• ベストアンサー
  • 困ってます

補正予算と解散総選挙。

衆議院の解散総選挙と補正予算の関係について教えてください。できれば、根拠法令や過去の事例を併せてご教示いただけるとありがたいです。よろしくお願いします。 ■質問 今回の政局に関連して、「補正予算成立後に総選挙」と「11月上旬などの早期に総選挙」は両立できないと考えて良いのでしょうか? ■仮定 新しい首相は、「自民党総裁選での公約を守って、補正予算を成立させたうえで解散総選挙を実施したい」(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20080911/20080911-00000051-jnn-pol.html)、「内閣支持率が高い内に、なるべく早い時期に解散総選挙を実施したい」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080908-00000011-mai-pol)と仮定する。 野党は、「世論の反発を考慮して補正予算の成立阻止を手控えることなく、補正予算の成立に抵抗する」、「早期解散を引き換えに、補正予算の早期成立に応じることはない」と仮定する。 ■関連法規として、以下は正しいでしょうか? あるいは、今回の質問について考えるうえで足りない法規はないでしょうか? 【1】補正予算案も、当初予算案と同じで、衆議院の予算先議権は適用される。 【2】補正予算案も、当初予算案と同じで、参議院に送付されたあと30日間店晒しだと自然成立。 【3】補正予算案も、法案と同じで、予算委員会が否決しても本会議が逆転可決すれば問題ない。 【4】補正予算案も、法案と同じで、同一会期で衆参両院が議決しなければ成立しない。 【5】補正予算案も、法案と同じで、衆議院が解散されれば否応なく廃案となる。 【6】衆議院が解散されれば、その日を以って国会会期は終了し、参議院だけで会期を継続することはできない。 【7】衆議院が補正予算案可決後に解散すると、参議院は(緊急集会などにより)その補正予算案の審議することはできない。 ■不勉強ながら考えてみました。 【1】衆議院は、所信表明&代表質問後、予算委員会と本会議で強行採決を連発することも可能。 【2】参議院予算委員会は、ものの野党が過半数であるものの自民党議員が委員長ポストを占めるため、否決を前提とした早期採決は可能。 【3】参議院本会議は、民主党議員が議長ポストと議運委員長ポストを占めるので、早期採決は不可能。 【4】だとすれば、臨時国会スタートから最短でも1ヵ月半は補正予算は成立しない。 【5】だとすれば、「補正予算成立後に総選挙」を前提とすれば投票日は早くても12月上旬だし、「11月上旬などの早期に総選挙」を前提とすれば補正予算は諦めるしかない。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数377
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • lequeos
  • ベストアンサー率54% (308/566)

>>今回の政局に関連して、「補正予算成立後に総選挙」と「11月上旬などの早期に総選挙」は両立できないと考えて良いのでしょうか?<< その通りです(11月上旬に総選挙の投開票が行われる、という意味だとの理解のもとにお答えしています)。 今般の総裁選後の臨時国会は24日召集です。おそらくその日のうちに首相指名選挙が行われ、新内閣が(認証式は別にして)発足するでしょう。その後、新首相による施政方針演説は29日、各党の代表質問は10月1-3日という日程が内定しているようです。 一方、憲法は解散後40日以内の総選挙(投票)を定めており(54条)、12日間の選挙期間(公選法31条4項)含めて事務的な準備におおむね30日前後かかるとされていることからして、補正予算審議に入った時点で11月上旬に投票日を設定することが不可能になる、言い方を変えると、11月上旬に総選挙の投票を行うには、代表質問終了時に解散する(いわゆる冒頭解散)をしなければ日程上不可能になる、ということになります。仮に代表質問終了後であってもおそらく11月2日は無理で(また3連休の中日なので可能でもやらないでしょう)、最速11月9日になることでしょう。 すなわち、11月上旬(前半、という言い方も含めて)の総選挙を所与の前提とする限り、補正予算は審議にも入れない(従って与党単独採決などする余地もない)ということになります。逆に補正予算成立をまって解散するならば、いかに衆院で多数を占めるといっても予算審議には相応の手順が必要なので、10月末に衆院を通過させるのがぎりぎりでしょう。そうすると最速で解散は11月末となり、越年選挙となる可能性が高くなるので、、与野党合意の上で衆参での予算審議を加速させ年内(おそらく12月中旬)に総選挙を行う「話し合い解散」が模索されることになるでしょう。 蛇足ながら、 >>■関連法規として、<< 以下の部分にもお答えすると、 >>【4】補正予算案も、法案と同じで、同一会期で衆参両院が議決しなければ成立しない。<< もちろん自然成立の場合は除きます。 >>【7】衆議院が補正予算案可決後に解散すると、参議院は(緊急集会などにより)その補正予算案の審議することはできない。<< 理論的には、内閣が緊急集会を召集し、補正予算案の審議を求め、可決させることで予算を執行することは可能になります。この場合、すでに同一議案を衆院が可決していることはその効力に関係ないので、憲法54条3項で定める総選挙後の衆院の同意が得られない場合は、その時点で失効することになります。 なお、 >>【3】補正予算案も、法案と同じで、予算委員会が否決しても本会議が逆転可決すれば問題ない。<< については、基本はその通りですが、委員会はその審議の中で、本会議にかける必要のない議案を決定することができます(国会法56条3項)ので、委員会審議のみで廃案となる可能性もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。実はこのサイトで何年か前に継続審議についてお聞きした際もlequeos様からご回答をいただいたことがあって、ちょっと感激しています。 13日未明配信の読売新聞の記事だと、「与党は、解散総選挙をさらに前倒しして、10月26日投開票で調整中」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080913-00000005-yom-pol)、「政府は、1兆8100億円の補正予算を準備中」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080913-00000007-yom-bus_all)となっています。ご回答を踏まえれば、自民党総裁選の候補者がいずれも補正予算に言及している現段階でも、「与党や新首相が早期解散に打って出るかもしれないけれど、そうならないかもしれないから、政府としてはとりあえず補正予算の準備もしてます」ということのようです。 ご回答のなかで、参院緊急集会での補正予算案成立の理論的可能性についてご指摘をいただきました。これについて、衆院の先議権との兼ね合いから、予算と条約については参院緊急集会だけでは審議できないのではないか、と素人考えでは感じてしまいます。たとえば、1990年の総選挙は「1月解散→2月投開票」でしたが、補正予算も暫定予算も当初予算も総選挙後に審議されているようです(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E9%99%A2%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A#.E4.BA.88.E7.AE.97.E3.81.AE.E8.AD.B0.E6.B1.BA.E3.81.8C.E8.A1.86.E5.8F.82.E3.81.A7.E4.B8.8D.E4.B8.80.E8.87.B4.E3.81.A8.E3.81.AA.E3.81.A3.E3.81.9F.E4.BE.8B)。もっとも(今と同じで)当時は与党が参院で少数派だったという事情もあったのだと思うのですが、このあたりはいかがでしょうか? 再質問で恐縮なのですが、よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • lequeos
  • ベストアンサー率54% (308/566)

いやはや、総選挙は予想を上回る速さでやる方向になってしまったようで、おのが不明を恥じておるところです。さて、 >>これについて、衆院の先議権との兼ね合いから、予算と条約については参院緊急集会だけでは審議できないのではないか、と素人考えでは感じてしまいます。<< についてですが、参院の緊急集会は、(次に国会が開かれて10日以内に衆院が同意する、という前提で)「国会」の権能そのものを参院が代行する制度ですので、条約や予算についても問題なく審議・議決することができます(憲法54条には緊急集会で審議できる議案の制限はないことから、当然にそういう解釈になります。といっても性質上、内閣不信任の決議や首相の指名は除かれますがね)。実際に、暫定予算と日切れ法案を成立させた例が戦後すぐにありました。ただ、緊急集会が開かれるのは本当に緊急の場合なものですから(過去2回しか例がない)、条約にしろ予算にしろ、最大で70日以内に必ず開かれる国会を待たずに議決する必要がある場面というのは少ないでしょう。上述の暫定予算の例でも、特別国会召集を待っていては年度をまたぐことが確実なために緊急集会が開かれたというものです。2月総選挙の場合は、当初予算案にしろ暫定予算にしろそこまで切迫した状況にはなりませんので、選挙後の国会で処理したということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

またまたご丁寧な回答、本当にありがとうございます。 > 参院の緊急集会は…条約や予算についても問題なく審議・議決することができます > 実際に、暫定予算と日切れ法案を成立させた例が戦後すぐにありました なるほど、よくわかりました。ありがとうございます!

質問者からの補足

(#2へのお礼のつづき) ごめんなさい、ご回答を受けて調べてみたら、Wikipediaに解説記事がありました(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E3%81%AE%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%9B%86%E4%BC%9A)。 > 上述の暫定予算の例でも、特別国会召集を待っていては年度をまたぐことが確実なために緊急集会が開かれたというものです。 というのは昭和28年度の暫定予算のことですね。 > 2月総選挙の場合は、当初予算案にしろ暫定予算にしろそこまで切迫した状況にはなりませんので、選挙後の国会で処理したということになります。 なるほど、確かに大事な選挙戦で参議院議員からの応援が得られないのでは、特に自民党候補者は困りますからね。さらに、五五年体制が成立してからは参院緊急集会が開催されていないことも興味深かったです。 たいへん勉強になりました。本当にありがとうございます!

関連するQ&A

  • 補正予算の疑問

    先日、国会放送を見ていて気になる事がありました。民主が補正予算の質問をしている中に、実際に係るのは、数パーセントなのに如何にも数字が正しいそうな事を言って、残りの数十兆円は、何に使うのか明確でないと。この放送を見ていて疑問に感じた事なのですが、 この補正予算って選挙の為の資金(選挙資金)!、だから、麻生さんは、補正予算が通過したら内閣を解散しますと言っているのかなと思いました。昔、仕事で自民党の選挙は、1選挙当たり2桁の億が係ると聞いた事があります。何に使うかは、知りませんが!。選挙資金無ければ解散できないですよね!でも、税金を使うのは、間違いです。 国民を食い物にするなと!。今、国会で審議している補正予算の概算では無く本当の見積、実際の数字知りたいのです。だれかわかる人いますか教えてください?

  • なぜ自民党も早期解散総選挙を望むのか?

    タイトル通りなのですが、どうしてなのか理解できません。 与党は現在衆議院で3分の2以上の議席を得ています。 与党で3分の2以上の議席があれば、法案は、参議院で否決されても衆議院の3分の2以上の賛成で通りますよね? 予算も両院協議会で結論が食い違っても、衆議院の議決がそのまま国会の議決になります。 ここで解散総選挙を行っても参議院の野党優勢は変わらないし、衆議院は議席を減らす可能性が大きいです。 自民党が早期解散総選挙を望む理由がわかりません! どなたかお答えいただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 補正予算 成立

    21年度補正予算が成立とありましたがこの補正予算には子育て応援手当は盛り込まれてんですか? また成立していつくらいに支給されたりするもんなんでしょうか? 審議は継続とか8月まで延長とか何がどうなってるの?って訳わからなくて… 今回成立したのは決定なんですか? 教えてください。

  • 自民党の議員て本当に補正予算に賛成なの?

    政府が総額15兆円の補正予算を提出しました。 国民の半数以上が現政府を支持していないので、その政府が考えた補正予算が国民から支持されていないのは明らかです。 麻生太郎氏の言動はさておき、自民党の国会議員が本当にこの補正予算に賛成しているのでしょうか?このまま満期まで解散が無く、衆議院で3分の2を使って再議決という可能性は高いのでしょうか?そうすれば次の選挙で大敗するという可能性が高いと思いますが。 私は自民党支持派ではありませんが、自民党の中にも本当に国民のことを考えている代議士は少なくないと考えています。その人たちが今、何を考えているのかが気になるところです。

  • なぜ衆議院の解散総選挙が近いのでしょう?

    初歩的な質問ですみません。 最近よくテレビや新聞で「衆院解散総選挙は近い」とか「年内に選挙があるんじゃないか」とか見かけます。 任期はまだあと2年あるし、衆議院では与党が3分の2以上を確保している状態だし、 この状態で解散総選挙をして与党には何もメリットは無いように思うのですが…。 確か解散総選挙の際は、内閣総理大臣の専権事項として解散を宣言出来たと思いますが、 福田首相が衆議院を解散して総選挙に持ち込むメリットが無いと思うのです。 民主党を始めとした野党が解散に追い込む…と聞きますが、具体的にはどのようなパターンが考えられますか? わかりやすく教えて頂けるとうれしいです。

  • 「補正予算に反対したい国民はどうしたらいいの」について教えてください

    補正予算が与党の多数決で可決されそうな勢いです。 省庁の思いつきで予算をあげただけといった報道もされています。 国民としてこれを阻止する方法はないのでしょうか。 一旦可決されたら、次の総選挙で与野党逆転しても法案は有効なのでしょうか。

  • 解散総選挙が近いですが

    自公民は消費税増税法案を成立させて、その後に解散総選挙で我々国民に民意を問うようですが。 成立している法案でも国民がNOを選挙で付きつけ自公民が選挙で野党になったら、廃案になるのでしょうか? もし、選挙の結果とは関係無く成立した法案は実施されるのでしたら、選挙で国民に信を問うとか民意をなどと言ってますが、あまりにも国民を馬鹿にしてると思い質問しました。 宜しくご回答の程お願い致します。

  • 第2次補正予算

    昨日、第2次補正予算が成立との報道がありましたが、 もう争う場はないのでしょうか? 国民がこれだけ不信感をいだいているのに強行成立とは 納得いかないです。

  • 震災復興支援の補正予算について

    政府は東日本大地震の復興支援にむけて2011年度補正予算案を作成する予定のようなのですが、なぜ今年度2010年度でなくて来年度2011年度なのですか?2011年度予算案自体も成立していないのに補正予算案を編成するのが不思議です.しかもなぜ本予算でなくて補正予算なのかもよくわかりません。どなたか教えて頂けますでしょうか

  • 予算成立とか補正予算案とか?

    国会で審議されている「予算成立とか補正予算案とか」よくニュースなどで耳にするけれども、あれは若しかしたら「行政機関の年度予算」を審議しているのかなぁ~?!などと思ったりもするのですが、本当のところを教えて下さい。何分にも、勉強不足で有りまして・・・。宜しくの程を・・・。