• 締切
  • すぐに回答を!

松尾芭蕉の俳句について教えてください。

  • 質問No.4423866
  • 閲覧数1083
  • ありがとう数3
  • 回答数3
松尾芭蕉の俳句に「鶯の餅に糞する縁の先」という俳句
がありますが、これは実際にあったことを芭蕉は詠んだ
のでしょうか。糞は俗語でなんだか汚らしい感じがしますが、
芭蕉はどんな意図でこの俳句を詠んだと思いますか。
鶯は本来ならば鳴くとしたほうがいいのに・・。
考え聞かせてください。よろしくお願いします。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 56% (236/420)

 「俳諧 俗」で検索してみて、以下のような記述のあるサイトを見つけました。参考になさってください。

--------------------------------
 今日の俳句はどうも花鳥諷詠の名のもとに「雅・みやび」に傾いていて、小便、糞等の俗から離れているが、短歌の雅に対し、俳諧は「俗」を身上としていたのではないか。芭蕉は「高く心を悟りて俗に帰るべし」(三卅子)と述べている。高悟帰俗の句を紹介しよう。

    小便の数もつもるや夜の雪       貞室  
    手鼻かむ音さへ梅の盛りかな      芭蕉
    蚤虱馬の尿する枕もと         芭蕉
     (以下略)
--------------------------------
http://www1.odn.ne.jp/~cas67510/haiku/kojinnohaiku
  • 回答No.2

ベストアンサー率 10% (5/46)

氏家雅紀著「芭蕉~その人と作品」によると、元禄頃江戸では
鶯餅というものが大変流行したそうです。それにあやかって
芭蕉がこれぞホントの鶯餅という軽いしゃれで作った句とされて
います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ