• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エンジンの耐久性

大よそ理解できない世界なのですが、一般的な乗用車でもエンジンが3000回転/毎分とかで動いているのですよね。 1秒間に50回転、4サイクルとして、1秒間に25回も爆発を起こしている機械が、なぜ壊れないのでしょう?? 壊れないにしても、クランク室やシリンダヘッド、バルブやプラグ、各回転部等に大変な負荷がかかって、数百キロも走ると寿命が来てもおかしくないように思えるのですが、実際はオイル交換だけで10万キロも走ったりします。 回転数にすると天文学的な数字になると思いますが、鉄ってそんなに丈夫なのでしょうか? あのような大きいパワーを出力する、なおかつ精密な機械がそんなに長い間壊れないことが不思議でなりません。 なんか漠然とした質問で申し訳ないですが、どなたかご教示いただけると嬉しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数409
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

自動車整備士20年以上やってますが、正直、頭ではわかっていても感覚的にはいまだにピンときません。(笑) 昔乗っていた250cc4気筒のバイクなど、平気で15000rpmとか回っていたわけです。 1秒に250回転ですよね。 1回転が0.004秒ですね。 計算ではそういう数字になるんですよ。 理論も構造もわかってるんですよ。 でも、あのシリンダーの中で、そんなとてつもない勢いでクランクやピストンが動いている、というのは未だにイメージとしてはつかめません。(笑) ターボチャージャーなんて、タービン10万回転ですよ。 想像つきません。 実際には、クランクシャフトもカムシャフトも、ブロックやヘッドと直接接触していません。 クランクシャフトとメタルの間のごくわずかなクリアランスの間にエンジンオイルを供給し続けて、そのオイルの油膜に浮き上がった状態で回転しています。 (全く接触しない、というわけではありませんけどね) また、摺動部は、極めて高精度な表面処理がされて、摩擦抵抗を減らすようにしています。 もちろん材質も、熱や摩擦に耐えるだけの物が使われています。 それでも、まともに金属同士がこすれ合った状態で回転していたら、あっという間に摩擦熱で焼き付きます。 だから、オイル交換は重要なんですよ。 全然交換してなくてドロッドロのオイルや、極端な安物で質の悪いオイルを使っていると、まともに油膜が維持できなくて、アイドリングくらいは耐えられても、高回転・高負荷で焼き付くわけです。 長年整備士やってると、高熱で青紫色に変色した焼き付いたクランクシャフトやら、焼き付いた衝撃でヘシ折れたコンロッドがブロック突き破って飛び出してたりするのやら、いろいろ見てきてます。 ああいうの見ると、やっぱりとんでもない勢いで回ってるんだなぁ、と思いますね。 昔、中学生くらいの時、伊豆で遊覧船に乗ったのですが、その時、なぜか機関室のドアが開いていました。 中にはおそらく重油ディーゼルと思われる巨大なエンジンがありました。 回転数が低いので、バルブカバーなんてついていません。 むき出しのプッシュロッドやロッカーアームが、目で見てわかるくらいのスピードで、チャカポコ動いていました。 (おそらくアイドリングだと100rpmも回ってないんじゃないんでしょうか) あのくらいのスピードだと、なんとなくイメージできるんですけどね。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 自分はキャブレター車のバイクに乗っているのですが、その動力のしくみを調べれば調べるほど極めて精密で合理的で、知っていく程に本当に素晴らしい機械だなと、驚きと感動を覚えるのです。同時に、このような機械が何十年も壊れずに動いていることが不思議でなりません。 でもプロの方の意見を頂いて、「エンジンなのだからそれが当たり前」なのではなくやはり凄い機械なのだということが再認識できたので、もやっとが晴れてきました。

関連するQ&A

  • エンジンの回転数

    想像できないし、信じられないのですが。。。。 例えば、車のエンジンを6000回転まで回したとします。 これはつまり、1分間に6000回転。 1秒間で考えると、     6000/60=100回転 4サイクルエンジンの場合、 吸入、圧縮、爆発、排気、これら各工程が、1秒間の中で 繰り返し行われているわけですが、 吸入圧縮で1回転、爆発排気で1回転とすると、 それぞれの工程が、1秒間に50回行われている事になりますよね。 例えば、爆発工程を考えても、 1秒間に50回、シリンダーの中で燃焼している。。。。!? 想像できないなぁ~。 この考え方、間違ってますかねぇ。 また、エンジンの回転数って、クランク軸の回転のことで いいのでしたっけ??        

  • ラジエーター交換後にエンジンの回転数が...

    ラジエータを自力で交換したのですが すべて組み立て エンジンをかけたところ エンジンの回転数が3000回転まであがり その後 2000回転まで下がり また3000回転まであがり・・・というのを繰り返してます。 シフトを「D」に入れると普通の回転数まで下がります。 何がいけなかったのでしょうか??? 本当に困ってます。

  • エンジンの回転数は上がるのに加速しない

    こんにちは。 カワサキのZZR400Nに乗ってるのですが、エンジンの回転数は8000回転くらいなら普通に上がるのにそれにつれてのスピードがわずかづつしか速くなりません。 タコメーターで3000回転くらいを越すと加速しなくなり「ぼぼぼぼっ」といった変な音が出ます。 出だしは4STの原付にも負ける遅さです。 3000回転で6速に入れてやっと60KM出るという状況です。 3000回転を越すと回転数だけ高くなって加速しないのはやはりクラッチ系統の故障でしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#112803

私も、1万回転て凄いなと思っていました。 アイドリングでも6~800回転でしょ。音もほとんどないしね。 ほんと、最近のエンジンよく壊れませんね。 ちなみに、私のエンジンですが、最大で180回転ぐらいです。普段は70回転ぐらいかな。もう、かれこれ40年以上動き続けています。まだまだ動き続けてもらうつもりです。こっちも凄いね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ピストン1発分の爆発で発生するエネルギーはかなり小さいことは知っていますが、それを増幅させていって1万回転という途方もないエネルギーを生み出しても壊れないってやはり凄いです。 でも40年って更に凄すぎです感動的です。 これからもいつまでも大切に乗ってあげてください!

  • 回答No.4
  • aaa1099
  • ベストアンサー率15% (33/217)

>殆どのエンジンは多気筒なので実際に回転数分の爆発をおこしているのではありませんよ。 ??? 多気筒であっても4サイクルならば回転数の半分の数だけ 各シリンダーは爆発していますが・・。 そうでないエンジンなんてあるんですか? 具体的に教えてください。 1秒間に25回爆発、 機械的な構造を知ると確かによく壊れないなと思いますね、 エンジンのOHは元メカニックなのでかなり経験していますが、 その目線でもそう思います バルブのロッカーアームあたりがふっとんでもおかしくないように思えますね(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なんと申しますか不思議さは解決していないのですが(でも事実なので答えようのない質問だともわかっているのですが・・・)、プロの方に共感していただいて、少しもやもやが晴れました(笑)

  • 回答No.3
  • dora501
  • ベストアンサー率44% (57/128)

どうやら誤解されている事があるようですが… タコメーター上に表示されるエンジンの回転数とは、実際にはエンジン内のクランクシャフトの回転数です。 またロータリー以外はクランクシャフトとシリンダー内のピストンは繋がっていますが、一つのシリンダー内で、吸気・圧縮・点火(爆発)・排出の4工程をおこなうのでクランクシャフトの回転数=爆発回数とは違います。 現在、原動機つき自転車(原付バイク)や農耕機器以外の殆どのエンジンは多気筒なので実際に回転数分の爆発をおこしているのではありませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

耐久性はメーカーの顔にもなりますから、ある程度は頑丈ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • arain
  • ベストアンサー率27% (292/1049)

簡単に書けば「壊れないように開発している」から。 形あるものは当然いつか壊れます。 その壊れる要因を省く様に設計をし、使用する材質も検討しているためです。 >鉄ってそんなに丈夫なのでしょうか? 単純に「鉄」とはひとくくりにはできません。 鉄も含まれる微粒成分により性質が全く違ってきます。 ちなみに、鉄以外にチタンなどの材質も使用されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 鉄ではなくて、Steel、合金ですよね。書き方が間違っていました。申し訳ありません。 >簡単に書けば「壊れないように開発している」から。 そうですよね。。 150年も前に発明されて、開発の集積があるからこそ今の耐久性も性能もあるわけですものね。 それはわかるのですが、やはり不思議です。

関連するQ&A

  • シリンダー内のピストンスピード

    いつも乗っている車やバイクなどとても当たり前に乗っていますが、シリンダーの中では、たとえばタコメーターで3000回転と表示されていると1分間に3000、1秒に直すと50回転。一秒にピストンが50往復してるなんてどんなスピードだと実感が湧きません。と言うかそんなに早くピストンが動くとガスが点火されて燃焼する前にもうピストンがまた上がってきてる様に思えたり、バルブが開いてから閉まる間にもうピストンが上がってきているように思えます。そしてそんなに負荷がかかっているとクランク自身やコンロッドだって物凄い遠心力によりベアリングなどすぐに吹っ飛んでしまいそうに思えます。しかし現実そうでないのは分かりますが何故そんなに早く動いてすべてのタイミングがシンクロできるのか謎なんです。バカな質問かもしれませんが宜しくお願いします。 ガソリンが圧縮するとそんなに引火スピードはそんなに早いものなのでしょうか?バルブもそんなに早く開いて閉まるものですか?バイクなんて軽く18000回転まで廻るものもあります。

  • エンジンの回転数

    マニュアル車で教習を受けている者ですが 発進のときに毎回アクセルを踏みすぎてエンジンの回転数が 3000回転までいくんですが、このまま仮免の試験を受けたら 落とされるのでしょうか? ぜひ教えてください。

  • FZR400R、低回転ででエンジンがガクガク言うのはおかしい?

    バイクを初めてのって1ヶ月の初心者です。 先日FZR400Rを購入して乗っています。 まだこのバイクしか乗った事無いので一般的なバイクがどういうものなのかわかりません・・。 ちょっと自分のバイクがおかしいので教えてください。 今2速で1500回転で走っているとします、 アクセルを吹かすととりあえず2000回転位まで あがってそれからエンジンがバフバフバフと言い出して 回転数が上がらなくなります。 無理してアクセルを吹かすとバフバフがバッフンバッフン、車体もガックンガックンなって 3000回転をなんとか過ぎると安定して走行します。 アクセルを吹かしても3000回転に達する事ができなかったら エンジンは止まってしまいます。 これは2速~4速位で行うとなります。1速だとあまりなりません。 しっかり回転数をあげてからギアチェンジしないとこうなるものなのでしょうか? しっかり回転数をあげてからギアチェンジすると普通に走行できます。 教習者であるCBはこんなことなかったような・・。 やはりエンジンがおかしいのでしょうか? 低回転で走行している時にアクセルまわしたらどのバイクもこんなもんよ? とか やっぱそれはエンジンがおかしいよ!とか 指摘お願いします>< よろしくお願いします><

  • エンジンの回転数について

    エンジンの回転数が運転席にタコメーターで表示されます。 ちょっと疑問がでましたので教えてください。 アイドリングのときは800回転ほど。 しなし同じアクセルを踏んでいないのに 下り坂には(スピードによります?)が少なくても1200回転以上は 廻っています。 下り坂でオートマで「D」レンジにいれたままアクセルを踏まない 場合は燃料の噴射量は回転数ひ比例して噴射されているのでしょうか? 私の車は2000ccの4気筒です。 エンジンの回転数=燃料噴射量ではないと思ってすが 実際にはこの考えはあっているのでしょうか? エンジンの回転数=4気筒のシリンダーを通るシャフトの回転数 アクセルの踏み込み=シリンダーへの燃料投入量の調整 と思っています。

  • ジェイド 250のエンジン不調について

    ジェイド 250のエンジン不調について ホンダのジェイド 250、走行距離39000キロの車体に乗っています。 3年位放置していた車両。エンジンかからなかった為キャブレター清掃しエンジン始動はできたがアイドリング不調。 全部の穴を通して再度組み付け、エンジン始動したところアイドリングは何とか維持できるが1発火が入らないような感じがします。 症状は 1.左から3番目のシリンダーが点火しない 2.スロットルを開けると2次エアーを吸ったように回転数が下がらず1分弱3000回転のままでその後少しずつ回転数がさがる 3.アイドリングが2000回転以下になるとシリンダーかクランクケースのあたりから「カチカチ」と言うような異音がでる 以上のような症状が出てとても乗れるような状態ではありませんでした。 2次エアのような症状ですが、インマニとキャブの間にキャブクリーナを吹きかけてみましたが、回転数の変化がなかったので恐らく2次エアーではないと思います。 異音に関しては、タペットの音かもしれないと思うのですが、タペットのクリアランスが狂うとこのような症状が出るのでしょうか? 考えられる原因がありましたら教えて下さい。 (プラグは四個とも素人判断ですが、同じく焼けています。 圧縮はまだ測ってません。プラグ外して手で塞ぐと吸われる感じはありました。)

  • エンジン1万回転って、本当に1万回、回ってる?

    普通の車はタコメーターに刻んである値は最高8000回転/分ぐらいのものですが、 通常の運転中は回転数を上げても4000-5000回転/分ぐらいでしょう。 スポーツカーやモータースポーツ用のレース車ですと1万回転/分を超える場合もあるようですが 1万回転/分といいますと/秒に換算すれば166.6回転/秒です。 1秒間に166回以上もピストンが上下するなんて信じられません。 回転数というのはピストンごとの回転数を足し算するのでしょうか? (例  4気筒なら一つのピストンが2500回転/分で、4気筒合計で1万回転/分、 8気筒なら一つのピストンが1250回転/分で、8気筒合計で1万回転/分、と計算するとか・・・) それとも本当に1分間に1万回転もしているのでしょうか? 詳しいかた、お願いします。

  • 軽自動車 エンジン回転数

    近距離チョイ乗り用にパジェロミニ中古を購入。初めての軽自動車です。時速50kmでタコメータは3000回転付近。普通車に較べると随分回転数が高いのですが、こんなものなのでしょうか?

  • エンジン

    SUZUKI ワゴンR 通常ATの回転数は何ですか? 2000回転→時速0~35Km 3000回転→時速35~50Km 4000回転→時速50~60Km あとは速度に合わせてあがっていくだけです… ギヤチェンを上手くできてないみたいです… 車検を今年の5月に通しました。 僕のワゴンRが何年式か分からないのです… 走行距離は75000ぐらいです。 特長 4ドア テールランプはサイドじゃなく、下にあります。 最近エンジンの回転数と速度に合わせてうるさいんです… そして前輪の方から異音が… 一番不思議なのは内装のドリンクが置けるあたりの上をさわると熱くなってるんです… 何も車の事が分からないので分かるかた教えてください。

  • 最大出力、トルクの発生回転数。

    バイクのカタログには最大出力と最大トルクが書かれていますが、その発生回転数は3000回転以下から10000回転以上まで様々ですよね。 バルブの駆動方式や、マフラーのヌケのよさで変わってくると聞いたのですが、他に最大出力発生回転数と最大トルク発生回転数を決定する要素は何ですか?

  • キャブレターの調整について

    SRに乗り始めて1週間です。 アイドリングが不安定でキャブレターを調整してみましたが上手くいきません。どのように調整したら良いのでしょうか。 ちなみに今の症状としては・・・ アイドリング時に回転数が1000回転以下だったので、ネジみたいなものを右回転にクルクルとまわしました ⇒ 回転数は1300回転くらいになったのですが、空ぶかしした時に回転数がヘンなんです。スロットルを開けて2~3000回転にして、スロットルを放しても2,3秒は回転数が元に戻らずに、少し経ってからゆっくり回転数が落ちていきます。