• 締切済み
  • 暇なときにでも

こんなボーイズラブ小説探しています。

こんにちは。 最近読んだBL小説がかなりツボにはまってしまい、同じくらい好きだと思える作品に出会いたいので質問させていただきました。 その小説はこちらです。もうもう大好きなんです。イラストも。 一万年+3日 (コバルト文庫) 麻生 玲子 (著) シリーズで全4冊 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086004887/gooseberry02-22/ref=nosim/ その他、砂原糖子さんの『セブンティーン・ドロップス』(新書館ディアプラス文庫) や高遠琉加さんの『天国が落ちてくる』(二見書房シャレード文庫)も好きです。 ドラマチックな展開があるわけではなく、日常が描かれている感じで、ほのぼの系だけどキュンと切なくなるようなお話が好みです。 一万年+3日シリーズはコバルト文庫なので性描写は控えめなのですが、そういうシーンも丁寧に描かれているものがいいです…スイマセン。 好みではないもの ・受けが元気すぎる ・悲恋もの 漫画でもかまいません。これはと思われるオススメのものがございましたらぜひ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数72
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

タクミ君シリーズはいかがですか? 学園ほのぼの系です。 絵はおおや和美さんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! タクミ君シリーズ。存在は知っていましたが読んだことはありませんでした。調べてみたら私の好みにあっている気がします! 是非読んでみたいと思います♪ どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 女主人公の恋愛小説

    最近になり読みたい小説が段々と減ってきましので、皆さんのオススメなものを教えていただきたいです。 今まで、コバルト/ビーンズ/ルルル/B’s‐LOG/もえぎ/ホワイトハート/アイリス/イースト・プレス/GAME CITY/ソニーマガジンズ/C★NOVELS/電撃/富士見書房/集英社スーパーダッシュ/GA等の文庫を約計1000冊程度読みました。その内の大多数はコバルトとビーンズで、女主人公です。大体、有名で巻数が結構出ているものは読んだことがあると思います。 中でも気に入ったものを以下に書かせていただきます。 ・ストーリーが長編でちょっと重いもの ■コバルト文庫「流血女神伝」「破妖の剣」「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」「風の王国」「魔女の結婚」■角川ビーンズ文庫「マギの魔法使い」「星宿姫伝」「光炎のウィザード」「彩雲国物語」「スカーレットクロス」■ルルル文庫「チェンジリング・シー」「クラシカルロマン」■B’s‐LOG文庫「死神姫の再婚」■X文庫ホワイトハート「幻獣降臨譚」■イースト・プレス「華鬼」■ソニーマガジンズ「トワイライト」■電撃文庫「七姫物語」■その他「図書館戦争」 ・ストーリーが明るめでさくさく読み進められるもの ■コバルト文庫「ピクテ・シェンカの不思議な森」■角川ビーンズ文庫「悪魔のソネット」■ルルル文庫「キャンディ・ポップ」■B’s‐LOG文庫「バベルの歌姫」「お狐サマ」■一迅社文庫アイリス「聖鐘の乙女」■その他「私の名前はキム・サムスン」 できれば、「古いもの」もしくは「マイナーなもの」をお願いしたいです。 「一般向け」「絵がない」「webで掲載」のものでも大丈夫ですので、お願い致します。 個人的に読んだ中でマイナーと思ったのが、■コバルト文庫「月の系譜」「深き水の眠り」■富士見書房「業多姫」■集英社スーパーダッシュ文庫「Kishin-姫神-」■C★NOVELS「女王陛下の薔薇」辺りです。

  • おすすめ推理小説教えてください

    古いシリーズですが、トレーシーシリーズ<早川書房 ウォーレン・マーフィー/著 田村義進/訳>が大好きでした。 これと似たような雰囲気で似たような推理小説はありますか? ・登場人物の会話が軽妙。皮肉とかアメリカンジョークの応酬。<<最重要>> ・推理やトリックなど謎解きはそんなに重視されてなくてもよい(重視されていてもいいです) ・現代モノ ・貧困・宗教・人種などで重い空気なのは× 古本屋100円棚めぐりが趣味なので、絶版でもかまいません。 文庫でよろしくお願いします。

  • シリーズ名がなんだったかわかる方いませんか?

    1970年代に持っていた小学校高学年向けの少女小説の 文庫(と言ってもサイズは今で言う新書サイズだったと思います)がどこの出版社から出ていたか、どのような方が書いていらしたのか、また、その文庫のシリーズ名(「コバルト文庫」「青い鳥文庫」のようなもの)をご存知の方がいらしたら教えてください。 記憶違いかもしれませんが、薄いピンクのカバーだったような気がします。 唯一覚えている1冊は、こんな粗筋でした。 お金持ちの少女と、そんなにお金持ちではない少女が学校で友達になり、お金持ちの少女の家に、もうひとりが招かれます。パーティのようなものです。そこで、お金持ちの少女がもうひとりの少女にお化粧をしてあげます。少し濃い色のファンデーションを塗ってあげるシーンをイラストにしてあった気がします。 吉屋信子さんではなかったと思いますが、その流れのような少女小説のシリーズでした。 インターネットでいろいろ検索してみたのですが、私の思っているシリーズが探し出せませんでした。 どなたか覚えている方がいらっしゃいましたら、教えてください。 宜しくお願い致します。

  • ボーイズラブ小説の中から選ぶとしたら

    ここ数年BLにはまって恐らく数百冊読破しました。 全部所持していられないので、お気に入り以外の本はその都度処分して、今手元にあるのは50冊弱です。 きっと多くの方が、ある程度取捨選択して本の管理をされていると思いますが、他の方が最後まで残しておきたいと思う本はどんなものだろうと気になってしまいました。 そこで、普段ボーイズラブを読んでおられる方に質問です。 もし手元に置いておけるボーイズラブ小説が「10」だけだったとしたら、どの作品を選びますか? ※シリーズ物でも「1」とカウントします。 10に満たなくても結構ですし、参考までに、これはいつまでも手元に残しておきたいという本を教えて頂けたらと思います。

  • 東城和実先生の小学館時代の作品

    「炎の蜃気楼」の初代挿絵として有名(他色々活躍されてますよね)の東城和実先生の、小学館時代の作品の行方をずっと知りたかったので質問いたします。 公式サイトのプロフィールに「1983年に少女コミック(小学館)でデビュー、4年間くらい小学館で描いていた」旨が記されています。 作品リストも載ってますが、小学館で描いたものは一切載っていないんです。 1983年頃、私は小学生でちゃおを愛読していました(1974年生まれ)。ちゃおの増刊号に、今の東城先生の絵とほとんど同じ絵柄で、でも違うペンネームのまんが家がよく作品を発表されていて、私は当時その作家がとても好きでした。 しかし中学生になりマンガから一時完全に離れたため、その先生がその後どうしたかどころか、名前まで忘れてしまいました。 その後高校生になり、文芸部に所属、自然に本屋の文庫コーナーに立ち寄ることも多くなり、そんな中見つけたのが集英社コバルト文庫「炎の蜃気楼」第1巻の表紙。イラストは「東城和実」。 正直驚きました。 部活仲間が新書館の「ウィングス」とかをよく買っていたので、東城先生が当時新書館で描かれていた(黒いチューリップシリーズのこと)のはすぐに解ったのですが、インターネットどころかパソコンも普及していなかった時代、小学館時代のことは調べようがありませんでした。 どなたか当時のペンネーム、当時発表された作品がどうなったとかご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。うろ覚えですが当時のPNは「○子」と子付だったような(苗字に関しては完全に記憶がありません)。 今から20年くらい前の話で今更と思われると思いますが、どうしても気になるので回答いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

  • 泣けるボーイズラブ小説!

    以前にも似たような質問をさせていただきました。そこで教えていただいた小説を読んでいたら、泣けそうな小説があったんです。ですが、あと少しで泣けなかったんです。それから「泣ける小説」が読みたくなってきたので、オススメがありましたら教えて下さい。 泣けると一口に言っても人によって様々で、その日の気分によっても泣けたり泣けなかったりするとは思います。ふいをつかれると泣けるんでしょうかね? 意外と、こうしてオススメしてもらって「これは泣ける、泣ける…」なんて思いながら読むと泣けなかったりするんですよね。この現象も理解の上での質問です。 よろしくお願いします!! できれば、タイトルだけではなく、出版社と作者、あらすじも教えていただけると嬉しいです。 小説だけでなく、漫画もありましたら是非教えて下さい! 参考に。 最近、泣いた小説は木原音瀬さんの「檻の外」です。 箱の中から読んで、檻の外を読んだから泣けたのだと思います。読み終わって、数日経ちますけど未だに頭にストーリーが浮かんできて、思い出して幸せな気分に浸っています。 「ニューヨーク・ニューヨーク」も泣けたのですが、この2作品って何だか似てるな、と今となって思います。 色々、本当に色々なことがあって時間をかけて乗り越えて、本当に愛し合っているのがわかって、やっと幸せになったところで「よかったね、本当によかったね」と泣けるんです。 そして、幸せな日が続いて…待ち受ける死。彼らの一生を垣間見たようで、今度は「辛いよね、一人になっちゃうんだね」という気持ちになって泣けるんです。 今気づきましたけど、どちらの作品も「死」は親しい第三者の視線で書かれていました。これも泣ける原因になっているのでしょうか? これらの作品を読んでから、いかにも泣かせようとしている作品を読んだら逆に笑ってしまうんじゃないかと思っています…。作品にもよるでしょうけど…「好きな人には、既に好きな人がいて…色々(色々といっても数ヶ月で解決しちゃうこと)あって結局結ばれた」なんてあまい!!

  • ボーイズラブ小説について・・・

    雅臣という男の子が出てくる、教師と生徒の話です。 著者やタイトルなんでもいいのでわかる方教えて下さい!

  • ボーイズラブ小説を…

    ボーイズラブ小説を投稿しようと思うのですが。 どこに投稿するのがいいでしょうか…??

  • 怖い話の本(orサイト)を教えてください

    面白い(笑えるという意味ではなく、興味深い意味で)怖い話の本もしくはサイトを教えてください。 コロプラという位置登録ゲームで読んでいる怖い話(コピペ等で集めたものが載っている)が気に入っています。 そこで、もっと色々読みたいので何か良い本はないか、アマゾンで評価がそこそこなのを適当に買ってみましたがイマイチでした。 何か、オススメのものはないでしょうか? [媒体] ・小説。本。(絶版不可。アマゾンで買えるもの) ・もしくは、ある程度数のそろっているサイト [内容] 短編でも長編でも可です。 都市伝説不可。 明らかに創作とわかる話(あまりに現実離れした話)は不可。 以下が読んだことのある話で自分が面白いと思った話です。 多分、2ch等に書き込まれたりしたものだと思います。 ・ナナシシリーズ ・ヤマノケ ・リゾートバイト ・巣くうものシリーズ ・姦姦蛇螺 ・八尺様 ・パンドラ[禁后] ・裏S区 ・コトリバコ 等など・・・。ちょっと書ききれません。 逆に、読んだけどつまらなかったもの。 ・「見える」シリーズ ・動物園シリーズ ・震 フルエ (恐怖文庫) ・怖イ話 現代百物語 (竹書房文庫) 等など・・・。   お暇なときで十分ですので、この辺なら好みが合うんじゃないのかなというのがありましたらお願いいたします。

  • オススメのライトノベルを教えてください!

    初めまして、こんにちは。 昨夏からライトノベルを読み始めたので、まだあまり詳しくありません。どなたかオススメのライトノベルがございましたら、教えてください! 参考までに、↓が今まで読んだ作品の気に入った度です。あくまで個人的な満足度なので、作品の完成度が高いのに「戯言」や「空の境界」が低いのはただ好みじゃなかったからです。……すみません。 あと、こちらで挙げている作家さんの作品は除いてください。 私の好みに合いそうな作品を教えていただけると嬉しいです。また、ご自身が好きだからこの小説がオススメというのも大歓迎です。BL・GLも全然平気です。 壁井ユカコ「キーリ」シリーズ★★★★★ 谷瑞恵「伯爵と妖精」シリーズ★★★★☆ 高里椎奈「薬屋探偵妖綺談」シリーズ★★★★☆ あさのあつこ「The manzai」シリーズ★★★★☆ 橋本紡「曜日」シリーズ★★★★ 朝香祥「高原御祓事務所始末記」シリーズ★★★★ 佐島ユウヤ「松の四景」★★★★ 米澤穂信「小市民」シリーズ★★★☆ 時雨沢恵一「キノの旅」シリーズ★★★☆ 西尾維新「戯言」シリーズ★★★ 岩井恭平「消閑の挑戦者」シリーズ★★☆ 高里椎奈「フェンネル大陸」シリーズ★★☆ 橋本紡「リバーズエンド」シリーズ★★ 奈須きのこ「空の境界」★☆ さくまゆうこ「超心理療法士希祥」シリーズ★☆ 好きな現代の作家さんはあさのあつこ、長野まゆみ、森絵都、畠中恵、恩田陸、小野不由美、香月日輪、有栖川有栖、S.ライラント、R.ウェストールなどです。 ライトノベルは、表紙がコミックイラストの文庫小説という定義で考えてます。宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう