• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

賃貸契約で同居者が保証人になることについて

先日父が亡くなったため、急遽母を呼び寄せ、一緒に住むことになりました。 子供は私しかおらず、田舎にいる親戚は年金生活に入っている者やパートの者がほとんどで、審査に通らないため、一緒に住む部屋を借りるには保証会社を使うしかないと思っていました。 ですが、先日行った不動産会社で、上記のような事情を全て正直に話したところ、借主(申込者)を母(遺族年金生活者)にして保証人を私にする方法で契約できないか、物件を管理している不動産会社とマンションのオーナーさんに交渉してくれるとのことで、結果無事に審査に通ることができました。 ですが、こちらの質問回答の中に、入居者(同居者)は保証人にはなれないと書いてあるのを見つけました。 そのため、やってはいけない方法の契約なのではないかと、少し不安です。 このような契約はいけない方法なのでしょうか?それとも、オーナーさんが許してくれた場合であれば問題ないのでしょうか? 因みに、私は20代後半で年収450万円程、物件は、他の不動産会社から紹介されたものやネットに載っているものを見てみても、相場くらいだと思える賃料で、敷金・礼金はいづれも2ヶ月づつです。 敷金・礼金が2ヶ月づつなので、さすがに危ない物件ではないかと思うのですが、甘いでしょうか? また、後日契約するにあたって、必要書類の提出を求められたのですが、もちろん、住民票や印鑑証明は必要とのことでしたが、その他に必要だと思っていた所得証明がいらないとのことでした。(申込書の時点で、勤務している会社の詳細や年収は記載しています) 友人に聞いてみたところ、申込者である母は年金生活になると伝えている訳だし、保証人は印鑑証明で法的な効力があるから、必要ないのではということでした。 このような悪い条件の中、入居審査に通していただいたことは大変ありがたいことですし嬉しいのですが、その反面、この条件の中審査が通るということは何かあるのではないか?所得証明を必要としないなんて大丈夫なんだろうか?と気になっていたりもします。 不動産会社やオーナーさんの折角のご厚意にも関わらず、このような考え方しかできずお恥ずかしい限りですが、不動産業界に詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えいただければ助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1107
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

この場合、法人契約に似ています。 法人契約とは会社が申込人、入居者が保証人のことです。 今回の内容ではお母様が年金、同居人が保証人、 同居人の必要書類は印鑑証明と承諾書、お母様の年金の証明できるもの。 業者によって異なる。 どちらも収入があることには変わりないので保証会社不要と判断されて審査が通ったと思います。 入居者、同居者の人柄は全然関係ありません。 敷金礼金がそれぞれ2ヶ月だから危ない物件・・・ 全く関係ありません。 事故物件の場合は法的に入居者に伝えなければならない義務があります。 安心して居住して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。 オーナーさえ許可したのであれば問題ないとのこと、また、危ない物件等ではないとのこと、安心いたしました。 ですが、また不安なことが出てきてしました。再度こちらに投稿させていただくつもりですので、もしよろしければそちらも目を通していただければ大変ありがたいです。

関連するQ&A

  • 不動産物件の賃貸契約

    先日、賃貸マンションの契約をしました。 全国ネットの仲介会社を利用しました。 一般的に、オーナーさんにはどんな書類が渡りますか? すでに、不動産会社が入居審査をしているので 住民票や源泉徴収票は提出済みです。 保証人の印鑑証明って物件のオーナーに見せるものですか? できれば、保証人(親)の印鑑証明はオーナーには見られたくないです。 仲介会社に見られる分にはいいのですけども。。。

  • 保証人と印鑑証明について

    兄弟がアパートを借りるのに際して、保証人となることになりました。 保証人となるのに、現在の年収や会社の規模・資本金など細かく 聞かれましたが、このような情報はどこに行くものなのでしょうか? (本日留守中に、不動産会社とは違う名前の会社から保証人の確認のため 連絡ほしい旨のメッセージが残っていましたが、審査というのはどこが 行っているのでしょうか?) それと不動産会社に私の印鑑証明を送付しなければならないとの事なの ですが、これは何の為に必要なものなのでしょうか? 賃貸契約や印鑑証明など仕組みがよくわかりませんので、 漠然と不安を感じております。何も知らずお恥ずかしい限りですが 教えていただければ幸いです。お願いいたします。

  • 賃貸契約をする場合の第2保証人について

    ある不動産屋で物件を見つけて申込をしました。 保証人を2人求められ、第1保証人は父親にしました。 第2保証人を父親の兄にお願いしようと思ったのですが、 印鑑証明や年収の記入も必要だと言われました。 名前だけだったら貸してくれると思いますし頼みやすいですが、 いくら身内とはいえそこまで請求しないといけないとなると ちょっと考えてしまいます。自分だったらもちろんイヤなので。 実際父親も「一人前の大人が部屋を借りるのになんで第2保証人にまで そんなこと求めないといけないんだ」と怒ってしまい不動産会社を変えろと言うのですが、 自社物件のため変えることは出来ません。 第2保証人を母親にするのはいけないのでしょうか? ちなみに両親は離婚はしておりませんので同住所です。 母親はパート、扶養控除内で働いています。 最終手段は保証人代行業者を利用するしかありませんが、 なんとか敷金・礼金以外にお金をかけたくないので困っています。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#203300

 大家しています。  質問者様が変に隠し立てしたり、契約違反を承知で同居してしまうような小細工をしなかったのが大家さんにも管理会社にも好印象だったのでしょう。  大家側としては全く問題を起こさずに住んで頂けるならこれに越したことは無いのです。どんな立派な勤務先であっても一旦事あればリストラもありますし、どんな立派な保証人様でもしらばっくれてその責任を逃げようとする人もいます。ご本人が信用できる方なら保証人なんて要らないのです。私のところでもお蔭さまで今は問題もありませんのでどなたが保証人だったかなんておぼえてもいません。それが一番です。  大家さんが下さった信用を傷つけないようにしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。 オーナーさえ許可したのであれば問題ないとのこと、安心いたしました。 オーナーさんが私を信用してくださったのではとのことですので、信用を裏切らないように努めたいと思います。

  • 回答No.2

 大家が良いと言っているのであれば、それで終わりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。 オーナーさえ許可したのであればいいとのこと、安心いたしました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#68703

保証人というのはオーナー側から見れば、万一の際の備えですから、住宅を賃貸する上で必ず置かなければならない決まりはありません。 そしてその審査についての基準もオーナー側に委ねられているわけですから、オーナーが良いと言えばそれで良いと解釈する以外にありません。 今までの入居状況などにより、あなたは信用出来る人だと思われただけかもしれませんし、有利に取り計らってくれたことを不審に思う必要は全くないでしょう。 保証人をどう立てて貰うかはオーナー側の保全の問題ですから、基準を緩めてあなたが不利になることは特にありません。 しかし、一般的には同居人では保証人になれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。 オーナーさえ許可したのであれば問題ないとのこと、安心いたしました。 ですが、また不安なことが出てきてしました。再度こちらに投稿させていただくつもりですので、もしよろしければそちらも目を通していただければ大変ありがたいです。

関連するQ&A

  • 賃貸契約時に保証人の源泉徴収票は必要?

    今回初めて賃貸契約時(アパート)に保証人の「源泉徴収票」と「印鑑証明」の提出を求められました。 今までの経験や知人の話を聞いても「保証人の源泉徴収票」などを求められたことがないのでびっくり&不安になっています。 最近は提出するのが普通なのでしょうか? ※ちなみに契約予定先の不動産会社は「MAST」というところです。 ※保証人は両親です。

  • 賃貸契約のときの保証人について

    私は先日とある不動産会社でアパートの賃貸契約をしました。家族関係があまりよくないので、家族に保証人をお願いすることができず、その旨を不動産会社の方に相談したところ、「大丈夫です。」といわれました。 契約当日の日に、ひとつ年上の彼氏と一緒に行きました。すると、不動産会社の方は「彼氏に、“いとこ”ということになってもらい、保証人になってもらいましょう。」と言われ、そういうことが可能なのかどうか分からない私たちは言われるままに、サインしました。 さらに、その人は大家さんに電話し、「契約したい方(私)のお母さんは亡くなっていて、お父さんは入院中なので親戚の方に保証人になってもらう形でいいですか?」というような電話をし、OKをもらったようでした。 彼氏に保証人になってもらって、しかも両親の状況は嘘です。 これって、後になって問題になったりしないのでしょうか?法律や不動産関係の契約にあまり詳しくないので、不動産会社の方の言うとおりにしてしまったのですが。回答よろしくお願いします。

  • 賃貸する際の保証人がいない場合はいかに?!

     私は、肉親と縁を切って生活しています。 今の職につく際にうまく会社の社長に連帯保証人になってもらい住んでいましたが、会社をやめました。当然保証人の変更をしなくてはいけなくなったのですが、不動産屋に必要書類を聞いてみたら、必要書類として、賃貸保証人確約書と賃貸借入申込書の紙を渡されました。この状況じゃ、親の名前を偽装して書くしかないと思いましたが、 そこには保証人の・印鑑証明・承諾書・印鑑が必要と書いてありました。 字と印鑑はごまかせても、印鑑証明はとれませんよね?!  とにかく屋根のあるところで生活はしたいのですが、この保証人問題はなんとか独り身でパスできないせしょうかね?! ちなみに、次の会社は決まってないし、同棲できる彼女もいません。

  • 賃貸の保証人のことで

    早速質問なのですが、4年ほど前に知人が結婚をしまして賃貸のマンションに引越し致しました。 その時に私が知人の家で保証人のサインを致しました。 しかし不動産会社からは私が保証人になったことの書類の控え及び連絡がないまま月日が経ったのですが、本日不動産会社から電話があって賃貸契約者の方が家賃を滞納しているので保証人のあなたに払ってほしいと連絡がありました。 私は保証人のサインはしたが、保証人になったことの書類の控え等を貰っていないので保証人としての認識がないと不動産会社に伝えました。 不動産会社は保証人に渡す書類控え等は賃貸契約者本人に渡し、保証人になった私に渡すように預けたようです。 しかし私は何も貰っておらず納得がいきません。 私が勝手に思うに、通常このような書類は郵便及び配達記録とか直接手渡しというのが基本だと思っています。 お聞きしたいのは、このような契約が本来通用してしまうのでしょうか? 安易に保証人になったのは私の不注意なのですが・・・ こういった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

  • 賃貸契約で契約日より前に入金を依頼されたことについて

    先日父が亡くなったため、急遽母を呼び寄せ、一緒に住むことになりました。 不動産会社やオーナーさんのご厚意で、借主(申込者)を母(遺族年金生活者)にして保証人を私にする方法で契約させていただくことになりました。 同居人が保証人になることについて問題ないのかどうか不安だったため、先日こちらの不動産・引越しのカテゴリーで質問させていただいたのですが、皆様からオーナーさんが許してくれたのであれば問題ないとのお答をいただき安心していました。 ですが、物件を紹介してくれた不動産会社から、その物件のオーナーさん(物件の管理もやっている会社です)からの要望で、契約日より前に契約金全額(初期費用)を支払って欲しいと言われていると伝えられました。 まだ重要事項説明も受けていませんでしたし、契約書も見ていない状態だったので、せめて契約日当日に現金で持って行くという形でどうにかならないか?と聞いたところ、当日持参でOKになりました。 その後、不安に思っているということも正直に伝えたところ、再度連絡があり、契約書の内容説明と重要事項説明を契約日よりも前にしてくれることになり、その際に疑問点や不安点も全て話をしてくれて構いませんと言ってくれ、また、契約書を一度持ち帰り契約日の時に借主である母のサイン・捺印をして持ってきてくれれば良いということになりました。 ですが、もし契約書の内容説明と重要事項説明に不安点がないようであれば、その時は、保証人の書類(私が保証人です)にサイン・捺印して欲しいとも言われています。 私が住んでいる地域は首都圏なのですが、首都圏では、契約書にサイン・捺印する前に、入金をせまる不動産会社が多いとのことが分かりました。 今回私の不安な気持を察して、契約書の内容説明と重要事項説明を契約日よりも前にしてくれることになったにも関わらず、正直なところ、この不動産会社や物件のオーナーさんである管理会社が信用できるのか不安です。父が一生懸命働いて残してくれたお金をお支払することもあって、どうしても慎重になってしまいます。 不動産会社やオーナーさんの折角のご厚意にも関わらず、このような考え方しかできずお恥ずかしい限りですが、不動産業界に詳しい方がいらっしゃいましたら、今回の、不動産会社やオーナーである管理会社の対応が信頼できるものであるか、また、当日保証人の書類にサイン・捺印してしまっても問題ないかどうかを推測でも構いませんので、お教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 保証人について教えてください。

    知人のご主人が不動産会社へ就職が決まり、 その際に身内以外の保証人を立てなくてはならないらしく、他の方に頼んだら断られたそうで、 保証人を立てないと、ほかの会社を探さなくてはならないそうで、頼まれました。 その際に印鑑証明を添付するとの事。 また、ご主人は宅建免許を持っており、その免許を会社が使うため、 常用雇いで使用料を受領するのも含めて、必要だそうで、お願いされました。 保証人になっても大丈夫でしょうか?  危険性は無いのでしょうか? ちなみに私は現在、失業中ですが保証人は出来るからとお願いされました。

  • 緊急連絡先=保証人??

    賃貸マンションの契約に関する質問です。 この契約は借主が「保証人」を用意するのではなく、「保証会社」を利用することが条件です。 「入居申込書」(オーナーの審査用とのこと)の記入項目に「緊急連絡先」がありました。 その項目には「勤務先、業種、住所、電話番号、部署名、勤続年数、年収」があります。 勤続年数や年収は緊急連絡先としては不要な情報だと思いますが、 これらの情報は提供しなければいけないものでしょうか? 「緊急連絡先」とは「保証人」と同じような意味を持たせることが多いのでしょうか? 某大手不動産仲介業のお店で、賃貸マンションを紹介してもらいました。 内覧をしたところ、マンション自体は気に入りましたが、周辺環境で難点があったので、即答はできませんでした。 人気物件だそうで、申し込みを急かされましたが、とりあえず一晩考えて、 申し込む場合は翌朝にFAXで入居申込書を送るということになりました。 その入居申込用紙の内容に気になる点がありました。 申込用紙には「緊急連絡先」を記入する欄があり、その記入項目は上記の通り、保証人と同様の内容でした。 尚、保証会社への申込書は入居申込書とは別にあります。 店員さんに「緊急連絡先なのにこんなことまで書くんですか?」と聞いたら、 「なるべく記入項目は埋めてください」と言うだけです。 「あまり書いてないとオーナーの審査を通らないかもしれません」とも言われました。 「保証人」ならまだしも、項目的には「緊急連絡先」なのに、保証人同様の内容を書くことに抵抗があり、 また最後まで悩んだ難点を妥協することができなかったので、この賃貸マンションには申し込みしませんでした。 後日、別の不動産会社経由で満足のいくマンションを契約しました。 そこは保証会社ではなく、保証人でしたが、それでも勤続年数や部署名までは記入せずに済みました。 契約したマンションのオーナーさんは手広く不動産業をされている方だそうで、契約に関しては詳しいとのことですが、 保証人に関する記入項目は最低限のことで十分と言われました。 マンションは無事に契約できたものの、なんとなくもやもやと気になっていたことなので、 こちらで質問することにしました。 おわかりになる方、宜しくお願いします。

  • 賃貸保証の保証人について

    こんにちは、初めて質問させていただきます。 昨年、賃貸を借りる際に賃貸保証会社と契約しました。賃貸保証制度を利用すると保証人は必要無いと勝手に思っていたのですが、契約者の私がフリーターという事もあり保証人が必要と言われ、父に保証人になってもらいました。 将来的に退職等で父に保証人の権利が無くなった場合等に、他に保証人になってもらえる親戚が居ない為、今から不安になっています。 そこで質問です。私が契約しているのはアーク賃貸保証という会社なのですが、この会社は更新の際に保証人の署名や印鑑証明は再度必要なのでしょうか? また、アーク賃貸保証は「マイガード」という保証人を会社で代理するシステムがあると目にしたのですが、フリーターの私でも利用出来るのでしょうか?また、大手の不動産屋しか扱っていないとも聞きました。私が契約しているのは個人不動産なので扱っていないかもしれません。ホームページを見ても良くわからなかったので、アーク賃貸保証で更新経験がおありの方やマイガードを利用した事がある方、教えていただければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 親が保証人になっても賃貸保証料は払うのですか

    初めての部屋探しでのこと 先日、不動産屋に部屋を見せてもらっているときに 住宅保険料以外にも保証料が4万弱必要だといわれました その時は、特になにも疑問に感じなく、言われるがままに納得していたのですが、友人に聞くと、その保証料というものを払ったことがない!といわれ、慌ててしまいました ネットで調べてみたところ、通常は賃貸保証会社というのは親が年金生活だったり、保証人を頼む人がいない人が申し込むところなのかなぁ~っと大まかに分かってきたので、何故4万の保証料が必要なのか不思議です 確かに自分は派遣会社という立場だし、 親は60過ぎた自営業だから、 大家、不動産会社からみても安心できないかもしれません。 しかし、そういったことを伝える前から、保証料は要求してきました。 喩え、保証人がいたとしても保証料というのは払うべきものなのでしょうか? 教えてください

  • 義妹のアパート契約の保証人になることとなりました。

    義妹のアパート契約の保証人になることとなりました。 提出書類にわたしの印鑑証明と「源泉徴収票」があります。 わたしは自分で会社を経営しており、義妹もわたしの会社の社員です。 義妹も自分の源泉徴収票を提出します。(わたしの会社が作成したものです) ここで質問です。 「源泉徴収票」は、アパート契約者である義妹と、連帯保証人である私のものとそれぞれ必要書類として提出するのですが、義妹はわたしの会社から給料をもらっているので、「源泉徴収票」の会社名欄は2人とも同じものが記載されています。 不動産会社の側の立場からすると、契約の審査に保証人の「源泉徴収票」まで提出させるほど、きびしく審査をするのであれば、契約者の収入と連帯保証人の収入元が同じ会社であるとわかれば、ちょっとマイナスイメージにならないでしょうか? もしも私の会社が倒産したら、契約者の義妹も連帯保証人のわたしもどちらも収入がなくなります。 これだと連帯保証人を立てる意味がないような気がします。 わたしはそう思ってるのですが、、常識的に考えてどうでしょうか? 審査で落とされる可能性ありますでしょうか? 物件は新築の賃貸アパート物件です