• 締切済み
  • すぐに回答を!

派遣の契約外労働に対して、裁判を起こします。訴状を添削して!

案件について詳しく書けませんが、コンピュータ会社に派遣され、パソコンの保守業務に就いている私を、 派遣元が派遣先の了解を得て、派遣元オフィス内のサーバ構築をさせたものです。 派遣元はサーバ構築が安くあがってバンザイ、 派遣先は派遣元と、サーバ及びクライアント保守契約を結べたのでバンザイ、 派遣社員は、契約外かつ能力外の労働でぐったりということです。 なお、派遣先より派遣元の方が、違法性が高いと思ったのと、 これからを考え、被告は派遣元のみとしました。 -------------------------------------------------- 訴   状      平成20年10月*日 **簡易裁判所 民事部 御中 〒***-**** **県**市*丁目*番*号       原告 ** *** 電話 ****-**-**** (FAXも同番号) (送達場所)原告に対する書類の送達は、上記の住所に宛てて行ってください。 〒***-**** **都**区****丁目**番*号 被告 *株式会社 上記代表者代表取締役 ** ** 不当利得返還等請求訴訟 訴訟物の価額 金70万円 ちょう用印紙額 金 万円 請求の趣旨  1 被告は、原告に対し、70万円及びこれに対する平成20年*月*日から支払済みまで年5割の割合による金員を支払え。  2 訴訟費用は被告の負担とする。  3 仮執行宣言。 紛争の要点 第1 当事者 1被告 被告は、一般労働者派遣事業を営むものとして厚生労働大臣許可(般**-******)を受けた株式会社である。 2原告 原告は、被告に登録している労働者であり、***株式会社(以下、*と略す)に派遣されている。****。 第2 恣意的に定められた業務の範囲 *** 第3 被告の不当な行為 **** 第4 原告が強いられた作業 **** 第5 原告の請求権 1 不当利得返還請求権 (1) 被告の不当利得 被告は、前記のように原告を使用することで、サーバ構築作業を安く仕上げた。原告がこのようなサーバ構築作業を正規に請負っていれば、50万円は得たはずである。被告は法律上の原因なく、原告の損失を自らの利益とした。これは法律上の原因のない利得であり、民法703条以下の不当利得に該当する。 (2) 悪意の受益者 また、被告会社の*は原告のかつての担当者であり、原告の前任者の担当者でもあった。併せて*年ほども担当しているのだから、*の派遣労働者の業務範囲について理解していたので、契約外労働であることについて悪意であった。したがって被告は、悪意の受益者として、利息を付してこれを返還しなければならない。 (3) 原告の返還請求権  よって、原告は被告に対し、民法703条及び同法704条に基づく不当利得返還請求権として、50万円及び不当利得時から支払済まで年5分の割合による利息の支払いを求める。 2 不法行為に基づく損害賠償請求権 (1) 本件の不法行為該当性 被告は、労働者派遣法第31条等に定められた派遣元事業主が負うべき義務を何ら果たそうとせず、契約外労働であることを認識しながら、私利私欲のために原告を害した。被告は自らが派遣した労働者を、自らのために酷使し、その背信性は高い。これは、民法709条の故意により他人の権利を侵害した不法行為を構成する。 (2) 原告の損害 原告は、被告の前記不法行為によって、精神的に深い苦痛を受けた。 (3) 損害賠償請求権  よって、原告は被告に対し、民法709条に基づく損害賠償請求権として、20万円及び不法行為時から支払済まで年5分の割合による利息の支払いを求める。 証拠方法 1 甲1号証 * 2 甲2号証 * 3 甲3号証 * 附属書類 1 訴状副本 1通 2 法人登記事項証明書 1通 -----------------------------------------------------

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数413
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5

> 派遣元はサーバ構築が安くあがってバンザイ、 > 派遣先は派遣元と、サーバ及びクライアント保守契約を結べたのでバンザイ 派遣社員は、未経験の業務の経験を得る事が出来た。スキルアップができた上に、お給料まで頂けた。バンザイ と考える事はできないでしょうか? これまでの経緯が全く解りませんが、その業務を依頼された時点で、派遣会社に、業務内容と契約内容が著しく異なる事について、相談されましたか? 相談したが、対応して貰えなかったという事でしょうか? 兎も角、本気で裁判に持ち込むおつもりなのでしたら、一緒に戦ってくださるプロの方をお探し下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。わたしはいずれ家業を継ぐ予定になっており、このスキルは家業とは、遠いところにあります(派遣先、派遣元ともその事実は知っていました)。 派遣会社の担当者は、当然、契約外労働との認識を持っていると思い、作業後に作業代金について話をしたところ払えないと言われましたので、これは事前に抗議すべきであったと、今頃になって反省しております。 この額の債権でプロを頼むと、費用倒れになる現実がございまして(法曹人口がもっと増えれば安くなるでしょうが)、本人訴訟を考えています。

関連するQ&A

  • 本訴原告+第三者を、反訴被告とできるか?

    法律にはシロートで、意味不明な点等もあるかと思いますが、お許しください。 (本訴)原告は一人で、委任契約における受任者の費用償還請求権(民法650条)を主張してきました。  こちら(被告)は、費用償還請求権は発生しないと答弁書で主張しています。少額訴訟の提起前に、原告に一部費用の支払いをしていたので、反訴として、不当利得返還請求を行使したいと思っています。  また、原告は、少額訴訟の提起前に、自立救済をすべくこちらの自宅に訪れ、こちらに門前払いをされたこととして、不法行為に基づく損害賠償請求権を主張しています。  こちらは、不法行為は、成立しないと答弁書で主張しています。そこで、仮に、こちらの行為が不法行為になるのであれば、原告の自立救済も不法行為に該当するとして反訴の請求に、付け加えようと思っています。 (第三者)原告が自立救済をすべくこちらの自宅に訪れた際、第三者も、原告とともに、自立救済(金を払えと戸を叩く)をしようとしていました。 そこで質問なのですが、 1)本訴原告+第三者を、反訴被告とできるのでしょうか?(本訴原告だけしか認められないでしょうか?) 2)仮に、本訴原告+第三者を、反訴被告とできるのであれば、反訴の請求に、別件で第三者に払ったお金を不当利得とする返還請求を加えられるのでしょうか? 以上、まとめますと、こちらとしては、 不当利得1+損害賠償1→原告       損害賠償2+不当利得2→第三者 の請求を考えていますが、反訴なのか、新たな訴訟なのか、教えて頂きたいのです。なお、原告は、第三者を本訴の証人としています。

  • 不当利得と不法行為の関係

    不当利得についての本(下記)に不当利得の典型例の一つとして、次の設例があります。 設例: 「Xは、会社の独身寮の共同冷蔵庫に2000円の果実を置いていたところ、Yがまちがってその果実を食べてしまった。 XはYに對し、不当利得返還請求権を根拠にその果実の価値2000円の返還を請求できる。」 質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。 私は、不法行為と構成することも可能と考えます。 違いは、 法律要件については ・不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である 法律効果については ・時効:不法行為では724条により3年または20年であるが、不当利得返還請求では民法167条により10年である ・不法行為では710条により慰藉料が請求できる可能性があるが、不当利得ではありえない ・不法行為では過失相殺される可能性があるが、不当利得ではそれはない これでよろしいでしょうか。 この設例は 「新民法体系V 事務管理・不当利得・不法行為 第2版」加藤雅信著 有斐閣 29ページ に載っているものです。

  • 不当利得について

    不当利得(不法行為によって得た利得)返還請求事件で不当利得を返還するよう裁判所から命令が出されました。おそらく民事裁判だと思いますが、返還しないでいると刑事罰が課されますか。

  • 回答No.4
noname#147912

当方の浅はかな見識ではありますが。今件はやはり、うまく騙された、うまく使われた感が強いですね。不当利益返還にも当たりませんし、不法行為でもありません。言われたことを質問者様がほいほいとやっただけです。せいぜい違約で、随時解約することができると言ったところでしょうか。 考えられるのは、精神的慰謝料ですが、不当な業務を命令され、うつ病になったとか、どうにかこじつけて、労災を申請してやりましょう。あと不当解雇ですかね、派遣でも任意解雇は認められないので、こっちのほうが争う余地があるかと思います。 力になれなくてごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 確かに、うまくやられた、悔しいという気持ちはありますね。 ところで、不当利得に当たらないというのは、どういう理由でしょう。 要件事実は満たしているように思えたのですが。

  • 回答No.3

> 派遣元が派遣先の了解を得て、派遣元オフィス内のサーバ構築をさせたものです。 質問者さんは、どうしてそういう作業を行なったのでしょうか? 契約外の業務だ、出来ません、ごめんなさいと、断れば良かっただけの話では? 結果的に派遣元、派遣先、派遣労働者の三者が合意して派遣契約の業務内容が変更された状況に思えますが。 そういう事での契約変更なら、法律に違反する要因はありません。 単に契約書の更新が遅れただけかと。 > 原告がこのようなサーバ構築作業を正規に請負っていれば、50万円は得たはずである。 希望的観測に過ぎないのでは。 正規に請負すれば、相応の仕様調整、設計製造試験の作業や書面に追われて作業完了できず、違約金を支払うハメになっていたかも知れないし。 現在、瑕疵などに対する責任も負っているのでしょうか? 作業を断ったが無理矢理やらされた、そういう経緯の記録とかがあるのならともかく、やっちゃった後だと厳しいかと。 サーバの保守作業などを担保に、派遣先での正規雇用とか、賃金上げろとか、ボーナス出せとか、そういう請求でも行なう方が賢いように思いますが。 -- 請求額を60万円にして少額訴訟にしては?とも思いましたが、どのみち通常訴訟になる気がします。 全般的に請求の合理性が乏しいので厳しいとは思います。 訴訟額からすると割に合わないですが、訴状を出すのなら弁護士に相談する事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かに抗議すればよかったのですが、流れで作業に入っていったので、ついつい後回しにして反省しております。 わたしが業務内容の変更について、同意したことはありませんし、作業をしたからといって同意に値するわけでもありせん。労働条件は明示することが必要な以上、それはないと思います。 ネットワークの規模からして、50万円というのは格安です。 担保責任ついては双務契約において問題になるところでして、 不当利得、損害賠償についてはそもそも問題になりません。 まあ、訴訟額が中途半端というのが、悩ましいところですね。

  • 回答No.2
  • t87300
  • ベストアンサー率24% (1392/5660)

訴状ってご自分一人で裁判を起こすのですか? 弁護士に相談してください。 勝てるものも勝てなくなりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

回答になっていないことを先に謝っておきます。 これほどシリアスな案件であれば弁護士に相談するのが妥当だと思います。 (自称)専門家が添削してくれるかもしれませんが、間違っていても責任は とってくれません。弁護士代をケチって後悔するのは質問者さんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 悪意の場合の不当利得の損害賠償

    704条の悪意の場合の不当利得の返還請求ですが、利得を全て返還し ても、なお損害がある場合には、損害賠償請求が出来るとされています。 しかし、不当利得は本来、利得と損失の調整をするものであることを考 えますと、このような損害については不法行為による損害賠償の特則 (悪意を要件とするという点で)としての性格を持つものと考えてよい のでしょうか?

  • 民法191条の法的性質

    民法191条はその法的性質は不法行為であるが、便宜上、「占有者と回復者の関係」の規定においてあり、その意味では不法行為の特則であると聞いておりましたが、条文を見ますと法的性質が不当利得の部分が混在しているように見うけられますが、不当利得の特則でもあるのでしょうか?

  • 混同によって損害賠償請求権や遺留分は消滅するのか?

    原告(長男)は母に遺言書を書かせ全財産を相続した前提で、被告側(三男)が生前母の治療保険金を不正に費消したなどの理由などの不法行為として損害賠償請求を起こしました。被告側は全て治療費など母の費用に使用しており、不正費消はないと主張し、一審で被告は原告が母の生前多額の金銭を不法に取得している事を証拠と共に反論し、原告の不法行為が認められ各相続人が損害賠償請求権ががあり、原告が取得した金銭と比較しても、被告に対し遺留分として戻さなければならない金銭があるとなり、原告の訴えは全て棄却されましたが控訴してきました。 原告は控訴理由書にて不法行為でも損害賠償請求権は各相続人は取得するが、混同で消滅し、また遺言書において母は全財産を長男に渡すと書いてあり、他の相続人に贈与する事を希望していないので遺留分も無いと主張してきました。 お聞きしたい事は 不法行為の場合の損害賠償請求権の基礎財産は通常の法定相続での計算になるのでしょうか?やはり遺言書があるので遺留分として計算するのでしょうか? 不法行為で損害賠償請求権を各相続人は取得すると思いますが、遺言書において母は全財産を原告に渡す(他の相続人を排除する事や目録含め具体的な事は書いていない)と書いてあり、原告分は混同で消滅すると思いますが、他の相続人に相続する事を希望していない事と同様なので、混同によって他の相続人の損害賠償請求権や遺留分も消滅すると主張していますがそのような事は考えられるのでしょうか?

  • 税金とかかるの? 和解契約など

    (1)和解契約でもらったお金に、税金ってかからないんでしょうか? 

不法行為とかの慰謝料で‥


 (2)また和解契約って別に契約結んだのと同時に相手からお金いただいてもいいんですよね? お金もらうのと同時に契約書を作成するとか‥ 


(3)まぁ他にも不当利得返還請求で返してもらったお金とかいろいろありますが‥どうなのですか? 

贈与と売買の時ぐらいなんでしょうか、税金が問題になるのは? あと所有権に基づく返還請求で取り戻したものにも?かかるのか、税金は?

  • 民事訴訟上の相殺の抗弁

    不当利得及び不法行為を請求原因として本人訴訟を検討していますが,相手方が,相殺の抗弁を主張する可能性があります。 主意的請求を不当利得,予備的請求を不法行為とした場合とその逆では,相手方の相殺の抗弁の扱いはどのような判断になるのでしょうか?

  • 訴状が矛盾

    先日、金融業者に過払い訴訟を起こす為、訴状を郵送にて簡易裁判所に提出しました。 しかし、裁判所から書き方に矛盾があると言われ、見直しもう一度提出しても、矛盾があると言われました。 どこに矛盾があるのかわかりません。 以下が内容ですので、ご指摘やアドバイス頂けないでしょうか? 請 求 の 趣 旨 1 被告は原告に対し、金○円及びこれに対する平成○年○月○日から支払済みに至るまで年5%の割合による金員を支払え。 2 訴訟費用は被告の負担とする。 との判決並びに仮執行の宣言を求める。 請 求 の 原 因 1 被告の表示 被告は全国に支店を持ち、原告のような消費者に対して貸付を行う○○財務局登録の貸金業者である。 2 原被告との取引 原告は平成○年○月○日、被告から甲第一号証(被告側からの元利金計算書)の通り金銭を借入れ、平成○年○月○日に至るまで弁済を繰り返してきた。             3 被告の不当利得 原告と被告との間の金銭消費貸借取引契約について定められた利率(甲第一号証)は、利息制限法所定の上限利率を上回るものであり、利息制限法超過利息の弁済については、元本に充当されるべきである。 原告は利息制限法所定の金利により再計算(甲第二号証)を行ったところ、平成○年○月○日の弁済により元本は完済され、平成○年○月○日時点で、金○円の過払金が生じた。 同過払金は債務が存在しないのに、原告はそれを全く知らず支払われた金員であり、被告は法律上の原因なくして同金員を受益したのであるから、被告の不当利得金である。 4 悪意の受益者   被告は貸金業者であるから、利息制限法による引き直し計算をすれば過払いになることを当然承知しており、原告から弁済を受ける際、これを知りながら原告からの弁済を受けてきたのであるから、悪意の受益者としてその受けたる利益に民法404条の民事法定利率である年5%の利息を附して、返還する義務を負う。 5 よって、原告は被告に対し不当利得返還請求権に基づき、金○円及びこれに対する平成○年○月○日から支払済みに至るまで年5%の割合による金員の支払いを求める。 裁判所の担当者いわく、利息のところが矛盾しているそうなのですが・・・ よろしくお願いします。

  • 不当利得 「生活笑百科」での疑問

    不当利得 「生活笑百科」での疑問 こんにちは。 NHKで先日の法律番組「生活笑百科」を見まして、そこからの質問です。 事例:嫁さんが離婚が決まっている直前に、旦那さんのボーナスを使い、高級品を買いあさった。 弁護士の回答:そもそもお嫁さんの使ったお金が、結婚生活に必要な費用と言えるか→いえない→よって、不当利得返還請求しうる。 とありました。 不法行為なのではと思ったんですが、なぜ不当利得なんですか?法律上の原因が無いのに、一方が利益を得るのが不当利得ではないのか??とわからなくなりました。 不当利得自体の理解も含めまして、教えていただきたいです。

  • 用語の意味を教えてください

    違法行為、不法行為、脱法行為 そして 不当利得と・・・・不法利得ってありましたっけ? どんな使い分けをするのでしょうか? お願いします。  

  • 不当利得の搾取が、故意か、それとも過失かの判断の分かれ目は

    不当利得は、【過失】の場合は不当利得した分「だけ」を 返還すればOKですよね。 【故意】で不当利得した場合は、不法行為にあたり(?) 不当利得した元本プラス返してもらうまでの法定利息 を返還してもらえますよね。 そうすると、相手が果たして故意で不当利得をしたのか、 それとも過失か判断しかねる場合でも、 とられたほうからすれば、もともとその金が相手に取られずに 自分のところにあれば、銀行などに入っていて利息がついたの だから、とられていた間、損した分も返してほしい、と 相手に求めることはできますか? 不当利得の、故意か過失かは、相手にとっては 過失を主張したほうが有利なので、もちろんそうして くると思うのですが。

  • 不当利得の時効は何年ですか?

    不法行為の時効は、知ってから3年と知っているのですが、不当利得の時効は何年か分かりません。 不当利得の時効は何年でしょうか。 よろしくご教示お願いします。