• 締切
  • 困ってます

一日の読書量

  • 質問No.4388662
  • 閲覧数418
  • ありがとう数4
  • 回答数2

お礼率 0% (0/33)

 昔友達に借りた本で、確かロシア語の通訳かなんかの人だったのですが、一日に5冊も読んでいたというのが非常に印象に残っています。そこで皆さんにお聞きしたいのですが、一日に何冊本を読みますか?また、一日に2冊以上小説(シリーズ物以外)を読んでそれぞれちゃんと記憶に残っていますか?今大学生なので読書や映画鑑賞に時間をかけてるのですが、一日に本を2冊読むなら1冊+映画一本の方がいいとおもいますか?
 回答お願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (10265/25670)

ページ数や本にもよりますが、小説なら
1日1冊で精一杯です。
余韻を楽しんでいる間もなく、
2冊目にいってしまっては、
特に前の本の印象が強い場合は、なかなか先に読み進めません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 53% (319/595)

何時頃の時代の方かも又その5冊の内容も判らないので外しているかも知れませんが、機械的に冊数に拘る必要はないと思います。
例えば薄い本(昔の岩波文庫の星一つや改造文庫の「1」程度)の本ならば時間さえ許せば一日でそれ位は読めるでしょう。
又、難しい本ならば一冊はおろか数頁でもきびしいでしょう。
学生さんで時間が許されるのならば、ある程度色々の本を読まれると良いでしょう。小説とお書きになっていますが拘泥せない方が良いと思います。
例えば、露西亜語の本(原書)、専攻関連の本、肩の凝らない随筆集、探偵小説、パソコンの本と云った具合です。(露西亜語と書いたのは露西亜語が例に挙がっていたから迄の事で独逸語でも仏蘭西語でも習得された外国語と思って下さい)
案外全然分野の違う本だと併行して読む事も可能なものです。又、小説を読む際にも所謂古典(西欧ものの翻訳を含む)の場合はある程度背景知識を持っていた方が分かり易いものもあります。
映画に就いては難しいです。個人的には最近態々お金を払って常設館迄出向いても見たいなと云う作品に殆ど出会わないもので。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ