• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

築14年の住宅の基礎に耐震性がなく、建て直しや補強など費用がかかるので困っています。

 築14年の2世帯住宅ですが、同居の母が亡くなったので1世帯用に改修をしようと思い、知り合いの建築士さんに見ていただいたところ、基礎がブロックで2m積んであり、耐震性がないので、大がかりな補修か立て替えが必要と言われました。設計図だと鉄筋コンクリートの基礎のようですが、狭い土地にむりやり2世帯にしたため、地下も作っておいたら便利と工務店にいわれ、2mほどの高さで総堀の地下室を作りました。当時は建坪率など違反していました。でも、耐震性のない基礎(接合部分も)になっているとは、まったく知りませんでした。工務店も悪意があったようではなく、地下室を活用していくために、ブロックのほうが便利との考えだったのかもしれませんが、多額の経費がかかるので腑に落ちません。このような場合、工務店に責任はないのでしょうか。責任を問えないのでしょうか。また、耐震補修は平成6年当時の基準程度まであげてもらう程度では、大きな地震に耐えられないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数189
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#78261
noname#78261

築14年ということは平成6年ごろですね。 木造の住宅の筋かいの量はそのころから規定はそうそう変わってはいませんが、バランスや金物の指示が細かく決まったのはH12です。 そのころの建物なら通常はバランスが悪くても壁量が足りない程度がほとんどですし、耐震診断の際は、筋かい以外の壁も作り方によっては耐震に効くという計算を行うのでたいてい100%を超えるはずです。 それだけ担当者の経験値で建ててしまった設計監理のできていない建物だった可能性があるといえるでしょう。 ジャッキアップで施工するのは本筋です。 可能ならば。 震度6を要求されればそう言われても仕方がないと思ってください。 しかし、費用はかなり高くて上物の老朽化も考えると建て替えの金額と天秤に掛けるくらいの費用であると思います。 耐震改修は違法建築にはもちろん補助金なども出ませんのですべて自費です。できる範囲しか改修できないのは仕方ないと思います。その建築士が基礎を完全に直さなければ安全を担保できないといったらその通りだと思いますし、そんな高額な工事はできないといったらそれも仕方がないことです。民間住宅の耐震改修はそういうコストの限界の中でどれだけ安全を高められるかという工夫をするしかないのです。 検査済みをおそらくとってない、しかも違法と知っている。この状態では今は、売ることはできないと思ってください。耐震診断をしたかどうかは、重要事項で知らせる義務がありますし、言わなければ契約解除となります。また、検査済みのない違法建築はローンも下りない可能性が最近は散見し、買い手がつまりはつかないということになります。 あなたは、社会的責任もおっているのです。 危険な建物を作ったのは建築主にも多大に責任があるのです。 改修の度合いはあくまでできる範囲となるでしょうが、 どうぞ悪意を込めて売り払わないようにお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

建坪率違反を承知で建てているようなので 完了検査とかはしていない状態の建物なのですかね 施主さんが違反承知でやっている様なのでどうしようも無い気がしますが 地下室の上に部屋がある場合、現在の基準ですと鉄筋コンクリートでも難しい作りだと思います 確認申請が必要な工事は無理じゃないでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

建築基準法の手続きもお任せでよくわかりません。面積的な違反は工務店から提案のあったもので値切ってもいないので、耐震性が不十分だとは疑いもしませんでした。たぶん、これまでもそれでやっていて、大丈夫という現場的な判断だったのかと思います。皆さんから回答をいただき、勉強になりました。ただ、現在の基準まででなくても、どのくらいの震度に耐えられるのかによって、我慢して住むか、補強するか、建て直すか(お金的にはきついけど)、検討していきたいと思います。ありがごうとございました。

  • 回答No.2
  • rexxam
  • ベストアンサー率35% (430/1203)

質問の答えとは、異なり、気分を悪くされたら、申し訳ありません。 お話の様子だけですが、いずれにしろ一般的なものよりも 大幅な費用が掛かるように、お見受けしました もし、その土地が先祖代々のものでなく、執着心もそれほどでも なければ、貸すなり、売るなりして、住み替えも視野に入れては いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスをありがとうございました。皆さんから回答をいただき、勉強になりました。建て直すかとお金的にはきついので、どうしようかと思案中です。住み替えも視野に入れたいのですが、耐震性が不十分だということで、貸したり売ったりすることができるのでしょうか(知っていて隠すことになるので)。色々、検討していきたいと思います。ありがごうとございました。

  • 回答No.1
noname#78261
noname#78261

どんなブロックかはわかりませんが、普通ブロックの強度はコンクリートの約1/3です。しかも建築主が違反承知なら、どんな工事をしても合法でなくて当たり前とは思います。「違反してるけど安全」など保証されることはありません。 14年前なら瑕疵保証も付きません。品確法前ですので。 保証はしてもらえません。 耐震改修を行いたいなら建て替えを私もすすめます。 今の基礎で軸組みだけ補強するという意味でしょうか。 軸組の耐震度合いによってはつぶれずに命は助かるかもしれません。 しかし、持ち上がりどずんと落ちるような揺れの場合は基礎から軸組みが離れて家が飛ぶ可能性もあるでしょう。 あきらめてリフォームだけなら耐震改修せずとも構いませんが、 安全の担保はとれません。 いくら建築主が地中に埋まっているから安全だと思ってもブロックではお話にならないというのが常識となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございました。大変参考になりました。ほかの回答者の方の回答からも、補償や経費案分などの件、無理ということがわかりました。  建て替えも視野に入れ検討しますが、現在の基準まででなくても、このままだとどのくらいの震度に耐えられるのか、例えば震度6に耐えられるくらいだとどのくらいの補修が必要か、など考えていきます。  建築士さんからは、やるなら補強というレベルではなく鉄筋コンクリートで作り直しで、その場合、上屋はジャッキアップするので、上屋の構造計算も再度する必要があると言われていますが、それしかないでしょうか(現在のブロックの壁に沿って鉄筋コンクリートの基礎を打ち直すとのこと)。素人が考えるとジャッキアップまで必要あるのでしょうか。それから、上屋の筋交も現行法上95%程度と言われていますが、改正前の基準でも足りなかったのでしょうか。

関連するQ&A

  • 住宅のブロック基礎、リフォームする場合の対処法は

    実家をリフォームして同居することになりました。 工務店にリフォームを依頼し、計画を立てて実行する前になり問題が出てきました。 現在の家は、増築をしており、増築部分をリフォームする予定でしたが、増築部分(1階建て)の基礎がブロック基礎だと判明しました。 増築したのは平成6年。その時期にブロック基礎を住宅に使うのは違法だったらしいです(申請は通っているんですが)。 違法だとされるブロック基礎部分のリフォーム、可能ならば、何か対策をしてでも続行したいとは思っています。 依頼している工務店にも方法を考えてもらっていますが、私たちでも何かよい方策がないか調べています。 ブロック基礎のリフォームで何かよい方法はないでしょうか。 法律的にも問題なく、耐震面でも強化できる方法を探しています。

  • FPとSWの耐震性、断熱性について

    現在、FP工法とSW工法で新築を検討しています。私の住んでいる地域は南海地震の確率が高いので耐震性の高い家を建てたいと考えて検討しています。FPは耐震の認定を取ったFPパネルに面材をプラスした特製のパネルらしく、これだけで断熱と耐震を兼ね備えた家ができるといった売り込みをされていますが、坪単価が85万と破格に高いです。SWと競合が多いとのことだったので見積りを取って見ましたが、やはり300万ほどFPが高くなりました。それでも、値引きで対抗しなくても最終的にFPを選ぶ方が多いとの説明で値引きはしない雰囲気でした。とはいえ余りにも高いのでSE工法をやっている一級建築士の工務店にも相談してみましたが、安価なロックウールでも十分な性能が確保できるのに断熱にそこまでお金をかけなければならない理由もないし、FPやSWが構造的に特別に強いとも思ってないし、FPやSWは営業の人が売り込みがしやすく施工の管理もしやすい上に金額が高く取れるので増えてるかもしれないけど、住み心地と耐震性を考えてもそんなに高い家にする必要はないと思いますとのことで、提案された図面としては一番雰囲気がよく、金額も一番安価でした。地震のことを考えたら高くてもと考えてしまいがちでもあり、熊本地震でもあまり揺れなかった実績ありみたいな話もありますが、FPやSWの実際の評価とかご存知であれば教えてください。

  • 2階部分のオーバーハングと耐震性

    このたび新築するにあたり間取りを検討中です。 30坪弱の狭い家なのですが、2階の寝室部分がどうしても狭くなってしまい1メートルオーバーハングさせることになりました。巾は2.5mです。 建物は縦7m×横8mの四角形から駐車場スペースのため縦3.5m×横2.5mの四角を切り取った形です。(Lを左右反転させた形) この切り取った一辺の部分を1メートル出っ張らすのです。 下の階はリビングでボゥウインドゥがついています。 オーバーハングしないとかなり狭くなってしまい工務店の提案で当初から計画に入れていましたが、地震の時に倒壊しやすそうですし、また外観上の問題からも考えてしまっています。 1m×2.5mのオーバーハングというのは実際のところ地震時に問題になるのでしょうか? せめて0.5メートルに出っ張りを減らそうかとも思っていますが、0.5メートルでも耐震性を考えると問題でしょうか? もし採用したとして建築時の注意点などのアドバイスもいただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 地下スタジオ付き一戸建てを建てたいのですが

    私は東北(岩手)在住の者ですが、地下にドラムスタジオの付いた一戸建てを建てたいと思っています。 まだまだ構想段階なのですが、色々と勉強したいと思い、ネットで実際たてられた方のHP等見たりはしているのですが、不明な点が多く、困っていました。 ○東北地方で音楽スタジオ+一戸建てを施工できる工務店、ハウスメーカー等がネットで探せません。 ○地下室単体での価格等は調べられるのですが、(関西方面の業者さんですが)地上の一戸建て部分の価格や 坪単価等がおおよそでも分かるサイトが見つからない。 一応、地元の工務店やハウスメーカー何社かに地下室の ことを聞いてみましたが、どこもウチでは取り扱っていないとか、防音用途の地下室はちょっと・・という答えでした。 そこでお聞きいたします。東北地方で地下室(防音用) と一戸建てを建築する業者をネットで調べたいのですが、なにか的確な検索ワード等ご存じの方教えていただけませんでしょうか?直接工務店等に聞いてしまうと冷静に比較検討ができないような気がしています。 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

  • 新築住宅に夢を馳せています。

    新築住宅に夢を馳せています。 今はまだ賃貸暮らしですが、何れは一戸建てに住みたいと考えています。 デザインも重視して建てたいのですが、耐震性なども気になります。 地方の工務店(中国地方)で良い工務店はないでしょうか。

  • 詳しい方教えて下さい!

    家を新築する予定なのですが、今3社に絞って検討中です。3社というのは東日本ハウス・セキスイハイム(木質系)・地元工務店、です。主人は耐震性がある家か、後々補修費用がなるべくかからない家かどうかを重きに置いて考えているようで、私は2点に加えて生活導線を考えた作りにできるか、掃除しやすいかを考えに入れている所です。 それでお聞きしたいのは東日本ハウスのグッドストロング工法と、セキスイハイムの2×6木質パネル工法、どちらが耐震性があるか、なのです。工法に詳しい方、あるいはどちらかのHMで建ててらっしゃる方教えて頂けないでしょうか。

  • 伝統工法の家の耐震補強・リフォーム

    いつも拝見させて頂いております。 なにぶん素人ですので、説明不足・意味不明の内容等ございましたら、ご容赦頂けたらと思います。 昭和8年建築の伝統工法で建てられた家を、この度耐震補強・リフォームする予定です。 そこで質問なのですが、 (1)現在の建築基準法や耐震補強の市からの補助金などは、ひとまず考えず、伝統工法の本来の建て方や構造の長所を生かし、免震の考えを生かすとするならば、どのような耐震補強が可能でしょうか? やはり筋交いではなく、バランスよく柱や壁を増やすといった方法が良いでしょうか? 又伝統工法の上記のような耐震ではやはり倒壊の危険性があると考えられますか? (2)伝統工法の家でのリフォームでしてはいけないこと等はありますでしょうか?(大雑把な質問ですみません) ちなみに昭和63年に20M程位置をずらす移築をしており、基礎はコンクリート基礎(鉄筋入りかは不明)になっており、所々の壁にその際に工務店の勧めで行った、壁や筋交い(斜めではなくクロスで)が入っています。 (3)伝統工法の建築に筋交いがあると、地震の際一気にそこに力が加わり、倒壊の危険性があると聞いたような気がするのですが、それは本当でしょうか? またそうだとすると、今回のリフォームの際、その筋交いは外した方が良いのでしょうか? 補足として、最近廊下の張替えをした際、大工さんに床下の点検をしてもらったところ、基礎を高くしているためか湿気・腐食・白アリの心配はないそうです。また今回のリフォームはひとまず2階のみ(52畳)の内装の全面リフォームで、床の張替え、天井・壁の断熱、間取の変更、トイレと洗面台の設置を行う予定です。 できれば伝統工法の家を良く知った工務店さんや大工さんにリフォームして頂き、家の良さを生かし、不満な所(断熱等)をリフォームする際、家に負担をかけないように行いたいと思っていますが、色々インターネットで探しても近くにそういった会社のHPがみつかりません。 当方宅は愛知県東部(静岡との県境)にありますが、 (4)信頼できる大工さん、工務店さん、建築会社さんをご存知な方がいらっしゃいましたら、教えて頂ければと思います。 (5)他に伝統工法の家をリフォームする際、「これは重要」、「これはしてはいけない」、「こんな方法もある」等、教えて頂けると助かります。 長文になってしまい申し訳ありません。少しでも多くのまた色々なご意見をお聞かせ頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

  • 集合住宅、1階、耐力壁のひび割れと耐震補強

    竣工15年、1階屋内駐車場、耐力壁に、裏にまで貫通した、斜めひび割れが、表壁,裏壁合わせて21本あります。ひび割れ幅は、最大0.2~0.3mmです。長さ2~2.5mです。ここ数カ月間に新しいひび割れの発生はありません。柱、基礎コンクリートにひび割れはありません。柱の沈みもありません。建物周辺の石垣に動きはなく、2m離れて立つ電柱に傾きなどの動きはありません。ひび割れの数が多いこと、斜めの応力クラックであることで、耐震工事をした方がいいですか。耐震工事費用はどれくらいですか?500万円程度で、壁の入れ替えができますか?鉄筋の入れ替えだと300万円程度ですか?コの自字型の壁に囲まれた、5mX10mの広さの屋内駐車場です。建物は、平成9年3月竣工で、阪神震災後の改正建築基準法に適合し、耐震性のある建物です。ひび割れは、竣工3年目から発生し、8年目頃で終息しています。しかし、ひび割れ周辺に、成長きざしのある、微細な、斜め応力クラック様のものは多数あります。ご指導を、宜しく、お願いいたします。

  • 阪神間での鋼製地下室付き住宅建設を請け負ってもらえる業者

    阪神間での鋼製地下室付き住宅建設を請け負ってもらえる業者を探しています。 株式会社アイ・ベースメント 株式会社ビィ・アンド・エル など、鋼製地下室を取扱っている会社は見つかるのですが、 上の建物も含めて建ててもらえそうな業者が見つかりません。 通常のハウスメーカー、工務店などは「地下室」と聞くと、 極端に引け腰になりますし。 ご存知でしたらお教えいただけないでしょうか。

  • 土台

    木造平家建を検討しています。大手ハウスメーカーと工務店の土台造りの点で相違があることがわかりました。耐震性、その他の点でどちらが優れているか教えてください。 1 大手 土台の枠を作り先に鉄棒を固定し、そこに生コンを流すから鉄棒の間隔、ラインがまっすぐ 2 工務店 先に枠の中に生コンを流し、適当に固まったころに鉄棒を刺していく