• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エアダスター

 エアコンプレッサを使い、市販されてるガススプレー式のエアダスター代わりに使いたいと考えています。   ガススプレーがどれくらいの圧力でガスを出してるかわからないので、エアブラシ用などのコンプレッサで何MPa以上なら代用できるかどなたかご教授頂けないでしょうか。  日常的にエアコンプレッサを使用し、ホコリなどを飛ばしてる方からもお勧めのコンプレッサや使用感などのアドバイスを頂けたら幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 こんにちは。 <日常的にエアコンプレッサを使用し、ホコリなどを飛ばしてる方からもお勧めのコンプレッサや使用感などのアドバイスを頂けたら幸いです。>  日常的に私も妻も使ってます。  私は大工で、妻は工業用ミシンを7~8台並べて一人で縫製業をやっており、ミシンの複雑な部分に付いた埃を飛ばすのに使います。  エアーコンプレッサーは、移動できるものを私は使っています(仕事ですから)私の仕事場には移動しようと思えば移動できなくはありませんが、大型のものが設置してあります。  吐出圧力は5キロ付近に設定してあります。タンクが大きくて、ホースの経が細ければ、或る程度使ってもモーターは回りません。逆にタンクが小さければ、頻繁にモーターは回ります。  或る時間の中で頻繁にモーターが起動するのが問題と考えた場合は、タンクの容量の大きなものを購入すれば良いと思います。しかし、大きくなればそれなりに高額になって行きます。  更に、使い終わったとき毎回タンクの空気を抜く場合、次に使う場合、タンクが大きければそれなりの時間がかかります(たいした時間ではありませんが)。  エアーの質ですが、水分は或る程度タンク内で水になっていて、ほとんど水分は出てきません(タンクの下のドレンから定期的に水を抜く作業はコンプレッサーを使う以上、当たり前の事です)。  吐出口以降に更に水分を取り去るフィルターもあります。実際使ってみれば分かりますが、それほど水分が取れる訳ではありません(既にタンク内で水になっていると言う事です)。そして、タンクのドレンで水を抜いていれば、それほど湿度のある空気は出てきません。  このフィルターには油(タービン油)を入れる部分が用意されている商品もありますが、これは「エアーを使って機械を駆動する時に使用するもので、機械の錆を防ぐためと潤滑」で、エアーダスターとして使う場合は、入れてはいけません。    現在過般式のコンプレッサーは、何社かから出ていますが、日立かマックスが宜しいと思います(何十年も修理が出来ます)。  実売の値段は、6万円~16万円ぐらいだと思います。大型のものは更にその上の値段になって行きます。  エアーダスターに使うのであれば、どのコンプレッサーでも「問題は全くありません」。お好きなものを購入されたら良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

埃を飛ばす目的ならホームセンターやディスカウントショップで数千円で売っているもので足りると思いますよ。 但し現在スプレーをお使いということはバイクや木工の埃ではないでしょうから、No1さんご回答どおり、空気の質が問われそうですね。 オイルレスであれば油分は出ませんがどうしたって水分は含まれますので、電気製品にお使いならフィルターを入れたほうが良いでしょう。 また数千円のタンクの小さいものはすぐにポンプが動き出して結構ウルサイです。振動も結構あります。住宅密集地やアパート・マンションで使うのであれば、運転時の状態も確認したほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#198628
noname#198628

市販されてるガススプレー式のエアダスターで何をしているのかを具体的に教えていただいたほうが良いと思います。 --- 単相100V 電流10A 制御圧力0.6MPa:kgf/cm2 吐出空気量46L/分 --- の小型の物でも日曜大工程度なら十分活躍できるとおもいます。 ただし、湿気を多く含んでいてかつ、タービン油を添加して 機器を動かす場合ことを想定していますので、空気の質に注意が必要だと思います。 ビールサーバー用の炭酸ガスも視野に入れたほうが良いのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • タイヤ用のコンプレッサーをエアダスターの代わりに・・・・。

     カー用品ショップやDIY店などで販売されている、2~3000円程度のタイヤ用コンプレッサーはエアダスターの代わりになるでしょうか?  この手のコンプレッサーは12V専用という事は解っています。100Vへの変換は自力で出来ます。  多少の加工工作は出来ます。  飛ばしたいゴミはスキャナーの原稿台のガラス面のホコリ程度です。  よろしく御指導のほどを・・・。  

  • 模型用コンプレッサの代わりとなる物

    コンプレッサの代わりとなる、エアブラシに使えるものはないでしょうか。 学生なのでミニコンプレッサすら買えません。 それと、エアダスターを改造すれば使える、と聞いたのですが本当でしょうか?

  • バッテリー式or電池式のコンプレッサー探して…

    バッテリー式or電池式のコンプレッサー探しています。 バッテリー式or電池式のコンプレッサー探しています。 圧力は0.2~1.0Mpaくらいまでのものです。 価格は5千円~2万くらいで探しています。

  • デジタル一眼のブロアについて

    こんにちは、現在EOS 10Dを使用しています。 昨日、キヤノンQRセンターに映像素子の清掃に出したのですが、ふと思うことがあって、急に不安になりましたので質問させてください。 普段は清掃モードにしてから、手動式のブロアでシュポシュポしてました。 しかし、趣味でプラモデルをやっているのですが、エアブラシ塗装に使うコンプレッサーを使えば効率がいいかな?と思い現在はコンプレッサーを使っています。 圧が強すぎるとよくないというのも聞きました。エアブラシ塗装では0.2~0.4MPaで使用しており、ホースを分岐してエアーダスターを装着してそのままの圧で吹いています。 実際にどの程度のエア圧が「強い」のかわかりません。数値でどの程度が映像素子の清掃に適当なのか知りたいのです。 ガス缶式のエアーダスターでは強すぎるというのもみたことあるようなないような・・・ガス式は曇りが起きたり、ノズルも一緒に飛んで破損につながると聞いて使っていません。 弱めとか強めとか言われてもいまいちピンとこないのが現状です。 本日、カメラを取りに行きおそらく今日、撮影したらブロアすることになると思いますので、どなたかよろしくお願いします。

  • エアコンプレッサの安全弁調整、他、お教え下さい。

    エアコンプレッサの安全弁調整などについて教えて下さい。 使用しているコンプレッサは、 日立のエアコンプレッサ「OIL FREE/BEBICON」 全容積 12L 最高使用圧力 6kgf/cm2 水圧試験圧力 9kgf/cm2 を使用しています。 安全弁が開きっぱなしになり、内部が固着していました。 一度取り外し、CRCを使用したりゴチャゴチャしたりして固着問題等は解決し、正動に戻りました。 が、安全弁が作動する圧力数の調整?設定?がいまいち分かりません。 この仕様のコンプレッサの場合だと、適正な圧力数の調整?設定?はどの位でしょうか? また、この仕様のコンプレッサの場合だと、何キロ位の圧が貯まるとモーターが停止し、何キロ位まで圧が下がるとモーターが作動するのでしょうか?

  • 趣味:エアコンプレッサーについて

    どこのジャンルでお聴きすればいいのか?どなたか詳しい方に当たればラッキーなのですがm(_ _)mよろしくお願い致しますm(_ _)m エアダスター =PCや家電の分解修理趣味で圧縮空気でホコリを吹き飛ばしたいのですが、カセットボンベ式エアダスターでは、圧が弱い上にすぐ使い切ってしまって、ろくに綺麗になりません。 また、愛車(ワンボックスカー)が物置がわりになってすぐ細かいゴミ・ホコリだらけになるので、自動車修理工場みたいに高圧エアで車内掃除にも使いたい用途、 ほか、掃除機の届かない建物の微妙なスキマ空間のホコリ溜まりも吹き飛ばすほうですっきりしたい用途で、 この際オークションで格安中古のエアコンプレッサーを1台購入して持っていてもいいなと思いたちました。(5千円以下予算) 実際の圧力性能と噴出し勢いの関係が経験ないのでわからないのですが、どの程度のスペック性能でいいのかがわからないので、どなたか実使用している方のアドバイスがいただければとm(_ _)m ちなみに、しろうと考え、シガーソケット12V電源でのタイヤ空気入れ用のミニコンプレッサーなんかじゃ・・・ホコリ飛ばしの勢いなんて出ないですよね?(^^: (手押しの自転車空気入れなんてはカセットダスターよりマシな勢いを感じるんで、ふと思ったりで(^^;

  • LPガス(プロパン、ブタン)の圧力特性に関して

    家庭のガスや、キャンプで使用するカセットボンベの特性に関しての疑問です。 家庭のガスはプロパン、キャンプや鍋で使用するカセットボンベはブタン(一部プロパン混入製品もあり)と認識しています。 ネットを見ていると以下の記述を見つけました。 「ガスの圧力は内容量が100%充填時でも,残量5%でもほぼ変わりません。 ボンベ内は常温で1Mpa程度の圧力が掛かっていますので内部に液化ガスが少しでも残っていれば この値が示されます」 以下ページ中央付近の「メーター式ガス残量計について」という項目に記載 http://www.geocities.jp/fkmtf928/LP_GAS.html しかしながら別のページでブタンとプロパンを混合した場合の圧力変化のグラフを見つけました。 プロパン/ブタン混合ガスの蒸気圧(右側のグラフ) http://www.kagla.co.jp/support/data/04.pdf このグラフによると プロパン100%の場合は20℃で0.7Mpa程度です。 ブタン100%の場合で0.1Mpa。 プロパン50パーセント、ブタン50パーセントの混合ガスで、0.4Mpaの圧力が働いています。 この結果は最初のリンクの記述と矛盾しているような気がするのです。 例えば500グラムのプロパンを空のガスボンベに入れます。そうするとグラフによれば0.7Mpaの圧力となりますが、ここにブタンを500グラム追加するとブタン、プロパンの5:5の混合ガスの完成です。グラフによれば圧力は0.4Mpaです。 最初のリンクの記述のように「残量によって圧力は変化しない」というのなら、最初に入れたプロパン500グラムの圧力0.7Mpaが常に維持される気が・・・。ブタンの追加で何故0.4Mpaに下がるのでしょうか?ブタンは0.1Mpaの圧力を持っていますが、0.7Mpaのガスと0.1Mpaのガスを混ぜるとどうなるか?何故0.4Mpaになるのか? バカですいませんが教えてください。

  • エアコンガスの入れ方について

    お世話になります。 本日、DIYでエアコンのガスチャージを行いました。(R12) まず15分程度真空引きを行い、その後高圧バルブを開けてガスがある程度入ったところで高圧バルブを閉め、エンジンをかけてから低圧バルブを開いてガスを入れました。 しかし低圧側の圧力が高めでなかなか缶のガスが減らないので、多少振ったり缶を逆さにして入れてしまいました。 規定量が600gだったので2缶とちょっとを30分ぐらいかけて何とか入れましたが、最終的な圧力は「低圧側0.3MPa(マニュアル値0.17MPa)」「高圧側1.7MPa(マニュアル値1.7MPa)」となりました。 冷えはそこそこで、サイドグラスの気泡はたまに大きいのが出てきたりしています。(液体のような感じ) この状態でエアコンを使用して問題ないでしょうか? あとコンプレッサを外した際に少しオイルを注入しましたがそれが問題あるのでしょうか?(サクション側に入れると液圧縮を起こしてコンプレッサが壊れる、と聞きましたがバルブから入れていないのは間違いないですがどちらの配管に入れたかは記憶にありません) よろしくお願いいたします。

  • ウレタン 吹きつけについて

    カテゴリーが少し違うかもしれませんがこちらから質問させていただきます。 釣具のルアーを製作するために2液ウレタンの吹き付けを行いたいと思っております。 通常、ウレタンの吹きつけはスプレーガンを使うのが普通だと思いますが、スプレーガン用のコンプレッサーは大型で音もけっこうしますしカラーリングのこともありますので、エアブラシ(口径0.5)+比較的パワーのあるコンプレッサーで代用できればいいなーと思っております。 調べてみますとエアテックス製のAPC-006Nが小型タンク付きで圧もけっこうあり値段も手ごろで魅力的なのですがこの機種で使い物になるのでしょうか(下がスペックになります)? ちなみに1回の作業で長さ10cmぐらいのものを2~30本吹き付けをスムーズにストレスを感じないでやりたいと思っております。 予算が数万円なので駄目なら大きめのコンプレッサーを買おうと思っていますが、上記のような作業条件で他に何かお勧めな商品がありましたら(スプレーガンでも)あわせて教えてください。よろしくお願いいたします。 ------------------------------------------------------ (APC-006N) 最高圧力 :0.55Mpa(5.5kgf/cm2) エアタンク自動圧力スイッチ式: 約0.55Mpa(5.5kgf/cm2)OFF 約0.4Mpa(4.0kgf/cm2)ON 空気吐出量:約40リットル/分(50Hz),約42リットル/分(60Hz) 電圧   :AC100V 消費電力 :125W 音    :無負荷状態 48dB, エアブラシ接続時 53dB サイズ(mm):長さ390x幅150x高さ320(取手を横にした時) 重量   :6.0kg 空気吐出口:1/8(Sネジ)

  • エアーコンプレッサーについて

    排出量36l/min 使用圧力0.5MPAのコンプレッサー選定が わかりません、どなたか詳しい方教えて頂けますか 宜しくお願いします。