• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎外の打設について

基礎以外のコンクリートの打設についてお伺いします。 玄関ポーチまでの階段と勝手口の外部階段の型枠の中に現地で出土したかなり大き目の石を底に入れておりましたが これは一般的に行われるものなのでしょうか? 基礎屋によると万が一の沈み込み防止のようなのですが・・・ また、ベタ基礎内のポーチ、土間部にも同様の大きな石を入れており、その周りに砕石を入れて、コンクリート自体は 表面だけだと言っておりました。 これも一般的に行われているものですか? 私はベタ基礎内のポーチ、土間部は全部打設だと思っていましたので。 何かコンクリートの節約(手抜き?)みたいな気がしてならないのですが。

noname#66302

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1186
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#102385

cyoi-obakaです。 お答えの内容を精査すると、どうもe651201yさんの判断が正しい様に思えますネ~? 大きな石は、割栗石(コバ立石)では無さそうです。 きっと高さ調整のために石を敷き込んだと思われます。 転圧は大きな石を敷く前にしたとの事ですから、明らかにラップルコンクリート的な発想で大きな石を入れたものと判断します。 つまり、「盛り土の上に、また高さ調整のための盛り土をしても、転圧すれば沈んでしまい芳しくない。」との判断でしょうネ! この考えは、間違いとは言えませんが、コンクリートの節約である事は明白でしょう! 従いまして、適切に鉄筋が配筋されて、適切なコンクリートが打設されていれば、構造的な問題はないと判断します。 ただし、建築主の立場としては、施工方法の説明があってしかるべきと思う事は理解できます。 なんだか手抜きされたような? ケチッタ工事をされているような? 嫌な気分になりますよネ! 今後の事もありますから、しかりと説明を受けるようにして下さいネ! 参考意見です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

思い出したのですが、立ち上げ部打設の際に余ったコンクリートを3X1X0.1m位の塊にしてそれを割って外側の階段部に入れるような事を言っておりましたが、施工時見ていなかった為、どういう入れ方をしたかは定かではありません。 玄関、勝手口の階段部に関して言えば、基礎の横に3~4本刺し筋をしたのみであります。 説明は受けたのですが、うちではそういうやり方だからという回答で工務店側もそこまでの指示はしていないようです。

関連するQ&A

  • 基礎立上がり打設時の散水について

    基礎立上がりコンクリートの打設前に型枠の汚れ・ゴミの除去と打設済みの ベースコンを湿潤のためホースで散水しますと伝えられました。 打設は11月初旬頃です。 ベタ基礎一体打ちではなくベースコン打設後に基礎立上がりの型枠を設置して 打設する工法で 基礎幅は150mm ・ 外周及び内周の型枠の高さは750と450mmの鋼製です。 ホース散水のため大量の水でベースコンが水浸し(水溜り)になり、この状態で 打設した時にコンクリートに及ぼす水の影響が心配です。 下記内容についてご教示くださいますようお願い致します。 1. 散水は基礎立ち上がり型枠内に限定、またはベースコン全体でしょうか? 2. 散水がコンクリートの性能に影響を及ぼさない水量(水位mm)または表面状態と 合わせて最適な散水方法。 3. ベースコンが湿潤の程度を超えた散水で全体が水浸し(水溜り)になり、 この状態で基礎立ち上がりを打設した場合、打設コンクリーに水が混入して 打継ぎ部の性能低下等の影響はどうでしょうか? (なお水溜りの水は事前に除去せず、散水は必ず行うとの事です) ・この様な環境の下では打設不可で、必ず水の処置(除去)を行うべきでしょうか? 追記 ベースコン打設後も、散水しますと聞いていますが、通常どの様なタイミングで 散水(打設何時間後)を行いまたは不要でしょうか? 以上宜しくお願いいたします。

  • コンクリート打設

    どうでもいい事かもしれませんが、 なぜ、温水器の下のコンクリートと勝手口の階段は 建物が建ってから打設するんですか?

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#102385

専門家の皆様の回答が、良悪二分しています。 その理由は、質問の内容だけでは状況が判断出来ない部分が多いのですネ! 以下の補足説明をして頂ければ、あなたの質問に的確な回答が得られると思います。  1)敷地内の地盤の良否? 例えば、地山(ローム層)、盛土とか  2)大きめの石のサイズ及び形状?    例えば、玉石…径15~20cm程度の球形のもの        長石…長径15~20cm、短径10cm程度の楕円形のもの  3)大きめの石の天端(てんば)処理は?    例えば、細石(砕石)が敷き詰められているか否か?        転圧作業はされているか否か?  4)コンクリートの設計厚さは確保されているか?  5)鉄筋は配筋するのか否か?  6)鉄筋を配筋するのであれば、鉄筋のかぶりや量はどの程度か? 以上の内容を説明頂ければ幸いなのですがネ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1、分譲地で多少は盛ってありますが、地盤改良はしませんでした。 2、現地で出土した石ですので形はさまざま、大きい物では長さが30センチはあったと思います。 3、外に関しては地面を転圧していたと思います。その後、出土した石を置いて枠を付けていたような気がします。   基礎内は出土した石を置いて、その間に目潰しで砕石を入れると言っておりました。 4、コンクリートの設計厚は確認しなかったので不明です。 5、基礎横に3~4本位刺し筋をしておりました。 6、これもかぶりの確認をしていなかったのでほどほどにはあったように思われます。工務店では基礎内も階段部も図面での指示は無く   コンクリートの下が砕石になっていれば、石を入れようが、土を入れようが業者任せだそうです。

  • 回答No.4
  • fujillin
  • ベストアンサー率61% (1594/2576)

すでに回答はでていますが・・・ 通常の施工手順で考えると、栗石・採石地業の際に転圧(地固め)をしますのでこのときに型枠はまだありません。 この固める作業が沈み防止だと考えてください。石があれば効果があるというものでもありません。 この結果の表面の高さは、最終仕上げの高さからコンクリートの厚みを引いた高さにします。ですからコンクリートの厚さはきちんと確保されているのがあたりまえです。 地業が終わってから墨出しをして、型枠を設置するのが普通ですので、型枠ができている時に石を入れているというのは、どうもよくわかりません。地業はどうなっているのでしょうか。また、コンクリートの厚さは確保されていますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 転圧はしていたようです。その時掘り出した大き目の石を地面に置いて枠をつけていました。 私もその後の作業を全部見ていた訳ではないので、どのような工程だったかは分かりませんが、最後に見た時は砕石で型が作ってあり廻りに コンクリートを流し込むだけになっておりました(勝手口等の基礎とは別の部分の場合) ポーチ、土間は多分大きな石の間に砕石を敷いて、表面を均したと思われます。その上にメッシュ?を置いて打設すると言っておりました。 図面上は具体的な指示が無く、業者任せになっている為、基礎内は石を入れましたが、他の業者では土を入れるところもあると言っておりました。

  • 回答No.3

手抜きではないです。 割栗石を敷きこむのは、最近あまり行われなくなった手法ですが、きちんとした地業工事の一種です。 砕石だと勾配がきついところは崩れてしまうので、勾配なりに割り石を積み重ねコンクリートを打設します。 割り石の表面から型枠の頭(仕上げ)まで、きちんとコンクリートの厚さが確保できていれば問題はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 栗石ならまだいいのですが、現場で出土した石(大きい物は30センチを超える)をそのまま一番下に複数敷いてその隙間に目潰しで砕石を入れるとの事でした。 他の方にも回答しましたが、工務店では図面にてそこまで指示を出していないとの事で、業者任せになっているようです。

  • 回答No.2
  • junkg7
  • ベストアンサー率26% (90/342)

一般的にはその様な施工はしません。 ご指摘の通りコンクリートを節約する為に行なっているのでしょう。 通常は砕石を入れて厚さを調整します。 現地で発生した玉石などは使いません。 大きな石を入れることは空隙が出来る可能性が高く、沈下等クラックの原因にもなりかねない為です。 昔?の感覚ではその様な事を普通に行なってきた可能性があります。 職人の認識不足は否めませんが、程度によっては結果として特に問題無い場合もあるでしょう。 施工図等がありコンクリートのボリュームなど明記されているのであれば明らかな手抜きとなり、強く指摘出来るでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

工務店に確認したところ図面上の指示はどちらも無く、コンクリートの下に砕石がありその下が固めてあれば、石が入っていようと土だろうと業者任せだそうです。

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 コンクリートを打設する場合の栗石・採石地業というものです。 手抜きではありません。 基礎の下や、土間コンの下には、厚さ120mm~150mmの栗石、採石地業をおこなうのが決まりのようなものです。 建築工事標準仕様書にも明記されています。 手抜きではありません。 ご安心を ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 砕石はいいのですが、現地で出土した大きい石をそのまま入れる事はあるのでしょうか? 砕石により目潰しをすると言っていましたが・・・ また基礎屋によっては土を入れるところもあると言っていました。

関連するQ&A

  • 基礎打設中の雨

    非常に気持ちが凹んでます。 先週基礎の立ち上がりのコンクリート打設をしました。 天気予報では曇りだったので朝8時から打設を行ったのですが打ち始めて数分後に雨が降り始めました。はじめはパラパラの小雨、そして次第に本降りになりました。雨大丈夫ですかと現場監督ならびに基礎屋さんに確認したら「大丈夫です!!またこの段階で中止できない」と言われました。 打設手順としてはコンクリを流し込み、その脇でバイブレーターにて均して天部分をコテで均してすぐにブルーシートをかけて雨よけしながら打設。5人がかり(一人はポンプ流し込み・二人にてバイブレーター・一人コテ均し・監督はブルーシートかけ)で打設してました。1・2台目のミキサー車が終了し、3台目待ちのときに突然豪雨になり、その時は待ちの間は全部の立ち上がりにブルーシートをかけてました。3台目到着時は雨が上がりその後急速に天気回復しました。11時前には終了しました。午後から仕事のため現場を離れましたが夜監督から連絡があり、その後レベラーまで完了し、シートかけて養成してます。型枠はずしは6日後とのことです。 雨の日の打設になり施主として基礎強度など心配です。 基礎屋さんは雨の打設になりましたが今までの経験上まず大丈夫ですから安心してくださいと言われましたが気分は落ち込み、雨だけはヤダなと思ってましたので心配です。施工は大手HMです。信じて大丈夫でしょうか?みなさんのご意見を教えてください。また型枠はずした際のコンクリートのチェック方法など有りましたら教えてください。(第3機関は頼んでませんので自分で確認になります。)長文になりスミマセン。

  • 基礎立ち上がりコンクリート打設後の散水

    ベースコンクリート打設から基礎立ち上がり部の打設経過は以下の通りです。 5/7 基礎ベース打設(晴れ:気温19~10℃:風速8m/s:乾燥注意報) 5/8 基礎立上り型枠設置(晴れ:気温23~10℃:風速9m/s:乾燥注意報)ベースの型枠撤去 5/9 基礎立上り打設(晴れ:気温27~11℃:風速4m/s) 5/10~5/16(養生:5/10 晴れ:気温28~13℃:風速4m/s, 5/11AM9~5/12AM6頃迄    降水量2mmの予報です) 基礎立上りコンクリート打設状況 8時30分打設開始→9時20分打設完了 →15時10分頃レベラー完了→型枠上端部をシートで覆う レベラー完了後、直ちにベースコンクリートに散水をして型枠の8mm程浸水しました。 散水はコンクリート打設完了から5時間50分位経過していました。 基礎屋さんはこのままの状態で支障ありませんとのことでしたが、心配になり15時45分から 約2時間30分かけて浸水した水を拭き取りました。 1.   この様な状況でベースコンクリートと基礎立ち上がり部の境界近傍等は水の浸透により   強度の低下や接合部に不具合を生じ、どの様な悪影響があるか心配です。 2.   5/17 型枠を外しますが、外観の表面状態の観察で有る程度の欠陥は判断出来る   でしょうか? 3.   また、簡単に出来る試験はどの様なものが有り信頼性はどの程度でしょうか?   上棟は5/23の予定です。 4.通常は基礎立上りのコンクリート打設後の雨除けのシートは(基礎部全体を覆う)   何日位必要でしょか?現状は型枠上端部のみシートで覆ってあり不安です? なお ベースコンクリート打設の翌朝に表面を確認したところ内部配筋の鉄筋近傍に幅1mm・長さ50cm程のクラックが10数箇所有り、10mm位の白い斑点が表面に無数見られました。 コンクリートの納品書は以下の通りです。 基礎ベース:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:3.4, CT温度:20, 気温:16 基礎立上り:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:4.5, CT温度:23, 気温:20 FC値は何れも24-18-20Nです。 ご教示よろしくお願い致します。

  • 住宅の基礎:底盤と立ち上がり部の一体打設の特徴・現状

    前スレ(QNo.3535192)で、住宅基礎の施工において、底盤打設後どのくらいの期間養生してから立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきかという質問をさせていただいたところ、打ち継ぎ部の接着力の問題などまで話題が広がり、大変良い勉強になりました。 そのスレで底盤と立ち上がり部の一体打設について議論が及びましたので、スレを変えてあらためて広く質問させていただこうと思います。 一般住宅の基礎施工における、底盤と立ち上がり部の一体打設(底盤と立ち上がり部の両方の型枠をあらかじめ設置してから、底盤と立ち上がり部のコンクリートを一度に打設してしまうこと)について質問いたします。 ・一体打設は一般の基礎屋さんにも可能な方法でしょうか。 ・一体打設は現在の日本でどの程度普及しているでしょうか。 ・一体打設の施工で難しいのはどんなところでしょうか。うまく施工できない場合、どんな問題点が生じる可能性があるでしょうか。 ・一体打設で基礎を一体化した場合、二段階打設(底盤打設後に立ち上がり部の型枠を組み立てて立ち上がり部を打設すること)と比較して、構造上問題となるようなクラックが生じる可能性は高まるでしょうか。 ・二段階打設と比較して、一体打設では、手間やコストはどの程度増え、工期はどの程度延長するでしょうか。 以上、ご意見をお願いいたします。

  • 基礎スケジュール

    明日、ベースコンクリート打設する予定です。 その翌日から型枠工事を施す予定なのですが、ベースコンクリートの養生は必要ないのでしょうか? 素人考えでは、あまりよくない気がします..... 以下が、基礎工事のスケジュールです。 日時など変更した方が良い点などありましたら、ご教授くださいませんでしょうか? 8/1(火) ベースコンクリート打設(午前中終了予定) 2(水)、3(木)型枠工事(設置) 4(金) 型枠コンクリート打設 4(金)~7(月) 外部排水工事 8(火) 型枠工事(取り外し) わからないことだらけで、色々と心配しすぎかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • 雨中のコンクリート打設について

    本日基礎(ベタ基礎)の立ち上がり部分のコンクリートの打設が 行われました。今日は一日中雨が降ったり止んだりして コンクリートの打設に向いていないように思います。 午後1時よりコンクリートを流し込むと聞いており、ちょうど その頃から雨が降ったり止んだりしました。 午後2時頃に現場に行くと、既にあらかたの作業が終わった様で コンクリートを打設した箇所には透明なビニールシートがかかって おりました。現場の方に話を聞くとコンクリートが途中で不足した との事で、急いでコンクリートを取りに行っていると言いました。 改めて午後3時半頃に現場を確認すると既に作業は終わっておりました。終止現場監督は不在だったと思われます。本当は作業中ずっと 見ていたかったのですが、諸事情の為出来ませんでした。 そこで以下の質問をさせて頂きます。 1.今日の様な天候でコンクリートを打設するのは本来どうなのか? 2.コンクリート打設途中で確実に雨が降ったのですが、ビニールシートを被せた状態でコンクリートの打設は可能なのでしょうか?ちなみにアンカーボルトは恐らく田植え方式(型枠設置時になしなので)で、 この様な状況下で正確な作業が行えるのでしょうか? (そもそも作業終了後にビニールシートを被せた可能性もありますが・・) 3.途中でコンクリート不足が発生して少しの時間を置いて継ぎ足して、立ち上がり部分にコールジョイントが発生しないか不安です。 天候不良の為、本来は工事の延期をして貰いたかったのですが、 建売住宅の工事の為、現時点の所有者(施主)は不動産会社なので それも言えませんでした。 長文・乱文で申し訳ありませんが、回答お願いします。

  • 浴室の基礎工事

    現在新築中ですが、浴室の基礎工事について教えて下さい。 家の基礎はベタ基礎、浴室はユニットバスでは無く、浴槽・洗い場共、十和田石を張って作っています。 浴室の基礎については、設計図面ではベタ基礎の上にコンクリート増打ちとなっていますのでベタ基礎の上は全てコンクリートを打つと思っていました。 実際の工事はベタ基礎の上に砕石を敷き(浴槽の下部は350mm、洗い場の下部は510)その上にコンクリートを80mm打つとの事でした。 通常浴室のコンクリート増打ちと言うのは、砕石とコンクリートの事なのでしょうか。 建築を依頼した業者は、たびたび設計図面と違う工事を行っており私の方で常にチェックして手直しさせている様な業者ですので全面的に信頼がおけませんのでここで質問しました、よろしくお願いいたします。

  • 夏場の基礎コンクリート工事

     お世話になります。これから、ハウスメーカーと契約を交わす予定です。着工時期は、おそらく7月中旬~下旬のあたりで、基礎コンクリート工事(ベタ基礎)は猛暑の8月上旬あたりだろうと思います。  打設後のコンクリートは、高温湿潤状態が一番いいと思いますが、どう考えても時期的には湿潤状態での養生は難しいと思います。たぶん、メーカーは対策としてシート養生とか提案すると思いますが、あまり期待ができそうにありません。  ということで、私が、その時期に品質管理と言っては大袈裟ですが、例えば、打設完了してから毎日朝晩の散水、型枠は打設日を含めて5日は外さないとか。もちろんシート養生も実施する予定です。  このような対応で品質確保に望もうと思っておりますが、何でもご教示いただければ幸いですので宜しくお願い致します。

  • 外構費用(土間コン・土留等)は妥当でしょうか

    マイホーム新築設計中です。 基礎工事業者に外構の見積を取ったのですが、金額が妥当かわかりませんので教えてください。 内容は玄関ポーチと玄関へ至る三段くらいの階段二箇所(コンクリートのみ)、駐車場80平米くらいの土間コン、14mくらいの土留です(土間部分を道路と同じ高さにするため30cmくらい切り下げします)。 以下見積内容です。よろしくお願いします。 土砂漉き取り・集積 51m2  @1,800  91,800 重機掘削人力床付け 9.75m2  @1,800  17,550 掘削残土積込運搬 58.75m2  @3,000  176,250 残土処分 58.75m2  @3,000  76,375 砕石地業転圧 15m2  @6,800  102,000 鉄筋加工運搬組み立て 260kg  @155  40,300 型枠組み立て解体運搬 24m2  @3,500  84,000 ワイヤーメッシュ敷きこみ 76m2  @1,200  92,040 生コン打設 6m3  @19,500  117,000 土間コン打設 8.75m3  @19,000  166,250 コンクリート圧送車 1回  @35,000  35,000 土間金コテ仕上げ 66.7m2  @850  56,695 重機運搬費 2回  @6,000  12,000 高さ出し等諸経費 100,000

  • ベースコンクリート打設後

    毎度お世話になります。 基礎のベースコンクリートを打ち終わり、現在立ち上がり部の型枠を設置している状況です。 そこで、ベース部天端のほとんどは押さえ・ならした結果非常にきれいな仕上がりなのですが、 立ち上り部の鉄筋が入っている箇所は砂利石が浮き出ている状態です。 ●通常、このような状態になるのでしょうか? ●この後、立ち上り部のコンクリートを打設するので  わざと(固着しやすいよう?)、このようにしている。 ●本当は、つるつるに一旦仕上げ、その後立ち上がり部を打設する 気になったので、質問させていただきました 宜しくお願いいたします。

  • 水を撒いた方が良いのでしょうか

    新築のベタ基礎 生コン打設 11月27日、立ち上がり 生コン打設 5日後 12月2日です。 立ち上げの型枠は 明日5日に外すそうですが 内3日で外してもよい物でしょうか。 幸い 工事期間中は雨が一度も降りませんでした、 型枠を外したら 土台材が入るまで基礎部に水を撒けと言われました。コンクリートが強くなるとの事 ベタ基礎には施工後の一週間は、水を一度も撒きませんでしたが ベタ基礎の強度は弱いのですか この辺が素人には解りません 後 捨てコンというものはやりませんでした、何か構造面で問題でも出るのでしょうか。 宜しくご回答お願いします