• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「不燃性の物品」とは

「不燃性の物品を保管する倉庫」(建築基準法施行令109条の5等)という表現が法令の中に出てきますが、「不燃性の物品」が何かということを具体的に挙げている法令、告示などはありますか? 消防法の「危険物」と関連はあるのでしょうか。 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2104
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#102385
noname#102385

私の記憶では、『不燃性の物品』を示唆した法令や告示は無いと思いますヨ! 通常、H12建告第1400号(不燃材料を定める件)に該当する材料及びその2次製品と解釈すればよいのではないですか? 消防法の危険物とは、全くリンクしません! 参考意見です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#78261
noname#78261

鉄板倉庫は該当しました。 基準法内の表現ですから、不燃材料にあげられるものは大丈夫だと思いますが、告示のチェックはしておりません。すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 防煙・防火ダンパの設置基準記載の法規について

    建築設備において、防煙・防火ダンパの設置基準が記載されている法規を探しています。 国交省の建築設備設計基準書への記載は見つけましたが、それが何の法規に基づいているのか不明です。 建築基準法か、建築基準法施行令か、あるいは消防法施行規則なのか。 法規及び該当箇所(何章の何条なのか)を教えて下さい。

  • 防火壁を取り除きたいのですが保管品の不燃物の定義とは何ですか?

    倉庫を建設計画中です。消防法で防火壁の規定が有りますが、特別申請で免除の可能性がある事を知りました。その際に不燃物の保管が条件の一つにありましたが、不燃物とはどの様な物なのでしょうか?

  • 排煙設備免除

    建築基準法により排煙設備が必要な建築物の居室において、 告示1436-4-ハ(4)により内装下地仕上とも不燃とすることによって排煙設備の設置が免除されますが、 その際に床から1.2m以下の部分に設置する厨房の固定式の常設カウンター(木下地、仕上げ材木製)も内装下地仕上とも不燃としなければならないのででょうか。 また、消防法上で内装不燃として設計をしている場合に問題は生じるでしょうか。

  • 告示1436の考え方

    建築基準法施行令第126条の2-1で排煙設備不要の建築物で、 設計に当たっては、施行令第116条の2の無窓居室判定の規定を満足させる事が必要ですが、 =150m2の集会室ホールが有る場合の告示1436の考え方で、 床面積100m2以内毎に防煙区画が必要(告示1436-4-ロ) (区画箇所に防煙垂壁が必要) 告示1436-4-ロ?が判りません。必要でしょうか?

  • LPGタンクの立地規制

    日本におけるLPGタンクの立地規制について教えてください。消防法、都市計画法、危険物規正法、建築基準法等において、どのような規制があるのでしょうか?

  • 建築基準法よりも消防法の方が厳しい場合はありますか?

    建築基準法と消防法の重複するような部分で 消防法の方が厳しい場合はありますか?

  • 住宅性能評価書(建築基準法施行令第88条) 

    住宅性能評価に 「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度」 という記述がありますが、 極めて稀な(数百年に一度程度)、稀な(数十年に一度程度) と言われる地震って、震度どのくらいなのですか? 建築基準法施行令第88条第2項、第3項に定める力ってどのくらいなのですか?

  • 保有空地に消火設備は置いていいか?

    消防法についてお伺い致します。一定の製造所等の周囲には保有空地を設ける必要がありますが、その保有空地には、いかなる物も置いてはならない、と確か、施行令に書いてあったと思います。しかし、消防の関係者に聞くと、消火設備が空地に置かれているケースがよくあるとのことですが、いかなる物品の物品に消火設備は含まれていないのでしょうか?

  • 天井は主要構造部?

    消防法(または建築基準法)についてお伺い致します。消防法では、主要構造部とは、屋根、階段、梁、床などと定められていますが、天井も、主要構造部になるのでしょうか?

  • 不燃認定

    事務所等でパーティションとして使う石膏ボードを裏打ちした厚さ0.5mm程度の鉄板パネルがありますが、ある材料メーカーはこれに対し不燃認定を取っています。建築基準法によると、鉄板、石膏ボード12mm以上はそれぞれ不燃材料として定められていますが、このパーティションのように組み合わせて使う場合には認定が必要となるのでしょうか?理由は、接着剤等の影響を考えてのことでしょうか?どなたか教えてください。