• 締切済み
  • すぐに回答を!

景気回復

いつになったら景気回復になるんですかね? (リーマン問題、サブプライムローン問題、雇用問題、株式の下落等) また近いうちに総選挙がありますが、与党、野党それぞれ勝った場合、日本経済はどうなる?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数68
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#155097

すでに景気は回復していて、 庶民には恩恵がないまま これから不景気に再突入します。 どちらが勝っても、おざなりな人気取りはあるでしょうけど、 庶民には実質的な恩恵がないままでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 景気回復

    景気回復はいつになる? (リーマン問題、サブプライムローン問題、雇用情勢、株の下落等) あるテレビで儲かっている企業から税をたっぷりとるとか(儲かっている企業はどこ?)、ぜいたく品に税をたっぷりかけるとか・・・ (余談ではあるけれどメジャーでは確かぜいたく税みたいなものをかけているとか) また総選挙で与党、野党それぞれ勝った場合日本経済はどうなる?

  • 景気回復は本物かどうか

    サブプライムローンから始まり、リーマンショックを経た、金融及び経済危機ですが、今現在はどういう状況なのでしょうか。 株価反発や経済指標など、数字の上では良い結果が出ていて、それだけを見れば景気回復かと思われます。 しかし回復でないとするならば、今回のリセッションで受けたダメージを回復する上での課題、解消しなければいけない問題は何でしょうか。 今何が懸念されてるのでしょうか?

  • 景気の回復について

    今日本経済はいざなぎ越えで戦後最長の景気回復期といわれていますが 一方で従業員の賃金は上がってなく実感のない景気回復と言われています。 ちなみに私は景気回復の実感がありません。 みなさんは景気回復の実感がおありで賃金はどのように変化したのでしょうか。 また今何か言いたいことはあるでしょうか。 皆さんの率直な意見をお願いします。

  • 景気回復させると野党に威張られる(優位)ので?

    本音と建て前(後出しじゃんけん)に関係なくですが 実際、 景気が回復すると野党に威張られる(世間が賢くなりすぎている)ので 消費税UPさせると100%(確実に)景気回復が見込めないから... 景気回復させると野党が有利ですか?

  • 景気

    なぜ政府は景気回復策、雇用対策、長年フリーター対策等を起てないのか? (まさか総選挙に充てるためにやらないとか) またトライアル雇用をやったとしても意味がないのでは?

  • 消費税と景気回復

    日本の消費税導入が1989年4月 バルク崩壊 株価の 大幅下落が始まったのが1990年1月からそれ以降 日本の景気は長期低迷しています 。今後さらに消費税を上げたら、景気回復は無理なのは、素人にもわかる様な気がします。 アメリカの様な売り上げ税にした方が、まだ経済に良いと思いますが、どうですか?

  • 経済成長とは?景気回復とは?いつしますか?

    アベノミクス・アベノミクス・経済成長・景気回復と念仏のように繰り返してはいますが、具体的に何を目指しているのか、どうなったら経済成長・景気回復をしたといえるのか全く述べられていないように思います。 例えば消費税関連法案の附則には以下のいわゆる景気条項がありました。 # ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条) # ・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを # 条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び # 経済の活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において # 名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した # 望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の # 実施その他の必要な措置を講ずる。 これはよく分かります。期限も分かるし何をいくつにするという数字がすべて具体的に述べられているので、何を目指しているのか、どうなったら景気回復といえると考えているのかよくわかります。 が、10%アップの時期を延期するとともに、この景気条項を削除する予定のようで、経済成長などしなくてもかまわずアップしていい事にしようとしているように見えます。ここれはもう達成できなさそうだから削除をするというのならまぁそれでもいいとは思うのですが、単に削除するのではなく、普通なら新たな目標設定が必要だと思うのですが、どうも見当たりません。マニュフェスト・発言何でもいいのですが。 質問は (0)「平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度」はなぜ削除するのでしょうか?もう達成不可能であきらめていて、「達成できなかった」といわれるのを防ぐために削除するのでしょうか? (1)ここ半年くらいの政府・与党の公式な発言・発表で、経済成長・景気回復の具体的な目標値がありましたか? (1-1)ある場合:その内容を教えてください。 (1-2)ない場合:なぜないのでしょうか? (2)あなたは個人的に、いつまでに何がどうなったら経済成長・景気回復といえると思いますか? 例 ・平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度 ・就業者全体平均の賃金上昇率が、物価上昇率を上回ったとき。たぶん3-5年後。 よろしくお願いします。

  • 景気回復の財源に将来の相続税を使用することについて

    以下のニュースですが http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009021102000092.html 今の景気回復の為の財源を確保するために国債を発行し富裕層の購入してもらう。 無利子だけど、見返りに相続税で優遇するということですが如何でしょうか。 高齢化による医療費の増加、少子化による労働力の減少などで財源確保のために消費税を上げる一方で 将来の財源である相続税を経費回復の財源として先食いしています。 逆に景気回復というのであれば、相続、贈与税に増税という決定をすれば、 富裕層から資金が株式とか市場とかに流れて景気が良くなるとか考えられないでしょうか。 まあこんな法律を作ろうと主張する政治家がいるとは思えないですが。 皆さんはどう思われますか。

  • なぜ金融資産が20兆円も減少するの?

    最近、アメリカのサブプライムローン問題から、リーマン破綻などが起き、米経済の下落の波紋が全世界に影響を及ぼし、日経平均が8000円台になったりして、株式全般が下落の一途をたどっており、金融資産が20兆円下落したとニュースでもやっていますが、なぜ20兆円下落するのでしょうか? 金融資産から別のものに投資を切り替えているから、株式の価値が下がっているということなのでしょうか? どなたか教えてください。

  • 今と今後の景気について

    2002年からの長期的な景気回復期は、終わりを告げたのでしょうか? 成長率も-12.7%で円高、製造業、車会社や大手家電会社も赤字が目立って来て、実感なき景気回復どころか景気は後退する一方に見えるのですが…。 対外直接投資が増えていた日本の製造業は、世界的な経済危機で売り上げが伸び悩み、さらに円高で輸出も減るというダブルパンチ、そこで非正規社員を減らし、ついには正規社員をも切ろうとしています。 また原油価格の下落にも関わらず、他の物価は下がる気配なし。スタグフレーションが来てしまったのですか? これらに効く対策はなんでしょうか?公共投資でしょうか?減税?金融政策? 不景気は続き消費者の財布のヒモは固くしまるばかり、こんなにも遅れた定額給付金が効果があるとは思えません。