• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

左官さん・大工さんに質問です

在来軸組工法で柱間にグラスウールを入れ断熱する工法です。 合板等を外貼りはしません。 ラスモルタルに塗装仕上にしようと思うのですが・・ おすすめのおさめ(柱より外側)・注意事項を教えてください。 メタルラス等のおすすめのメーカー・商品があったら教えてください。 よろしくお願いします、

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

大工や左官屋さんではないので恐縮ですが・・・ ラスモルタルの左官仕上げの外壁は最近では珍しいですね。 注意することとしては、やはり雨じまいでしょう。 最近はサイディングの外壁が多いので、建前のあと屋根じまいをし、外回りにタイペックシートを張りますが、左官仕上げの外壁の場合、木摺りの上に屋根防水用のアスファルトルーフィングを張ると思います。 (タイペックでは防水が心許ないので) ラスモルタル仕上げの場合、経年により細かいひび割れ(毛細現象)が起きるので雨じまいに注意が必要です。 それと、その左官仕上げですが、どのような仕上げになさる予定でしょうか? 個人的な意見としては、「リシン掻き落し」ではなくフラットな仕上がりにして、塗装(塗料)を防水効果の高い仕様にしてもらうのが良いのではないかと思います。 メタルラスですが、従来よく使われてきたワイヤーメタルラス以外に様々なラスが発売されています。 最近はモルタル壁は評価が低いですが、実はモルタル壁は中々耐力がある工法です。 どうして評価がよくないのかと言うと、経年の結露などにより劣化が著しく、初期の耐力を保てないからです。 長年の結露や雨水の浸入等により、ラスやタッカーの腐食、あるいは下地の木摺りや柱などが腐ったりして、耐力を保てなくなる場合が多いからだと思います。 現在では、ワイヤーメタルラスに変わるラス資材、あるいは同じラスモルタル工法なのですが、通気口を用いて結露を防止する工法(水切りから空気を取り入れ壁に通気する工法など)など様々な製品や工法が開発されています。 本・雑誌・ネット等で調べてみてはいかがでしょうか。本来中々の耐力を望める工法なので、私個人としても廃って欲しくないと思っています。 ちょっと専門外なので間違ったことも言っているかもしれませんが、工務店さんや職人さんに意見や質問ができれば、間違っていても丁寧に色々な意見・アドバイスをしてくれると思います。ご参考になれば・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仕上はラスモルタル塗装仕上です。 参考になりました。 詳細な点までありがとうございました。

関連するQ&A

  • 22条地域で、延焼の恐れのかかる外壁の屋内側に、ラーチ合板(厚12)を

    22条地域で、延焼の恐れのかかる外壁の屋内側に、ラーチ合板(厚12)を貼りたいと思います。 柱間にグラスウール75ミリ以上を充填すれば、法規上はクリアーできますか? 外壁は通気層をとって、木摺、ラスモルタルの上、リシン吹付けです。 厚さ75ミリ以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4ミリ以上の合板、とは書いてあるのですが、「柱間」という表記がないので自信がなくて。 よろしくお願いします。

  • 外装の左官仕上げ・ジョリパットなどの下地

    住宅(主に木造や鉄骨)で左官仕上げやジョリパット仕上げとする場合 どういった下地が好ましいのでしょうか。 古い建物をみると下地が3×6板の大きさごとに反りがでて壁が割れていたり 反りがなくても下地板のジョイント部で割れているのを見かけます。 合板下地+ラス・ダイライト下地+ラス・ラスカット・シージングボード+ラス その他いろいろあると思うのですが 個人的には伸縮率の小さい材料が良いと思っています。 また通気工法とあわせて行う場合通気層の外側に左官壁を作る場合など 外側にこういった下地を作成するのでしょうか。 教えてください。お願いします。

  • 床断熱材と工法について

    新築住宅のことで質問です。 床の断熱材と工法についてですが、設計士さんの説明では、土台と大引の間にタイベックシートを少したるませてタッカーで止め、そこにグラスウール(t=100、15kg/m3)を敷き、その上に根太を施工し根太間にもう1度グラスウール(t=55、15kg/m3)を施工すると説明されました。上記、施工後は構造用合板(t=12)+フローリング材(パナ建オーマイティフロアー)で仕上がりになります。 この工法でなにか問題点等がございましたら、教えてください。 施工場所:北陸地方 住宅工法:在来軸組工法 基礎工法:ベタ基礎 壁断面:クロス→プラスターボード→内壁胴縁→グラスウール(t=100、15kg/m3)→耐力面材(ダイライト)→タイベックシート→外壁胴縁→GL角スパン よろしくお願いします。

  • 床からのすきま風

     外壁側に接した床からわずかながらすきま風が出ています。これを止める良い方法はなんでしょうか?ちなみに自宅は在来工法での木造モルタル住宅で床下を覗いたところ20-30mmのプラスチック断熱材が入っていました。  自分で考えたのは外壁に沿って床下にグラスウール断熱材をタッカーで貼ることです。効果、問題ありますでしょうか?

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • モルタル吹付け仕上げの下地について

    木造住宅の外壁仕上げに弾性リシン吹付け仕上げを考えています。(予算があればジョリパッド等を採用したいところですが・・・) 下地構成について教えてください。 内側から 構造用合板t12+透湿防水シート+通気用縦胴縁(21×45)、となりますが、 これ以降の下地構成についてです。 建築関係図書を調べてみても、微妙に表記が異なり迷います。 以下は記載があった一例です。 (1)ラス下地+モルタルt20 (2)木摺+ラス網+モルタル (3)木摺+メタルラス+軽量モルタル (4)木摺+防水シート+メタルラス+モルタル (5)木摺+アスファルトフェルト+メタルラス+軽量モルタル (6)木摺+アスファルトフェルト+ラス網+モルタル(ファイバーメッシュ伏せ込み) (7)ラス下地t11(アスファルトフェルト含む)+モルタル吹付けt20(メタルラス含む) ここで、ラス下地=木摺である事はわかりました。 アスファルトフェルト(=防水シート)を入れる場合と入れない場合があるようですが・・・? 木造住宅の場合地域差もあるかもしれませんが、アドバイスお願いします。 上記仕様は目地を設けないものと考えていますので、道路に面した外壁にと考えています。 他の外壁面もリシン吹付けで考えていますが、とにかくローコストで考えたい場合どのような下地が一般的でしょうか? ボード状のパネルに弾性リシン吹付けかと思うのですが、パネルには何が使われているのでしょうか? 無塗装サイディングに弾性リシン吹付けでしょうか? 目地は何ミリですか? 以上よろしくお願い致します。

  • 断熱について

    木造在来工法で家を建てるのですが、断熱について教えて下さい。 (1)プラン内の断熱方法は「外壁通気工法」(断熱材はロックウール)ですが、寒いのが苦手だと相談した所、吹付けの断熱材を勧められたのですが、それは、工法は同じで、材料がロックウールから吹きつけ材に変わるということなのでしょうか?その場合、断熱効果はかなり違うのでしょうか?教えて下さい。(ちなみに吹き付けの材料はなにかはっきり分かりません)硬質ウレタン?とかなのかなと思ってます。 (2)外壁通気工法で、防水シートと断熱材の間に、構造用合板があるのとないのでは、どういう違いがあるのでしょうか?メーカーによって、板を入れたり入れなかったりするのは、なぜなのでしょうか? 基礎知識が乏しいので、変な質問になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 断熱材の施工

    2014年、建売住宅(在来工法)を購入し一回目の冬を過ごしたのですが、とても寒く感じたため原因を探したところ、以前工務店より頂いた住宅建築中の断熱材(グラスウール、充填断熱)施工写真にてメーカー施工手順と異なる点があり質問させていただきます。メーカー施工手順では、壁の断熱施工時はグラスウールの耳(防湿フィルム)を見附面に30mm以上重ねて留め付けるとありますが、すべて柱と柱の間にタッカーで留められています。メーカー施工手順以外の例外もあるのでしょうか。高気密、高断熱ではない住宅では、このような施工方法も標準となるのでしょうか。

  • 構造用合板を使った在来工法の壁量の算定について

    構造用合板を使った在来工法の壁量の算定についてなんですが、 例えば、1365のスパンの壁に柱が3本あったとします。 柱のピッチは910の所に1本、それから455行った所に1本。 この場合、構造用合板を柱の外側に打ちつけた場合、 耐力壁は1365になるのか、柱の間隔が455の所があるから 910の所しか耐力壁とみなさないのかどうか 教えてください。 壁は以下のような感じです。   1365  910 455 ______ ■  ■ ■

  • 一戸建ての断熱について

    教えてください。 今、家を新築しようと考えています。 場所 大阪 工法 在来工法 断熱 グラスウール 断熱性能を向上させたくて色々な本を読み頭がでっかちになってしまい、困っています。 夏に家に帰ってきたときのむっとした暑さが少しでも和らぐようにペアガラスにして、屋根部分にアイシンという吹付け断熱をしようかと思っています。 屋根だけでは意味ないですか? 吹付け断熱のデメリットはありますか? もっとほかの方法がありますか? 素人なので分かりやすい言葉で教えていただけたらありがたいです。 よろしくお願いします。