• 締切
  • すぐに回答を!

トランペットのラとソ♯の音だけがわれます

  • 質問No.4358689
  • 閲覧数111
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 28% (4/14)

僕は中学校の吹奏楽部でトランペットをやっています。
最近、なぜかソ♯(F♯)とラ(G)の音だけがわれるようになりました。
(前まではこんなことは無かったのですが…)酷い時は練習を始めた直後からわれるときもあります。ほかの音はあまりわれません。もうすぐ定期演奏会があるのではやくどうにかしたいです。どんな練習をしたら直りますか?ちなみにマウスピースはバックの7c(金)です。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 43% (22/51)

たぶん、ソ(F)を1+3ピストンで吹いても「われる」んじゃないでしょうか?

ちょっとトランペットの仕組みを説明しますね。
ピストンを何も押さなくても「ド」「ソ」「ド」って出ますよね。
そして2番を押すと「シ」「ファ♯」「シ」って出ますね。

これは、2番を押す事によって「管が少し長く」なっているからです。
(2番ピストンの横に出っ張っている管を息が通ります)

2番ピストンは半音、
1番ピストンは半音×2、
3番ピストンは半音×3。 つまり1+2番と同じ。

つまり、ピストンを押した時の音程は「ド・ソ・ド」からピストンで下げた音、という事です。
トロンボーンで言えば、スライドを伸ばした状態。

そして、金管楽器は、ピストンをたくさん押すと吹きにくくなります。
ピストン3つ押しのド♯なんて、すっっごい吹きにくいですね。

ちょっと前説明が長くなってしまいました。
でも、これらを理解すると、どう練習したら良いのか分かります。

まず、上の「ド」を出来るだけキレイに出してから、
ド-シ-ラ♯-ラ-ソ♯-  …と、スラーでゆっくり吹きましょう。

だんだん音が「われやすく」なるはずです。
ちょっとでも音がおかしくなったら、また上のドからやり直し。
これで、だんだん良くなります。
補足コメント
syenndo

お礼率 28% (4/14)

回答ありがとうございます。さっそく試してみます。
投稿日時:2008/10/08 17:47
お礼コメント
syenndo

お礼率 28% (4/14)

すみません。補足に送信しちゃいました。
投稿日時:2008/10/08 17:49
  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (59/127)

アンブシュアが、その音にフィットしていないかもしれません。

練習方法の一つとして、リップスラーで、下のミ(D)-ラ(G)-ド♯(Bナチュラル)-ラ(G)と吹き、音色が変わらないでレガートでつなぎ、終点のラ(G)が綺麗に出たら、そのアンブシュアを崩さないように、軽く唇をマウスピースから離してからもう一度付けて、今度は、ラ(G)をロングトーンします。
ソ♯(F♯)は、レ♯(C♯)-ソ♯(F♯)-シ♯(A♯)-ソ♯(F♯)のパターンで行います。
(pからfまでダイナミクスも変えて)

アンブシュアの悪い癖は簡単に取れないことがあるので、地道に毎日のウォーミングアップとしてやってみるといいかもしれません。
お礼コメント
syenndo

お礼率 28% (4/14)

回答ありがとうございます。ネットで検索してもいい練習方法がなかったのでたすかりました。早速次からやってみます。
投稿日時:2008/09/27 17:36
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ