• 締切済み
  • すぐに回答を!

困っています。

物理の問題が解けなくて困っています。 円板に糸を巻きつけ、糸の端に質量Mの物体を結びつける。 静かに手を離し、物体を鉛直方向に落下させる。このとき、円板は中心軸周りに滑らかに回転しながら糸がほどけていく。 円板の慣性モーメントをI、半径をr、重力加速度をgとする。 (1)糸の張力をTとして、質量Mの物体に関する運動方程式を示せ。    鉛直下方にX軸をとること。 (2)糸の張力Tを用いて、円板の回転運動方程式を示せ。    右回りに回転軸θをとること。 (3)d^2x/dr^2とd^2θ/dr^2の関係を示せ。 (4)以上の結果を利用して物体の落下する加速度を求めよ。 という問題です。図がないのでわかりにくいかもしれません。すみません。 (1)はMa=Mg-Tと解いたのですが、(2)以降がわからなくて困っています。円板の回転運動方程式から円運動を参考書やネットで1週間調べたのですが解けず、似たような問題もないので困っています。 解き方やアドバイスがあれば是非教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数171
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#137826
noname#137826

こんにちは。 (2)の「右回り」は円板を裏から見たら左回りになるなあ・・・などと思いましたが、図がないのでしょうがないですね。 (2)は rT のトルクがかかった円板の回転運動方程式を書き下すことになります。 (3)以降では物体の運動と円板の回転を結び付けていく((1),(2)の連立方程式を解く)ことになります。 円板がθだけ回転すると物体の移動距離はrθになることを使うでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

それなりに有名な基本問題だと思うので、参考書に載ってないってことはないと思うのですが。 1点疑問なのは、問題(3)を見ると糸がほどけていくと、その分rが小さくなっていく、ということですかね。だとすると、糸の太さとか線密度とかが与えられてないと解けませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返信ありがとうございます。 そうなんですか…本屋で参考書をかなり見たのですが載っていなかったもので… 糸の太さや綿密度は与えられていないので、rはほどけても変わらないものと考えていいのだと思います。

関連するQ&A

  • 円板に巻かれている糸に物体を吊している→運動方程式の求め方がわかりません。

    半径R,質量M,慣性モーメントIの円板が摩擦のない水平な軸に装着されている。この円板には軽い紐が巻かれており,質量mの物体を張力Tで吊している。支えを外すと円板は回転し,物体は落下し始める。この時の落下の加速度はα,円板の角速度はωである。また,回転軸のまわりで回転する円板に作用するトルクNは N=Iωである。 1)設問の状況を図示せよ 2)物体の落下に関する運動方程式を求めよ。 3)円板の回転に関する運動方程式を求めよ。 4)以上から,吊した物体の加速度α,円板の角速度ω,および紐に働く張力Tを求めよ。 という問題なのですが, 1)は◎|     |    □ こんな感じだと思うのですが,それ以下がまったくわかりません。 2)はmgを使うことはわかるのですが… どの公式をどのように使用すれば解けるのでしょうか?

  • 大学の物理の問題ですが至急教えてください

    滑らかな水平軸を持つ質量M、半径aの剛体円板に軽い糸をかけて、その両端に質量m1、m2の質点を取り付ける。 この円板を角速度ωで回転させたときの運動を考える。 2つの質点は糸により連結しているから、同じ加速度αで鉛直方向に運動する。 質量m1に働く糸の張力をT1、質量m2に働く糸の張力をT2とし、重力加速度の大きさをgとして次の問いに答えなさい。 1.各質点の鉛直方向の運動方程式 2.水平軸回りの回転運動方程式 3.円板の中心角θと回転に伴い繰り出される糸の長さsの関係 4.加速度αの大きさ 5.質量m1の質点に働く糸の張力T1の大きさ 6.質量m2の質点に働く糸の張力T2の大きさ 以上の解答を教えてくださいお願いします。

  • 力学の問題です

    図1のように質量M半径Rの密度分布が一様で厚みを無視できる円板が 水平に置かれた中心軸(円板に垂直な方向)のまわりに自由に回転できるように設置されている。 この円板の縁には、質量を無視でき伸長性のない糸がたるみなく巻かれていて 糸の先には質量mの質点が結び付けられている。糸と円板の間にはすべりは生じないものとし 初期の状態では図1(a)に示すように円板は静止しており、糸にたるみがなくかつ糸が鉛直方向 に沿うように質点は台によって支えられている。 次に図1(b)のように円板を回転させないように質点を距離hだけ鉛直上向きに持ち上げる。 その後図1(c)のように質点を支えていた台を瞬時に取り除く。 質点が落下してちょうど糸のたるみがなくなり、かつ張力が生じる直前の円板の中心軸まわりの 角速度をω0、質点の鉛直下向きの速さv0とする。 糸に張力が生じて円板が回転を始めた直後の系を考える。このとき糸にたるみは生じず、 質点は鉛直下向きに運動した。円板が回転を始めた直後の円板の中心軸まわりの角速度ω1、 質点の鉛直下向きの速さv1を求めよ。 という問題なのですが、どういう方針で解けばよいのでしょうか。 円板の回転の方程式と質点の運動方程式を張力Tとして立てたのですが そこからv1ω1を求める手段が分かりません。 あとv1=Rω1 としてよいのでしょうか? 分かる方宜しくお願いします。

  • Atwoodの器械

    滑車に糸をかけ、その両端に質量m1の物体1と、それより軽い質量m2の物体2を吊り下げた。 物体1の初速度が0のときの運動方程式を解いて、それが、距離hだけ落下するのにかかる時間とそのときの速度を求めよ。 糸の張力をT、加速度をaとして、 m1a=m1g-T m2a=T-m2g ここからどうすればよいのですか? 詳しい解説お願いします。

  • 物理問題解説

    公式の使い方も分からないのに物理を取らなければならなくなってしまった文系です。 次の問題の解説をなるべく詳しく、答えを明記せずにお願いします。 なめらかな机の上に質量Mの物体Aを置き、質量mの物体Bと糸で結ぶ。 物体Bは滑車を通して机の側面につりさげる。 てを離したところ、Aは等加速度aで右向きに運動した。 重力加速度の大きさをgとする。 糸は伸びずまた、その質量は無視出来るものとする。 以下の問いに答えよ。 1)糸の張力をTとして、A,Bの運動方程式をつくれ。 2)加速度aを求めよ。 3)糸の張力を求めよ。 4)M>>mのとき、糸の張力はいくらになるか。 また、M<<mのときはどうか。

  • 力と運動

     動摩擦係数がμ=0.20の水平面上に、質量2.0kg、3.0kgの物体A、Bをおいて、 軽い糸でつないだ。AをBがあるのとは正反対の方向に18Nの力で引く。次の問に 答えよ。 (1)物体A、Bに対して運動方程式をたてなさい。 (2)物体A、Bの加速度の値を求めよ。 (3)AB間の糸の張力の大きさを求めよ。 糸の張力をT、AとBの加速度をそれぞれa、bとすると、 (1) A: 2a=14-T B: 3b=T-6 まで出来たのですが、 (2)が分かりません。 全体の加速度がXだとすると、 (2+3)X=18 という位しか分かりません。 詳しく教えてください。 よろしくお願いします。

  • 物体の運動方程式

    質量M、一様な厚さをもつ半径Rの円板に糸を巻いて、時間t=0で手を離した。 ロープの張力をTとする(上向きにとる) 図がなくわかりにくくてすみません。 x座標を下向きにとったとします。 運動方程式を立てるとき、x座標の向きに従ってたてますが 角運動方程式を立てるとき、回転方向を正としてたてればいいのでしょうか? そして、x座標を下向きにとったときと、上向きにとったときとでは 張力の値は当然かわりますが、それは最初にx座標の向きを最初にかくことでどちらも正解になるのでしょうか?? 質問ぜめ、初歩的な質問ですみません。 よろしくお願いしますm(__)m

  • ヨーヨー

    糸を鉛直にして手を離すとき、ヨーヨーの落下する加速度aと糸の張力T、 また糸が伸びきってから巻き上がる時の加速度と張力を求めたい。 (ただしヨーヨーは質量M、中心の周りの慣性モーメントI、糸の巻きつく部分は半径r。) まず、鉛直下方にx軸を取ると Ma=Mg-T 回転角をθとすると、 v=rω (v=rθ´) 重心の周りの角運動量は Iω (Iθ´) ここまでは分かったのですが、ほかにどのような条件を混ぜてa、Tを求めてよいか分かりません。 ちなみに答えは a=g/(1+I/Mr^2) T=gMI/(I+Mr^2) になります。 また、落下と上昇ともに答えが同じになるのはなぜなのでしょうか? どなたか解説をよろしくお願いします。

  • 滑車につけた物体の運動

    滑車につけた物体の運動。 なめらかに回る軽い滑車に糸を通し、糸の両端に質量Mの物体A、質量mの物体Bをつけて手で静止させる。静かにはなすと、A.Bは運動を始めた。 このときA.Bの加速度の大きさと、糸の張力の大きさはそれぞれいくらか。ただし、 動力加速度の大きさをgとして、 物体の質量はM > mの関係にあるとする。 また、糸の張力が最大のときの、物体の質量比を求めよ。 という問題です。全く分からないので教えてください。 回答よろしくお願いいたします。

  • 滑車にかけられたおもりの問題

    1つのなめらかで軽い滑車に糸をかけ、糸の両端に質量がそれぞれm、M(m<M)のおもりをつけて静かにはなす。おもりの加速度はいくらか。また、糸の張力はいくらか。 僕が考えた解答は以下のとおりです。 質量mのおもりに対する運動方程式は(張力T、重力加速度gとすると) T-mg=m(-a) 質量Mのおもりに対する運動方程式は Mg-T=Ma しかし、解答を見てみると、 質量mのおもりに対しては T-mg=ma 質量Mのおもりに対しては Mg-T=Ma となっていて、質量mに対する運動方程式の中で、加速度に-(マイナス)がついていません。 m<Mだから質量Mのおもりのほうが下に下がる。よって力が下向きに生じているため加速度の+の方向を下向きとすると、質量mのおもりに生じる加速度は大きさは同じであるが向きが逆。したがってマイナスをつける・・・と考えたのですが、僕の考え方は、どこが間違っているのでしょうか? また、糸の張力はどちらのおもりでも等しい、ということが良く理解できません。糸の両端に同じ大きさの力が働いているなら、両端の張力は等しいということは分かるのですが、なぜ、両端に大きさの違う力が働いていても張力は等しいのでしょうか?