• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

準防火地域でフラット35対応仕様の木造2階建て建築について

準防火地域での木造住宅2階建ての仕様に関する質問です。 フラット35仕様にもしなければならないのですが、まず (1)トイレの換気扇などは100パイ以下なら防火ダンパーは不要なのでしょうか? それとも、フード(それ以外に方法があったら教えてください)を取り付けた場合のみ、防火ダンパー不要なのでしょうか? (2)フラット35対応仕様にするとなると、小屋裏換気が必要なのですが、軒裏と棟換気併用するとなった場合、棟換気にも防火ダンパーが必要なのでしょうか? なければ違法建築もしくは、フラット35対応基準にならないことになるのでしょうか? 建築基準法上は、棟換気の取り付け位置が、延焼の恐れのある部分には入らないと思うのですが。。。。 どなたか詳しいかた、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#102385
noname#102385

ANo.2のcyoi-obakaです。 ANo.2の回答は、質問者の提示した条件下での、法解釈です。 >ネット上で、必要か否か? の意見が分かれる それは、設計者の考え方(法解釈ではありません)の相違です。 従って、どちらの意見も「間違いではない!」と判断しますヨ! 特に防火防災規定は経験値と実験値(総称して統計値とでも言いましょうか?)から、決定されている部分がほとんどです。 よって、絶対値ではないのですから、その運用にもハバがあって当然な訳ですネ! 要するに、設計者(あなたは設計士さんですよね?)は、先ず法律等の規定を正確に把握し、その上で現設計物件の状況判断し決断する事を要求されているのです。 今回の質問が、住宅では無く、共同住宅であったらどうでしょうか? 且つ、換気口が防火区画(界壁や床等)に近接した場所に区画をはさんで双方にあった場合(建令第112条範囲)はどうでしょうか? このような場合は、1)の回答はチョット変化しますヨ! 特に、建令第112条範囲の場合はね! 確かに、建告第1098号は存在するのですが、但し、この規定も条件付で開口の周囲に可燃物等がない場合ですから、近距離に換気口が位置した場合は、おのずとFD設置の対象になると判断します。 つまり、延焼や類焼の可能性が大きいか否か? の判断だと思いますよ! 特定行政庁の指導も、このような場合はFD設置を求めますからね。 天井換気扇の場合は、金属製ダクトと金属製フードそして換気扇本体の構成となっていますから、瞬時に火がまわってしまう構造では無い訳で、100φ以下の場合はFDの設置を要しないとする判断に対し、即異論を唱える者ではありません。 但し、吸気口で、室内側が樹脂製のものがありますが、これは周囲の状況によっては、開口の大きさに関係なく対処する必要があるように考えていますヨ! 設計者の設計責任は、大きいのです。 ANo.3さんが仰る通り、建築基準法は最低規範です。 それをどのように判断し、どのとうに設計するかは設計者の裁量の範囲です。 近々、改正建築士法が施行されますと、設計者(管理建築士)には設計内容の説明責任が強化されます。 当たり前の事ですが、大変な事でもあります。 頑張りましょう! お互いにネ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#78261
noname#78261

2の方の意見はごもっともな法解釈だと思います。 しかし、建築基準法はあくまでも最低基準。 基礎パッキン換気の穴や小規模な穴に対しての除外規定を法ぎりぎりだからと言って採用しないのははたして安全であるのかそれともコスト優先なので仕方ないのか。その辺を考慮すべきだと思います。 準防火なら100φでもFDつけるのが一般的になっていると思いますし。(商品があるのですから) 延焼線に十分入らなければ棟換気にFDないものでもよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#102385
noname#102385

こんにちは。 オット! ANo.1さんへのお礼文が掲載されましたネ! ナルホド! 質問1):100φ以下でしたら、金属フード付であればFDは必要ありません。 質問2):延焼の恐れのある範囲以外の棟換気は、FDの必要はありません。軒裏換気は、延焼の恐れのある範囲でしょうから、FDが必要です。 S.56建告第1098号第3ー三かな? これしか知らないので……… 違っていたら、どなたかフォローして下さい。お願いします。 参考です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ネットで調べても、要る要らない、両方の解答が出てきて、 果たしてどちらなのか困っていました。

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

準防火地域内での建築 フラット35でなくても延焼の恐れのある部分には、防火設備としなくてはなりません。 延焼の恐れのある部分 屋根、外壁、軒裏 従って換気扇フード、軒裏換気口、棟換気口などの開口部は、ダンパー付き 窓などの開口部は、網入りガラス仕様 ドアなどは、防火戸としなくてはなりません。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございました(^^* もう少し詳しくお伺いしたいのですが、 2階部分だと、道路中心もしくは隣地境界より5メートル以内が延焼ラインとなっていますが、 棟換気の取り付け位置が、そのラインに入っていなくても、 一概に「開口部」はダンパーが必要なのでしょうか? もしそれを規定してある省令などご存知でしたら教えていただけると助かります。 宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 準防火地域に建築する木造平屋建てで、延焼のおそれのある部分の破風板や鼻

    準防火地域に建築する木造平屋建てで、延焼のおそれのある部分の破風板や鼻隠しは不燃材料で作るか覆うかしないと駄目なんでしょうか? それと軒裏を防火構造で…とありますが、軒裏換気口を設置する事は可能でしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • 防火地域内での2階建て在来木造

    防火地域内での2階建て在来木造建築は建築可能でしょうか? また、可能な場合どのような対応が必要でしょうか?

  • 木造の防火構造の仕様について

    現在、準防火地域にて木造と鉄骨造の混構造にて計画しています。 2階建て500m2以下なので、鉄骨造部分には構造的な制限はかかりませんが 木造部分については延焼の恐れのある部分の外壁、軒裏に防火構造が求められます。 現在、外壁の仕上げを木、軒天も垂木をみせる華奢な感じとしたいと考えています。 外壁については、 窯業系サイディング+ダイライト等の防火構造の認定を受けたものに外装材として木を張る という仕上げでできるというようなことが某雑誌に書いてありました。 これはあくまで認定をとった防火構造があるので、 それに化粧として木を張ることができるという解釈でいいのでしょうか。 それとも主事判断というような内容でしょうか。 また同様に考えると、 軒裏についても既成の認定が取れている材料を使用して それに化粧として木を張って垂木も化粧でつけるというようなことは 可能なのでしょうか。 不燃木材で防火構造の認定をとっているものはあるようですが何分コスト高なようです。 何か情報がありましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 木造3階建て 耐火建築の仕様について教えてください。

    こんにちは。 防火地域に木造3階建て耐火建築物を建てようと思っています。 木造耐火建築物の外壁・屋根・床・天井の仕様教えていたげけませんか? ローコストで考えてますので、なるべく安価な仕様がいいです。 また、プラン上2*4が難しいので、在来工法で考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 防火地域での木造3階建て住宅について

    防火地域の第一種住居地域で、 木造3階建ての木造在来工法の住宅についてお尋ねしたいのですが、 基本プランと仕様書が届き見積を依頼されたのですが、 経験がなく教えていただけたらと思うのですが、 耐火建築物って外壁防火サイディングにして、内壁石膏ボード厚み12.5mmの下地して、外装建具を網要りのガラスにしたらそれでクリアするような簡単なものではないように思うのですが。 また、日本木造住宅産業協会というところで、講習を受けない限り設計も施工もできないと協会の担当者にいわれ、 それまたびっくりしているのですが、行政の建築指導課に聞くとそのような指定はないといわれ少し混乱しています。 慣れないもので申し訳ありませんが、 ご意見いただけましたらお願いいたします。

  • 建築基準法62条 準防火地域における木造3階建て住宅の解禁

    建築基準法62条について質問です。 「準防火地域における木造3階建て住宅」が解禁された、つまり建基法に追加(?)されたのはいつなのでしょうか。 追加された年だけわかれば大丈夫です。 ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 準防火地域の木造3階建てに発泡ウレタン充填断熱を採用出来ますか?

    準防火地域の木造3階建てに発泡ウレタン充填断熱を採用出来ますか? はじめまして。 準防火地域に、在来工法の木造3階建てを建築予定ですが、断熱材に発泡ウレタン充填断熱(日本アクアのアクアフォーム)を採用しようと考えておりました。 しかしながら、設計士の方から、建築基準法上、準防火地域の木造3階建てにはアクアフォームは使用出来ない可能性が高いとの回答がありました。 そこで、皆様に質問です。 (1)アクアフォーム以外の発泡ウレタン充填断熱で準耐火(45分間)の認定を受けている製品はありませんでしょうか? (2)アクアフォームを準防火地域の木造3F建てで使用する方法は何かありませんでしょうか? なお、フラット35S、長期優良住宅の認定も取得する予定です。こちらの条件も満たす前提でご回答頂ければ幸いです。 何とぞ宜しくお願い致します。

  • 木造3階建

    準防火地域での木造3階の建設が可能と建築基準法に記載があります。 その他の地域では建設できないのでしょうか? 教えてください。

  • 準防火地域 延焼線内の建具

    質問させていただきます。 既設建物が準防火地域内の建物なのですが 耐火建築物で外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火設備が必要とあるのですが、 (1)建具の一部が延焼線内で連窓の場合は建具全体を防火設備に改修が必要になるのでしょうか? (引き違い窓が方立を共有して10個連なっている) 考えでは全部に防火設備が必要となると思うのですがあまりに量が多いので・・・ 延焼部分と連窓を切って分ける等しか方法はないのでしょうか?

  • 防火指定なしの木造3階建て

    防火指定なし・法22条区域外 の区域に 軒高9m未満・最高高さ10m未満 の木造3階建てを建築する場合の基準法上の規定を教えてください。 (非常用進入口以外)