ計60分のグループ発表なのですが、みんな初経験者ばかりでなかなかテーマが決まりません。 ゼミの教授からは「軍事と政治」を必ず絡めるようにいわれました。 はじめはナポレオンやフランス革命やウィーン体制はどうかなど、18・19世紀をテーマにしようか、となっていたんですが、 友人から出来事の区切りのつけにくさ、資料がおおすぎて初心者の私たちにはやりにくい、など指摘されてしまいました。 わたしはアメリカ独立戦争やピューリタン革命、エリザベス女王の統治などやりやすいのではないかと思いますが、みなさんはどうおもいますか? ちなみにゼミの先生は特にドイツ史が詳しい方で、一緒の発表する人はエジプト、イタリア、フランス、ドイツ史が好きな生徒です。 この時代は比較的やりやすい、などおすすめのテーマがあったらお願いします。 できたら、このような流れがいいのではないかなどがあったら教えてください。 どうぞご回答よろしくおねがいいたします。

  • 西洋史学を学ぶとしたら、早慶上智でどこが一番よいでしょうか?

    私立文系世界史選択の高3です。 慶應義塾大学を受験するかどうかで迷っています。 大学では西洋史を勉強したいと考えているのですが、早慶上智ではどこが一番よいのでしょう? その三校以外に良い大学があるとは思いますが、学校から「実際に入る入らないにかかわらず目標は高く設定しておけ」と言われますのでとりあえずその三校で比較すると、どこが一番西洋史を勉強するのに適しているでしょうか?慶應は小論文があるので、目指すのならば講座を取ろうと考えています。 特に差がないのでしたら、雰囲気で選ぼうと思います。資料やオープンキャンパスに行った限りではそれぞれ 早稲田:放任主義、騒がしい 慶應:ある程度レールはひいてくれそう、大学から入ると馴染み難い? 上智:地味、アットホーム というような印象を持ちました。実際のところどうなのでしょう。