• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

鬼の国の、おとぎ話・・・

人間の国のおとぎ話ではいつも悪者になっている鬼ですが、鬼の国にもおとぎ話があるはずです。 人間界で伝わっているおとぎ話を、逆に鬼の立場から語られている話とか、いろいろな話がありそうですが、残念なことに人間界には伝わってきません。 そこで、みなさんに、鬼の国ではどんなおとぎ話がありそうか、ご自由な発想で考えていただきたいのです。 ご回答は、簡単なあらすじやレジメ程度で結構ですので、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数167
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#77585
noname#77585

ある晩、酒盛りと踊りに興じていたら、木の陰からカーるおじさんの様なお爺さんが踊りながら出てきました。 上手な踊りに喜び、親近感を感じてイタズラでお爺さんのホッペのコブを取りました。 驚いたお爺さん。その顔をみて、イタヅラ成功。と喜んだ鬼。 コレを返してほしかったら、明日も来るんだぞ。 と約束したのに、次の日は違うお爺さんが。。 一緒に踊ってみたら、不器用で下手なんだけど、その一生懸命さに感動した鬼たち。 お爺さんが愛おしくなり、昨日の爺さんからイタズラで取ったコブをお爺さんに進呈したのでした。 お爺さん、感動をありがとう。 そのお爺さんは、顔を涙でゆがませて山を下りました。 良いことをしたんだと確信した鬼たち。 お爺さんも感涙にむせび喜んでくれたと自分の事のように喜んだ鬼たち。 ええ話やなぁ・・コブ上げ鬼さん(コブ取り爺さん)より

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼がお爺さんのホッペのコブを取ったのは、実はイタズラ心からだったんですね。 そして、次の日にやってきたお爺さんには優しくしてあげようと、コブを付けてあげた・・・ 人間と鬼との価値観には、そんな違いもあることでしょうね。 このおとぎ話を聞いたら、人間もペットなんかに何か勘違いした扱いをしていないかと自問しなくてはいけないと思いました・・・役に立つ話やなぁ~ ありがとうございました!

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

いまは昔、鬼の国で遺伝子異常が発生した。 遺伝子異状による突然変異により全く違う体型になった鬼は、 いままでの鬼を攻撃するようになった。 突然変異の鬼の数が増え、残った今までの鬼は地球を脱出し、 新しい星へ移住し、平和に暮らしましたとさ。 そして突然変異を起こした鬼の事を「人間」と名づけ、 鬼を襲う悪い怪物として、物語に残しました。 こんなところでいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼は、実は宇宙人だった・・・という「トンでも説」はありそうですけど、人間が実は鬼だったというのは、非常に面白い「トンだ説」ですね~ 鬼から見て、人間は鬼が変異したもので、鬼の国ではその人間が悪い怪物で、人間から見ると、鬼は人間の先祖で・・・って、なんだかわけが分からなくなってしまいそうですが(笑)。 ありがとうございました!

  • 回答No.8
noname#95653
noname#95653

ア・ロング・ロング・顎~ ずーっと昔には、鬼と人間は本当に仲が良かったのです。    証拠:http://www.kca.co.jp/~nuts/tanoshi/akaoni.htm  けれども、時代が下がるにつれて、いつしか人間は元のように鬼を不信の眼差しで見るようになり、ついには敵対するようなりました。それでも、鬼は心の優しさは失わずに人間には姿を見せずひっそりと今日まできたのです・・・ それでは、いかに鬼より人間の方が恐ろしいか2~3、言い伝えを紹介しましょう。 1.「人ばばあ」 2.「人の目に涙」 3.「人警部」 4.「人押し出し」浅間山噴火跡地 4.「人ごろし」安焼酎の名前(ローカル品) いかに人間が恐ろしいことか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

赤鬼ももちろんですが、青鬼もそれ以上に優しい心の持ち主だったんですね。 でも、人間は自分とは容貌が違う相手に対しては、心の底から信頼することが出来ない生き物のようですからね。 鬼の国では、恐ろしい人間を形容した言葉がたくさんあるものですね。こうしてみると、鬼に対する人間の歪んだ見方が分かってきます。 ありがとうございました!

  • 回答No.7

既存の鬼が出演するすべてのおとぎばなしの、「鬼」という単語に「嫁」と言う単語を付加してからもう一度お読みください・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼嫁の国の、おとぎ話・・・ そりゃ、人間世界の恐怖話かもしれませんね(笑)。 ありがとうございました!

  • 回答No.6

川で泳いでいるうちにパンツを流されてしまいました。 下流の人間が拾って履いてしまいました。なかなか丈夫なので人間は代々履きつづけて(鬼の一生は長いのです)、そのうち私のパンツは歌にまでなったようです。(以下略) 物好きだねえ、パンツぐらいで歌まで作って・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼の国でのおとぎ話が、人間世界に結びついていたんですね~ それにしても、流されたパンツが歌にまでなるとは、持ち主だった鬼も想像さえ出来なかったことでしょうね(笑)。 ありがとうございました!

  • 回答No.5

鬼の母さんから御質問者様へ 鬼の世界では鬼であること。 悪といわれる事をやりつくす事が、 一番幸せという、言い伝えしかありません。 人に嫌われれば嫌われるほど、立派な鬼です。 鬼が島の鬼も、一寸法師に退治された鬼も、、。 みんなが憧れ、崇拝する御先祖様です。 競って英雄になりたい鬼は考えています。 鬼の姿では駄目だから人の姿に変わろうと。 この世に、悪がはびこるのは、 この鬼たちが、一生懸命子孫繁栄に励んでいるからですよ。 人として生まれたのに、 鬼が化けた人にも劣る行為をするのは非常に不遜です。 鬼にも劣る行為といえましょう。 追伸 人間よ!善であれ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼のお母さんから直々にお答えいただくとは、夢にも思いませんでした(笑)。 鬼の世界は、人間世界とは道徳観が全く正反対なんですね。 そんなに違う世界でも、それぞれ別々に生活していればどうということもないでしょうが、時に人の姿に変身して人間世界に現れる輩がいて、それが人間に悪さを覚えさせているのかもしれませんね。 そうして悪さを覚えてしまった人間は、鬼の世界に追い払ったほうがよさそうですね。 ありがとうございました!

  • 回答No.4
noname#73084
noname#73084

鬼の存在を知らなかった頃、一人の人間が「お兄~さん、こちら、手のなる方へ」と自作の歌を鼻歌まじりに…それを聞いた鬼が笑顔で駆け寄って来ました。 しかし、金棒を手にした見た事の無い「怪物」に驚き逃げ出してしまいました。 鬼もショックを受け人間を敵対する様になりました。 悲しい「すれ違い」のお話しです。 *無理がありましたら、お詫びします(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「お兄さん」と「鬼さん」は、確かに聞き間違いやすいので、そんなこともある・・・はずないですって(笑)。 でも、新宿の歌舞伎町あたりでは、「お兄~さん、こちら」なんて声を掛けている人がいっぱいいますから、一応気を付けた方がいいと忠告しておきますね。 ※質問にも無理がありましたら、お詫びします(笑)。 ありがとうございました!

  • 回答No.2
noname#207400
noname#207400

くる日もくる日も人間たちにかなしい思いをさせられていた鬼たちは、ある日、人間たちをやっつける事に決めました。 ある鬼は、こんなことを人間にぶつけました。 「うちのむすこは足がおそいのだ。なのにみんなの前でかけっこをさせて、さらしものにするなんてヒドいじゃないか!」 またある鬼は、こういいました。 「ぎょうじの時のしゃしんが、うちの子は2枚しかないじゃないか。赤鬼さんちの子どもは、3枚あるのに!」 またある鬼は、こういいました。 「給食のお金なんて、ありません!たのんでもいないのにかってに食べさせておいて、お金をくれなんて、とんでもない!」 鬼たちは、みんなでけっそくしてこん棒をもち、人間たちにつめよりました。 すると、人間たちは泣きながら、こうさんしました。 いらい、学校ではかけっこにじゅんばんをつけず、ぎょうじのきねんしゃしんはクラスしゃしんだけ、給食は、なくなりました。 めでたし、めでたし。 以上、鬼の国のおとぎ話でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

昔は結構おとなしくて、子どもたちの教育を人間にまかせていた鬼たちが、どうもその教育が間違っているのではないかと立ち上がった・・・ すると、以前は雲の上の存在に思えていた人間の先生たちも、案外と弱いことに気が付いて、逆に自分たち鬼は実は人間からはモンスターとして見られていたことに気が付いた。 これで、学校も教育も、鬼たちのしたいようにすることが出来て、めでたしめでたし・・・ですかね(笑)。 ありがとうございました!

  • 回答No.1

鬼は人間の里に降りて友達になろうとする。 しかし人間達はただ鬼を怖がり金銀財宝を差し出し帰れという。 何度も足を運ぶ鬼。 何度も金銀財宝を差し出す人間。 ある日桃太郎という人間が鬼のもとにやってくる。 友達になってくれる人が来たと駆け寄る鬼。 悪の鬼が襲ってきたとバッサリと切り捨てる人間。 鬼が逃げ去った後、自分達で差し出した財宝を持って帰る人間。 人間を信用すること無かれ。手を出すこと無かれ。 一番恐ろしいのは鬼ではなく、人間である。 勝手に都合の良い解釈をして、都合が悪くなると排除する。 人間を信用すること無かれ。 という桃太郎の逆バージョンで・・・。 こんな教訓の物語が伝わっていると思います。 安直及び稚拙な文章で申し訳ありません。 というよりこんなので良いのかと不安です・・・。 ご質問の趣旨と違っているようでしたら削除申請します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鬼からしたら、人間社会には理解できないことが多いかもしれませんよね。 特に、金銀財宝を何よりも一番大切にしているということには、驚きそうです。 鬼たちにとっては、そんなものあんまり価値がなさそうですしね。 取りあえず受け取っていたそんな金銀財宝なのに、それを取り返そうとやってきた桃太郎に退治されてしまった鬼たちは、さぞ納得がいかないでしょうね~ 人間世界には近寄るべからず・・・と、物語を締めくくりそうです。 よく分かるお話ですし、削除申請なんてとんでもないです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 鬼が出てくるドラマ

    昔、鬼が出てくるドラマがあったかと思うのですが、 詳細を思い出せず、困っています。 どなたか心あたりのある方がいらっしゃいましたら、回答お願いします。 ・五~十五年くらい前のドラマ(たぶん) ・日本のドラマ ・特殊メイクのリアルな鬼が出てくる ・その鬼はたしか「アマノジャク」と呼ばれていたと思います ・角のある恐ろしい鬼です ・不可避的に鬼に変身してしまう人間の話だったと思います ・鬼に変身すると、理性がなくなり、鬼の本能で人間を襲ってしまうので その人物は悩み苦しむ ・「アマノジャク」が森にいる場面があったと思います ・もしかしたらドラマでなく映画だったかもしれません よろしくお願いします。

  • 鬼の存在について

    中国では鬼というと幽霊のことだそうですが、 日本における鬼とはどんな存在でしょうか? 日本の至る所に鬼の伝説がありますが、 平安時代、都に現れた鬼。 東北のなまはげに代表される鬼。 桃太郎に登場する鬼。などなど。 鬼の姿は、赤・青色が定説ですが、これはある種族の戦闘時体に色を塗るとされているらしいですね。 男性は赤。女性は黒(といっても、紺・青)=青。 したがって、流浪の民か今の日本の領土が確定するずっと前のどこかの別の島の人間。という 解釈もできます。 それに、東北の鬼は村人がたたきのめしたところ、もうやってこないことを約束した。という話もありますよね。 また、もっと昔の平安時代などの鬼は、 どこか別の国から流れ着いた人間であった可能性がありますよね。 島国の日本としては十分な可能性ですよね。 また、現在の鬼のイメージでは、 角と虎柄のパンツというものも中国の幽霊説からの想像であることも知っています。 鬼門が方向を表す干支の位置からですね。 と、ここまで少ない情報からの知識ですが、 いわゆる鬼(人間ではない。妖怪?や発達途中の人間の突然変異)が本当にいたのかどうかが 知りたいと思っています。 どこかの神社には、角の生えた鬼の首(ミイラ?)が封印?されているとも聞きます。 画像など公開されていたりするものはあるのでしょうか? それに、現在の学術上の鬼の定義や、もしも鬼のミイラなどがあり、その研究がされている場合は、 その鬼のミイラは、何者なのでしょうか? やはり、人間?でしょうか?

  • どこの国の昔話?

    下記の昔話(あらすじ)がどこの国の話かご存知の方はいらっしゃいませんか。 昔々、2匹のネコが一切れのチーズを平等に分けようとしていたところ、サルがやってきて「ぼくが同じ大きさに分けてあげよう」と言ってチーズをかじりました。しかし、チーズは同じ大きさには割れず、サルは「これでは平等ではないから、やりなおします」と言って、一切れを食べてしまい、残りの一切れをまたかじりました。しかし、やはりチーズは同じ大きさには割れず、結局、これを繰り返して、さるがチーズを全部食べてしまった…という話です。 よろしくお願い致します。

  • 3年ほど前に少女コミックで連載していた漫画

    3年ほど前(多分・・)に「少女コミック」(小学館刊)に連載されていた漫画を知りませんか。 大まかなあらすじを→主人公は魔法使い(普通に街中でほうきに乗り、空を飛んでいました)。ですが、魔法使いの世界でなにか悪いことをしてしまい、その罰として、人間界に送られ、人間の男性の子供を授かるように言われました。そのため、人間界に行き、出会う男性につぎつぎと「子供をつくりましょう」などと声をかけていきます。 第一話しか読んだことはありませんが、あらすじはこんな感じだったと思います。 主人公は十代後半でたしかかなり胸が大きかったような記憶があるのですが・・ 絵は少しクセのある可愛らしい感じでした。 以上の説明で思い当たる漫画がありましたら、知る限りの情報をお願いします。

  • 日本の外務省が国として認めていない国(?)を教えてください

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html 日本の外務省が国として認めていない世界の「微妙な国(?)」が知りたいです。 教えてください。 ex)台湾・チベット・ハワイ・琉球王国 基準は、適当に今思いついたものだけでも、回答してくださる方個人の感覚でも 、回答してくださる方個人が考える「一般的に微妙とされているであろう」国(?) でもなんでも構わないですが、できればなるべく「一般的・国際的に微妙とされ ているであろう国(?)」から優先してお願いしたいです。 (アジアでいうと代表は台湾??) もちろん「一般的には完全定着してるらしいが私は違うと思う!違うと思って いる人がいる」という国(?)も、知りたいし大歓迎です! ※「それは各自考え方が違うし歴史を遡ると際限が無く答えにくい。   自分で考えて欲しい」 という回答がきそうなので書いておきます。   この質問の目的は、その逆の行程をやりたいからしたものです。   無知なので、まず最初にヒントとなるキーワードが欲しいのです。    ヒントを貰う→調べる→考える

  • ハリーポッター魔法族の人間界での生活について

    ハリーポッター作品のことはよくわからないのですが、魔法族はどのように人間界で暮らしているのでしょうか。 魔法族がマグル?に身元がばれないよう暮らしているのですよね。国の上層部は魔法省の存在を知っているのですよね。 ハリーが魔法省で働いている等ということはわかりました。 ・魔法省のお給料は通貨ポンドでもらえるのでしょうか。 ・11歳でホグワーツに入学し、卒業後人間界の履歴書ではどのような学歴・経歴の扱いになるのでしょうか。 ・税金などは納めているのでしょうか。 ・食事は普通のハンバーガーやフィッシュアンドチップスも食べられるのでしょうか。 ・ハリーは優秀だと思いますが、ホグワーツで落ちこぼれてしまった場合、魔法界や人間界で就職先はあるのでしょうか。 ・人間界では原則魔法を使ってはいけないそうですが、使わないなら何故学ぶのですか。 それとも上記のような問題はすべて魔法で解決されてしまっているのでしょうか。 知識がないために、私の質問で気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。ただ、現実と地続きという設定をネットで調べて発見したので、細かい設定が気になり、質問させて頂きました。 よろしくお願いいたします。

  • ▽国を被告に相手取った訴訟について質問です。

    ▽国を被告に相手取った訴訟は、通常、勝てないと言われていると思うのですが、 これまでに、原告が、被告である国に勝訴した実例はありますか?もしあれば、 知っているだけ具体的に教えて下さい。また、逆に、国から訴えられたという実例は 有るのでしょうか?もしあれば、これも訴訟の結果も併せて知っているだけ具体的に教えて下さい。無知ですみません。ご親切なご回答が賜れれば幸いです。宜しくお願い申し上げます。

  • 30tの金属バットはありえる?

    重さ30tの金属バット(大きさは普通)は、人間界に存在できるんでしょうか? できないとしたら、限界はどれくらいでしょうか。 人間界に存在できる密度の限界を教えてください。 中性子星などはものすごく密度が高いですが、中性子星をバットの形に切り取ったとしても、放射線やらが危険で人間は触れることもできないようで、そういうのはナシです。(ただし持てるかどうかは考慮しません、あくまで触ることが出来ればOKです) ちなみに比重の大きい物質を教えてほしいわけではないです。物体を圧縮していったらどこまでいけるか、を知りたいのです。 作れるかどうかも問いません。とにかく、もしそういうものを作れたとしたら、人間界で安定に存在できるか、ということです。 ファンタジックな世界を構想していてとにかく重い(トン単位が望ましい)金属バットを登場させたいのですが、こういった正確な知識はあまり持ち合わせていないので……。 文章が散漫でわかりにくいかもしれませんが、回答お願いします。

  • ふなっしーが人間界に来た目的は何でしょうか?

    ピークは過ぎましたが、 相変わらず、愛されゆるキャラの、 梨の妖精、ふなっしー。 質問ですが、 ふなっしーが人間界に来た目的は何でしょうか? (1)特に目的は無いなっしー! 遊びに来たなっしー! (2)みんなを笑顔にするためなっしー! テレビに出たり、イベントに呼ばれたり、 歌を歌ったりしているなっしー!。(実際にふなっしーはCDデビューしています) 職業はタレントなっしー。 ギャラや印税はスタッフに預けているなっしー。 妖精の国では、お金がなくても生活できるなっしー。 (3)実はスパイなのだ! 人間界を征服する時を、待ち望んでいるのだ。 誰もぼくを悪いヤツだと疑わないのだ。 (4)その他 一番面白い回答、または夢のある回答を書いてくれた方を ベストアンサーにします。 皆さん、回答を待ってるなっしー!

  • 悪い立場の人間

    被害者の立場でトラウマを抱え、カウンセリングを受けるケースは普通ですよね。 逆に、 自分が悪者で、悪いことをしての立場で 後悔をして、過去の行いにトラウマを抱えている場合の人間には、 やはり救われる場所や方法はないのでしょうか? “救われてはいけない”“自業自得”“一生地獄を味わうべき”というのが、 当人以外の立場、 第三者の意見であり、それが一般的な“人”の思想なのでしょうが、 当人の立場と人生のみに焦点を充てて考えた場合、 助ける、または気持ちを和らげることはできないでしょうか? 勝手ですが、 悪者に “人生なんて”というような完全な否定なご意見は理解しておりますので ご容赦いただきますようよろしくお願い致します。 あくまで、 当人の精神面での“救い”についてを考えたいです。 カウンセリング方法などありますか? よろしくお願い致します。