• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

レジストリでのアクセス許可の設定

はじめまして。現在アメリカで生活しています。 WinTV-HVR 950 (Hauppauge) というテレビチューナーをこちらで購入してドライバをインストールしようとしたら「このハードウェアをインストールできません。データが無効です。」というメッセージが出て失敗したので、サポートに問い合わせたところ、以下のレジストリの設定をするようにといわれました。 OS は Windows XP Professional SP3 です。 1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ENUM\USB これを右クリックして「アクセス許可」を選択する。 2. System のアクセス許可で「フル コントロール」と「読み取り」が許可されていることを確認する。 3. 「詳細設定」タブをクリックして、 「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」 をチェックして「適用」を押して「OK」で終了。 ところが、この 3 のところで、このチェックボックスをチェックして「適用」ボタンを押すと、チェックがはずれてしまいます。 そのままドライバのインストールを試してみてもやはりうまく行きません。 どうすれば、ここにチェックが入れられるのでしょうか? どなたかご存知の方、アドバイスをいただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3675
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#74226
noname#74226

ANo.2です。 私見ですが、そもそも質問タイトルの「レジストリでのアクセス許可の設定」という質問設定が適切ではない、と思います。 さらには「どうすれば、ここにチェックが入れられるのでしょうか?」という質問が誤解を招いていると思います。 ユーザー・サポートの指示も適切ではない、と思います。 レジストリUSBのアクセス許可についてはSYSTEMがコントロールするので、通常はユーザーが行なう必要はないはずです。 つまり、SYSTEMがフルコントロール状態であれば問題ない。 WinTV-HVR 950の場合もユーザーがアクセス許可を設定し直す必要は無いはずです。 ユーザー・サポートが、なぜレジストリUSBのアクセス許可にこだわるのか、その理由が理解できません。 したがって、私の提案としては「WinTV-HVR 950 (Hauppauge) テレビチューナーのドライバがインストールできない」というタイトルで、新規に質問し直すのがベターだと思います。(状況についても「すでに質問投稿済み」などと記述するのではなく、これまでの状況を新たに記述する。) これまでの内容で肝心なことが書いてありませんので、読んでいる側の疑問も含めて以下に記述しておきます。 (1)装着したUSB機器はPC(XP-SP3)に認識されているのですか。 コントロールパネル→コンピュータの管理→デバイスマネージャの「ディスクドライブ」の下にUSB機器の名前が確認できるはずです。 (2)上記のUSB機器の名前はレジストリUSBの管理の下でUSBSTORのサブキーに、USB機器ごとのレジストリデータ名:FriendlyNameに表示されているデータ値がそのまま表示されているはずです。 (3)他のPCでは(たとえばXP、XP-SP1、XP-SP2)ではドライバインストールはOKなのでしょうか。 追記: レジストリUSBとは HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\USB レジストリUSBSTORとは HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\USBSTOR を意味しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろとアドバイスありがとうございます。 サポートに聞いたりネットで調べたりして さまざまなことを試してみた結果、 ここにチェックを入れるという作業だけが試せなかったので 焦点を絞って質問させていただいた次第です。 今日あらためてサポートに聞いてみたのですが、 「WinTV 側の問題ではなく、OS の方の問題だから OS を再インストールしたほうがいいかもしれない。 パソコンのメーカーの方に聞いてほしい」と言われました。 OS の再インストールは避けたいので、 honmaaug さんのご提案にもあったとおり、 新たに質問を出したいと思います。 ちなみに、以下に質問していただいた点の答えを書いておきます。 新しい質問の方にもこの情報は入れさせていただきます。 (1)装着したUSB機器はPC(XP-SP3)に認識されているのですか。 コントロールパネル→コンピュータの管理→デバイスマネージャの 「ディスクドライブ」の下にUSB機器の名前が確認できるはずです。 ⇒はい。「!WinTV HVR-980」と表示されています。 製品名は「WinTV-HVR950」で、表示されている名前とは 数字の部分が異なっていますが、 販売元の Hauppauge によると、問題ないそうです。 (2)上記のUSB機器の名前はレジストリUSBの管理の下でUSBSTORの サブキーに、USB機器ごとのレジストリデータ名:FriendlyNameに表示されているデータ値がそのまま表示されているはずです。 ⇒USBSTORの下には表示されていません。ストレージではないからでしょうか? (3)他のPCでは(たとえばXP、XP-SP1、XP-SP2)では ドライバインストールはOKなのでしょうか。 ⇒これは試していません。明日、知り合いのところで試してみます。

関連するQ&A

  • アクセス許可

    回覧ありがとうございます。 Vistaで、\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\EagleNT のアクセス許可で、Everyoneのフルコントロールを拒否したいのですが、しばらく経つと拒否が戻ってしまいます。 戻らないようにするにはどうしたらいいでしょうか・・・

  • レジストリのリモートアクセス

    いつもお世話になっています。 只今、レジストリのリモートアクセスを行う方法について調査を行っているのですが、行き詰まってしまった為、どなたかアドバイスをして頂けたらなと思います。 http://support.microsoft.com/kb/314837/ja 上記のページを見て、リモートアクセスを行うには、2通りの方法があると解釈しました。 (1)下記のレジストリキーのアクセス許可を変更(Everyoneを追加?) HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ SecurePipeServers\winreg (2)下記のレジストリに許可するレジストリのパス文字列を追加 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurePipeServers\ Winreg\AllowedPaths\Machine (1)では全ての値を参照可能にし、(2)では設定されているパスのみを参照可能にすると解釈して、(2)の方法で試してみました。 リモートアクセス先がWindows2000の場合は(2)の方法で期待した通り、レジストリの参照が行えたのですが、リモートアクセス先がWindowsXPの場合、(2)の方法では、アクセス許可が無いといったようなエラーとなってしまいました。 (1)の方法で設定した場合は、XPが対象でもアクセスすることが、出来たのですが、出来れば(2)のように指定したレジストリのみ、またはアクセス許可をEveryoneでなく、決まったユーザとしたいのですが、Everyon以外にどのユーザ(オブジェクト)を指定すれば良いのかがわかりません。 または、上記以外にレジストリのリモートアクセスする術がありましたらアドバイスして頂けないでしょうか? 御教授のほどよろしくお願いします。

  • Windows7のアクセス許可

    windows7のHome Premiumを使っています。デスクトップ上で急に新規にフォルダを作ったり、データをペーストすることができなくなりました。「この操作を実行するアクセス許可が必要です」と出てきます。ドライブやフォルダーのプロパティから共有やセキュリティなどのチェックをいろいろ試みましたが、まったく効き目がありません。データやフォルダのコピー、移動、削除、名前の変更がまるきりできなくなったのはたいへん困ります。締切が迫っているのに仕事は遅れる一方です。 そして、goold-manとHAMASAKI0810という二人の方から回答を頂きましたが、残念ながらうまく行きませんでした。「教えて!goo」の中で調べてもいい回答が見つかりません。 私がやったこと    ↓ フォルダを右クリック→プロパティ→セキュリティタブ→systemやAdministatorsの下の6項目中5項目に許可のチェックが入り、「特殊なアクセス許可」のみ許可のチェックなし。 特殊なアクセス許可をクリック→詳細設定→アクセス許可→種類=許可、アクセス許可=フルコントロール、継承元=継承なし、適用先=このフォルダー、サブフォルダー 以上のようにたどりましたが効果なし。 さらに 「このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める」 「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」 この二項目にチェックを入れ→アクセス許可エントリの管理→OK→このオブジェクトの子孫すべてに対して明示的に定義されたアクセス許可を、Dataから継承可能なアクセス許可に置き換えます。続行しますか→はい→セキュリティの適用エラー。セキュリティ情報を適用中にエラーが発生しました ここでストップです。間違ったことをやってるんでしょうか? すみません、誰か教えてください! ただ、いつも思うのですが、回答者の方々はかなりのベテランばかりと見え、初心者に対する回答であっても「これくらいのことは当然知ってる筈だ」という感じで言葉が少なすぎます。恐縮ですが、小学生に言って聞かせるような感じで教えて頂けますか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

質問投稿の3、詳細設定タブ・・・・で 両方にチェックが入りますか? チェックが入ったら、『追加』で(選択するオブジェクト名を入力で SYSTEM と入力しOK USBのアクセス許可エントリ で 名前  SYSTEM 適用先 このキーとサブキー アクセス許可 フルコントロールにチェック OK アクセス許可エントリに継承無しのSYSTEMが出来たと思いますが? ついでにEveryoneも作っておきましょう。 アクセス許可は、次の四つにチェックを入れる。 値の照会 サブキーの列挙 通知 読み取り制御 OKを押す Everyoneの読み取り許可、継承なしのアクセス許可エントリが出来ましたか? USBのセキュリティの詳細設定のアクセス許可の 二つ有るチェックの上のチェックを外し、下のチェックはチェックを入れたままにしておく。 上のチェックを外すと同時に、『セキュリティ』のダイアログが出ます。 『コピー』『削除』『キャンセル』の『削除』をクイック 継承なしだけのアクセス許可エントリの欄になるはずです。 適用 何たらこうたら の説明ダイアログ OK で完成です!!! 私のXP PROではこの方法で出来ましたが、 試しに、USB端子にチューナを接続していたら、 外して試してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧にご説明いただき、ありがとうございます。 上記のとおりにやってみました。 >継承なしだけのアクセス許可エントリの欄になるはずです。 なりました。 ただ、やはり「適用」を押した時点でチェックマークが消えてしまいます。tochanbooさんも消えていますか? とりあえず気にせずに「OK」して ドライバのインストールをもう一度やってみましたが、だめでした。。

  • 回答No.4

USB(右クイック)→追加→administratorを追加する→フルコントロールチェック→ 詳細設定→編集→OK→一段目と二段目ののチェックを入れる→ダイアログが表示されコピーどうこうの説明が出る→ コピー→ 今までのアクセス許可エントリーに加えて、継承無しのエントリーが加わる。 ここで継承無しの許可エントリーだけでよいのか、それとも両方必要なのか私には解りません。 サポートに聞いてください。 どちらか必要なければ削除してください。 administratorのアクセス許可エントリーを削除する。 適用→OK

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 administratorを追加してからもう一度インストールを試してみましたが、同じ結果になってしまいました。 サポートには、一行目のチェックをはずして、表示されるダイアログで「削除」を選択するように言われました。

  • 回答No.3
noname#74226
noname#74226

ANo.2です。 私はWinTV-HVR 950 (Hauppauge)を使用していませんので何とも言えませんが、Webサイトの仕様をみた限りではUSB2.0環境であればOKなのでは、と思います。 お使いのPCはUSB2.0を満たしていますか? PCのBIOS設定によってはUSB2.0=Disableになっていることもあり得ることですので確認してみてはどうでしょうか。 BIOSにUSB2.0の設定項目があり、USB2.0=Disableになっている場合はUSB2.0=Enableにして試してみてはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仕様までチェックしていただいてありがとうございます。 私が使用している PC は SHARP PC-MW70J で、USB2.0準拠となっています。 http://www.sharp.co.jp/mebius/products/pcmw70j/p7.html BIOS も確認してみましたが、USB について設定する項目はありませんでした。。

  • 回答No.2
noname#74226
noname#74226

アクセス許可の置換処理が正常完了したのでチェックマークが消えた、ということだと思います。 そのチェックボックスの機能の解釈が異なっている、ということはありませんか。 チェックボックスのオン・オフは「適用」ボタンをクリックした際に「置換処理を実行する(オン)、しない(オフ)」の判断マークであり、処理実行後にはチェックマークは消える、ということだと思います。 つまり、そのチェックマークは「アクセス許可の[状態]を表示しているのではなく」、「適用ボタンがクリックされたら置換処理を実行するというトリガーマーク」だと思います。 したがって、オン状態で「適用」ボタンをクリックすると、子オブジェクトのアクセス許可エントリをリセットし、現在の親オブジェクトと同じにする」という処理が行なわれ、処理が正常終了するとオフに戻ります。(いつまでもオンのままでは不自然です) レジストリ変更が問題ならば、レジストリ操作に関する何らかのエラーが表示されるはずです。 ドライバーソフトは適切なものなのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 そうなんですね。そうすると、アクセス許可の設定はできているということになるので、他の原因を探したほうがよさそうですね。 ドライバソフトは、テレビチューナーに付属していた CD から入れているので正しいと思います。念のため、販売元のホームページからも最新のドライバをダウンロードしてきてインストールしてみましたが、これも同じ結果になってしまいました。

  • 回答No.1

起動時F8を押してセーフモードで Administrator パスワード無しでログインし レジストリをいじったらどうでしょうか? チェックを入れる項目が二つありますが、 一行目のチェックを外さずに 二行目のチェックを入れて 適用を押すと ダイアログが表示されて 意図することができるようになると思いますが? 最初にセーフモードでなく 通常起動で Administrator でログインして チェックが両方ある状態で適用してみてください。 それで駄目なら、セーフモードでやってみてください!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >通常起動で Administrator でログインして >チェックが両方ある状態で適用してみてください。 両方にチェックを入れて「適用」を押すと、一行目だけチェックが残って、二行目のチェックが消えてしまいました。 >起動時F8を押してセーフモードで >Administrator パスワード無しでログインし >レジストリをいじったらどうでしょうか? これでやってもまったく同じ結果になってしまいました。

関連するQ&A

  • レジストリへのアクセス権の設定

    Windows Vista でレジストリへのアクセス許可の設定をしたいのですが セキュリティの詳細設定で 「すべての子孫の既存の継承可能なアクセス許可すべてを、このオブジェクトから継承可能なアクセス許可に置き換える」にチェックをしても 「レジストリエディタは現在選択されているキー、またはそのキーのサブキーのセキュリティ設定できませんでした。」とメッセージ出て レジストリへのアクセス許可ができません。 設定方法わかる方、ご教授をお願い致します。

  • アクセス権を伝達するコマンドは?

    こんにちは。いつもお世話になっています。 ファイルサーバーにある、数百個のフォルダに個別にアクセス権が付いており、 そのフォルダ以下の全フォルダ、ファイルに、フォルダのアクセス権を伝達させたいのですが、 手作業では膨大な時間が掛かる為、いっぺんに行いたいと思います。 例) Aというフォルダには、domainadminsとユーザーAというアクセス権。 Bというフォルダには、domainadminsとユーザーBというアクセス権。 AにはAとdomainadminsを、BにはBとdomainadminsを適用したい。 フォルダ作成時には子オブジェクトの伝達がされていませんでした。 そこで『「子オブジェクト全てのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」にチェックを入れて適用』という内容をコマンドで実行したいのですが、その方法が分かりません。 コマンド、あるいは、いっぺんに行う方法をお教えいただけないでしょうか? ちなみに、 『「親から継承可能なアクセス許可をこのオブジェクトを子オブジェクト全てに伝達できるようにし、それらをここで明示的に定義されているものに含める」』 については「icacls」を利用して実行できましたが、この要件を満たしておりません。。 OSはWindowsServer2008r2です。

  • アクセス権設定に不自然なものが大量に出来ている

    共有ファイルについて質問です。サーバーは、Windows Server 2008 R2です。 ある共有ポイントの下を調べると、上位のフォルダにアクセス権を設定してあるのに、下位にも同じ無駄な設定がしてある、ということが大量にされていることが分かりました。人手ではとうていやれない程の数(千のオーダー)です。 例えば(記憶で書いているので、正確ではないかもしれませんが)Aの下にB、その下にCとして、  Aフォルダ 社員A このフォルダとサブフォルダ  Bフォルダ 社員A <継承無し> このフォルダのみ  Cフォルダ 社員A <継承無し> このフォルダのみ   ... これはどうして発生したのでしょうか? また、こうなってしまったフォルダはどう対策したら良いでしょうか?もちろん、一般的な対策としては、上位フォルダで「子オブジェクトの全てのアクセス許可エントリをここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置き換える」にチェックを入れてOK押すということが考えられます。しかし、下位の中には、 1)継承を切って設定をしているフォルダ 2)本当に必要な設定が継承無しで追加されているフォルダ もあり得ます。現状ではこれらと、最初に上げたおかしくなって入っているものがごっちゃになり、1)はまだプログラム的(自作)に探せていますが、2)はなかなか判別できません。まあ、この判別するソフトをVBスクリプトで書くか、という所ですが、簡単にやれるならやりたいです。 こんな状態でも一応は動いているのですが、出来ればすっきりさせたいです。

  • 「子オブジェクトのアクセス許可すべて...」の意味

    PC1とPC2の2台のWindows 7 Ultimate 64 SP1で、ルータを用いてLANを組んでいます。どちらも、IDとパスワードを用いてログオンしています。 PC1にはEveryoneが作ってあってそのフルコントロールをONにしてあります。 以前に教えていただいたのですが、次の[A]の操作をするとEveryoneがD:内の全てのフォルダにアクセスできると教えていただきました。 [A] D:を右クリックする→共有→詳細な共有→セキュリティ→グループ名またはユーザー名→Everyoneを選択する→詳細設定→アクセス許可→アクセス許可エントリ→Everyoneを選択する→アクセス許可の変更→アクセス許可エントリ→Everyoneを選択する→「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」にチェックマークを入れる→OK→はい。 今[A]のようにしてみたのですが、「セキュリティの適用エラー」という標題のメッセージボックスが表示され、それに次の『 』内のように書いてあります。 『セキュリティ情報を適用中にエラーが発生しました: D:$RECY...\~ アクセスが拒否されました。』 ※上記のうち「~」の部分は、長いので私が書くのを省略したという意味です。 このメッセージボックスには「続行」と「キャンセル」の2つのボタンしかないので「続行」をクリックすると10回くらい同じメッセージボックスが表示されますが、10回くらいでメッセージボックスは消えて順調に作業が始まり、完了します。 (1) 「セキュリティの適用エラー」という標題のメッセージボックスが表示されたときには、上記のように「続行」をクリックしておけばいいのでしょうか。 (2) 「[A]の操作をすると、EveryoneはD:内の全てのフォルダとファイルにアクセスできるようになる」のだと思っていますが、それで合っているでしょうか。 (3) 「[A]の操作をするまでは、EveryoneはD:内のどのフォルダとファイルにもアクセスできない」のだと思っていますが、それで合っているでしょうか。

  • アクセスを許可したいのですが

    system32の中のdllを消そうとすると「アクセス許可が必要です」と出てきてしまいます。権限を与えようとすると「Windowsセキュリティ」「セキュリティの適用エラー」「アクセスが拒否されました」と出てきます。 自分のパソコンなのに自由に弄れないとはどういう事でしょうか。 もちろんログオンしているユーザーは管理者です。 様々な方法を試してみたのですが、解決策が見つかりません。 どうか教えてください。

  • バッチでレジストリの削除をするには?

    OS NT4.0です。 PcanywhereのVERを9から11に上げる際、 9をアンインストールした後、下記のレジストリを削除してから11をインストールしなければなりません。 50台程この作業を行う必要があるので、出来れば自動化したいのです。 11のインストール作業はユーザーでも行えるように作成したCD-Rの配布で行うつもりです。 出来れば、そのインストールの直前にバッチを走らせて削除出来ればBestなんですが、よろしくお願いします。 過去の答えに近いものは掲載されていましたが、同じ事例がなかったのと、NTのコマンドリファレンスに掲載されていなかったのでひょっとして使用できない手法だったのかも?と思っています。 詳しい方がたくさんいらっしゃるようなので是非宜しくお願いします。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_GERNUWA

  • ネットワークアダプタに「!」マークがついて、消えない

    OS:2000 ある日、PCを立ち上げインターネットに接続しようとしたら 接続できなくなりました。 デバイスマネージャのネットワークアダプタに所に「!」が 表示されていていました。(前の日までは使用できた) とりあえず、ドライバを再インストールしようと思いましたが インストール中に「INF またはデバイス情報セットまたは要素が、 指定されたインストール クラスに適合しません。」とエラーが出ます。 また、ネットワークアダプタを詳細を見てみると 「このデバイスに必要なドライバを読み込めないため、 このデバイスは正しく動作していません。 (コード 31)」 と表示されていました。 アダプタを買った時に付いてきたCDの中のドライバをインストールしようと してもだめです。 ドライバを削除しようとすると 「デバイスを削除できませんでした。 コンピュータを 起動しなければならない可能性があります。」というメッセージが出ます。 ネットで検索し、レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\使用しているアダプタ名以下を削除 する方法が載っていたので、試しますが、削除出来ません。 削除するレジストリを選択し、[編集]-[アクセス許可]で許可してからと 載っていましたが、私のPCでは[編集]を選択しても、[アクセス許可]というメニューが 出てきません。なぜでしょうか?? 新たにドライバをインストールして、ネットワークアダプタが使えるように するにはどうしたら良いでしょうか? 教えてください!

  • レジストリエラー?

    フォトショップのプラグインソフトなどをインストールしようとすると、以下のメッセージがでます。「無視」を押して一応インストールは進むのですが、正しくインストールができていないようです。どうすればよいでしょうか? [System\currentControlSet\Control\VirtualDeviceDrivers VDD. レジストリの仮想デバイスドライバの形式が無効です。アプリケーションを終了するには、閉じるを選んでください] windows2000マシン。メモリやHDD空きなどは問題ありません

  • アクセス許可を得る方法

    外附けHD-LSV2(F)をローカルディスク(D)にコピーを実施いますと、一部のファイルはコピー出来るのですが、最後に{「警告!」フォルダーアクセス拒否。このフォルダーを変更するには、Administratorsからアクセス許可を得る必要が有ります。System Volume Information 作成日:20102/04/03 16:30[再試行(R)」][スキップ(S)][キャンセル] □同じ処理を現在の項目すべてに適用(1個)(A) }と表示されます。詰りアクセス許可を得る必要が有るのですが、如何なる処理をしたらよいのか初心者の私には判りません。アクセス許可を得る為のやり方を、順を追って具体的に御教示お願いいたします。 註記:1か月前ごろ初めて(F)→(D)にコピーした時は無事に出来たのですが、この度(F)のファイルが増えて変わったので、同じ方法でコピーしたのですが「警告!」が表示されました?

  • 外付け(USB)HDDへのアクセスが拒否される

    ノートPC内蔵のHDDをSDDに交換したので、別途2.5インチHDDケースを購入し、デスクトップPCにUSB接続した。ドライバーは自動でインストールされマイコンピューターにもアイコンができている。 このHDDのプロパティーのハードウエアータブをみると「このデバイスは正しく動作しています。」と表示されているが、ドライブアイコンを左クリックすると「¥にアクセスできません。アクセスが拒否されました」となり使えません。 このHDDが元々内蔵されていたノートPCに同じくUSB接続するとアクセスできてファイルも読めて通常通り使えます。 OSは不都合を起こしているデスクトップPCがwindows7 homepremium 正常に使えるノートPCはwindows7 RCです。 ノートPC上で以下を試みました。 このHDDのプロパティででAuthentical Userを追加し、詳細設定で「フルコントロール」にチェックしアクセス権を設定し<OK> 次にセキュリティ詳細設定ウインドウで、「子オブジェクト許可エントリを、・・・子オブジェクトに適用するもので置換する」にチェックをし<適用>ボタンをクリックするとアクセスエラーとなり書き換えができません。 どなたかご指導いただけると助かります。 尚外付けHDDの使用目的は内蔵Cドライブのバックァアップ用です。 windows7 homepremium ではLAN上のDiskにはバックアップできないことをインストールしてから知ったからです。

専門家に質問してみよう