• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

オペアンプに流せる電流は?

  • 質問No.4312509
  • 閲覧数331
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 43% (21/48)

オペアンプの入力インピーダンスは無限大でありますが、例えば10V、200~300mAの信号を入力してもオペアンプは壊れることはないでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 47% (4589/9644)

>例えば10V、200~300mAの信号を入力してもオペアンプは壊れることはないでしょうか?
そもそも入力抵抗が無限大(またはそれに近い)のであれば、10Vで200~300mAの電流は流れません。オペアンプ内の内部抵抗をRとすれば、10Vかけた場合に入力端子に流れる電流値は10/Rというオームの法則で決まっていますから。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (175/843)

反転増幅回路の場合は壊れると思います。
200~300mA入力すると言う事は、帰還用の抵抗値もかなり小さいはずですから、Voutに大電流が流れ、内部の出力用のトランジスタが焼ききれると思います。

非反転増幅回路の場合、そもそも300mAなんて流せ無いと思いますので、実験そのものが不可能ですね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (1423/3185)

入力電圧などが適切な動作範囲内に収まっていれば、オペアンプの入力端子に200mA等の電流が流れ込むことはないかと思います。
適切な動作範囲を超えた場合(たとえば、入力電圧が電源電圧を超過した場合)には、大電流が流れ込むこともあるでしょう。その場合には、素子の損傷につながることもあるでしょう。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ